温泉ドラえもんのブログ さん プロフィール

  •  
温泉ドラえもんのブログさん: 温泉ドラえもんのブログ
ハンドル名温泉ドラえもんのブログ さん
ブログタイトル温泉ドラえもんのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wataru1019
サイト紹介文全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 173日(平均7.1回/週) - 参加 2016/11/03 13:08

温泉ドラえもんのブログ さんのブログ記事

  • 4秒の交尾! セイタカシギ(背高鷸)
  •  初めて、近くの海岸でセイタカシギ(背高鷸)の交尾を撮ることができました。 ① 番のセイタカシギが仲良く海岸で餌を啄んでいました。 ② 何気なくカメラを向けていると、オスがメスの背中に乗りました。 長い脚が、不安定に見えます。 ③ 交尾をしました! ④ 交尾を終えて、オスが降りました。 後で写真データーを調べてみると、この間たった4秒でした。 ⑤ その後、互いをうっとり見つめ合うような仕草をしまし [続きを読む]
  • まだ北海道へ帰らないのですか! シメ(鴲)
  • ①、② 久々に公園へ行くと、2羽のシメ(鴲)に出会いました。 夏の繁殖地となる北海道へ帰るために、この時期には北へ向かって渡りをします。 この公園が気に入っているのかな。 いつもながら目つきが険しいですねえ。③ 正面から見ると、固い種子をバリバリと砕くことができる丈夫な嘴が立派ですねえ。 [続きを読む]
  • 忍者の数珠は何色? ムクロジ(無患子)の種子
  •  ① 神社のムクロジ(無患子)の果実が沢山なっています。 ② 茶色になった果実の中には、黒色で球体の種子が入っています。 ③ 道路に落下したムクロジ(無患子)の果実は、自動車に踏みつぶされますが、黒色の種子は非常に硬いのでつぶれません。 そのため、ムクロジの種子は、羽子板の羽根の生えた黒い玉として利用されていますが、最近は、羽子板で遊ぶ子供の姿を見ませんねえ。 ムクロジは「無患子」と書くので、「子 [続きを読む]
  • キュウリの苗30本植え付け!
  •  ① 庭のシバザクラが、一番の見頃になりました。 ② ボタン(牡丹)が咲き始めました。 ③ 今日は、曇天だったので野菜苗の植え付けにもってこいの日でした。 キュウリの苗を3畝に植え付けました。 ④ 風で苗が痛まないように行燈を立てました。 昨年までは、苗屋さんでキュウリの接ぎ木苗を10本買っていました。 しかし、野菜師匠から「自分で種から育てて十分!」とのアドバイスをもらってチャレンジです。 予想 [続きを読む]
  • 夏野菜の苗6種 すくすくと!
  •  簡易温室で育ててきた夏野菜の苗が順調に育ってきました。① ピーマンは、植え替えるにはまだまだ時間が必要なようです。② クリ姫カボチャは、かなり大きく育ったので、植え替えの時期のようです。③ キュウリも成長が速いので、植え替えの時期のようです。④ トウモロコシ(60本)も植え替えの時期のようです。⑤ スイカは、まだ時間がかかりそうです。⑥ 中玉トマトも、もう少し時間が必要なようです。オクラは、まだ [続きを読む]
  • 大人になると獰猛な肉食に! ヤブキリ(藪螽蟖)の若齢幼虫
  •  ① ヤマブキ(山吹)の花の上にヤブキリ(藪螽斯)の若齢幼虫がいました。 名前は、「藪」にいる「キリギリス(螽斯)」という意味です。 ② 冬は土中で卵で越冬したものが孵化して出てきたものです。 若齢幼虫は、植物の花粉や花びらを食べています。 ③ 私の指と比べると、小さくて可愛い感じがします。 しかし、成長すると獰猛な肉食になり他の昆虫を食べ、時にはセミやカマキリも食べてしまいます。 [続きを読む]
  • 気品のある桜 ギョイコウ(御衣黄)咲く!
  •  ① 庭のギョイコウ(御衣黄)が咲き始めました。 ② 昨年は、強剪定をしたので花付きが悪かったですが、今年は沢山の花を付けました。 ③ 花弁は、葉緑体を持っているので、黄緑色をしています。光合成ができるんでしょうねえ。 この色が貴族の衣服の萌黄色に近いことが、名前の由来になっています。 [続きを読む]
  • 富山県の舟川べり 春の四重奏と温泉
  •  ① 昨日、標高の低い所では山桜、高い所では残雪の山々と変化に富んだ東海北陸道を通って、富山へ行ってきました。 家から5時間で、目的地「富山県朝日町 舟川べり」に到着しました。 ②、③ ここは、遠景に雪を抱く白馬・朝日岳を望み、舟川べりの桜並木、手前のチューリップと菜の花の四重奏を愛でることができます。 このチューリップは、地元の農家の方々が桜の時期に合わせて、極早生の種類を植えて桜祭りを盛り上げ [続きを読む]
  • ジャガイモの芽かき、追肥、土寄せ!
  • ① ジャガイモ(男爵)の苗が順調に育ってきました。② 丈夫そうな株を2〜3本残して、弱そうな株を抜き取りました。③ すでにジャガイモの赤ちゃんが付いていました。④ 追肥(化成肥料+油粕)をし、土寄せをしました。野菜師匠の教えで、周りを高くしておいたので、土をかき落とすだけで簡単に土寄せができました。もう一度土寄せをする予定です。⑤ 今から富山県のチューリップと温泉の旅(1泊)へ行ってきます。 [続きを読む]
  • ツチイナゴ(土蝗)との出会い!
  •  ① 今日は、久々の晴天のため、4月のカキツバタ群落の動物調査に出かけました。 23種類の動物と出会いましたが、枯草の多い場所を歩いていると、ツチイナゴ(土蝗)が飛び出してきました。 ② 全体に茶褐色で、背中には黄白色の線が頭部から尾部まで走っていて、冬の間、成虫で枯草の多い環境で過ごすので保護色になっています。 動きがないと、見つけることは不可能に近いです。 ③ 別の場所に、少し小型の個体がいま [続きを読む]
  • 雨の中でヤエベニシダレ(八重紅枝垂)満開に!
  • ① 今日は、一日中雨ですねえ。 雨の中で、庭のヤエベニシダレ(八重紅枝垂)満開になっています。 エドヒガン系の園芸品種ですが、名前の通り、花が八重咲きで濃い紅色をしたシダレザクラです。② 一般に、八重咲きのモノは雄しべや雌しべが花弁に変化して無くなっていますが、八重紅枝垂には雄しべも雌しべもしっかりと付いているのが特徴です。 見栄えはイイですが、車庫横にあるので垂れ下がった枝が車の屋根に当たるのが [続きを読む]
  • 不戦の誓い 招魂祭
  •  ① 午前中、隣の神社で地区主催の「招魂祭」が執り行われました。 本来は、大戦で亡くなった方々の氏名が明記された「慰霊碑」前で行います。 ② しかし、昨日からの雨で地面が濡れているので、本殿で行いました。 ③ この招魂祭は、先の戦争で尊い命を犠牲にされた戦没者に対する感謝の気持ちと二度と戦争を起こしてはならないという不戦の誓いを新たにするものです。 ④ 遺族も高齢になりました。 我が家も母の兄が衛 [続きを読む]
  • ぬる〜と出ました! オオミスジコウガイビル(大三筋笄蛭)
  •  ① 朝、雨上がりの庭に茶褐色の紐がゆっくり動いているのを見つけました。 体長20?ほどのオオミスジコウガイビル(大三筋笄蛭)です。 乾燥に弱いので、普段は植木鉢の下などにいますが、雨で出てきたものでしょう。 本来、日本にはいない外来種ですが、扁形動物のプラナリアの仲間で、再生能力が高く、切れても数日で再生します。 ② 頭部を見てみると、昔の女性の髪飾りである笄(こうがい)に似ており、体に三本の筋 [続きを読む]
  • ハナモモ(花桃)4種満開!
  •  ①、② 今日は一日中曇天でしたが、庭のハナモモ(花桃)たちのお陰で明るく感じます。 花びらがキク(菊)に似ている「キクモモ(菊桃)」です。③ 一番早く咲く「赤花枝垂れ桃」です。まもなく、周りのシバザクラも満開になると思います。④、⑤ 樹形が箒のように立ち上がる「テルテモモ(照手桃)」です。⑥ 一つの樹にピンクと白が咲く「ゲンペイモモ(源平桃)」です。 [続きを読む]
  • 雪の残る ひだ荘川温泉 桜香の湯
  •  ① 午前中は小雨でしたが、昼から曇りになるとの予報で、ひだ荘川温泉 桜香の湯に出かけました。 家から高速で2時間程度です。 ② 父のために個室浴槽(1時間 1500円)を借りました。 ③ 温泉の周辺は、まだ雪が残っていて、浴槽から冬景色を楽しめます。 ④ 泉質は炭酸水素塩泉でヌルヌル系です。 私には、1分間に478?の源泉が自然湧出しているコトが嬉しい温泉です。 ⑤ 父が個室で休んでいる間に、大 [続きを読む]
  • ルリタテハ(瑠璃立羽) 3頭の出会い
  •  成虫で越冬していたルリタテハ(瑠璃立羽)3頭と出会いました。 ① 1頭目は、木の枝の上で日光浴をしていました。 斜め下から見ているので、頭部や胸部の毛深さがよく分かります。 ② 2頭目は、木製の橋の上で翅を広げていました。 翅の青色も綺麗ですが、頭部から胸部にかけての深い青色も綺麗ですねえ。 ③、④ 3頭目は地上にいました。 幼虫は、ユリ、ホトトギス、サルトリイバラの葉を食草とするので、今年はぜ [続きを読む]
  • 落花生の苗づくり ポット122
  •  ① 気温20℃ 落花生の苗づくり開始です。 昨年 収穫しておいた落花生の皮を割り、小太りの形の良い種子だけを取り出しました。 ② 昨年は直播をしましたが、今年は場所がまだ確保でききていないので、ポットに蒔くことにしました。 全部で122ポットになりましたが、余った種子も畝に蒔いておきました。 ③ カラスに食べられないように不織布で覆いました。 うまくいけば、例年になく多量の塩茹で落花生が食べられ [続きを読む]
  • 早生のトットちゃん 初収穫!
  •  ① 早生のタマネギが成長してきました。 ② 抜いてみると、トットちゃんの髪型のように丸々としていました。 ③ タマネギは、料理に多用でき、保存もきくので女性陣から好評です。 早生と晩生を合わせて500本植えたので、お嫁にも多く出せそうです。 ④ 私の期待は、隣に2畝植えたソラマメです。 去年は連作障害だろうと思いますが失敗でした。 しかし、今年はスクスクと育って、沢山花を付けています。 塩茹でが [続きを読む]
  • オオイヌノフグリが大好き! ビロードツリアブ(天鵞絨吊虻)
  •  ① 陽気に誘われて、ビロードツリアブ(天鵞絨吊虻)たちが、ブンブンと飛んでいました。 ② 体長は10mm程の小さなアブです。 名前のように体毛がモコモコとしてビロード(天鵞絨)のようです。 虻と蠅は、同じ仲間なので翅は2枚です。 口吻が長く突き出ているのが特徴です。 ③ オオイヌノフグリが大好きなのか、盛んに飛び回って吸蜜していました。 ホバリングが上手で、吸蜜の姿が吊り下がっているように見える [続きを読む]
  • 雨の中で淡墨桜 満開!
  •  ① 隣の神明神社の淡墨桜が、雨の中で満開になりました。 淡墨桜とは、岐阜県本巣市の淡墨公園にある樹齢1500年以上の「エドヒガン(江戸彼岸)」の古木のコトです。 この淡墨桜を挿し木で増やしたものを、厄年の方々が神社に植えたモノです。 ②  地元では、「根尾谷(ねおだに)淡墨桜」と呼んでいるそうですが、現在は蕾のようです。 一度 淡墨桜を見に行きましたが、あまりにも多い観光客に駐車場確保に時間がかかり [続きを読む]
  • 卵を食べる現行犯! シジュウカラ(四十雀)のオス
  • ① 午前中は曇りだったので、カメラを持って公園へ出かけました。 幅の広い黒ネクタイをしたシジュウカラ(四十雀)のオスが、枝につかまって盛んに何かを啄んでいました。② よく見ると、嘴の先には黄色のモノがくっついています。③ シジュウカラが立ち去った後、見てみるとハラビロカマキリ(腹広蟷螂)の卵のうが食い荒らされていました。 ハラビロカマキリの卵のうは、他のカマキリに比べて固い殻で覆われていますが、嘴 [続きを読む]
  • いきものの里 春の風景
  •  ① 今日は、気温18℃とまさに春です。西尾のいきものの里へ出かけました。 あぜ道には、懐かしさを覚えるレンゲソウ(蓮華草)が咲いていました。 ② また、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)が密集して咲いていました。 苔という名前が付いていますが、コケでなく多年草です。 ③ 在来種のタンポポ(蒲公英)や白花蒲公英が咲いていました。 セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)が花粉を集めていました。 ④ 山側ではウラジロ( [続きを読む]