HOPE  さん プロフィール

  •  
HOPE さん: HOPE 
ハンドル名HOPE  さん
ブログタイトルHOPE 
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/day_of_hope
サイト紹介文Day of Hope「希望の日」はいつ到来するのか!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 175日(平均9.4回/週) - 参加 2016/11/02 16:25

HOPE  さんのブログ記事

  • 郷土史学習のすすめ・・・二世や子供たちの情操教育にも最適です!
  • 郷土史学習のすすめ先週の訓読友の会 共に生きる心を!「世界と南北の統一は、真の愛で」(4月19日) のみ言の中に以下のような一節がありました。「皆様、その最初の段階として、郷土とどのように生きるのかを考えてみなければなりません。自分の父母と共に生きたがらず、郷土と共に生きたくない人が、国を愛するというのは偽りです。」 「国と共に生きてこそ、世界と共に生きるようになっています。そして、世界と共に生 [続きを読む]
  • 訪韓修練会み言集③ 真の父母と重生
  • 訪韓修練会み言集③真の父母と重生 1993年12月20日 韓国・済州研修院真の父母と重生 これに、入ってくる時は左のほうから入ってくるのです。分かりましたか? なぜ左のほうから入るかというと、お母様が左のほうだからです。入ってきてお母様の腹の中に入ったとしても、その入った子供とお母様の根っこは何かというと、渋柿の根っこから切って取り返してきたものです。分かりますか? それが天の家庭に入るには、手続きをし [続きを読む]
  • 訪韓修練会御言集 ②「蕩減復帰の峠を越えましょう(摂理的総決算)」
  • 訪韓修練会御言集から②蕩減復帰の峠を越えましょう(摂理的総決算) 1993年12月20日 韓国・済州研修院旧約時代、新約時代、成約時代の目的 聖書では、「再び蘇るという」ことをいっているのです。再び生まれなければなりません。それで、イエス様にニコデモが夜に訪問して尋ねました。「いかに すれば救われますか?」と。その時、イエス様は「再び生まれ変わらなければ、それは救われません」と言いました。それでニコデモ [続きを読む]
  • 芳岡さんの反論文(下)
  • もとCARPブロック長芳岡さんの教理研修院への反論文<(上)からの続きです>①教理研究院の意図的誤訳その1ここで、教理研究院は「어머니보고도」という「お母様にも」としか訳せない箇所を「お母様についても」と意図的に誤訳しています。そうすることで、その後の「話してみなさい。いいかげんに生きているか。」の箇所を、「お父様と同様に、お母様もいい加減に生きていない」という意味にしたかったようですが、意図的誤訳で [続きを読む]
  • 芳岡さんの反論文(上)
  • 元CARPブロック長の芳岡さんが19日に教理研修院に送った反論文です。一読の価値あり。極めて的確な指摘だと思います。教理研修院からの誠意ある見解を期待したいものです。長文ですので2回に分けて投稿します。<以下全文です。>教理研究院への反論2017年4月19日 芳岡隼介今年の2月28日〜3月4日まで、私は顯進様のNGOが主催する大会に参加し、声明を出しました。徳野会長は私の声明に対する対策講話をされ、私もそれに反論して [続きを読む]
  • お父さまが済州島・水沢里修練会を開催された目的
  • お父さまが済州島・水沢里の修練会を行われた理由「・・商法」問題で疲弊しきった日本教会でした。何より精神的空洞化が進んでいっていました。そのようなときに真のお父様は、日本の女性たちの教育を進めるとおっしゃり、最初は済州島の研修院で、その後水沢里修練所で女性教育を推進されました。修練会の最後は二人の男性、すなわち夫と息子を連れて来るようにおっしゃられて、一連の女性修練会の最後には男性修練会も開催されま [続きを読む]
  • 「注意・勧告」
  • フィリピンでの顕進様の開催されたGPCに参加の廉で本部待機人事中の郭炳憲氏に関する注意・勧告文が信徒の皆様宛てに出されたようです。う〜ん 何か宗教団体がこういう文を出すの?って思いましたが、如何なものでしょう?信徒の皆様へ<郭炳憲氏の勧誘活動に関する注意・勧告>先日、南愛知教区東海教会長と東愛知教区知立教会長を歴任し、現在本部待機人事となっている郭炳憲氏が、愛知に舞い戻り、以前の接点を持つ信徒 [続きを読む]
  • 北朝鮮平壌の張りぼてビル群
  • 話題の北朝鮮平壌の張りぼてビル?群(Google Earthから)よく見てください!みんなペラペラです。巨大な舞台の大道具のような完全に見せかけの建築物。誰が、何のためにこんなもの作ったのか!正恩委員長の直接の指示?とにかく見せかけの街路・・・。どうやらこれが北の実態らしい。いかにも何かしているようで、ここまでの手抜きか!そういえば最近のミサイル発射!今日も発射したそうだがみな失敗。結局まともなミサイルは最初 [続きを読む]
  • 「お父様が・・」と正当化する  「お父様が・・・」と言う無責任
  • 統一運動に致命的ダメージを与えた反社会的な経済活動経済中心の歩みになって、様々な反社会的な手段方法での経済復帰が、そののち多大なダメージを統一運動に与え、今なおそのマイナスの影響が強く残っている。現在の統一家の混乱の現況がまさにそれであると思われる。そしてそのような経済活動を通して社会的非難を浴びた時に、常に彼らが行ってきたのが「お父様が言われた」「お父様の指示に従った」と言う、責任逃れであった。 [続きを読む]
  • もらってするんじゃなくて「屑屋ですけど」とハッキリ言うんです
  • 「日本統一運動史」にも開拓時代の櫻井節子先生や神山裕子ママの証しが載っています。またReboot (統一家再起動)さんが裕子ママの証しを掲載してくれています。そこで注目の一節がありました。2017年04月13日毎日、皇居に出かけて行っては 「入れてください!」(裕子ママの証5) より<以下引用>それから廃品回収もしました、もんぺ姿ですね、昔の戦後のどさくさの時代と同じようなかっこうして、廃品回収も、もらってするん [続きを読む]
  • 寿桂尼「何をもって国を治める?」・・・直虎「潤すことをもって!」
  • 今日の大河ドラマ「女領主 井伊直虎」から女領主井伊直虎がのちに女大名と言われた今川家の寿桂尼(今川義元の妻)に、井伊家の後見人を任すにあたって訪ねた、「何をもって国を治める?」との寿桂尼の問いかけに直虎の答えが「潤すことをもって」・・「民が潤えば国が潤う。井伊家が潤えば今川も潤う。」至極当然のことだが、当時戦国の時代、国を治めるのは力がものを言った時代には極めて意外なことだった。しかしこれは真実に [続きを読む]
  • 子女様、お孫様のいない教会なんて・・・清平には興味ない
  • 今の教会には子女様がいない。当然お孫様もいない。「御父母様」「お母様」はいいけれど、若者には希望がない。清平役事も若者には関係が無い。未来のビジョンがない。どこからも希望が窺えない。これが現状です。二世が、三世がどんどん教会から離れて行っている。かつて、「金持ちイタコ」って言われれる人がいた。今は何処に行かれたのやら・・・?それでも、清平役事は続いて行く。「清平は希望です!」と、報告があった。それ [続きを読む]
  • 日本統一運動に決定的ダメージとなった「・・商法」
  • 破竹の勢いだった統一運動  ある面破竹の勢いのごとく社会的基盤を構成してきていた統一運動。人材の復帰もさることながら、60年代末から始めた勝共運動は、日本の保守層を中心に信頼を勝ち取り、久保木修己会長は一躍、日本の政治、思想界をリードする中心人物となって行った。 一方勝共運動の戦いによって決定的ダメージを被ったのが日本共産党であった。特に1978年の京都府知事選では、それまで続いてきた蜷川府知事による共 [続きを読む]
  • 分派対策
  • 牧会者宛だと思いますが分派対策と言うことで流されたようです。出所不明ですが、「分派対策」なるものの実態とその内容がよくわかりますので参考までに〜最近、分派による勧誘活動が活発化しています。そこで、教会員が間違った主張に惑わされないように、家庭連合としての幾つかの見解を整理しましたので、礼拝の場で紹介して戴きますようお願いします。1 真の父母様宣布文サイトに掲載された分派による「真のお母様」を貶 [続きを読む]
  • 利権保持のために狂奔する人々
  • 利権を守ろうとする人々 利権で動く人々日本が対中、対米国との抜き差しならない戦争にはまり込んだのも利権のためだった。日本の近現代史最大のテーマは第二次世界大戦に日本が突入し、結局は敗北した戦いだった。なぜ、最終的には敗北して多大な人的、産業的、あるいは領土面や主権の面でもマイナスの結果をもたらした戦争の泥沼に入り込んだのだろうか?はっきり言って「利権」のためだった。明治以来の富国強兵政策の中で、国 [続きを読む]