normal-japan さん プロフィール

  •  
normal-japanさん: 脱日本人クラウド
ハンドル名normal-japan さん
ブログタイトル脱日本人クラウド
ブログURLhttp://normal-japan.hatenablog.com/
サイト紹介文自分も無い、日本も無い、宇宙も無いところから観る新しい出会いついて発信しています。
自由文IT革命・スマート革命が起き、時代はIoT社会であるインダストリー4.0へ向かっています。そして人工知能の登場によって、仕事や雇用は必ず減り、私たちの生活は劇的に変化を強いられていくでしょう。同時に、人間の根本的な変化が求められてくるのは時代の流れです。
人工知能では絶対到達できない人間ならではの意識・無意識領域の開発・開拓が時代のキーワードになってくると確信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 237日(平均8.4回/週) - 参加 2016/10/28 14:02

normal-japan さんのブログ記事

  • LINEの未読件数表示に対する人の心理とは
  • コミュニケーションのツールとしてLINEが登場して以来、ビジネスの現場でも友人との連絡でも大きな革命が起きたのは間違いのない事実でしょう。ただ、そのLINEの便利さの裏に悩みも増えている方も多いのではないでしょうか。実際私自身も悩まされている一人です。。。LINEの未読件数が大嫌いLINEのアイコンの上に表示される未読件数。この数字が大嫌いです。なぜ嫌いかというと、常に仕掛かりの状態だという気持ちになって [続きを読む]
  • 時間にルーズな人に是非!治したいなら時間感覚を磨くこと
  • 日本人は時間にマメで、日本以外の国は待ち合わせ時間に数時間遅れるなんていうこともあるくらい、時間における概念は人それぞれ本当に違うなと感じるものです。ただ、日本人としての時間における考え方をベースにして、私はどちらかというと時間に厳しい人間かなと思います。特にビジネスの現場、仕事現場における時間感覚というものは、かなり厳しいと自覚していますね。笑そこで、時間における人それぞれの考え方はあっ [続きを読む]
  • 印象操作する側される側も知るべき印象が生まれる構造
  • 多くはメディア、国会などで使われる「印象操作」という言葉。「第三者に対して、出来事や人について良い印象を与えようとする事」なのですが、この意味について印象操作をする側・される側関係なく”印象というものが生まれる構造”をしっかり押さえておかなければならないと思いますね。印象が生まれる構造印象といっても個人一人ひとりがそれぞれ受ける印象は当然違うし集団というくくりで受ける印象も多少は違 [続きを読む]
  • 終わりは始まり
  • 終わりのタイミングがあれば始まりのタイミングもある終わりと始まりstopとstart因果の世界相対世界ではすべてが裏表の関係今日は大きな終わりの日そしてそれがイコール始まりの日でもあるブログの毎日の蓄積も今日を持って一段階終了。習慣化のトレーニングは卒業して、2017年6月からは量から質へのステージでより自分の発信を高めていきたいと思います。終わりでもあり始まりでもある。また終わりも始まりもない [続きを読む]
  • 将来人間は仮想現実の中で生きていくことになるのか・・・
  • 人間は新しい道を開拓してその活動範囲を拡大してきたシルクロードのように陸路を開拓して土地を拡大させ大航海時代のように海路を開拓して海へ飛び出し今は飛行機などを使って空路まで広がっている地球の外へ出て火星や月などの宇宙空間ということを除けば人間が目に見える範囲であるこの地球の中の現実空間では活動範囲はこれ以上拡張することはできない。これからの活動範囲は一体どこになるのでしょうか。そんな中、面白 [続きを読む]
  • 日常に溢れる観点の問題
  • あらゆる問題の共通点であり究極の根本問題とも言える”観点”の違いこの観点は男女においても当然違いますし世代によっても当然違います上司・部下などの役割に応じても違ってきますしもっと言えば人類73億人誰一人として同じ観点の人はいません。パートナーとの問題会社の問題社会の問題この観点の問題によってあらゆる問題が引き起こされています。観点があることで出会いが起きるけれど裏を返せば争いにもなりか [続きを読む]
  • 今この瞬間蓄積していく一人ひとりの平和の種
  • NPO法人PBLSが主催するイベントが6月25日(日)アリスアクアガーデン品川で開催されます。NRグループが運営する非営利組織であるNPO法人PBLS。私は、このPBLSという言葉に隠れた意味が好きなんですね。Peace(平和)Business(仕事)Life(生活)School(学び)これらが境界線なくひと繋がりの新しいライフスタイルを創っていきたいという思いが込められています。文化活動や講座など様々な活動をするNPO法人PBLSですが、今 [続きを読む]
  • 天動説から地動説以上以上の価値観の変化
  • 2016年5月に公開された経済産業省の若手官僚らがまとめた資料をベースに自分なりの見解や情報をまとめておこうというものです。(参考資料はこちら)不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜本日は、「3.我々はどうすれば良いか」についてです。本質的な課題とは!?まず、このメッセージを紹介したいです。「シルハ゛ー民主主義」を背景に 大胆な改革は困難と思い込み、 誰もか゛本質的 [続きを読む]
  • 変化するべきは国家ではなく個人
  • 2016年5月に公開された経済産業省の若手官僚らがまとめた資料をベースに自分なりの見解や情報をまとめておこうというものです。(参考資料はこちら)不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜本日は、「2.政府は個人の人生の選択を支えられているのか?」についてです。トップダウンからボトムアップへ私の率直な意見は、政府などトップダウンのアプローチから国民一人ひとりのボトムアップ [続きを読む]
  • 何が問題なのかわからない状態では問題解決はできない
  • 2016年5月に公開された経済産業省の若手官僚らがまとめた資料をベースに自分なりの見解や情報をまとめておこうというものです。(参考資料はこちら)不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜そもそもみなさんは今の時代をどう捉えますか。(参考資料3Pより引用)先行き不透明とみることもできるしAI時代に差し掛かるまさに時代のターニングポイントとしても捉えることができる貧富の格 [続きを読む]
  • 1億総学び社会への方向性がAI時代のキーワード!
  • 経済産業省の若手官僚らがまとめた資料が先日から話題になっていますね。不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜今の時代がどんな時代であるかを統察し、これからの国家がどうあるべきかを完結にまとめ、私としてもよくまとまっているなと本当に関心させられる資料。部分の資料やデータについては、ネット上でマイナス的なコメントなどあるようですが、私が大事だなと感じるところは「方向性 [続きを読む]
  • 「〜と記憶しています。」の発言について
  • 国会の会議などの様子を見ていると度々使われる「〜と記憶しています。」という発言。改めて、このコミュニケーションには限界があるしもっと客観的に物事を進める必要があるなと感じますね。記憶は本人の思い込みです。個人の主観的かつ独断の世界ではなく集団の客観的かつ理解の世界にシフトすることこれは、会議などでは重要なポイントだなと思います。記憶が果たして判断材料になるのか?説得力のあるものにな [続きを読む]
  • 全てにAIが入っていく時代
  • GoogleのCEOであるサンダー・ピチャイが基調講演で語った戦略。forbesjapan.comカメラを被写体に向けるとそれが何かAIが認識するようになる技術など、AIを駆使した技術の内容が簡単に紹介されている。改めて、AI時代に突入していくんだなと感じる一方で、科学技術一辺倒の時代とも言えるのは間違いない。人間以外のモノ・商品・サービスがどんどん進化し、人間の衣食住は豊かになっていく。しかし、一方で。人間そのも [続きを読む]
  • 未来技術はこれだ!すでに体系化が完成した認識技術"観術"
  • 2017/05/20/224500YouTubeで公開されてから1ヵ月半で約150万回再生されているこの動画。「この世界が仮想現実であることを示す証明式」www.youtube.comなぜ、これほどまでに再生が増えるのか不思議ではあるものの世の中のこの現実に対する見方が確実に変わってきているのだなと感じますね。認識技術をお伝えしているセミナーでは、「自分と自分の宇宙は実在しない」と100%明確に言い切っているわけですが、私たちの見てい [続きを読む]
  • 関係性を築くためのコツ
  • 私とあなた自他は関係しあっているし認識する側される側も地球と自分も自分の細胞の集合と自分の精神も全ては関係しあっているものです逆に関係性がないものはひとつもありませんただ、関係し合っていると言ってもどの深さ、どのレベルの関係性というのが大事になってきますね人間同士のコミュニケーションレベルこれは表情・言葉・行動の目に見える形での関係性と言えますしかしもっと深いレベルになるとイメージレベ [続きを読む]
  • 成功プログラムの限界と私が絶対やらない理由
  • 私自身は成功プログラムなどは一切興味のない人間です自分を高めたいもっとこれができるようになりたいそういった欲求自体が小さいというのも理由として大きいでしょうまた、どちらかと言うと自分自身がいかに柔らかくなって自分の外を取り入れていくのか関係性の中で自分を進化させていくようなイメージを持っています成功プログラム自体は良いものもあるでしょう。しかし、私が絶対にやらない理由・・・一番大きい [続きを読む]
  • 2018年にコンピュータが脳を超えるなら人間は何するべきなのか?
  • ソフトバンクの孫正義さんが2003年くらいに言った言葉でもありますが「2018年にコンピュータは脳に追いつく」というのは、有名な話です。具体的なことがどういうことかと言うと技術の進化によってコンピュータチップ1枚に組み込まれるトランジスタの数が脳細胞の数である300億個に到達するという話。人間の脳とコンピュータは同じ仕組みそもそもこの話を深く考える前に、人間の脳とコンピュータが同じ仕組みで動いている [続きを読む]
  • 医療技術は体を手術し、認識技術は心を手術する
  • 問題があれば対処をしなければならないそれは体も心も同じと言えます外科内科含めて体に問題が出た場合に登場する医者という職業細胞の変異に対して切除などを施すしかし、これは本当の意味での解決策ではない細胞の変異はなぜ生まれるのか?それは血液循環が悪くなるから血液循環はなぜ悪くなるのか?それは生活習慣が悪いからなぜ生活習慣が悪くなるのか?それは日々の行動パターンが悪いからなぜ日々の行動パター [続きを読む]
  • どのレベルの変化を認識するか
  • 諸行無常という言葉の通り宇宙自然森羅万象全ては変化そものもです。今この一瞬、静止しているものは一つもないであるなら多様な変化について変化のレベルをどこまで認識するのかというのが大事な要素になってきます1km単位の変化を認識するか100m単位の変化を認識するか1m単位の変化を認識するか1cm単位の変化を認識するか変化のレベルは様々ですね変化を認識する能力が自分自身の人間力や人間力を決定すると言っても過言 [続きを読む]
  • 意思を引き継ぐということ
  • 本日はJAPAN MISSION PROJECT第17弾in大阪@堂島リバーフォーラム「IT経済以降の新経済と新教育」をテーマにした講演会・懇親会でした。講演会では1000人弱の人が集まり、講演会では400人ほどの人が集まる大盛況のイベントとなりました。全国リレー公演を進めてきた本イベントも大阪で一段階終了。今の時代がどんな時代で今の時代が何が危機でその危機をどう突破していくのかそのポイントについて、これからの新時代を [続きを読む]