健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) さん プロフィール

  •  
健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院)さん: 健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院)
ハンドル名健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) さん
ブログタイトル健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/power-walking
サイト紹介文Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 153日(平均13.7回/週) - 参加 2016/10/28 10:09

健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) さんのブログ記事

  • 踵:足+重量
  • 質量はここで計ってもあそこで計っても50?は50?天秤で計るのは質量で不変である重量はここで量るのとあそこで量るのとでは値が違うばね量りで量るのは重量で変化する質量と質量の間には引力が働く地球の質量と人の質量との間に生じる引力を重力といいこの重力の大きさを重量というもちろん体重といってもいい山を歩いていると上り・下り・平坦・右上がり・右下がり・標高・海抜一歩一歩の様々な路面状況の変化とともに重量も刻一 [続きを読む]
  • 7:49 新線組 2017/3/19
  • 新線組が新幹線公園を守っている限り大丈夫だ案内の看板が真新しい0系もキレイに化粧直しをしていた桜も植樹していた愛されているんだな街道をゆく・グリーンロード・新幹線公園Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司散歩・ウォーキングランキングへ [続きを読む]
  • 踏:東洋医学的解釈
  • 足の太陽膀胱経・足の少陰腎経は五行では「水」に属している太陽系惑星の一つの水星は五行では「水」に属し太陽の最も近いところを回っている太陽エネルギーを最も必要とする臓腑は「腎・膀胱」だということである「足」がしっかりと大地を踏むと太陽エネルギーを「腎・膀胱」に蓄えることができ「足の太陽膀胱経・足の少陰腎経」に護られた「踵」は太陽エネルギー・大地の気をすべて生命活動エネルギーに変換することができる太陽 [続きを読む]
  • 7:14 庭窪浄水場 2017/3/19
  • 苛性ソーダ貯槽タンク PAC貯槽タンク 水酸化ナトリウム水溶液貯槽タンクポリ塩化アルミニウム水溶液貯槽タンク淀川の水を水道水にするために必要な薬品なんだね街道をゆく・グリーンロード・大阪広域水道企業団 庭窪浄水場Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司散歩・ウォーキングランキングへ [続きを読む]
  • 7:02 八雲 2017/3/19
  • 足の裏にいろいろな刺激を受ける芝生の上を歩く凸、凹右上がり、右下がり左上がり、左下がりいろいろな刺激はいろいろな筋を鍛えることができる街道をゆく・グリーンロード・淀川河川敷八雲付近Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司散歩・ウォーキングランキングへ [続きを読む]
  • 踏:内踝(ないか・うちくるぶし)
  • 踵の内側を通る唯一の経脈足の少陰腎経4つのツボがループしながら踵を包みこみヒールロックの役割を果たしている内踝はすぐ後方を通る後脛骨筋・長趾屈筋・長母趾屈筋に対して滑車として働き足の内反の機械的効率を高めている踵の内側で持てる力を果たしているが名称の由来でもよかろう※注釈   足の少陰腎経     経穴     太谿(たいけい):アキレス腱と内踝の間の陥凹中            大鍾(だいしょう): [続きを読む]
  • 踏:外踝(がいか・そとくるぶし)
  • 踵の外側を通る唯一の経脈足の太陽膀胱経4つのツボがスイッチバックしながら踵を包みこみヒールロックの役割を果たしている外踝はすぐ後方を通る長腓骨筋腱・短腓骨筋腱に対して滑車のように働き足の外反の機械的効率を高めている踵の外側で持てる力を果たしているが名称の由来でもよかろう※注釈  足の太陽膀胱経    経穴    崑崙(こんろん):アキレス腱と外踝の間の陥凹部                    僕 [続きを読む]
  • 6:25 城北公園 2017/3/19
  • 夜もうっすらと明け少し水気をはらんだ空気がおいしい都会の中のオアシスお気に入りの道を歩く街道をゆく・グリーンロード・城北公園    はじまりHartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司散歩・ウォーキングランキングへ [続きを読む]
  • 躓かない歩き方:土踏まず
  • 直立二足歩行にともない足・趾の握る力は退化したその代わりとして足弓(足のアーチ)構造を持つようになり外観からは土踏まずを認めるようになったこうして長時間立ったり歩いたり走ったりできるのは足弓構造のお蔭である扁平足になると膕(ひかがみ・膝裏)が伸びなくなる足弓構造を保とう人が人であるために次回は、踏:外踝・内踝をお伝えします。公益社団法人 大阪府鍼灸師会 スポーツ鍼灸プロジェクトチーム 若杉昌司東洋医学ラ [続きを読む]
  • 躓かない歩き方:直立二足歩行
  • 「立つ」・「歩く」・「走る」は基本的に「陽」にあたるヒラメ筋は足の太陽膀胱経に属しツボの名称には「陽」の文字が多いヒトは 長時間立ったり歩いたり走ったりすることができるヒラメ筋のお蔭である ※注釈   踵に集められた大地の気の   もう一方は脹脛(ふくらはぎ・下腿三頭筋)を通り   膕に向かう   崑崙・委中の順に足の太陽膀胱経を通り   大地の気は上る   膝の動きに関係なく   ヒラメ筋は働きつ [続きを読む]
  • 躓かない歩き方:腓腹筋
  • ヒラメ筋がしっかりと働き膕(ひかがみ・膝裏)がしっかりと伸びれば腓腹筋は持てる力をだしきることができるお膳立てがあってこそ際立つ筋である※注釈   踵に集められた大地の気の   もう一方は脹脛(ふくらはぎ・下腿三頭筋)を通り   膕に向かう   崑崙・委中の順に足の太陽膀胱経を通り   大地の気は上る   膝の動きに関係なく   ヒラメ筋は働きつづけ   足関節は背屈位から底屈位へと向かう   さらに [続きを読む]
  • 残念石 12:02 2017/3/12
  • 大阪城築城のときに大阪まで運び込まれてはきた残念ながら築かれなかった石は淀川(大川)沿いにごろごろしている石垣として築かれた石は個としてはそうは目立たない当時は残念がっていたであろうが今では立派にたたずんでいる街道をゆく・淀川(大川)・立派石Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司散歩・ウォーキングランキングへ [続きを読む]
  • 躓かない歩き方:ヒラメ筋
  • 足が着地している間膝の動きに関係なく心拍数が上がるのを抑えながらヒラメ筋は働きつづけるきつい坂道になればなるほどヒラメ筋は喜んで働きつづける※注釈   踵に集められた大地の気の   もう一方は脹脛(ふくらはぎ・下腿三頭筋)を通り   膕に向かう   崑崙・委中の順に足の太陽膀胱経を通り   大地の気は上る   膝の動きに関係なく   ヒラメ筋は働きつづけ   足関節は背屈位から底屈位へと向かう    [続きを読む]