みりこ さん プロフィール

  •  
みりこさん: アラフォーみりこ 結婚への道
ハンドル名みりこ さん
ブログタイトルアラフォーみりこ 結婚への道
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mirimiriko/
サイト紹介文38歳を目前にして、突如結婚願望のわいた女の婚活記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 151日(平均5.6回/週) - 参加 2016/10/30 23:38

みりこ さんのブログ記事

  • 父ちゃん 大崎さんその42
  • 突然の二股未遂宣言。他の女性と股にかけようと、いえ、天秤にかけようとしたの方が正しいような。その結果わたしを選んだと言った大崎さん。それに対してショックというよりも、他にも相手がいたことに驚くわたし。お相手は相談所で出会った人でしょうか。どんな話が聞けるのか、ワクワクしながら待つわたしに彼は語ったのでした。なんでも、彼のお父さんが知り合いの娘さん(30代半ば、独身)の連絡先を入手。先々を見据えたやり [続きを読む]
  • ふたまた 大崎さんその41
  • もうダメだ…。これまでのことに加えて今の発言。彼は悪気なく言っているのでしょうが、それを笑って過ごすことはもうできない。こんなにイライラとした気持ちを抱く前にやめておくべきだった。ずるずるとここまで交際してしまったわたしは、バカのひと言。それだけです。何が許せて何が許せないかの基準は、人によって違うもの。カップルや夫婦は、そういう部分をお互いが擦り合わせて、続いていくのだと思う。だけど、わたしとあ [続きを読む]
  • はじめての通話 大崎さんその40
  • 連休初日の朝。前日処方された薬が効いたのか、痛みと腫れは少しずつ引いてきています。鏡を見た後スマホで時間を確認すると、まだ朝の7時。にもかかわらず、またも大崎さんからLINEがきていました。あー!もう面倒くさーい!クレーム来いよ!くらいの勢いで交際終了してしまおうかと昨夜は思っていたのですが今はそれすらもしたくないという状態になっています。ログインして、あの爽やか男性アナウンサーの宣材みたいな写真すら [続きを読む]
  • カサンドラ症候群 大崎さんその39
  • 頬が痛むまま迎えた昼休み。「それじゃー、明日、10時に現地集合ね」大崎さんからきていたメッセージを見て力が抜けました。あー、前に言ってたフードフェス…。行くことになってたんだっけ。いやいや、ものすごく腫れてるんだから、今日明日でいきなり良くならないでしょ。そう思いながら、その下に続く文章を読みます。「昼過ぎにはお台場出るじゃん。その後夕方まで時間あるよね?どーしよっか」ああ、これは前回同様ホテルに行 [続きを読む]
  • 何がなんでも 大崎さんその38
  • 品川さんを着信拒否にしてベッドに入った翌朝、頬のものすごい痛みによってわたしはいつもより1時間ほど早く目覚めました。…なんじゃこりゃ。片方だけぼっこりとエラ張り状態になっている、鏡の中の顔を見て愕然とします。昨日の処置は知覚過敏に対するものだったのに、なんでこんなに腫れてるの?麻酔の注射での内出血か感染でしょうか。どちらにしても最悪の顔…。だけど、今日1日マスクをして過ごせば、明日からはゴールデンウ [続きを読む]
  • 着信の嵐 品川さんファイナル
  • 「明日電話しますね」どうしよう。メールを見て固まりました。品川さんが身体に触れたことにより、うぎゃあぁ状態になったわたしはカバとかニオイ云々言ってたけれど、結局異性として無理だったということに気づきます。ちなみに件の声は、リアルではなく心の叫びです。サイレントうぎゃあぁ的な。それをきっかけに彼との交際終了を決意したものの、相談所に連絡をし忘れるという大失態。さらには明日、その相談所はお休み。詰みに [続きを読む]
  • 交際成立。そして… 渋谷さんその2
  • 月曜の14時過ぎ。昨日のお見合い結果の連絡がきている頃でしょうか。遅めのランチに出たわたしは、祈るような気持ちでバッグからスマホを取り出します。これまではお相手の希望を聞いてから一旦考えて、答えを出すことが多かったのですが今回はめずらしく当日中に交際希望を伝えていました。この状態で連絡を待つ心中は、ものすごーくハラハラドキドキ。もしダメだった場合、お相手への思いが大きければ大きいほど落胆度合いも大き [続きを読む]
  • 決意をする 品川さんその10
  • ひと月前よりだいぶ日が長くなったなぁ、と車窓からの景色を眺めて思いました。もっと長くなった頃、わたしの婚活は一体どうなっているのでしょうか。彗星のごとく現れた爽やか紳士、渋谷さんとのお見合いを終えたわたしはやる気ゼロで品川さんとのデートに向かっています。いいなと思う人ができた時、その他の人の存在はどうでもよくなってしまう。今がまさにその状態。うわーん、面倒だよー('A`) お家帰りたい…。お見合いを始め [続きを読む]
  • 久々のお見合い 渋谷さんその1
  • 神田夫妻の美容室でカットカラートリートメントをしてもらった翌夕方わたしは新橋第一ホテルのラウンジにいました。相談所の手配で予め席の予約が取ってあったので、座って渋谷さんを待っています。これは店前の待ち合わせと違って、混雑による待ち時間のないのがいいところ。ほぼ知らない者同士がいきなり隣に座るウェイティングは、なかなか気まずいのです…。ぱらぱらとお見合いの男女で埋まっていく客席と、スマホに表示されて [続きを読む]
  • アスペルガー(仮) 大崎さんその37
  • 「そいつさぁ、アスペじゃないの?」わたしの髪にカラー剤を塗りながらそう言った神田夫と、鏡越しに目が合います。 「あたしもそう思ってたー!」その隣で同じ作業をしている神田妻とも目が合いました。予定より少し早く着いた、ひと月ぶりの美容室。婚活状況というか最近の大崎さんについて話していたところ、冒頭の言葉が出てきたのです。前回は彼に対して好意的だった夫妻も、今回はかなり厳しめの表情。ケチはそもそも論 [続きを読む]
  • もう2度と会いたくない 大崎さんその36
  • Amazonで買ったというグッズを、ごそごそとバッグにしまった大崎さん。「今日がその日だ!」と思ってわざわざ準備をしたのになぁ…とこの世の終わりみたいな顔でボソボソと呟きます。それを見て、勝手に決められても困るのですよ…('A`)とわたしは思ったのでした。「前も言ったけど、相談所のルール知ってるよね」駅のエスカレーターを上りながら念を押すと、彼は恨めしそうな表情で言いました。「だって〜、みりちゃん、 エロい話 [続きを読む]
  • バッグの中身 大崎さん35
  • お店を出たわたしたちは駅に向かいます。とは言ってもわたしは無言、大崎さんはタブレットを凝視で他人状態ですが。またソープランドのサイトでも見ているのでしょうか。彼がすれ違う人と何度かぶつかりそうになるのを、危ないなぁ…と距離を取って歩きながら見ていました。あー、これはちょっとヤバいかも…。先ほどお店を出る前から、お腹の奥がしくしくと痛かったのですが耐えられそうだったので、大丈夫大丈夫…と自分に暗示を [続きを読む]
  • 伏線回収 大崎さんその34
  • すっかり冷めてしまったハンバーガーが乗ったわたしのプレート。それを見つめてニヤニヤとした大崎さんが放った言葉は「おれ、きれえなんだよ」でした。きれえ?もしかして嫌いってこと?うーん、また来ましたか…。以前からわたしは、大崎さんの言葉遣いに気になる所がちょいちょいありました。「〜くらい」を「〜くれえ」「〜ない」を「〜ねえ」「失敗」を「しっぺえ」「しょっぱい」はもちろん「しょっぺえ」と言うなどですかね [続きを読む]
  • スイッチ入りました 大崎さんその33
  • わたしの予想の斜め上を行く返答をしてくれた大崎さん。それからもベタ踏みのアクセル全開で、風俗のシステムなどを語ります。その様は、生徒会の立候補演説のように、キラキラ、ハキハキとしたもの。あなたきちんと喋れるじゃないですか。今まで知りませんでしたよ。ひと息つく時には、きちんと目の前の肉を口に運ぶことを忘れない彼の姿に食べるの早いなぁ。そしてよく喋るなぁ。と、わたしは呆然としたのでした。自分の好きなこ [続きを読む]
  • 2つめの答え 大崎さんその32
  • 言い出せずにいる、2つめの質問。それは以前わたしが見てしまった、彼の閲覧履歴に関するもの。あれからずっと気になっていたものの、ここまで聞けずにいました。なかなか聞きづらいです。「履歴見えちゃったんだけど、◯◯ソープランド△△△って何?」なんて。婚活をしている3年間ずっと、性的な欲求を我慢するのは難しいことでしょう。もし大崎さんが体の関係だけの割り切った相手を作れる人だったりワンナイトラブ的なことがで [続きを読む]
  • 1つめの答え 大崎さんその31
  • 「結婚指輪って、考えたことある?」その質問の真意は、結婚とはまったく別の所にありました。水族館での「2200円発言」をはじめとする、大崎さんがこれまでにした数々のケチな言動そして「結婚指輪すら買ってくれなそう」という同級生の言葉を総括していたところむくむくと膨らんで大きくなった好奇心からくるものだったのです。さて、どんな答えが返ってくるのやら。無言のまま見つめ合う2人。そこにいきなり聞こえてきた「んば [続きを読む]
  • 2つの質問 大崎さんその30
  • 「話があるんだけど」大崎さんがそう言った後すぐ、わたしたちは4人席に通されました。はー、お腹すいたー。わたしにとってはブランチとなるこの食事。早速手元のメニューを開いてみると、ステーキハウスだけあって肉々しい写真がずらり。いきなりこんなにパンチが効いたの食べられるかしら…。悩んだ結果、わたしはハンバーガーにフレンチフライの付け合わせを大崎さんは、ステーキのランチセットをオーダー。ショルダーバッグか [続きを読む]
  • 水族館に行こう 大崎さんその29
  • うぎゃあ、行きたくない。行きたくないだよー('A`)今日は大崎さんと水族館デート。だけど、ここ数日のやりとりにすっかり疲れてしまったわたしのやる気はゼロ。玄関でバレエシューズを履いたものの、そこからずっと動けずにいます。でもドタキャンは良くない。行くのよみりこ!上がらないテンションと重たい体を引っさげて、ドアを押し開けどうにか外に。待ち合わせは朝の10時。あー…あと5分しかない。 こりゃ大幅に遅刻だわ [続きを読む]
  • いびき問題と彼の本性 大崎さんその28
  • ふう…断る理由が見つかった…。基本ズボラなわたしですが、なぜか寝るときだけは、超がつくほど神経質。同じ部屋でいびきなんてかかれた日には、朝方まで寝つけません。大崎さんのいびき宣言によって、30手前で付き合っていた彼のいびきに悩まされてそれが原因で別れてしまったという残念な実績を久々に思い出したわたしは少し悲しい気持ちになったのでした。そのことを説明した上で、家には泊められない旨をあらためて伝えたとこ [続きを読む]
  • いつの間にやら両想い 大崎さんその27
  • 「彼氏として、みりちゃんと一緒にいてあげたいと思っただけなんだけど」な、なんですと…?大崎さんの言葉に首をひねること数回。あなたが彼氏ということは、わたしは彼女ということ?ということは、わたしもあなたを好きってこと?いやいやいやいや。ないないないない。いつの間にやら両想いになっていたことに、もげ落ちそうになるわたしの首。好きなんて言ってませんよ。ただの1度も。もしかして、この間のショッピングモール [続きを読む]
  • 彼氏として 大崎さんその26
  • 気づけば4月も第4週。ゴールデンウィーク目前です。婚活デートとお見合いを週末に控えたわたしの元に、大崎さんからLINEが届きました。「みーりちゃん。またおれの噂してんのー?」見た瞬間「は?」と思わず漏れた、おっさんのように低い声。つい先日のLINEで、同級生に婚活の話をしていると言っただけなのですが婚活の話→おれの話→いい風に言われている→ デュフフフ。と変換された模様。ポジティブっていいね。幸せだね。と思 [続きを読む]
  • お見合い第2章へ
  • 立て続けにきていた相談所からのメール。ドキドキしながらログインすると、連絡ボックスにお知らせが届いていました。あれ、終了のお知らせじゃない…。来週末は品川大崎ペアのどちらとも約束をしているので交際終了じゃなくて、少し残念なようなホッとするような複雑な気持ちに。いい人が現れるまではどちらとも交際を続けると決めたものの切れてきている気持ちを保つのはなかなか難しいと感じる、今日この頃なのでした。ボックス [続きを読む]
  • 悩める婚活女子
  • 水道橋さんの話を聞いていて、ふと思い出した大崎さんの顔。好きだからとか会いたいからとかでは、残念ながらないのですよ…(´・ω・`)過去に大崎さんとお見合いをした女性が、怒気を含んだ蔑みの表情で 「写真と違いますね」「婚活終わらなそうですね」と言ってきたという話を聞いてお、恐ろしや。初対面の相手にそこまで言わなくても…。お見合い料がタダ&婚活初心者だったわたしは、そう思いました。だがしかし。水道橋さ [続きを読む]
  • 婚活女子との邂逅
  • 「今日いい人いましたか?」と聞いてきたその女性は、水道橋さん33歳。150センチ台半ばくらいの身長で髪型はショートボブと、可愛らしい雰囲気。白い肌がきれいだなーと、ストールからのぞく首元を見て思いました。わたしは5番さんが良かったと正直に話すと「ああ、経営者の」とひと言。…あれ、そうだったっけ。年齢をチェックしたあとは顔ばっかり見てたから、その辺見落としてたかも。ハイスペで経営者…きっと年収もそれなりで [続きを読む]
  • 本日のナンバーワン
  • お決まりの「はじめまして」から始まる個室型お見合い。わたしの婚活スタート地点、PARTY☆PARTYを思い出します。あのときに得た傾向と対策をここで活かすのよ!と自分に喝を入れますが果たして自身初の相談所パーティは、どうなることやら…。交換したお互いのプロフィール用紙を眺めながらスタートしたトークでまず目に付いたのは、お手本のようにきれいな5番さんの文字でした。美しい文字は、書道教室に通っていたわたしの中で [続きを読む]