putikameraturedureのブログ さん プロフィール

  •  
putikameraturedureのブログさん: putikameraturedureのブログ
ハンドル名putikameraturedureのブログ さん
ブログタイトルputikameraturedureのブログ
ブログURLhttp://putikameraturedure.muragon.com/
サイト紹介文80歳近いのに意気高くして、写真を撮り、 徒然なるままにアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 232日(平均1.1回/週) - 参加 2016/11/02 17:06

putikameraturedureのブログ さんのブログ記事

  • 富士の眺め
  • 先週末家族(娘夫婦・息子夫婦と孫)で主人の墓参に行って来ました。 カラ梅雨めいて晴天、気持ちの良い一日でした。その日は河口湖に1泊。 翌朝宿の前からは写真のような富士山が! まるで浮世絵の世界でした。 家族が揃うのも久しぶり。家族ってこんなにいいんだなとしみじみとして、 これが最後かなとも思えたのもほんとのこと。 孫は2歳7か月ちょっと。離乳食もすんで、一人前だぞとばかり朝食を前にして なにやら力 [続きを読む]
  • 今朝の眺め
  • 今朝は快晴でした。ベランダからの眺め。 梅雨とは思えません。 いろいろと鉢植えの花殻摘みなど手入れをする。 楽しい。 朝のコーヒーだのヨーグルト・バナナ・トマト・キウイ・ アボカドに今日はブロッコリーとカボチャを足して和えたのなど、 おいしかった。 朝ドラは赤坂の食堂(?)で働くことになったひよっこが、 元日に田舎に里帰りしたところ。 眠ってばかりいるひよっこ。わかるなあ〜。 私の昭和40年代を振 [続きを読む]
  • 春逝く夏来る?梅雨が来る?
  • 今、目に入るのは緑だ。 とても綺麗で、気分がゆったりとする。 雑草でさえいいなーと。 何度もUPするけれどスカエボラもますます花盛り。   本 「リバース」湊かなえ著     「ありふれた祈り」(2016年版              ミステリが読みたい1位)     「生か死か」(英国推理作家協会賞・ゴールドダガー賞           受賞作)  本が珍しいことに沢山手もとにあって(弟が送って [続きを読む]
  • 雨が降り
  • 北海道で30度とかとの日、こちらは28度位かになって、 この先やっていけるかなあ〜と暑さに恐怖したが、 昨日は朝から1日中雨。ひどい降りではなくて、ザーザーかと 思えばしとしと降りになったりして、ベランダからの眺めも 緑が綺麗で気持ちよかったです。 下はベランダで咲きだしたスカエボラ。  何日前なのか忘れたけれど、昔の番組「シルクロード」が再放送されて、  キタロウの懐かしい曲を聴いた。ナレーショ [続きを読む]
  • ベランダ
  • 駅前などに外出するとあちらこちらで花苗が目につく。 昨日は駅前広場はs区主催の苗市だった。ついこの間までは 花苗が多かったのに、ここ最近は野菜苗が半分以上を占めて いるような気がする。ガーデニングより畑=農業へと趣味が シフトしている感じ。 金蓮花を購入。 ロベリアの苗も購入。大好きです。 ベランダではまだまだビオラが綺麗ですが。  本 「白樫の木の下で」 青山文平著    初めてこの著者の本を読 [続きを読む]
  • 藤の花
  • すぐ近所の公園の藤棚。気が付けば花房が薄紫色になっていました。 とても好い香り。少し小さくて、大きな房の下がった藤棚の下を 歩きたいな、と思う。J園に行けば見事なのだけれど、今年は 止めようか? でも躑躅が満開だろうな、観たいな、と思うけど、 GWで人混みだろうし、疲れるしとも逡巡してしまう。 雷雨予報も出ているし・・・ やはり老人は考えてしまうのであります。 [続きを読む]
  • 春はゆく
  • 今年の春はお終いである。先に出した欅ももう 美しい新緑の到来を告げるかのように広がりつつある。 なのに今日は冷たい風が吹き寒い。昨日は暑く 道行く人は半袖姿だったのに。 この移り変わりの激しさに夏に向けてこれからついていけるものやら・・・  DVD 「小さな村の小さなダンサー」      「星になった少年」(途中まで。可哀想で見ていられなくなった)      「南極料理人」(堺雅人ほか) 柳楽優弥 [続きを読む]
  • いろいろ
  • 上は欅の鉢植えです。種から育ててもう8年5カ月たっています。 盆栽とは程遠くただ小さく育ててみたもの。3鉢あったのですが、 1鉢が残っているだけ。今15センチくらいです。 芽ぶきが一番綺麗です。可愛くなります。すごい切り込みぶりで 欅に申し訳ないのですが。 TV 木曜日「緊急取り調べ室」を見ました。    三田佳子さんが出演ということで。    老け役というよりも実年齢でのご出演か?    最近尼 [続きを読む]
  • 4月も半ばに
  • ちょっと暗い画面ですね〜  これ路上に散り積もった桜のはなびらです。 もうたくさん積もっていました。 もうこちら桜はおしまいです。 下は我が家のモンステラ。1枚の葉が新しく開きました。 嬉しいです。 下の方にカエルのぬいぐるみを。なんて意味ないのですが。 これは近所の垣根の万作の一種。 紅花常盤満作というのです。 地味ですがとても綺麗な桃色です。 少し前に撮った空。太陽が雲の彼方にあるのですね。 [続きを読む]
  • 足元の春
  • 今日4月11日は朝からしとしとと雨が降っている。 ガスストーブをつけています。小寒い。 昨日は暖かで駅前まで買い物に行き、帰り道の公園で足元に小さな春を 発見! 買い物の帰りはザックに荷物(? 大したものではないけど、 この頃重く感じることしきり)が入っているので、下をむいて歩くから、 可愛い青い花を見つけることになって・・・(^。^) 孫が遊びにきました。会う度にどんどん大きくなります。 可愛く [続きを読む]
  • さくら さくら
  • 4月3日新宿御苑に行きました。10時30分頃到着。 チケット売り場は黒山の人人でしたが、列に並んでチケットを買って、 入場してみたら、案外入場者はまだ少なくて、気儘にアチコチのんびり 綺麗な8分咲きの桜を楽しむことが出来て嬉しさいっぱいでした。 昨年も観賞したしだれ桜。満開! 昨年はこれで生涯の見納め!と思ったのでしたが、 今年も見ることが出来、最高でした。 でも樹木というのは年々姿を変えるものな [続きを読む]
  • 桜満開はまだでした
  • 今夜はこちら雷雨とか。 咲きかけた桜はどうなるのでしょうか。 上の写真は3月末の近くの公園での一枚。 遠く霞むのはタカトウコヒカンザクラ。 他の桜に先駆けて満開になるのですが、 今年は来てみたら、土壌検査で鉛毒(?)が 検出されたとかで、立ち入り禁止でした。 張ってあるテープがお分かりですか。 残念でした。 下の写真は昨日(2日)のJ園のやっと咲いていた 2、3本の1本を撮ったもの。桜より人が多い [続きを読む]
  • 年をとっての旅
  • 先月27日新幹線から京都へ向かう車窓からの富士山です。 このくらいすっきりと車窓から見たのは初めて。 京都で弟夫婦と落ち合って、さらにバスで大阪のK市に住む兄を訪ねました。 とても快晴で駅で待っていた兄と逢い、中華を食べ、兄の家へ行き、 楽しく嬉しく談笑。笑った沢山! 兄弟ってこんなに気の置けない存在だったのかしら! 兄嫁は私の夫が逝ったその17日後に逝ったのです。 兄は娘達と今は暮らしているので [続きを読む]
  • 梅開く
  • 近所を散歩。 お寺の敷地内で梅の花が綺麗に咲いていたので、 思わず撮らせて頂きました。 その脇に可愛らしい(これはまだ苗木でしたが) 桜も咲いて、春が来たかと思うばかり。 別に門中にも梅の木が。 綺麗ですね〜 たまたままわしたチャンネル(BSプレミアム)で、 「あらすじ名作劇場」というのを見ました。 『赤い鳥』という昔懐かしい鈴木三重吉の雑誌の童謡 を詩として読む、というような。錚々たる作家が作品 [続きを読む]
  • 夕べの空
  • この季節によく見る夕べの青い空。 ここに夕日が差すと美しい赤色の雲となる。 寂しいような、だけどきっと引き締まるような澄んだ寒さ。 下はそんな夕方のベランダの花鉢。 影が無い不思議に明るい光線具合。 ビオラもパンジーも綺麗に咲いていて嬉しいことです。 図書館から「闇の平蔵」(逢坂剛著)を借り出して 読んでいて、池波正太郎の「鬼平犯科帳」とまた違うような 似ているような、ちょっとおかしな感じになって [続きを読む]
  • 1月も末に
  • 早いもので、もう1月も末に。 駅前まで買い物に行く途中でコンクリートの囲いの中に茂っていた 葉っぱ。 甲州街道添いの交差点の一隅。一年中葉を茂らせている。 いつもは気にもとめないのに、昨日信号待ちしていて、 ふと撮ってみました。イキイキしている。 先日(20日)の朗読の新年会では武田百合子の「枇杷」を 読みました。他では向田邦子を読んだ方が2人もいらした。 先生が正調木曽節や五木の子守歌などさりげ [続きを読む]
  • 寒さが続きましたが・・・
  • 夕焼けどき、可愛い雲が浮かんでいました。 私の所では雪は降りませんでしたが、北風が強く、 駅前まで買い物に行き、冷える思いをしました。 今日は11度になるとか、大きなタオル類など洗濯して 好い気持ちです。 ベランダで乾燥していた鉢物に水遣り。 ビオラは2鉢なんか同じような色合いになってしまいました。 いつもは違った色合いにするのですが、今年は紫が多かったです。 ミニシクラメンも可愛いものです。今年 [続きを読む]
  • 昨日は暖かだった
  • 今日(11日)は寒波襲来とかニュースに雪景色が写っていますが、 こちら昨日はぽかぽか陽気。散歩のコースでは紅梅が可愛らしく 咲いていました。 その小さい梅林の手前にあるお寺にも立ち寄りました。 ちょっと有名なお寺なんです。以前は鴨が渡来していたとか。 また散歩コースには神田川が流れており、サギがいたのをパチリ。 とても好い気持ちでした。暖冬だなあーと思ったことです。 今日は整形外科でヒアルロン酸注 [続きを読む]
  • 雑感
  • 最近の読書では、 小池真理子さんの「肉体のファンタジア」を読みました。 文中に出て来る俳優さんを検索してみては、なるほどと思うばかり。 私の見た映画もあり、あああの男優さんかと納得したり。 面白い一冊でした。 先日(早い!もう昨年のこと!)見た映画「この世界の片隅に」の主人公の描き方について、違和感があるという意見を読みました。 その違和感というのは主人公が「健気である」というその「健気さ」が問題 [続きを読む]
  • 初詣
  • 菜の花がまた少しほころびました。可愛いです。 3日は深大寺に家族(娘夫婦と息子夫婦と孫)と 箱根駅伝が終わってから出掛けました。 駅伝は夫が例年楽しみに見ていたマラソンです。 深大寺詣も夫の楽しみでした。 いつもの湧水蕎麦で湧水もりそば+天婦羅を例年のごとく、 行列に並んで食べて来ました。 陽が落ちて、でも暖冬(?)で灯火が柔らかに店先を照らして、 賑わいが楽しいひと時でした。 酉年にちなんで。 [続きを読む]
  • 元旦の月
  • 明けましておめでとうございます。 元旦の夕焼けがそして月が綺麗で撮ってみました。 左方ののっぽビルは32階だてのマンションです。出来てから10数年たちました。 右端に山が写っていますが、右から二つ目が富士山です。暗いとシルエットが良く 分かりますが、日中は手前にビルや何やが入り込んで、形しかわかりません。 この季節は晴れた日には真っ白に山の縁だけが見えます。 真ん中の家は知らない人様の家です。ドン [続きを読む]
  • 往く年雑感
  • もうクリスマスじゃあありませんが。 我が家のとっときのツリー。これで見納め。あと取り出すことないなあ(^.^) 先日「この世界の片隅に」を見て、今度は「君の名は。」を見た。 上映館が先に間違えて入ったピカデリーなのだった。ピカデリーで「君の名は。」を 上映中なのだということが、なんとなく目の片隅に残っていて、で、出かけた訳。 同じくアニメだけど「君の名は。」は残らない(私の中に)。アニメが虚しいと [続きを読む]
  • 温かいような・・・
  • ここ2,3日11月の陽気とか。たしかに身軽に薄着して出掛けられそうだ。 年末の買い物などしたいが、荷物になるのがおっくう。やはり娘夫婦の お誘いが来るまで待つことに・・・ ちょっと悩んでいることありで、今行っているヨガを他の運動グループに 変えようかと思う。ヨガは素晴らしく好いのだが。 少しいくつかの運動グループを見学しようかな。 この年でこんなことに悩むなんて、若いってことだろうか(笑い)。 公 [続きを読む]
  • 道の脇で
  • いつも通る駅までの途中にある公園に咲くサザンカ。 もうたいがいの花は傷んでいて散るばかりか。 樹の幹に面白い動物顔を発見。子熊の顔にみえませんか? その下はロバの顔? こういうの友人で探すのが上手な方がいてそのブログで見ていたので、 真似して探してみたのです。 これ何の樹だったかわかりません。よく見ないでしまった。 道端に真っ赤な色彩! 季節を強く感じるどうだんつつじ。 ここまで書いて外みるともの [続きを読む]
  • 晴れた日に
  • 映画「この世界の片隅に」を見ました。 もう新宿まで映画を見に出かけることは無い!と思っていたのですが、なんということなく行って来れました。ただしピカデリーとテアトルと間違えてしまいましたが。 時間に余裕をもって出かけていて良かった! この映画の内容には触れませんが(これから見にいかれる方がいらっしゃると思うので)、涙がぽろぽろこぼれました。感動して戦争の自分の体験を思ったことです。 帰途懐かしい紀 [続きを読む]