mimiha さん プロフィール

  •  
mimihaさん: バラと雑草・小さな菜園と
ハンドル名mimiha さん
ブログタイトルバラと雑草・小さな菜園と
ブログURLhttp://mimiha313.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道の小さな町でバラを育てています。時々猫も登場します。
自由文初雪が降って、庭の冬支度に忙しいこのごろです。
バラのトゲに泣かされつつ、縄で結束中。
春の庭を彩る球根も、まだこれから植えなくては・・  北海道の秋は駆け足です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 239日(平均7.1回/週) - 参加 2016/10/29 01:48

mimiha さんのブログ記事

  • 花 散りて
  • スノーペイブメント小林麻央さんの訃報に、胸が一杯になってしまいました。最後の言葉が「愛している」それを聞いて、また泣けてしまいました。    きっとお空の上から、愛する家族を見守り続けることと思います。              ?では、元気を出して(^-^)/今日の庭から。.↑バラも咲き始めました♪左側一番下の青い花から時計回りに。宿根亜麻。ラベンダー・ドリーム。ピンク・サクリーナ。アンブリッジローズ [続きを読む]
  • 可憐なアンブリッジローズ
  • アンブリッジローズが、ちょっぴりほころび始めました。アンブリッジ・ローズ 1990年 英 D・オースチン  四季 芳香 ブロ友のヨッチーさん(新 よしおのおでこにバラが咲く 嵐が丘より)に、お勧めのバラを聞いた時、最初の品種が、このアンブリッジローズでした。咲き姿が、何といっても可憐です??2015.6/11育ててみて、最初に思うのは、香りの素晴らしさ・ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆オースチン社のカタログには、ミル [続きを読む]
  • なよっとした花、ミツバシモツケ
  • ↑我が家のミツバシモツケ、今年で3年目になりました。これだけでも存在感はありますが、もっと増えて欲しいのです。今日、katatakaさんのブログ「やさしい庭」で、素晴しいミツバシモツケの写真を見ました。沢山のミツバシモツケが風に揺れる様子が素敵で、群生させることで、景色を創り出すことになっていると感じました。我が家でも、群生して欲しいなぁー^^↓グラハム・トーマスの蕾がほころびかけて↓ミセス・オークリー・フ [続きを読む]
  • 素敵なプリンセス・ケイト
  • ↑クレマチスの「プリンセス・ケイト」まさにプリンセスの名に恥じない、気品ある美しさですね??紅色と紫が絶妙にブレンドされた中心部。綺麗にカールした花弁。やっぱり素敵~~          ?↓風に揺れるスティパ。こんな景色も好き。芍薬も、あれこれと咲き始めました。    明日の予想は30度・・・ 庭仕事はお休みして、原稿に集中する!する!          お母ちゃんね、集中できる時間がとっても短いの。 [続きを読む]
  • 庭のアラカルト
  • 庭は色が増えて、だいぶ賑やかになってきました。今日は、テーマを絞ることができなくて、アラカルトでどうぞ。ルピナスバラ 「アメリ・ノートン」 バラ 「スノーペイブメント」 広島から届いた壺クレマ。(ラキシアさーん。退院おめでとう??)梅花ウツギ睡蓮バラ「レイニーブルー」本日の〆はやっぱり たんこちゃん。お決まりのあっち向いてホイで。??♪ 6/25が同人誌の原稿締め切りにつき、原稿が終わるまで   コメン [続きを読む]
  • まだレイニーブルー
  • レイニーブルー、続きます??↓この写真は6/17、夕方5時ころ。↓一夜明けて、6/18、午前7時。一日経って、ふっくらと薄紫色に咲いて、何て綺麗ヽ(≧∀≦)ノ↓そして、6/18、午後3時半ころ。なんと!  クォーターロゼット咲きに o(≧ω≦)o花の大きさは、中輪。香りは微香。こんなに花の色も、姿も変わるのですね。素敵なレイニーブルー嬢でした。今日の庭から。↑牡丹と入れ替わりに、芍薬が咲き出しました。↓この色が素敵で、楽 [続きを読む]
  • 咲そめし・・レイニーブルー
  • レイニーブルー、蕾がほころび始めましたヽ(≧∀≦)ノ日光が沢山当たっている所は、ピンクが濃いめに。影の所がレイニーブルー、本来の色なのでしょうか?沢山の蕾が全部咲くのよ〜♪と、Russian Roseさんが仰ってました^^今日の庭から↓丁子草↓ワイルドストロベリーの実(甘くなってました♪)↓花同士で会話をしているような、赤い花はオリエンタルポピー。青い花は、フウロソウのジョンソンズブルー。↓睡蓮の蕾も、顔をのぞかせて [続きを読む]
  • スノーペイブメントの蕾
  • 夕方、ふっと気になって、スノーペイブメントの所に行きました。あらっ 蕾から色がのぞいています。一年経過して、枝は太くならないけれど、沢山の蕾で枝がしなっていました。支柱を立ててあげたら、その下には、明日にでも開きそうな蕾が(o‘∀‘o)*:?♪花もちが悪くて、翌日にはもう終わってしまうバラだけれど、咲いた時の繊細な美しさには、何か特別なものがあって、とっても惹きつけられます。↓こちらはスノーペイブメント [続きを読む]
  • 白牡丹とコメリ・ケイト
  • 今年の白牡丹は、この一輪だけでした。花が終わったら、来年の為に、肥料と、土を足してあげましょう。ピンクの牡丹。こうして見ていると、深紅の牡丹があってもいいかなぁと(^∇^)そして、クレマチスが、また和の雰囲気を。更に、「プリンセス・ケイト」も開花しました\(^o^)/↑蕾も、まだありますーー。横顔が美しいですね。雨の中で咲いたコメリケイトでした。(ssrgさん、ありがとん??) それではまた ? [続きを読む]
  • ばら ヨハネ パウロ2世
  • 6/14-6/18までの5日間、北海道旭川市で開かれる花フェスタ。今年のお目当ては、白バラ「ヨハネ パウロ2世」です。昨年は、どのお店にもなかったこのバラ。今年はありましたo(^▽^)o ヨハネ パウロ2世  2006年 米国 J&P社 HT  四季 芳香 1.5m毎年出店しているバラのお店で、無事にゲット。で、お店の小父さんと短いおしゃべり。なんと、300本の苗木が野ネズミの被害にあったそうです>「室に入れておいて、かじられた」と [続きを読む]
  • アナさんのギター
  • 久しぶりの大雪クリスタルホールでアナ・ヴィドヴィチのギターリサイタルに行ってまいりました。嬉しかったのは、私の好きな「カヴァティーナ」がプログラムに加わっていたこと。しんしんさんがブログにアップされていた「大聖堂」が演目にあったことでした。豊かで柔らかなギターの音色。特に弱音が美しく、素敵な音楽会でした。咲き始めたバラのように、綺麗な方でした??写真のバラは、次々に咲き続けるアメリ・ノートンです。 [続きを読む]
  • 光あふれて
  • 夕食に使う絹さやの筋を取りながら、キツチンの窓から見た裏庭。あらまっ! 夕陽に照らされて、小さな菜園の野菜たちや、伸びだした宿根草がピカピカツヤツヤに見える一瞬。急いでカメラを持って、流し台の上に乗ってパチリこんな、何でもない時間に幸せを思う私。(o‘∀‘o)*:?♪今日の庭から。↓雨と、3日も続いた強い風で、咲いたばかりの牡丹が乱れて・・・↓存在感のあるオリエンタルポピーも、次々と開花中。んで、こちらは [続きを読む]
  • 咲いたクレマ・心配なプシュケ(バラ)
  • 昨日、開きかけたクレマチス。今朝は、開いていました。花径はおよそ8?。小さめの一重に、紅紫色のしべ。可憐な印象です。蕾も多めなので、多花性かも知れませんv(o゚∀゚o)v            ?で・・、ここにきて心配なバラが出てきました。プシュケです。このバラは昨年9月に購入して、すぐに地植え。初めての冬を無事に乗り越えたと、喜んでいました。シュートも1本出て、生育順調と思っていましたら、 [続きを読む]
  • クレマチスの名前探し
  • 今朝は静かな雨。それでもカメラを持って庭に出ると、咲いてました\(^o^)/2.3日前から、そろそろ、と思っていたクレマチスです。この子は、2015年の2月に、生協の「宿根草の玉手箱」の中に入っていて、表示は「クレマチス」とだけ、品種名がありません。メーカーのアタリヤ農園さんに問い合わせたところ、新旧両枝咲きとしか分かりませんでした>雨で気温が上がらないせいか、朝からこのままで、完全に開きません。2015年に届いて [続きを読む]
  • ケムリの木
  • 写真右の、銅葉のスモークツリーは、旭川の季の花ガーデンさんのもの。左の緑のスモークツリーは、我が家のもの。(15年経過)(花は6月下旬から咲き始めます。花が付いている写真は過去のもの)我が家のケムリの木、最初は30?にも満たない小さな苗木でした。特徴は、成長が早いことと、枝に柔軟性があることでしょうか。我が家では3本の株立ちですが、仕立て方は色々できそうです。ブッシュのように、こんもりさせるのも素敵かなぁと [続きを読む]
  • クレマチス 土岐
  • クレマチス、土岐が咲きました(^∇^)ノ最初はクレマチスに新枝咲き。旧枝咲き。新旧両枝咲き。と種類があることも知らなかったんです(/∀\*)で、私はこのクレマチスは旧枝咲きと、ずっと思い込んでました。(本当は、新旧両枝咲き)長年育てていると色々あって、去年は野ネズミに齧られて、ダメになっちゃうかなぁと思いました>一年かけて、見事に復活してくれました(*´∀`人 ♪シンプルで可憐なクレマチス。復活への頑張りに、心 [続きを読む]
  • 牡丹 吉野川とラスコー展
  • 牡丹 吉野川が咲きました (o‘∀‘o)*:?♪白い牡丹もありますが、こちらが先に咲きました^^北海道に良い季節が訪れた、そう思うひと時です。けれど、牡丹が咲くと必ず雨が>                ??そして突然、話題は九州に飛びます♪───O(≧∇≦)O────九州国立博物館で、7月11−9月3日まで開かれる「ラスコー展」住所は福岡県太宰府市石坂4-7-2です。ラスコーと言えば「クロマニョン人」友人の悠ちゃ [続きを読む]
  • 牡丹とタチアオイ
  • 牡丹の蕾が、ゆるやかに開き始めました。今年の牡丹は、色がほんの少し紫がかっているように思います。今年は、温かくなってから再び寒さが戻るという天気のパターン。膨らんだ蕾は、開くタミングを考えていたようです。15年の牡丹の開花は5/31.去年は6/3.今年は6/6.今年はやっぱり寒い年だったのですね>↑ソフトクリームのようですね??↓そしてタチアオイです。2015年の5月に九州の宮崎から届いた苗が、3年目の今年、とっても元 [続きを読む]
  • レイニーブルーの蕾
  • ↓ レイニーブル―の蕾が、ふくらんできましたo(^▽^)oで、蕾の色が紅色なのだけど・・・  咲くと薄紫になるのかしらん??もうすぐ、あの素敵な花に( ^ω^)ワクワク。↓久しぶりに気温が20度になって快晴です。大雪山がハッキリ見えました。雪、少なくなりましたねー。姫シャガ。右は八重。左は一重。どちらも魅力的^^ 八重の姫シャガは、昨年の花フェスタで買ったことを思い出しました。今年の花フェスタは、6/14(水)-6/1 [続きを読む]
  • アメリ・ノートン 花もち良いです
  • 5/31に開花したアメリ・ノートン。      6/4の様子↑開花から5日過ぎても、こんなに綺麗o花もちが良いバラと思いました。爽やかな甘い香りが、嬉しいなぁヽ(≧∀≦)ノ↓そして、反射的に花もちが残念なバラが思い浮かんで。スノウペーブメント 1984年 独 四季 芳香  ルゴサ系 16.9/2                  17.6/4繊細なバラで、咲いた翌日にはもう花は終わってしまいます。けれども、忘れがたい美しさの [続きを読む]
  • 野生は辛いよ
  • 大きなカラスの声に目を上げると、離れたところにキタキツネがいました。二羽のカラスは、上空からキツネの回りを飛びながら威嚇しています。あららっ、狐さんがたまりかねて我が家の庭に・・・まだ若い狐のように見えました。けれど、毛がぼろぼろ・・・子育て中で、心身ともに大変な時なのでしょうか。ここは私たちのテリトリーなのよ! とリンゴの木の上で鳴くカラス。キツネのシンボルは「ふさふさの尻尾」なのに・・・栄養状 [続きを読む]
  • ハマナス咲いて♪
  • 原種のバラ、ハマナスが咲きました。15年16年ともに、6/3の開花。今年は一日早く開花。安定していますね(^∇^)↓こちらは、少し早く開花したオオタカネイバラ。ともに原種です。バラの原点を見るような雰囲気がありますね^^そして、遥か広島から送って戴いた壺クレマが、開花しました??↓クレマチスの本と首っぴきで名前を探しました。どうやらアディソニーの子供ではないかと思われます。壺クレマ。チャーミングです??今日の [続きを読む]
  • お庭の困ったちゃん
  • お庭の困ったちゃん。この時期の筆頭は、タンポポです>綿毛を付ける前に抜き取らないといけないと、分かっちゃいるけど‥‥と歌いたくなる私 (歌はスーダラ節で(^^♪)これが本当に抜けません>残った部分から、また出てくるのです>そしてヒメスイバ。ものすごーーく豆に地下茎を伸ばして増えるの>芝桜の中に侵入して、領地を拡大してゆきます> こちらは、ヘラオオバコ。花の形がUFOを連想させて、嫌いじゃないけれど、どれもみな、 [続きを読む]
  • アメリ・ノートン開花
  • 4/14に我が家の子になった、アメリ・ノートンが開花しました。タグの写真と比べると、やや花びらの数が少なめですが、色はそのまま綺麗に出ているように思いました。アメリ・ノートンは小型のブッシュタイプ、という事で、グラハム・トーマスと同系色でまとめてみようかと考えています。↓夕陽の反射でしょうか、空がこんな素敵な色になったので、パチリと。この所、お客様が多かったりと、ほんの少し忙しくて、コメントの返事が遅 [続きを読む]
  • ファンタンラトゥールの様子
  • オダマキばあやのボンネット、そんな別名もあるオダマキが、咲き始めました。5月が、あと一日で終わってしまうなんて>5月って、短いように思いませんか?さて、今日は辛いけれど、冬越しが上手くいかなかったバラについての報告です。ポールズヒマラヤンムスク現在                 昨年8/21 ↑頑健なバラとして知られる、ポールズヒマラヤンムスクですが、こんな姿に>原因は、このバラだけ一切の雪囲いが出来な [続きを読む]