裕真 さん プロフィール

  •  
裕真さん: クラフトレザー 〜レザークラフト入門〜
ハンドル名裕真 さん
ブログタイトルクラフトレザー 〜レザークラフト入門〜
ブログURLhttp://c-leath.com
サイト紹介文初心者の初心者による初心者のためのレザークラフトブログ。レザークラフトの入門に。
自由文レザークラフト歴のまだ浅い初心者クラフターが日々作ったものや作り方、調べた情報などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 200日(平均1.4回/週) - 参加 2016/10/27 21:31

裕真 さんのブログ記事

  • 100均で揃えることができるレザークラフトの道具と材料。
  • レザークラフトの道具は、革の専門店や東急ハンズ、楽天やAmazonで購入することがおおいですが近場の100均で購入できる道具も多くあります。 今回は100均で購入することができる道具と材料を紹介したいと思います。高くてしっかりした道具を買うのもいいですが初心者にとっては自分の趣味になるかどうかわからない段階ではあまりお金をかけすぎないことも大事です。 ぜひ参考にして近場の100均を見に行ってみま [続きを読む]
  • 革の染め方。クラフト染料を使ってヌメ革を染色してみた。
  • レザークラフトを始めて、手縫いや金具の取り付けにも慣れて作れる作品が広がってきたら、次にチャレンジしたいと思うのが革の染色です。 一般的に加工していないヌメ革はベージュ色をしています。革っぽい雰囲気を漂わせ、エイジングも楽しむことができるのでこのベージュ色で作品を作っても良いですが、作品の幅をさらに広げるためには染色が必要になってきます。 レザークラフトで革を染色するときに使用する染料とし [続きを読む]
  • コバ磨きは水とトコノールでかなり綺麗にできる。
  • レザークラフトで作品を作るときに最後に行うコバ磨きは、作品の仕上がりに大きく影響を与えます。コバ磨きをしっかりと行わないとせっかく作った作品がみすぼらしく見えてしまいます。逆にコバ磨きが綺麗にできているとそれだけで作品の出来がよく見えます。 こんな重要なコバ磨きですが、人によってやり方は様々。初心者向けの本を読んでみると”磨き剤(トコノールやトコフィニッシュ、CMC)を塗ってスリッカーで磨く“と [続きを読む]
  • シンプルキーケースの作り方 | 保存版(初心者向き)
  • この記事は”シンプルキーケースの作り方“の保存版になります。 初めてキーケースを作る人がこのページを見るだけで作成することができるよう、できる限り手順ごとに細かく説明しています。作品作りの参考になればと思います。 ※PCから閲覧することを考えて書いていますのでスマホからでは読みにくいかと思います。ご了承ください。 不明点等がありましたら、お気軽にtwitterなどでご連絡ください。キーケースと [続きを読む]
  • 手縫いなしでできる三角コインケースを作ってみた。【型紙付き】
  • 今回はレザークラフトの中でも初心者向けの三角コインケースを作ってみました。 この三角コインケース、シンプルで初心者向けながら工夫すれば様々なデザインを入れることができる優れもの。例えば既製品では↓のようなものがあります。コインケース メンズ 牛革を贅沢に使用したおしゃれな三角小銭入れ ZARIO-GRANDEE- ザリオグランデ (5色)【日本製の良さを存分に味わえる人気ブランドの本革使用のレザー小銭ケース】&nbs [続きを読む]
  • 革を濡らして曲げるだけの簡単浅革トレイ。小物を入れるのに便利!
  • 今回は革の可塑性を利用してトレイを作成してみました。 可塑性(かそせい)とは、力を加えて革をまげた時にその形のまま固定されることを言います。といっても普通に革をまげただけではあまり形状は固定されません。水で濡らすことにより、この可塑性が強くなります。 物体に応力を与えたときに生じた変形が、応力を取り除いてももどらない性質。この性質は革の加工時における成型性と関係が強い。革は比較的可塑性がい [続きを読む]
  • ヌメ革をタオバオで購入して見たら安かった。財布にも使えるサイズ。
  • レザークラフト、レザーカービングの練習用に安いヌメ革を探していたら、タオバオ(中国の大手ネットモール。中国版楽天みたいな)で安く売っていたので購入してみました。 今回は中国から購入した革がどんなものなのか、いくらくらいで購入できたのかを紹介したいと思います。国内で購入するのであれば、以前に紹介したABC(アビチ)がおすすめです。 <関連記事>ネットで買えるおすすめの革専門店ABC(アビチ)。楽天 [続きを読む]
  • 型絞り(絞り技法)でヌメ革に形をつけていようと思う→失敗談
  • 今回は革に立体的な形をつける”型絞り“(革絞り、絞り技法、型出し)に挑戦してみました。 型絞りとは、名前の通り型を使って革を絞り形をつける技法のことです。革の可塑性という性質を使って革を自分が思ったような形に変形させる方法になります。参考にしたのは書籍”紳士の革小物“です。この本は型の製作から注意すべきポイントまで丁寧に解説してくれていたので型絞りに始めて挑戦するには最適な本でした。 そし [続きを読む]
  • ヌメ床革の使い道。コードホルダーを作ってみた。
  • 今回はヌメ床を使ってコードホルダーを作ってみました。 「安いヌメ床を使うなら大きなバッグなどを作ればいいのに・・・」 とか言われそうですが、ヌメ床を使うのが初めてだったのでどの程度普通の革と同じように使えるのか試してみるために作ったことのある、そしてとりあえずということでまずは簡単にできるコードホルダーを作ってみました。 コードホルダーを作ってみる(ヌメ床編)さて、今回使うヌメ床は以前 [続きを読む]
  • 手縫だけで出来るブックカバー。初心者向けのアイテムです。
  • 今回は初心者向きのブックカバーを作りました。コードホルダーと同様に初めてでも作りやすいアイテムです。コードホルダーがバネホックなど金具を使うのに対してブックカバーは金具を使わずに手縫だけで出来るのが初めてでも挑戦しやすいところですね。 ブックカバーを作る今回はコードホルダーと並んで初心者向きのブックカバーを作ってみました。 初心者向きですがシンプルなので工夫やデザインが難しく、革を多く使う [続きを読む]
  • ハート型のコードホルダーを作ってみた。【型紙付き】
  • コードホルダー第4弾です。 今度はシンプルながら少しデザインを入れたハート型のコードホルダーを製作してみました。特に縫い合わせるなどはなく、革を1枚切り抜いてバネホックを取り付けるだけで完成です。シンプルに作りましたが、見た目はレザークラフトやっている感が1番出て良かったです^^ ということで製作過程を紹介(メモ)します。 ハート型のコードホルダーを作る今回使用した革は持っている中では厚 [続きを読む]