Suzuka さん プロフィール

  •  
Suzukaさん: 鴉の独りごと
ハンドル名Suzuka さん
ブログタイトル鴉の独りごと
ブログURLhttp://clarte.exblog.jp/
サイト紹介文単焦点できりとる日常のひとこま。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 286日(平均2.5回/週) - 参加 2016/11/02 14:20

Suzuka さんのブログ記事

  • 驟雨の記憶 〜吾妻山〜
  • 雨がきて、やがてやみました。降っている間はリュックにしまいこんだので、写真が撮れない。でも、傘をさしているにもかかわらず、歩くのはすごく楽です。せめて、雨の記憶を。「武蔵野」のなかの、ツルゲーネフのくだりを思い起こします。  [続きを読む]
  • 緑陰の食卓 〜小山田緑地〜
  • アサザ池でお昼にしました。カメラを置いたら、ひょこっ。小山田緑地のカエルそういえば、シオカラもいましたっけ。しかし、飛んでいたのはそれだけではない。大量の蚊が、足をとめたとたん 襲ってきました。虫よけスプレーはしているのですが、そんなことでへこたれる連中ではありません。フマキラー 線香皿 ジャンボタイプ用 1個フマキラー次回行くときは、必携だな。お弁当づつみを結び直したところで わっ!めのまえに、いき [続きを読む]
  • 大賀ハス -100mm- 〜町田市薬師池公園〜
  • 望遠をお持ちの方が多かったので、100ミリを出してみました。まず、つぼみ。いろんな草と共生してるところが、いいな。そして、蓮見橋に戻ってきました。小山田神社に行くはずでしたが、前日のリサーチ不足。でも、きてみなければ、土地勘はつかめないもの。4時半におでかけすればよいのだとわかっただけでよしとしましょう。こんなことでも、じつは冒険だったりします。  [続きを読む]
  • すこし、夕風が出てきました 〜春ノ木神明社〜 
  • でかけるときは、いつも悩みます。写真を撮るかとらないか。写真雑誌をみていたら、「大型レンズのような繊細さは望めない云々」というくだりが目についた。そうか、そうだったんだ。パンケーキに感じるもの足りなさは、均質性、とでもいうべきなのかも。仕方ないなぁ。そぎ落とした、軽さなんだし。身軽に出かけたい、とかラクして撮りたい、とか。相反する欲望に翻弄され続けています。  [続きを読む]
  • ディーワーネ・カース(貴賓謁見の間)にて  City Palace, Jaipur
  • いまさらだけれど、「何を」と 考える。さんざん苦労して撮ったのに、それじゃなかったと。きっとこれからもそうなんだろうな。でも、だからこそ 僥倖のように撮れた一枚がいとおしい。もやついてたことが、この本を読んでだいぶすっきりした。と同時に、え、それでもいいの?とも。だけど、そうだね、不用なしばりは、なくてもいいか。ほぼオリジナルの上の画像と、見やすくした下のと。ほんとうに見えていたのは、どっちだった [続きを読む]
  • ギリシャ料理店「スパルタ」 〜野毛スナップ〜
  • はじめて行ったアテネで、すっかりギリシャ料理のとりこになってしまった家人と国内でたべられるお店を、と探していきました。ホリアティキサラダ。アテネで注文したグリークサラダは(フェタチーズの大きさは違うけど)こんな感じでした。フェタチーズを揚げたサガナキ。 なんと目玉焼きがのっていました。あちらでいただいたのより、すこし日本向け。カラマラキア。イカのから揚げニンニクソース付。この、ソースが絶妙。ラムチ [続きを読む]
  • 古参
  • 中央林間から歩いてたどりついた大和市の諏訪神社。 拝殿前の狛犬と獅子。霊験あるという椎の樹をバックに。 ちょい圧されてる気がする。ほらね。この日のお散歩は、レンズと体力のトレーニングをかねて。暑さの中のばて加減は、対象を追う根気のなさにあらわれてる(笑)さて 新顔の35ミリ、最短撮影距離は気にならなかったけれどファインダーをのぞいた先の、対象の周辺を余裕があるととるか、余分であるとみるか。50と35のあ [続きを読む]
  • 風の神の塔  Tower of the Winds, Roman Agora
  • 風つながりで。 アテネ ローマン・アゴラにある大理石の八角の塔。1世紀に天文学者アンドロニコスが建てたといわれています。八つの面は八方位を示し、上部にはそれぞれの神のレリーフがあるのですが、・・・・届かないのであきらめた。とはいえ、いますこしねばるべきだったな。等倍で切りだしてみます。(上の二枚は で通常より大きなサイズで表示されます)背面はこんな感じ。アゴラを見下ろす。入り口付近から。アゴ [続きを読む]
  • ササユリ 100mmマクロ 〜2017箱根湿性花園〜
  • このササユリは、湿性花園のFBによると、数日前から咲いていたようです。2時過ぎ、再度通りかかったときにレンズを替えて撮ってみました。今回、これを携えたのは、手放すかどうかジャッジのためでした。一番の難点は、操作性の悪いこと。マニュアルフォーカスなのに、いうこと聞かない。AFを解除しても、リングが滑らかではありません。マクロとしては、これはまずいんじゃないか。動くものに関しては、機敏に対応してくれます。 [続きを読む]
  • 雉がいたよ! 〜2017箱根湿性花園〜
  • そういえば、まだお気に入りのベンチに行ってなかったと、行ってみると。。。。あれっ、ちょうどすわろうと思っていた場所に、だれかいる・・・・なんと、雉さんでした。(あせってたので、ピントが・・・)周囲をカットして、ズームアップしてつづけます。あ、立ち上がりました。うーん、うちの木彫りの関羽に似ている。そして かれは、逃げるという風ではなく、しずかにその場を去っていきました。(左の草叢にちょっぴりのぞい [続きを読む]
  • リアルト橋より 〜夜〜
  • 8時半すぎ。 街の燈が深くなりました。気がつくと、三度この場所で写真を撮っていました。なのに、いまいち全容をつかみかねて、帰国後 Google map のお世話になった。。。。現在のリアルト橋は、1588年 Antonio da Ponte によって架け替えられました。初代の木製の橋は反乱の際の火事で焼け、さらに1444年、婚礼行列見物を見ようとする観客の重みで落ちました。再建し、石造にする計画は、巨額の費用がかかるため難航します。 [続きを読む]