亀レス丸眼鏡 さん プロフィール

  •  
亀レス丸眼鏡さん: POZ GARDEN
ハンドル名亀レス丸眼鏡 さん
ブログタイトルPOZ GARDEN
ブログURLhttp://kameres.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポジゲイブログ。趣味でバラやランの栽培をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 185日(平均3.0回/週) - 参加 2016/10/28 20:55

亀レス丸眼鏡 さんのブログ記事

  • オフェリア 〜強剪定による不調?〜
  • 昨年、見事な回復をした見切り品のオフェリア。しかし、今年の萌芽は非常に遅れている。隣のミスターリンカーンはもうこんなに葉が展開しているのに、オフェリアは今だに枝のまま。一体なぜ?根に異常にがあるためかもしれないと、掘り上げて確認してみたが、コガネムシの幼虫も癌腫も見当たらなかった。他の品種もここまで生育を止めているものはない。ただ、芽吹きが遅いのは他にもいくらかある。ベーサルシュートを20cm程度に剪 [続きを読む]
  • オールドブラッシュ 〜今年最初に咲いたバラ〜
  • 今年も最初に咲いたのはこのオールドブラッシュでした。去年の日記を参照してみると、やはり4月末に我が家のバラの先陣を切って咲いていたようです。2月にかなり強めの剪定をしたので、もっと遅れるかなと思ってましたが、極早生ぶりを発揮。ただし、バラの書籍には中香と書かれていたりしますが、この花は無香でした。これから、香りが楽しめると良いのですけど。いよいよバラの季節が到来します。薔薇データ①開花日 1番花 2017. [続きを読む]
  • Rl.ディグビアナ 〜夜に香る髭の花〜
  • 今、ベッドで寝ながら日記を書いているんですが、側に置いた鉢植えからレモンのような爽やかな香りが漂ってきます。カトレアの原種、リンコレリア・ディグビアナの香りです。今年2月に東京の世界らん展で香りを嗅いでみたときはプラスチックのような変な香りでしたが、その時はまだ時間が早かったのでしょう。今は良い香りが半径1m位は漂っています。花に鼻を近づけると変な香りなので、付近に漂う香りを楽しむのが良いようです。 [続きを読む]
  • Den.プリムリナム
  • 原種のデンドロビューム。香りがあると思って買ったのに無香。全く香りがしなくてがっかり。花弁の色もかなり薄め。もっと濃いピンクを期待していました。でもまあ、可憐な花なので、それなりに愛情を注いでやろうと思います。花データ①花径 5.5×5.0cm②輪数 3+2+2=7③開花日 2017.04.11④満開日 2017.04.25⑤終了日⑥草高 24+鉢6cm⑦芳香 無し⑧香質 -⑨鉢 3.0号素焼き⑩コンポスト 水苔 [続きを読む]
  • C.インターメディア セルレア
  • インターメディアのセルレア個体。リップの縁取りの色が貝のエラを連想してしまいます。栽培は低温に強いので比較的簡単です。ただ、比較的地味な色合いの花が多く、香りも無いものが多いのが欠点。花データ①花径 7.5×9.0cm②輪数 1③開花日 2017.04.10④満開日 2017.04.15⑤終了日 2017.04.25⑥草高 23+鉢8cm⑦芳香 無し⑧香質 -⑨鉢 3.0号化粧鉢⑩コンポスト 水苔 [続きを読む]
  • Den.スプリングポエジー
  • 非常に強健なデンドロと思います。良く芽吹くので、バルブを充実させるために芽かきをした方が良いかもしれません。高芽が発生したので、親バルブをくっつけたまま切り取って植えたところ、約1ヶ月で活着しました。驚いたのは、シワシワだった親バルブまで回復していること。親バルブは根から切断したため、てっきり子株(高芽)に栄養を送りっぱなしで干からびると思っていたので。高芽は活着したら親バルブまで栄養を送って、養 [続きを読む]
  • Slc.ベストフレンド ‘クレオパトラ’
  • 姉妹品種のコマチよりも一回り草高は大きい。花弁もコマチよりも肉厚で花持ちは良さそう。色は濃い赤紫。リップにはビロード状の光沢があります。難点はセパルが後ろに反り易いところ。2月頃の蕾がまだ小さい時にアザミウマの食害を受けてしまったので、ヒロシマメロディーのようなカラーブレイクが出るかもと思いましたが、花弁が肉厚なのと、濃い色が幸いしてあまり見た目の影響はなさそうです。ただ、リップが多少歪んでいるの [続きを読む]
  • 関西らんフェスタin神戸
  • 体調はすっかり回復しました。体調が回復したので、神戸で開かれている蘭展に行ってきました。世界らん展の1/10位のこぢんまりとしたらん展ですが、関西では一番大きならん展のようです。KIITOという洒落た建物で開催されています。金賞のパフィオ。団子三兄弟というか、命(ゴルゴ松本)の三重奏みたい。香りのカトレア、シュロデレー。とても良い香りがしましたが、桜餅の香りには感じませんでした。これまでシュロデレーは数個 [続きを読む]
  • 下痢
  • 倦怠感、神経痛の次は下痢。踏んだり蹴ったり。泣きっ面に蜂。多分、3日前に食べた駅弁が原因と思われます。父が買ってきてくれたもので、駅弁を食べた自分と母が下痢になり、食べなかった父は下痢になりませんでした。特に傷んでいる様子はなかったのですが、何か食中毒となる病原菌が混入していたのでしょう。症状は酷い水下痢のみで、腹痛や頭痛、嘔吐や吐き気、発熱等はありません。その症状の食中毒の菌を調べると、ウェルシ [続きを読む]
  • 神経痛
  • ひどいだるさの次は神経痛(T-T)最悪。昨日から体をひねったり、深呼吸をすると、脇腹が酷く痛みます。仰向けから体を起こすことができないくらい痛いです。安静時はなんともないし、熱もないのですが。もしかして帯状疱疹?今日は3ヶ月ぶりに通院なので、主治医に診てもらいました。前回の結果はCD4は1000超え、ウィルスは未検出でした。今日のCD4とウィルスは測定が間に合わず。ただ、炎症反応のCRPは上昇しているとのこと。主治 [続きを読む]
  • とてもだるい
  • 今日はとてもだるい一日でした。考えられる原因①昨日、一昨日の睡眠不足 (約5時間30分)②糖質(間食)の摂り過ぎ(昨日、マカダミアチョコ1箱、チップスター小1箱、ジャガビー1カップ、ドーナツ2個、ポッキー半箱、今日、キャラメルコーン1箱、チーズタルト1切れ)③心理的要因(うつ傾向。将来に希望が持てない。)対策①遅くとも午前零時には寝る。寝床スマホを控える。②菓子類はできるだけ控える。甘みが欲しい時はラカント [続きを読む]
  • Den.ラブリーエンゼル
  • 2年前にホームセンターの処分品で買ったもの。確か500円だったと思います。昨年はパラパラ咲きでしたが、今年はたくさん咲きました。ただし、なかなかまとまりよく咲かせられません。根がすごいことになっているので、今年は植え替えた方が良さそう。昨年は開花時には新芽が成長していたのですが、今年は全く新芽の動きがありません。花を付けすぎて弱ってしまったのか、根詰まりしてしまったのか。今新芽が動いていないと、来年の [続きを読む]
  • カタクリ
  • カタクリが咲きました。20年位前に通販で購入したものです。鉢植えで栽培していますが、毎年春分の日の前後に咲き始めます。今年は寒かったため、昨年より1週間遅れの開花となりました。カタクリが咲くといよいよ春が到来したのを実感します。毎年、カタクリの花を見るととてもウキウキするのですが、今年はやや低調モード。漠然とした不安感。焦燥感。倦怠感。絶望感。無気力。なんというのか、やる気が起きません。今日も小鳥の [続きを読む]
  • Dtps.ユーピンスイーティー
  • Dtps=Doritaenopsis=Doritis×Phalenopsisドリテノプシス=ドリティス×ファレノプシスの交配種胡蝶蘭は近年最も品種改良が進んだ洋蘭だと思います。ひと昔は白とピンクとセミアルバくらいしかなかったような気がしますが、最近は黄色や点花、濃い紫に網目模様など非常にバリエーションが富んでます。ただし、青い胡蝶蘭と香りのする胡蝶蘭はありません。厳密に言えばあるにはありますが、ミニチュアだったり、1輪咲きだったりと [続きを読む]
  • Gcy(Epc).キョーグチ ‘ハッピーフィールド’
  • 素晴らしい香りのランです。カトレアの仲間で、小さい花が群れて咲きます。香りの強さは微香ですが、その香質が凄い。まるで石鹸や化粧品のような香りです。イメージ貧困の私にとっては石鹸ですが、香りの専門家曰くムスク(麝香)の香りらしいです。蘭の中でも間違いなくトップクラスでしょう。今年の世界らん展のフレグランス部門で最優秀賞を受賞したレインボーブリッジの親になっている品種です。また、このキョーグチ自身も過 [続きを読む]
  • Phal.タイダキングスキャロライン ‘リトルゼブラ’
  • 家の片隅に放置されていたもの。多分、親がホームセンターで購入したか、誰かからの頂き物と思われます。このままでは冬を越せないと思い、養生することにしました。なんとか咲かせることはできたのですが、花のリップが欠ける奇形花がとても多く発生してしまいました。アップの1輪以外はほぼ全て奇形ですし、アップの花もやや花弁の形が変形しています。原因はよく分かりません。環境要因か、遺伝的要因か。それとも病害か。なん [続きを読む]
  • Blc.リトルティックルド ‘ミヨコ’
  • これも衝動買い。もー、散財しまくりです。酒もタバコもギャンブルもしないので、ささやかな贅沢です。ちょっと高めのランチ一食分くらい。例のごとく直売所に売られているものを買ったのですが、なんだか花弁の展開がイマイチなのが気になります。少しすぼんだ感じというか。バルブがシワシワなので、もしや根腐れ?と思い、早速引っこ抜いてみたら、案の定、茶色く変色していました。おそらく、生産者が開花直前のものを出荷用の [続きを読む]
  • Sc.フェアリーランド ‘ジュディ’
  • またしても衝動買いです。ストレス発散。お金も散財(^^;)このフェアリーランドは、ホームセンターでよく売られているミニカトレアで、他にもフェアリーランド ‘ポポ’フェアリーランド ‘アン’フェアリーランド ‘セーラ’等があります。その中で、一番マイナーながらも、自分好みなのがこのジュディ。小さい割にリップのフリルがしっかり出ているところと、他のフェアリーランドに比べて花色が華やかかつ上品な感じがする所が気 [続きを読む]
  • Slc.ベストフレンド ‘コマチ’
  • 昨年の6月に引き続き、3月も開花してくれました。交配親(♀)がドラムビートなので、香りもドラムビート。ストックの花に似たような感じです。ストックの花の香り=香辛料のクローブ(丁子)らしいですが、クローブの香りを匂ったことがないのでわかりません。とてもコンパクトな草姿ですが、花はザ・カトレアといった感じです。もう少しリップの幅があれば良いのですが、交配親(♂)のラブトラディションの影響が強く出てしまっ [続きを読む]
  • 札落ちのバラ、ついに名前が判明!
  • 昔の品種(10年以上前からわが家にある)。色は赤紫で、咲き方は波状弁。香りはスパイシーな強香。葉はワックスをかけたような照葉。そして、多分ハイブリッドティー。多くの特徴があるにもかかわらず、インターネットのキーワード検索でも見つけられず、書籍「バラ大百科」、「バラ大図鑑」、「新・薔薇大図鑑2200」を探しても載っていなかったこのバラ。ついに名前が判明しました。プリンセス・アレクサンドラ・ルネッサンス↑を [続きを読む]
  • Dtps.リトルジェムストライプス
  • やっと開花。当初、2月始めには咲くと思っていたのですが、1ヶ月遅れとなりました。10月の花芽を確認してから、5ヶ月。長い長い待ち時間でした。一応、ミディ胡蝶蘭のカテゴリらしいですが、アマリビスに比べると、ずいぶん小さく見えます。花データ①花径 5.5×5.0cm②輪数 8+9③開花日 2017.02.23④草高 23cm⑤芳香 無し⑥香質 -⑦鉢 3.5号素焼き⑧コンポスト 水苔 [続きを読む]
  • Slc.プチプチキャンディー ‘イエローバード’
  • 昨年の夏に咲いた黄色のミニカトレア。ホームセンターの札落ちですが、ネットで調べるとSlc(ソフロレリオカトレア).プチプチキャンディー‘イエローバード’に瓜二つです。なので、このミニカトレアもプチプチキャンディー‘イエローバード’に命名することにしました。販売もしなければ、育種に使うこともないので、ヨシとしましょう。花データ①花径 6.5×7.0cm②輪数 4③開花日 2017.03.01④草高 20cm⑤芳香 無し⑥香質 -⑦鉢 [続きを読む]
  • C.ドロシーオカ ‘ヒノモト’
  • 11月のドロシーとは別の株です。前回の株は草高が30cm位あったのですが、こちらの株は18cmと小ぶり。しかし、花径は9.0×12.5cmの立派な花を咲かせています。ペタルも前回より綺麗に展開しており、先端の色も良く発色しています。小苗を購入して2年間育てた甲斐がありました。香りも良く、ヒアシンスとシナモンを混ぜたような香りが漂っています。花データ①花径 9.0×12.5cm②輪数 2③開花日 2017.2.27④草高 18cm⑤芳香 強 [続きを読む]
  • Den.アイリッシュダンス
  • これもホームセンターで衝動買いしたもの。ストレス発散。700円というとランチ1食分、コーヒー2杯分くらいでしょうか。デンドロは低温に強いから、滅多なことでは枯れないはず。来年も咲かせてみたいと思います。花データはまた後日。花データ①花径 5.0×5.0cm②輪数 14+7=21③開花日 2017.2.26④草高 28cm⑤芳香 無し⑥香質 -⑦鉢 2.5号ポリポット⑧コンポスト ベラボン [続きを読む]
  • Den.サオヒメ
  • ホームセンターで衝動買いです。約700円。サオヒメ≠竿姫サオヒメ=佐保姫=春の女神1月2日に撮影した札落ちによく似ていますが、少しずつ改良されており、鑑賞価値が高まっているようです。花の色サオヒメ:ペタルとセパルが全体的に薄紫札落ち:ペタルとセパルの先端が薄紫花の形サオヒメ:丸みを帯びている札落ち:花弁が離れている花の大きさサオヒメ:6.0×4.5cm札落ち:5.0×4.0cm着花向きサオヒメ:横向き札落ち:ややうつむき加減 [続きを読む]