ある新聞配達員 さん プロフィール

  •  
ある新聞配達員さん: 働かないミニマリスト
ハンドル名ある新聞配達員 さん
ブログタイトル働かないミニマリスト
ブログURLhttp://sinbunhaitatu.blogspot.jp/
サイト紹介文10年続けた新聞配達を辞めて無職となったミニマリストが、無職のままどこまで生き残るかを綴るブログ。
自由文自己紹介はこちら

http://sinbunhaitatu.blogspot.jp/2016/11/blog-post.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 204日(平均6.7回/週) - 参加 2016/11/01 09:37

ある新聞配達員 さんのブログ記事

  • 1日に3回も食事を用意するって・・・大変。
  • ブログタイトルが変わりました。あれこれ考えていて、仕事に縛られる時間も最小にしようとすることも、ミニマリズムと呼べそうだなと思い、このようなブログタイトルとなった。『働かない、ということを、一生懸命頑張る。』これが当面のスローガンというか、モットーというか、抱負である。これを維持していくためにまず一番大事なのは、健康を維持するための食事を低予算でできれば美味しく用意する、というものであるが、まった [続きを読む]
  • 男はマザコンが本当に多い
  • 同性から見て、マザコンの男は理解不能である。今日たまたま見たあるトピックで「嫁がいくら言っても、猫舌の自分に熱いほかほかのご飯をいつも出してくる。離婚したい。」などと書き込んでいる御仁がいた。私は、人がどうしようもないこと、しょうもない愚痴、汚い罵倒や陰口などをネット上に書き込んでいるのを見ても、心はザワついたり、気分が陰ったりすることは一切無い。長年そういう文章をたくさん見ているうちに耐性がつい [続きを読む]
  • 無職の男が人生コンサルタント
  • 無職人による、有職人様に向けた人生コンサルティングをお聞き願いたい。欲求が満たされた時の快感というのは、それほど長持ちしない、という特性を人生という長いスパンで考えていただきたい。夢を追う、ということを人は夢見るものであるが、なぜ夢を追いたいのかというと、これは欲求の発生と解消の快感スパイラルの最も巨大なものを設定すると、人生に張りが出て、空虚感や不毛感、倦怠感や迷走感から解放されやすいという効果 [続きを読む]
  • 幸せがお金で買えるのならもっと一生懸命働いたのだが・・・
  • お金を使わないことを考えている。人は基本的にお金を使うことをひとつの大きな楽しみにして生きている。お金を使って不便なく苦労なく楽しく生きたいとあれこれ思い巡らすのと、お金をいかに使わないで、しかも苦労、心労なく生きていけるかということを考えるのとは、ベクトルが逆なだけで、人生を楽しみたいと工夫するという意味合いにおいては、同じことであると思う。人間の脳は、習慣を好む。楽しみ、とは、習慣である。ある [続きを読む]
  • 国民年金の支払いを全額免除される方法。これは知っておかないと大損。
  • 前回は雇用保険について考えてみたが、今回は国民年金について書いてみたい。国民年金は、低所得者や極小企業をほそぼそと営んでいる自営業の方、それに私のような無職者などには、非常にきつい支払い金額である。どうせ自分が老人になった時には、適正な金額が貰えるわけでも無いと諦め、なかばやけくそに払っていないという御仁も多いことだろう。また、普通に社会人生活を営まれている方が、自分が国民年金を全額免除される状況 [続きを読む]
  • 今日、無職になりました。
  • 今日晴れて無職の身となった。仕事の引き継ぎ作業が終わり、明日からは新人さんは完全に全て一人で仕事をこなすこととなる。自分がそうだった時のことを思い出すと、しばらくは緊張の連続で疲れるだろうなと思う。それに伴って私は明日から自由の身、給料の清算にもう一度販売所を訪れる以外、もうあそこに行くことは無いだろう。今日は最後の随伴指導を終えた後、あまりの開放感に帰りにロイヤルホストで肉など食ってきてしまった [続きを読む]
  • ブログを辞めたくなるタイミング
  • ダイエットなども代表的なものであるが、何かひとつ、これと決めた心がけを続けるというのは難しいものだ。三日坊主という言葉があるが、私は性格上、一度始めたものを三日で投げ出すということはしたことが無い。さすがに三日では飽きないし嫌にならない。が、やはり、ぐっと気力が失せかける瞬間がある。例えばブログというものを例にとって考えてみよう。ブログをされている方、大抵皆同じタイミングで、そういう瞬間があるので [続きを読む]
  • 広い家に一人で住んでみて思うこと。
  • 狭い部屋から一軒家に移り住んでみて、悪く無いと思うこともあれば、やっぱりこんなものに大金は叩けないという気持ちも強い。私は祖父母が昔使っていた一軒家をそっくりそのまま譲り受けて一人で住み始めた。20年ほど前に建て替えたので、新しくは無いが古びれてもいない、ダサくなければ小洒落てもいないごく普通の小綺麗な和風の家だ。私はやはり、お金によっぽどの余裕がある人以外は、住む場所にできる限りお金をかけない事 [続きを読む]
  • 節約するために生きているわけでは無い。
  • お金は使えば良いと思う。もしもの時、というような事を考え備えるのは必要な事だが、それも行き過ぎると、現在を犠牲にして、未来のために今はとにかく我慢、というような思考回路になってくる。具体的に予想できる範囲の人生の転機や天災、事故、病気などに対して、具体的な目標や目処を立てて備えるのは良いが、漠然と「何かあった時困るかもしれない」というような、ただの闇雲な不安心で、今現在をきりきりと締め付けるような [続きを読む]
  • ミニマリストの引越しは、3泊4日旅行程度の荷物?
  • 少し間が空いてしまって申し訳ない。まだ仕事の引継ぎは終わっていないが、配達所にあてがわれた部屋の引き払い作業をしていた。といっても、私が持っている物はノートパソコンと冷蔵庫と布団、いくつかの服とあとはこまごまとしたものダンボール1箱分のみで、親のワゴン車を借りたら引越し作業などものの数時間で終わってしまった。あの狭いオンボロ部屋は、次の新人さんが使うらしいので、それなら早いほうが良いだろうと、早々 [続きを読む]
  • 去年壊れた扇風機、もう買い換えましたかな?
  • メルカリで扇風機を買った。去年の夏の終わりにずっと使っていた、ナショナルの古い扇風機が突然壊れて、捨てたっきり忘れていたが、そういえばそろそろ暑くなってきた、早い目に動いておいたほうが良いだろうと思い、メルカリで中古の、これまた古い型の扇風機を買った。買ったのは東芝の扇風機で、ボタンは今のようにピッピなんて電子音は鳴らない。ガチャンとバネ仕掛けのボタンを押したら、もともと押されていたボタンが跳ね上 [続きを読む]
  • 10年続けた仕事、そろそろここらで辞めてみようと思います。
  • 今の職場を退職しようと思っている。突然思いついたわけではなく、少し前から職場では話していて、今日、新人の研修1日目であった。1週間もすればものになってくるであろうから、そうすれば晴れて退職という運びとなる。アルバイトであるから辞めるのも実にあっさりとした手続きで終わる印象だ。そうなるとこのブログのタイトルも少し変えないとなぁなどとどうでも良い事を悩んでいたりするが、そもそもなぜ退職しようと思ったの [続きを読む]
  • ムカデやゲジゲジ対策に最高の殺虫剤はコレ!
  • あなたの家は、ムカデやゲジゲジが出る家だろうか?私の家は、というか販売所だが、わりと都市部に位置するが、裏にわりと鬱蒼とした緑の空き地があるせいか、ムカデやゲジゲジがたまに出る。ムカデやゲジゲジはゴキブリを食べてくれるので、その一点に関してだけはありがたいが、とにかく見た目が気持ち悪いので、家の中で出てきたらそのままにはしておけない。しかもゴキブリを捕食するというくらいだから、本気で走り出したらも [続きを読む]
  • 捨てることは殺すこと?物を大切にするとは、物を置いておくということ?
  • 昨日実家に顔を出していた関係で更新が滞っておりました。読みに来てくださる方に申し訳ない。以前の記事で里帰りするたびに飛行機代やら新幹線代に万札が飛ぶように消えて泣いている夫婦の話をしたが、私も実家に帰っていた。私の場合はバイクで移動すればほとんど全く交通費のかからない位置に実家があるので気楽であるが。しかし相変わらずというべきか、実家に帰るとまあ家の中にある物の量の多さに呆然とする。そういう世代の [続きを読む]