tohli さん プロフィール

  •  
tohliさん: うたかたの歌
ハンドル名tohli さん
ブログタイトルうたかたの歌
ブログURLhttp://utaktanouta.blog.fc2.com/
サイト紹介文詠む、描く、撮るが趣味の関西在住の主婦による、イラスト短歌&駄文ブログです。時々フォト短歌も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 177日(平均2.8回/週) - 参加 2016/11/02 11:29

tohli さんのブログ記事

  • 【フォト&短歌】綿毛三昧
  • 花たちが無数の未来を託すから風は光を孕みふくらむご笑覧ありがとうございます。今回の写真、上手くシャッターチャンスを捉えたと思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。下の一枚目の写真をよく見ていただければお分かりになると思いますが、この綿毛、一本のクモの糸で本体とつながっておりまして、数百枚シャッターを切ってやっとそれらしく撮れた一枚です。この綿毛を見つける前、別の綿毛で風に飛んでいく瞬 [続きを読む]
  • 【フォト&短歌】美しき世界
  • 唯一の光が残した羽だからいつか空へも飛び立てるはずご笑覧ありがとうございます。カメラで主に植物を撮るようになってから、今まで気づかなかった花や草木が目に入るようになりました。今回の写真は先日出かけたあるお寺で撮ったカエデですが、種はよく目にして撮ったりもしてきたけれど、花をちゃんと見たのは初めてでした。新緑と対照的な赤い小さな花は絶妙に可愛らしく、寺に行ったのにほとんどカエデしか撮っていません。そ [続きを読む]
  • 【フォト&短歌】チューリップ三昧
  • 唯一の光が残した羽だからいつか空へも飛び立てるはずご笑覧ありがとうございます。カメラで主に植物を撮るようになってから、今まで気づかなかった花や草木が目に入るようになりました。今回の写真は先日出かけたあるお寺で撮ったカエデですが、種はよく目にして撮ったりもしてきたけれど、花をちゃんと見たのは初めてでした。新緑と対照的な赤い小さな花は絶妙に可愛らしく、寺に行ったのにほとんどカエデしか撮っていません。そ [続きを読む]
  • 【フォト&短歌】ミラクル
  • この星の奇跡をいくつ数えれば静かな海で眠れるだろうご笑覧ありがとうございます。今回の写真は先日撮ったものなのですが、落ちてきた綿毛につるが巻きついたのか、元々つるが輪になっている部分へ綿毛がはまったのか(夫の見解は前者のようです)、いずれにしてもかなりミラクルな状態ではないでしょうか。これを見つけた自分もすごいと思います。今回も植物ばかりですが貼っておきますので、よろしければどうぞ。 [続きを読む]
  • 【絵短歌】穀雨
  • ご笑覧ありがとうございます。二週間以上前にひいた風邪がしつこく尾を引いていて、今月は数えるほどしか外出していないのですが、今朝は天気のよさにじっとしていられずカメラを持って散歩に出ました。どこへ行ってもタンポポの勢力がすごかったです。今回は描きたい絵を描いたあとで短歌を作りましたが、完成後にちょうど今日から二十四節気が「穀雨」に変わると知り、偶然にも季節に合った歌になりました。どうやら、最近日差し [続きを読む]
  • 【絵短歌】間違った使用法
  • ご笑覧ありがとうございます。今月前半はやたらと学生時代のことをふり返ることが多かったのですが、その中で思い出したことを短歌にしてみました。手にメモをするの、中高生くらいの頃は毎日のようにやっていましたが、今どきの子たちも同じことしたりするのでしょうか。大人になってからは手に落書きはしづらくなり、今は基本スマホを利用していますが、内容によってはふせんにメモしてスマホに貼っています。今使っている機種は [続きを読む]
  • 【フォト短歌】梨花
  • ご笑覧ありがとうございます。奈良県吉野郡大淀町というところで、町の花である梨の花を広めるプロジェクトが展開されていて(詳細はこちらのサイトをどうぞ)、その本拠地である大阿太高原の「梨花園」で梨の花のライトアップをしていたので出かけてきました。(※ライトアップは4/16で終了しております。)梨の実はおなじみだけど花はよく知らないという方が多いと思いますが、私もつい数年前までは気にしたこともありませんでし [続きを読む]
  • 【絵短歌】リハビリ
  • ご笑覧ありがとうございます。久しぶりの絵短歌です。この短歌に合う写真が撮れなかったのと、4月に入ってからはあまり手の不調が気にならなくなっていたので、そろそろ大丈夫かと思い、リハビリがてらシンプルなイラストを描いてみました。友人の訃報以来、短歌はそれに絡んだものしか作れていないのですが、できるだけ明るい感じにしていきたいと思います。というわけで、先日撮った春らしい写真をば。 [続きを読む]
  • 【フォト短歌】約束 2
  • ご笑覧ありがとうございます。風邪で寝ている間に近所でも桜が満開になってしまったようなので、まだ若干しんどかったのですが4日ぶりに外へ出ました。最初に出会った木はすでに満開を少し過ぎた状態で、その足元にたくさん落ちた花びらと、まだ枝で咲き誇っている花とを見た瞬間、なんだか胸がつまりました。前回の続きになりますが、友人が亡くなったらしいと知らせがあって一週間が経ちました。その友人Y君は、大学で同じクラス [続きを読む]
  • 【フォト短歌】約束
  • ご笑覧ありがとうございます。今月頭から5日間ほど妹一家と一緒に帰省していたのですが、妹がひいた風邪をまんまともらってしまい、帰宅してから4日間寝込んでいました。まだ全快とは言えませんが、ひとまず起きられるようになってやれやれです。子供の頃は風邪をひいても、せきが出たり鼻水垂らすくらいで寝込んだりなどしなかったのですが、高校卒業あたりから弱くなりました。小学生時分には、学校を病欠して普段見られない教育 [続きを読む]
  • 【フォト短歌】サクラサク
  • ご笑覧ありがとうございます。夫の実家の裏にある啓翁桜が咲いていました。周辺の農家では梅を作っているところも多いので、毎年梅の花も楽しむのですが、やはり花の数が多い分、桜の方が華やかに見えます。梅干しは好きです。今月は出かけた先でたくさん花の写真を撮ったので(というかそのために出かけたのですが)、まとめて上げておきます。よかったらご覧ください。3月19日淡路島・奇跡の星の植物館・あわじ花さじき(菜の花 [続きを読む]
  • 【フォト短歌】虹
  • ご笑覧ありがとうございます。 三月は別れの季節、忘れたくない、忘れてはいけないことが色々あるなあと思いつつ自転車を漕いでいたら、通りかかった家の軒下にCDが揺れていました。鳥よけ用だと思うのですが、あれは果たして効果があるのでしょうか。 よい春を。 [続きを読む]
  • 【フォト短歌】歌集と整形外科
  • ご笑覧ありがとうございます。先日、右手を診てもらうために再び整形外科を訪れました。平日の午前中、年配の方々のサロンのような待合室で待つこと一時間以上。おしゃべりに花を咲かせるおじいさんおばあさんに挟まれながら、持参していた読みかけの歌集を全部読み切りました。読んだのは『砂丘律』(千種創一著/青磁社)という2015年に出版された歌集で、中東に暮らす著者が「事実ではなく真実を歌おうと務めた」歌の数々が収め [続きを読む]
  • 【フォト短歌】怖いかもしれない話
  • ご笑覧ありがとうございます。先日のこと、リビングのソファに座ってうたたねをしていたら、久しぶりに金縛りに遭いまして。(以前にも書いたのですが、寝ていると時々そういうことがあります。)あーやだなーと思っていたら、ベランダ側の壁から人影らしきものがスッと現れ、そのまま真っ直ぐ私のいるソファの後ろを通り過ぎていくではありませんか。それは私には見向きもせず、一直線に玄関の方へと向かっていったかと思うと音も [続きを読む]
  • 【フォト短歌】なかなか
  • ご笑覧ありがとうございます。手根管症候群と診断された右手にまだ「よくなってきた!」という感触がないので、今日もまたフォト短歌になりました。(※今回、文章は作品となんの関係もありません。)手をあまり使わないようにと、家事をする以外はおとなしく小説を読んだり漫画を読んだり歌集を読んだり短歌を詠んだりとよんでばかりなのですが、先週からあまり変化がありません。そういえば少し前に京都の有名な神社で引いたおみ [続きを読む]
  • 【フォト短歌】花三昧
  • ご笑覧ありがとうございます。先日、雨上がりにごみを出しに外へ出たら、わりと強烈な甘い匂いが鼻を突き、ああ春が来たんだなと実感しました。たぶんあれは沈丁花だったかもしれません。その分野は疎いので定かではないですが。今回の写真は、夫の実家からもらった沈丁花を家で撮影してみたものです。ここ何日か、右手ばかりか左手もなんだか怪しい様子なので、絵を描くのはしばらくきちんと休もうと思い、代わりにカメラで遊んで [続きを読む]
  • 【フォト短歌】子供か
  • ご笑覧ありがとうございます。先日、私が夕食の支度をしている最中、疲れていたらしい夫が寝室へ入っていきました。キッチンと寝室が近く、扉が開けっ放しだったので、しばらくすると何やらお菓子の袋を開けるような音が聞こえてきました。布団の中での飲食はしてほしくなかったため、キッチンから「お菓子食べてないよねー?」と声をかけました。「食べてないよ」と返答がありました。その後、入浴前に着替えを取りに寝室へ行くと [続きを読む]
  • 【絵短歌】テーピング
  • ご笑覧ありがとうございます。人間、やってはいけないこととなると俄然やる気になるのは何故なのでしょうか。右手を痛めたので絵を描くのも控えようと思ったのですが、描きたい欲求があふれて仕方ないので左手で描きました。(普段と横顔の向きが逆なのはそのためです。)利き手と逆の手だと、変な癖がついていないので鉛筆は自然と正しい持ち方になるし、描きたい絵のハードルが下がる分満足度が上がりますね。ただ利き手より集中 [続きを読む]
  • 【フォト短歌】ままならない
  • ご笑覧ありがとうございます。仕事を始めたらすっかり更新が滞ってしまいました。一応元気です。一応。実は仕事を始めた翌朝から、毎日目覚めると右手が痺れて強張り力が入らない状態で、最初は慣れていないから疲労が出ているのだろうと思ったのですが、10日程して痛みまで追加されたので仕事を休んで診てもらったところ、「手根管症候群」という病気だと言われました。(神経が通っている手首にあるトンネルが炎症を起こしている [続きを読む]
  • 【フォト短歌】
  • ご笑覧ありがとうございます。パートタイマー労働初心者、最低賃金なのに高いレベルの要求に日々四苦八苦しております。近所の縫製工場で働き始めてから一週間経ちましたが、毎日ばんそうこうを最低3枚は消費していて、いかにも労働者っぽい手になってきました。この手でみかんとか剥くと、もはやセルフ拷問です。職場では自分の周りがすべてベテランさんで、常に観察されているため変に緊張してしまい、ぎこちない動きがさらに怪 [続きを読む]
  • 【絵短歌】
  • ご笑覧ありがとうございます。この週末は本格的な雪が降ったので例のごとくはしゃいでいたのですが、朝ご飯も食べずに2時間近く写真を撮りまくっていたら、帰宅後に頭痛に見舞われました。食事をしてお茶を飲んだら治ったので、恐らく水分不足だったのではないかと思われます。皆様も冬の脱水症状にはお気をつけください。前回書きましたが、最近パートタイム労働を始めました。内容は針仕事なのですが、たった2日で手が穴だらけで [続きを読む]
  • 【フォト短歌】働きます
  • ご笑覧ありがとうございます。夫と同居を始めてから丸2年専業主婦だったのですが、今年に入って唐突に今の引きこもり生活に飽きたのと、現在の収入や貯蓄だけでは将来に若干の不安を覚えたので、ここしばらく就活をしておりました。田舎ゆえに、残念ながら前職までのキャリアを活かせる仕事はないのですが、かろうじて関連のある仕事が見つかり、採用してもらうことができました。明後日が初出勤です。就活は派遣も含めていくつか [続きを読む]
  • 【短歌】電話
  • ご笑覧ありがとうございます。久々に「うたのわ」に投稿しました。またも甥っ子(1号)短歌です。つい先日その甥っ子がキッズケータイデビューを飾ったとかで、あの赤ん坊がねぇ・・・と月日の流れとともに、今の小学生はやはりみんな持つんだなと時代の流れを感じました。ネットは使えず電話しかできないらしいですが、何か忘れ物をしても、10円玉握りしめて職員室前の公衆電話へ走ったりしなくて済むのならいい時代だなと思いま [続きを読む]
  • 【絵短歌】昼ドラか
  • ご笑覧ありがとうございます。男女関係のわけ分からない話を聞いて、思ったことを短歌にしてみました。基本まじめで優しいのに、なぜか恋愛に関しては「なめてんの?」と言いたくなる人は私の友人にもいるのですが、そこにもいたのかという感じです。意外と多いんだな・・・友人に関しては妻子持ちで、たぶん奥さんは友人のそういう部分は知らないまま結婚したのではないかと思うので、彼の家庭の末永い平和を陰ながら祈る次第です [続きを読む]
  • 【フォト短歌】六甲山
  • ご笑覧ありがとうございます。先週末、神戸は元町の中華街に行きました。春節祭をやっていたので、それを見たいと夫が言ったからなのですが、行ってみたら人が多すぎて、小柄な私は人の頭しか見えず、正直つまらないと思っていたら夫がそれを察し、早々に「帰るか」となりました。来年は一人で行ってくれるそうです。神戸に着いた時間が遅めだったため私が行きたいと言った動物園も閉園間近で、仕方なく六甲山の北側を通るルートで [続きを読む]