山本祐次良 さん プロフィール

  •  
山本祐次良さん: コンサルティングテクニカ
ハンドル名山本祐次良 さん
ブログタイトルコンサルティングテクニカ
ブログURLhttp://co-tecnica.com/
サイト紹介文税理士 山本祐次良が、仕事・税・自分らしい生き方をサポート
自由文コンサルティングテクニカは、「仕事」と「税」を通じて、お客様に「自分らしい生き方」をご提案します。このブログが、読んだ人の「あ、そうか」という気づきにつながっていくような言葉になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 210日(平均5.1回/週) - 参加 2016/11/02 10:16

山本祐次良 さんのブログ記事

  • 税理士試験に安直なゴールはない<No 268>
  • )毎日アドラー 日めくりカレンダー 税理士試験 直前期2017年の税理士本試験まで 三ヶ月を切りました。税理士受験生にとってはいわゆる 直前期です。初めての受験科目なら、 平均点にも及ばず 税理士受験生のレベルの高さを 実感します。二年目以降の科目なら、 知らない論点がまだまだあることで 不安になります。税理士試験は、長丁場です。1年3科目パック2年5科目パックがあっても、 短期合格を保証するものではあり [続きを読む]
  • 値上げと有料化は似て非なるもの<No 267>
  • 突然の有料化で困惑最近、とあるサービスが、 突然、有料化になると発表されました。これまで無料であったので、 困惑しています。1が2となることに、 それほどインパクトは感じませんが、0が1になることには、かなりインパクト を感じます。前者は「値上げ」であり、 後者は「有料化」です。 値上げに至るまでプロセスモノの値段を決めるのは、 モノを売る側です。値段の決め方は自由ですが、 市場 [続きを読む]
  • 薄利多売からの脱出。利益を出すためにできること<No 266>
  • 規模に惑わされない売上だけを追っているビジネスは、 どこかで破綻します。あれだけ液晶で儲けたはずのシャープ が国外企業の傘下となりました。東芝もタコのように自分の手足を 噛みちぎっています。いくら大きな売上をあげていても利益が でなければ、いずれ事業はなりたたなく なります。 利益を出すためにできること事業を継続していくためには、 安定的に利益を出す必要があります。なかでも「 [続きを読む]
  • 他人の言葉は気にならない。自分の「軸」づくり<No 265>
  • ストレスは対人関係から2016年11月に独立してから、 はや半年が過ぎました。人は雇わずにいるので、 いわゆる「ひとりビジネス」です。「ひとりビジネスだからストレスとは無縁では?」と思われがちですが、そうでもありません。仕事でもプライベートでも、 日々、誰かしらと接していますし、人と接すれば何かしらのストレスを 抱えることになります。ストレスの原因、第1位は対人関係 と言われていますし。た [続きを読む]
  • cookpadで初めてのクックモニター<No 264>
  • 唯一、しなくなった家事は「料理」独身時代に利用していたクックパッド。結婚してから一度も利用していません。理由は、そもそも、結婚以来一度も料理を作っていないどうあがいても奥さんの腕にはかなわない勝とうとも思えないほどの力量の差があるからです。独身時代の一人暮らしでは、三食自炊毎朝、ごはんを炊く毎日、弁当を作るなどしていました。どこまで、切り詰めることが できるかと試してみたと [続きを読む]
  • Made in Japanの変換ソフト。ATOK Passportで文字入力のストレス軽減<No 259>
  • )JUSTSYSTEMS HPより たかが文字入力とは言えども、1日に費やす時間を考えるブログを始めてから、 文字入力の時間が多くなりました。税理士業自体が、 文字との接触が多いため、 仕事を終えても文字入力から 離れられません。一日の大半を費やす作業には、 極力ストレスを感じたくはないので、 使用頻度の高い単語は、 入力ソフトに登録します。メールアドレス名前住所など。しかし、先日から、何度登録しても、 単語 [続きを読む]
  • 超弩級ノンフィクション。渾身の一冊「総理」<No 258>
  • 「総理」との出会い「総理」著者である山口敬之氏を知ったのは、 「『週刊文春』編集長の仕事術」を読んだ ときでした。TBSワシントン支局長という 報道エリートでありながら、組織の論理に 屈することなく自身を貫いたことに、「凄い人がいるもんだ」と関心したのを覚えています。それから、数日後、 何週分も録りためた某報道番組を 例のごとく1.5倍速で見ている時 でした。スポットのコメンテーターとして、 [続きを読む]
  • サラリーマンが転勤で自宅を賃貸に出したら<No 256>
  • )大阪北港マリーナ付近 仕事を通して体験するこれまで賃貸にしか住んだことがありません。幼少時、北海道出身の両親は、 遠く離れた大阪で家を建てるという 発想はなかったのだと思います。独立した今、自分自身はこの土地 でやっていくつもりですが、 自分の家を持つ持たないにこだわりはありません。ただ、これまで持ったことがないので、作る維持する処分する大変さは実感としてわかりません。しかし、仕事を通じて [続きを読む]
  • ブログ開始から一年経過。影響力は外ではなく自分に向ける<No 254>
  • 目標達成できたのなら、毎日更新にこだわらない2016年4月22日からこのブログを始めて、 早くも1年が経過しました。開始直後は、平日とは言え 「毎日続けることが出来るのか?」と 不安もありましたが、結果何とか 継続しています。独立するまでの半年間は、 勤務しながらでしたので、 勤務後、帰宅して夕食をとり子供を風呂に入れてから毎日ブログを更新し続けました。10年以上続けた受験生活に比べれば、 大し [続きを読む]
  • 土日という概念を持たない。フリーランスの働き方<No 253>
  • 勤務から独立へ通常勤務していると、 何かしら勤務先に拘束されます。勤務地勤務時間通勤拘束されているが故に、 毎月決まった給料が保証される という考え方も出来ますが…フリーランスとして独立すると、 これらが逆転します。給料はもらえませんが、決まった時間に通勤する満員電車に乗るオフィスに居続ける必要もありません。日々、仕事を最優先するがために、 何もかも週末にならないと出来ない。そんな生 [続きを読む]
  • ひとり税理士の最後を想像しているか。退き際の美学<No 250>
  • 独立当初にあえてビジネスの最後を考える私は2016年の11月に独立しました。独立以来、人は雇っていないので、 いわゆるひとりビジネスです。始めたばかりなので、 現状と、近い将来を考えるのが先決ですが、 ひとりビジネスの最後を考えてみます。 目的地あっての航海ひとりビジネスでバリバリ顧客を増やす。独立当初はそれで良くても、 60,70オーバーになると、 カラダがついていきません。 [続きを読む]
  • キャパオーバーの経験を独立後に活かす<No 249>
  • )妻の実家 どんな経験でも独立後に活きてくる独立前の経験は、どんな経験であれ 独立後に活きてきます。それが、キャパオーバーの環境であれ ばなおさらです。私も、営業職時代にキャパオーバーの経験をしました。 キャパオーバーは経験しておく新卒で入社したのは、 カラオケ機器の販売やリースを する会社でした。昼間の営業もあるのですが、 私が配属されたのは、 「ナイト」と呼ばれる 夜の水商売向け [続きを読む]
  • 業界のシロとクロは先駆者から学ぶ<No 248>
  • 独立したらどう学ぶ?何もないところから独立しようとすると、 ハードルはそれなりに高いです。商品に魅力はあるのか?自社に強みはあるのか?価格は適正か?集客力はあるのか?起業に関するビジネス書の多くには、 似たようなことが書かれています。読んでいると、どれも 「おっしゃる通り」なのですが、 独立するからといって、 皆に商品企画のような部署の 経験があるわけでもありません。私のような、ひと [続きを読む]
  • 自分の「強み」に気づいているか<No 247>
  • )STRENGTHS FINDER 2.0 今、とるべき行動独立してから目指すべき方向性が どこなのかを、常に考えています。今、自分がとるべき行動が、やりたいことなのかやれることなのかやるべきことなのか試行錯誤の毎日です。目指すべき方向性は、「未来」のことであり 今、とるべき行動は、「現在」のことです。 やりたいことやりたいことはたくさんあれど、 それを全て実現するには、 クリアーすべき課題があります。能力 [続きを読む]
  • 暗記が先か?理解が先か?税法理論の覚え方<No 246>
  • )あいうえおの表 そらで言えるようになるまで冒頭の写真は、我が家のお風呂の中に貼ってあるものです。絵本の付録なのか、 誰かにいただいた物なのか わりませんが、いつのまにか浴槽サイドに 貼り付けてありました。娘4歳は、自分の名前のひらがなを 見つけると、 「○○ちゃんの、『か』」 と言い当てます。なので、覚えているひらがなも ごく限られたものでした。 久しぶのお風呂お風呂遊びの鉄板だった、 [続きを読む]