えうげね さん プロフィール

  •  
えうげねさん: えうげねのつれづれ日記
ハンドル名えうげね さん
ブログタイトルえうげねのつれづれ日記
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/see-chan-kawaii/
サイト紹介文日々の出来事や日頃思うこと、文学好きなので詩を載せたりしています
自由文埼玉県在住の工場作業員です。体調を崩して、現在、休職中です。近代文学が好きで、夏目漱石や芥川竜之介、太宰治などが特に好きです。音楽はB'zが大好きです。カラオケでも、ほとんどB'zしか歌わないですね。しーちゃんという猫と同居しています。良かったら見てみてくださいね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 149日(平均7.5回/週) - 参加 2016/11/02 14:29

えうげね さんのブログ記事

  • 裏の顔
  • 薄暗い空を見上げ遠い昔に思いを馳せる少年時代未来は希望にあふれ長い一日を持て余していた今日の延長線上にずっとずっと幸せな時間が続いていくような錯覚を抱き家族と笑顔を交わし暖かい床についたそれが今はどこへやら毎日苦悩に捕まえられ不安な日々を過ごす人生が終わっていると雑踏のジョーカーがそっと耳打ちする心の海は激しく波打ち脂汗を拭うストップウォッチが時を絶え間なく刻み押し寄せる焦燥感こんなところで  生 [続きを読む]
  • 天国と地獄
  • 生命が息吹きみな喜びに包まれる春の日私はひとりで地面に寝転ぶ蒼い空を見つめ まぶたを濡らす暖かい南風が身体の上を通り抜けるなぜだろうこの陰鬱な重くのしかかる感じ緑のセスナ機が雲間を一直線に進んで行く 駐車場の管理人の声が聞こえ感じるやるせなさ           この世が終わればいいと  詮無いことを考えすぐに首を振る幸せな面もあり不幸も抱えている天国と地獄を繰り返しどこへ行くのかどこで終わるのか [続きを読む]
  • 良い事悪い事
  • こんばんは〜(^^)/今日の夕飯はマックでコレを食べました。チキンクリスプとポテト??Lです。いつもながら美味しい〜??先日、スマホが壊れたと書いたかどうか忘れましたが、昨日、ワイモバイルから電話があって、修理完了ということでしたので、今日、集まりに出るついでに帰りに受け取りに行こうと思いました。朝はやはりお腹の具合が悪かったです。なんとかだましだまし、出かけました。集まりは人数が今日はちょっと少なかっ [続きを読む]
  • 今日はさくらの日
  • 桜??は日本人にとって特別な花ですね。私も桜、大好きです??子供のころは近くの土手に家族で桜を見に行きました。土手に沿って桜がいっぱい咲いていました。祖父と祖母と三人で、舞い散る桜の花びらを眺めていると、時間の経つのを忘れるほどで、いつまでもいつまでも、やさしい南風に吹かれて夢のようなときを過ごしていました。三人で、微笑みを交わし、他愛ない話をして、弁当を食べました。やさしい祖父と祖母が、ずっとずっ [続きを読む]
  • home
  • 北風吹き付ける     白い大通りを歩く    行き交う人々は お互いにみな無関心で 路傍の小石のように倒れた人を見やる私の心は荒れて深い悩みの中に突き当たる袋小路  ウインドウの飾り付けにつかの間の安息を得て遥かな大空を見上げる雲間をゆくムクドリたち     自由を得て楽しむ姿に自分もああなれたら どんなに嬉しかろうとぼぅっとした8秒後に現実に引き戻され深いため息をつく午後3時の鐘が鳴り冷えた空気 [続きを読む]
  • 休日のカフェにて
  • 昼下がりのカフェで 一人まどろむ テレビはなく雑誌もなく音楽もなく廉価な絵画が飾ってあるこんなカフェが好きで   足しげく通う いつものホットドッグを 口に一杯頬張り       飾り気のない照明を見上げる満席のテーブルの 人々の話し声      陽気な歓声           今ここに私の世界は穏やかに時を刻む          至福のとき        春の一日は        ゆっくりと過ぎ [続きを読む]
  • 春空を眺め
  • 長い間   苦楽をともにした親友しばらく会わぬ間に心離れ気持ちは すれ違う澄みきった高い空を見上げひとつ息をついた  路地裏の薄汚れた猫が足で耳を掻くどこかで見たこの風景あと数時間すればこの街も闇に包まれ週末に人々は沸くもう戻れない もうあの日には [続きを読む]
  • 満開の桜の下で
  • こんばんは(^^)/今日は穏やかに晴れましたね。皆さん、お元気ですか? 先日、私のスマホが調子が悪くなってしまいました。ほっておくと、勝手に再起動してしまう上に、ときどき通話ができなくなります。買ったのが去年の9月あたりでしたから、まだまだそんなに経ってません。一回ワイモバイルに行って聞いたところ、店員さんが言うには、アプリが勝手に作動していて、スマホが処理しきれなくなって、それで勝手に再起動を繰り返す [続きを読む]
  • 懐かしのプロフィール帳を書いてみたよ!
  • ▼懐かしのプロフィール帳を書いてみたよ! 懐かしいですね。小学生の頃、好きな娘と一緒の図書委員になって、放課後、二人きりになりました。一生懸命、告白????しようとしましたが、ついにできませんでした。その娘とは、小学一、二年生の時と五、六年生のときに同じクラスになりました。可愛かったなあ‥今、どうしてるかな~?? [続きを読む]
  • 夕陽の中で&近況
  • こんにちは〜(^^)/今日はとても暖かいですね。みなさん、お元気ですか?私はまあまあです。これまで、毎日、休みなくブログを更新してきましたが、昨日、毎日更新するようになってからは初めて、更新が途絶えてしまいました。申し訳ありません。昨日は、友達と会って、疲れていたもので…ここのところ、生活ブログが少なくなり、詩を掲載することがほとんどになりました。実は、私、最近はLINEブログをやっていまして、そちらと両 [続きを読む]
  • 君の世界
  • 晴れやかな日差しの中君の笑顔が弾ける足取りも軽く  僕におどけてみせるモールの第二通路の真新しいベンチに座ると行き交う人々に無邪気に視線を送り思うまま感想を述べるその純粋な姿僕は愛しく眺める自販機でコーヒーを二本買った僕は君の世界へ落ちてパイナップルの木と荘厳な寺院の前で  目を閉じた君に歩み寄り耳元で愛をささやき華奢な手を取って優しくキスをする今頃ラベンダーが咲くのね、と言った君はもう僕のものだ [続きを読む]
  • 暖かな春が訪れ皆歓喜に湧く季節君は泣いていた立ち塞がる困難に 絶望し 崩れ落ちるその姿いじらしく純白の震えるこころに自分の中固まる決意救わねば助けねば身を賭して傷付いたその羽をこの手で癒やしいつの日か大空へ [続きを読む]
  • 春の詩
  • 雲ひとつない蒼い空を見上げ大きく深呼吸して歩幅広く歩き出す行先は考えずただ気の向くまま商店街は賑わいふらつけば雑踏に笑い声あふれる春の歓びをみな感じ生命の鼓動力強く脈打つ 暖かい風を  全身で受け気が付けば熱い涙込み上げるこうして季節は巡りらせんを描くように私も終わりに一歩また近づく限られた     このときを 死にもの狂いで駆け抜けるでもいつか桜散るあの場所で悲しみに暮れる君と会いたい [続きを読む]
  • In the morning
  • 薄暗い部屋にどこからか聞こえる鳥の声で目を覚ましたぼんやりとした意識の中テレビを付けるだらだらと見るニュース早朝から押しきせの喜怒哀楽嫌気が差しため息をつく今日起こる様々な出来事思い描き自己満足の期待と不安を 胸に膨らます窓からは寒そうな公園のけやきが見えその姿自分を奮い立たすまた一日生きなければ [続きを読む]
  • 雨の街
  • しとしとと冷たい雨そぼ降る夜の街は どこ吹く風ネオンまぶしく踊り続け人々の歓声高々と響くぼろ切れのような怪しげな老人水たまりに座り込むその手の紙袋から コニャックの瓶が覗く派手な髪色の女子高生が声をかける老人はへらへらと笑いぐしょ濡れの背広を脱ぎ捨てた 風邪を引きますよ 彼女たちが言う老人はもう死んでもいいんだとつぶやくように言った一人の女子高生がさえぎるように言う私もですバスがロータリーに入る客 [続きを読む]
  • 本日病院デー
  • こんばんは〜(^^)/今日はとても暖かかったですね。みなさん、お元気ですか?私は今日は病院に行って来ました。いつもの病院に行く前に、午前中に脳神経外科でMRI検査をして来ました。この間、CTを撮って異常はなかったんですが、MRIもやっておいた方がいいと思い、行って来ました。朝、トイレに忙しく、何回も行きました。もう、いつものことです。排尿障害と渋り腹で、時間が取られます。でも、なんとか、出掛けられました。脳神 [続きを読む]
  • Midnight Festival
  • 漆黒の夜空に青い光線が横切り ビルの壁に反射してまぶしく降り注ぐ仕事帰りのOLたちぼんやりとそれを眺めひとしきりうっとりする子供の歌声が風に乗ってどこからか聞こえ野良猫の集団がバックビートを刻む陽気なリズムにOLたちも浮き立ってヒールを踏み鳴らす枝分かれした光線は無数の色に変わり春の空気はなめらかな肌触り教会から響くパイプオルガンも陽気なメロディーで行き交うサラリーマンも嬉しくなり踊り出すやがて光と音 [続きを読む]
  • Brunch
  • 爽やかな風が僕の隣を吹き抜ける 温かな陽が午後のテラスに振り注ぎ少しまどろむ嵐のような昨日からは想像もできない穏やかな時間並木道を過ぎ行く人々を眺めコーヒーを一口ふと見るとデッキの白い床に小さなアリ黒褐色のたくましい身体をちょこまかと動かす鉢植えへ向かう彼を仲間たちが出迎えていた優しげなその友情にこころは和みテーブルの話し声皆の笑顔すべてが心地よくしばらくはこのままで [続きを読む]
  • キツかったです
  • こんばんは(^^)/今日はよく晴れて、とても暖かかったですね〜??みなさん、お元気ですか?私は集まりに行って来ました。午前中はお腹の調子がイマイチだったので、午後から出ようと思いました。朝はトイレが大変でしたが、なんとか出かけられました。電車に揺られ、まずは病院で、頭の傷の抜糸です。病院は混んでました。でも、すぐ呼ばれて、抜糸はあっという間でした。全然痛くありませんでした。もう、しばらく来なくていいそ [続きを読む]
  • MONSTER
  • 闇夜に風が吹きすさぶ虫食いだらけの松が倒れそうになびく心も千々に乱れ誰もいない地上にたった一人取り残されたよう散歩中の犬に吠えられ居場所はなく逃げ惑う化け物を狩ることを 生き甲斐にする人たちが      路地の陰から隙をうかがう春近づく漆黒の空を見上げごみ箱の陰に隠れた化け物はやるせなく涙する [続きを読む]
  • 大変な日
  • こんにちは(^^)/今日の埼玉はよく晴れてますが、寒いです。みなさん、お元気ですか?私は昨日、先日、頭を怪我した関係で、わずかですが、頭痛、吐き気、めまい、手のしびれなどの症状が感じられたので、病院に行きました。病院はとても混んでいました。脳神経外科にかかろうとしたら、月曜と土曜しかやっていない、ということでした。困りました。でも、外科ならやっているということで、かかることにしました。CTを撮りました。 [続きを読む]
  • 予言の行方
  • 朝方の雪が雨に変わるころ私の心はざわめいてのんきそうにあくびをする野良猫にさえ嫉妬を覚えた焦燥感に突き上げられ電柱にぶつかる恐ろしい予言と懸命に闘い冷汗は止まらない車窓の風景も目に入らず辿り着いた審判の地で ふいに福音をいただき空が蒼く見えた聞こえなかった鳥たちのささやき花の美しさ彼女や仲間の温かい言葉懐かしい面々にばったりと出会い楽しくひとときを過ごす自分のシンプルさにあきれながら捨てたもんじゃ [続きを読む]
  • ねがい
  • 川の流れをじっと見つめる困難は次から次へ襲ってきて私をねじ伏せようとする地面に叩きつけられ泥をすすり             涙を流す寝転んだまま空を見上げれば陽は落ちてカラスたちは家路川面にはどす黒い鯉の影がちらほら誰かの呼ぶ声がして見回すが誰もおらず切迫感近くのバス停で 降りた男カバンをごみ箱に捨てる世界はもっと広く私はもっと自由なはず助けたまえ救いたまえ神よ [続きを読む]
  • 病院デートと今日のこと
  • こんにちは〜(^^)/今日の埼玉は穏やかに晴れました。みなさん、日曜日は、いかがでしたか?私は病院に頭の傷口の消毒に行きました。昨日は彼女と病院??デート??でした。病院に昨日も消毒に、彼女と行きました。すぐに終わりました。近くのだんご屋で、だんごを1本ずつ食べました。しょう油の焼きだんご、めっちゃ美味しかったです。それから、近くの繁華街を歩きました。ポポラマーマで昼食です。お腹いっぱいだったので、コレ [続きを読む]
  • 君とふたりの僕の休日
  • 街角の喧騒にはしゃぐ君の手をふいに離す君は途端に不安な表情僕は何とも言えない不思議な感情を覚える意地悪でサディスティックなもう一人の僕すぐに引っ込んでもとの僕に戻り優しく手を握り直す君の安堵した顔を見て穏やかな心古本屋の入口のオブジェを見つめ   僕は思うどちらの僕が本当で どちらの僕が偽者なのか通りかかるちんどん屋に冷めた視線を投げかけまた和らいだ瞳で君に語りかけるどちらの僕も君を愛してることに [続きを読む]