ある新聞配達員 さん プロフィール

  •  
ある新聞配達員さん: ある新聞配達員の暮らし
ハンドル名ある新聞配達員 さん
ブログタイトルある新聞配達員の暮らし
ブログURLhttp://sinbunhaitatu.blogspot.jp/
サイト紹介文新聞配達員がミニマリスト? 退屈で普通な日常と、少しフツーじゃないミニマルな生活。
自由文ハンドルネームを付けるのも憚られる程に、なんの変哲も無い私。 1億3千万分の1程度の存在感しか放たない、ある新聞配達員の、同じ作業を繰り返す退屈な日常と、少し変化する考えを巡らせる普通な日々と、少しフツーじゃないミニマルな環境。 このブログは、そんなものが書き綴られております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 175日(平均6.8回/週) - 参加 2016/11/01 09:37

ある新聞配達員 さんのブログ記事

  • ゴキブリの対策時期は早めが肝要。出てからでは遅い!
  • 湿気と共に嫌な季節がそろそろと足音を近づけてきている。私は、夏と冬、どっちが好きかと問われたら夏と答えるが、しかし暑い季節のゴキブリ問題だけには難儀している。私は大のゴキブリ嫌いだ。一人暮らしで情けないが、奴が出現したらもうその日は大騒動である。しかも住んでいる家が古い木造の新聞販売所であるから、暗くてジメジメした場所というのは無数にあるから、毎年よく出るのである。これをとにかく最小限に留めたいと [続きを読む]
  • アラサーで未だ処女、彼氏ができたことを手紙にしたためる。
  • 先日友人の結婚生活の辛い事情を書いたが、別の方角からは甘い恋愛の始まりの知らせが届いた。その知人の女性は、29歳になるまで一切の彼氏なし、キスはおろか男性と二人でデートをしたこともないという人だったのだが、ルックスも決して悪くは無いし、何より性格がものすごく良く、嫌味なところや見栄っ張りなところが一切なく、同性からは心底愛されていた。友達が多く、うわべだけじゃなく、皆彼女のことをこよなく愛していて [続きを読む]
  • 新婚夫婦、貯金0でも毎年恒例の帰省費用に飛行機代やら新幹線代やら・・・
  • 知り合い夫婦が帰省費用に泣いていた。この新婚夫婦、私は旦那と旧知で、色々とツッコミどころは多い奴なのだが憎めない。旦那のツッコミどころというと、一時期パチンカスであった。そのため、借金をして首が回らなくなった頃に、親に言うのが嫌なのでOLの妹にこっそり言って妹に金を借りて(実質貰って)いた。そんな男であったために、夫婦生活は貯金0か、下手をしたらマイナスからのスタートであったようだ。では嫁さんはとい [続きを読む]
  • 「生活レベルを下げる」なんてやってはイケナイ
  • 「生活のレベルを下げる」という言葉はどうも私が言いたい事とは言葉のイメージがずれているように感じた。まるで人生のステージをワンランク下げて甘んじているというようなイメージがなんとなくある。私はたまに、お金を貯めたければ生活レベルを落とすべきだとか、お金から自由になるために生活レベル落とすと良い、などと論ずることがあるが、なんとなしに使ってきたこの「生活レベルを落とす」という言葉は、どうも私が言いた [続きを読む]
  • 衣替えの時期こそ衣服断捨離のゴールデンウィーク
  • 衣替えの季節である。私のような男一人暮らしの人間にとってはなんということでも無いが、家族を持たれている方の衣替えというと、それはもう一大プロジェクトといった規模になってくる。カビ臭い服を片っ端から洗濯し、洗濯できないものはクリーニングに出して、冬物も全部洗ってからなおさなくてはならないのだから、想像するだけで頭が下がる。重い腰が未だに上がっておられない御仁もおられよう。この際だから服を大幅に捨てる [続きを読む]
  • 北朝鮮からミサイルが飛んでくる今、今一度防災グッズを考える。
  • ニュースを聞くと、あまりの衝撃的な内容があまりに現実感の無いトーンで響いてくるので、いまいち自分の感情が整理できないが、一応防災という事を考えておきたい。防災グッズというと、だいたい袋にパックになったものが5000円とか1万円とかで売っているが、私が今現在用意しているものは、そういうセットでは無い。なぜならば、人によって必要なものは違うし、無駄なものが多く入っている。結構内容物をよく見てみると、ツ [続きを読む]
  • CDやDVDをまとめてファイルで収納する時のコツ
  • 私は映画が好きなのでDVDはたまに買うのだが、みなさんDVDの収納をどうされているだろうか?わりとパッケージを大事にしている人というのはたくさんおられると思う。CDでもジャケット込みでひとつの作品という感じがする。しかしDVDのパッケージは捨ててしまってよいと思う。CDの場合は、そのアーティストが丹精を込めてデザインしたものであるかもしれないが、DVDはただの商業用イメージジャケットをそのまま流用しただけのもので [続きを読む]
  • 私が愛用する無印良品
  • 無印良品は店内の世界観がとてもおちつくので、見かけると入りたくなる。私にはどうしても必要無いので買わないが、今すごく気になっているものがある。それはステンレスでできた冷蔵庫だ。→電気冷蔵庫・355L・ステンレス MJ‐R36SAあまりに大きいし、私のように冷蔵庫に炭酸水くらいしか入ってないような人間には無用の長物だが、デザインが実にかっこいい。冷蔵庫というと、とにかくダサい。電気屋などで見ても、旧 [続きを読む]
  • 夫婦の間に当たり前のように存在する”小遣い”という制度が理解できない
  • 多くの夫婦の間での取り決めでは、奥様が財布の紐を握って、旦那は月々決められた小遣いの中で自分の好きなものを買う、というようなルールが存在する場合が多いが、こういうルールは無いとダメなものなのであろうか?と感じる。それほどまで世の中の男性というのは、金の勘定というか、家族が不自由せずに生きて行くための見通しを自分で考えられないものなのだろうか。どの財布から出ようが、どの口座から引き落とされようが、出 [続きを読む]
  • 旦那の給料額を自慢する奥様は自虐風にアプローチする
  • カフェで3人の奥様が隣に居て、その会話に楽しませていただいた。なかなかどうして女性というのは、やはり一つのバロメーターとして”旦那の給料”というのはお互い張り合ってしまう所があって、きれいごとを言いたくても捨てきれないものなのだろう。これは男性で置き換えるなら、例えば”奥さんの綺麗さ”とかそういう所になるのだろうか。しかし旦那の給料の高さをほのめかしたくても、なかなか直接的に自慢できるような事では [続きを読む]
  • ミニマリズムから派生するもう一つの極端な生き方
  • 前回の記事からの続きである。ミニマリストと呼ばれる人たちには、前回の記事で書いたような、最先端機器を駆使し、デバイスやアプリを身に付けることによって、多機能小型化を追求し、それによってあらゆる少機能大型のハードを処分していくという人々がいる一方、まるで時代を逆流するような流れの人々もいる。度合いのピンキリこそあれ、極端な例で言うならば、部屋に何も置かない、何もストックしない、下手をしたら定住する場 [続きを読む]
  • ミニマリズムから派生する二つの対照的な生き方
  • ミニマリストとは身軽になるという事であろう。身軽になるための一つの選択として、多機能を好むというものがある。これがまずミニマリストと呼ばれる人の第一の方向性で、言うなれば時代の先端を目指す類の歩みである。これはスマホに代表される小型で多機能な機器を一つ持つことによって、いろんな物質から解放されようという動きである。スマホが一つあれば捨てられる、持ち歩かなくてよくなる可能性が上がってくる物を挙げて行 [続きを読む]
  • 月々の携帯支払いを劇的に抑えたければ格安スマホが断然お得!
  • 前回からの続きで、携帯電話にかかる費用を抑えたければ、このような方法がオススメという内容の話であった。さて格安SIMに乗り換えればスマホのネット契約料が劇的に抑えられるという導入まで書いた。キャリアと格安SIMのデータ通信料金比較ではまずどれくらい抑えられるかという目安を挙げてみよう。例えばNTTdocomoの料金プランから、ひとり向けパケットパックのデータMパックを選んだならば、月額定額料が5000円である。公 [続きを読む]
  • 最も削減し安い月々の支払い「携帯電話料金」
  • 月々の固定費をちょっとでも少なくしたい。といった御仁にまずご提案したいのは、携帯電話の料金を削減することである。電気代やガス代、水道代、固定電話やテレビチャンネルの料金、ネット回線費といった辺りを削減していくのは、非常に困難である。困難である上に、数百円から千円程度の削減というのが精々である。まあ私のような人間にとっては、テレビにかかる費用など、テレビごと捨ててしまえば良いとなるのだが、なかなか普 [続きを読む]
  • ダイエットの難しさとは?その根本を見つめれば、自ずと解決策は見えてくる
  • ダイエットが続かないという話はよく聞く。続かないというと、意思が弱い、とまあ次に来る言葉はこれだろう。では”意思が弱い”というのはなんなのか?それは持って生まれたマイナスの才能のようなものなのだろうか?私は次のように考える。人は今自分が一番優先してやりたい熱意を燃やせるものに、自分の意思を注ぎ込む。この自分の”意思の絶対量”は決まっていて、注げば注ぐほど他に注げる意思は限られる。もしダイエットに熱 [続きを読む]
  • ”夢を実現する事=幸せ”は成り立つか成り立たないか
  • 好きな事を職業にできる人は、幸せな人生に近づきやすい人だとは思うが、しかしやっぱり幸せは、平等に見つけたり無くしたりするものだなと感じる。私にも昔、漠然と何か文章を書いてそれを職業にして、生計を立てられたらいいなと夢見ていた時期があった。物を書くのが好きだったし、得意だとも感じていた。結局その思いは中途半端なモノだったので、その道で金を稼ぐという事は叶わなかったのだが、そういう夢を追いかけたり諦め [続きを読む]
  • 新聞配達の仕事内容・給料(アルバイトの場合)
  • 新聞配達(アルバイト)の仕事内容を、実体験にそってまとめておこうと思う。新聞配達という仕事について思いつく限りの情報を書いてみたが、大前提として一つ強く感じる事は、とにかく販売所の当たり外れがあるという事。もし新聞配達を仕事に考えているならば、まずはその販売所の綺麗さを見てみることだろう。ボロボロのいかにも潰れそうな販売所は、やはり内状もボロボロである可能性が高い。人員が極端に不足していたり、給料 [続きを読む]
  • ここはケチるべきじゃないよシリーズ「寝具」
  • ミニマリストが家具に金をかけるべきは寝具であろう。部屋にどんな物を置き、何に金をかけるかは人それぞれあると思うが、ミニマリストとなると自ずと限られてくる。高いものを選ぶとか、安い品で済ますという以前に、無いという可能性がある。しかし、寝具が無いという御仁はおられないだろう。以前お気に入りの枕をご紹介したが、そもそも枕に限らず上から下まで、寝具は納得のいく物を探すべきだと思っている。→私のおすすめイ [続きを読む]