温泉ドラえもんのブログ さん プロフィール

  •  
温泉ドラえもんのブログさん: 温泉ドラえもんのブログ
ハンドル名温泉ドラえもんのブログ さん
ブログタイトル温泉ドラえもんのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wataru1019
サイト紹介文全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 202日(平均7.0回/週) - 参加 2016/11/03 13:08

温泉ドラえもんのブログ さんのブログ記事

  • 3タイプの巣! セイタカシギ(背高鷸)
  •  ① 暑い日が続くのでセイタカシギ(背高鷸)が、孵化したかどうかを見に行きました。 しかし、5月3日に載せた巣では、まだ抱卵中でした。 ② ところが、別の場所で新たな抱卵中のセイタカシギ(背高鷸)を見つけました。 川底がひび割れた場所に、粗末な感じの巣の上に乗っています。 ③ 親が採餌に離れたので、卵を写す(初めてです!)ことができました。 ケリと同じような迷彩模様です。 このような場所では、雨季 [続きを読む]
  • 哀れ 肉団子に! アオスジアゲハ(3齢幼虫)
  •  昨日は、庭木の剪定に半日取り組んだら熱中症 一歩手前の状態でダウン! ① 今日は、残りの剪定を終えて、神社のタブノキを見に行きました。 アオスジアゲハの幼虫が3齢に成長していました。 ② しかし、以前は数十匹以上いたのに6匹しか見当たりません。 ③ その時、アシナガバチ(脚長蜂)が何か緑色のものをくわえて杭にとまりました。 あれ・・・幼虫のお尻の形は、アオスジアゲハです! ④ 葉の上でもアオスジ [続きを読む]
  • 京女は美食家かな! キョウジョシギ(京女鷸)
  •  ① 今日は、最高29℃の晴天になるという予報に、久々に海岸へ行ってきました。 岩場には、キョウジョシギ(京女鷸)とキアシシギ(黄脚鷸)が仲良く休んでいました。 ② 近くにはチュウシャクシギ(中杓鷸)が7羽いました。 カニを食べてくれるのを待ちましたが、「ホイー ピピピピ」と独特の鳴き声で飛び去ってしまいました。 ③ キアシシギ(黄脚鷸)は、黄色の脚を持ち上げて歓迎してくれました。 ④ 着物姿の京 [続きを読む]
  • やっと卵を見つけました! ケリ(鳬)
  •  ① 朝、田んぼの畔にうずくまっているケリ(鳬)を見つけました。 観ていても、動こうとしないので「これは、ひょっとすると!」と思い、午後にカメラを持って行きました。 ② ケリ(鳬)が立ち去った畔の中央付近まで行くと、卵がありました。 これまで、雛を写したことがありますが、卵を写すのは初めてです。 ③ 粗末な枯草の上に、迷彩模様の卵が2個ありました。 しかし、天敵に狙われやすい丸見えの巣です。 ④  [続きを読む]
  • 闇夜の神事 仮殿遷座祭(かでんせんざさい)
  •  ① 神明神社の本殿改築に伴いご神体を仮殿に移す仮殿遷座祭(かでんせんざさい)が行われました。 90名ほどの参加のもとに午後7時から始まりました。 ② 境内の照明をすべて消して、闇夜の神事が笙の音とともに進行します。 光明は「松明(たいまつ)」(本物のマツで作ったものです)です。 ③ 神職の「お〜、お〜」という掛け声とともに、外部から見えないよう布で囲われたご神体が続きます。 神職に、ご神体は何か [続きを読む]
  • 体液を吸いつくせ! ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)
  •  ① 神社へ行くと、ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)が木の幹にいました。 中国から入ってきた帰化昆虫ですが、腹部の白黒の波状に出ているモノを戦国時代に「白黒の綱」を横綱が腰に身につけた姿に見立てて名前を付けたものです。 ② 脱皮をしている個体もいました。脱皮直後は赤色ですが、時間が経過すると黒色になります。 ③ サシガメ(刺亀)という名前のように、口吻を獲物に刺し込んで体液を吸い取る肉食の昆虫です。  [続きを読む]
  • 井上靖「しろばんば」の世界 天城湯ヶ島 木太刀の湯
  •  ① 昨日から1泊で、井上靖「しろばんば」の世界である天城湯ヶ島 木太刀の湯へ行ってきました。 「しろばんば」というのは、晩秋の夕方に飛ぶ白くて小さい虫(雪虫)のことです。伊豆地方では「しろばんば」と呼んでおり、小説の題名になっています。 ② 井上靖(洪作)も歩いたであろう「湯道」を散策し、宿から20分ほど歩くと、川端康成の定宿であり、「伊豆の踊子」を執筆した「湯本館」があります。 その隣に、主人 [続きを読む]
  • オダマキの蜜泥棒! キムネクマバチ(黄胸熊蜂)
  •  ① 庭でオダマキ(苧環)が沢山咲いています。 下向きに咲いているオダマキの一見 5枚の花弁に見えるが、萼です。 その下に花弁があって、基部から上に魔女の帽子のように突き出ているのが、「距(キョ)」です。 この中に「蜜」があります。 ② この蜜を吸うには、一般に昆虫たちは潜り込む必要があります。 その際、受粉が行われるので、まさにお互いに利益があります。 ところが、キムネクマバチ(黄胸熊蜂)は、こ [続きを読む]
  • 孵化しました! アオスジアゲハ(青条揚羽)の1齢幼虫
  •  ① 朝、神社のタブノキを見に行きました。 葉には、まだ黄白色の卵もありましたが、とても小さな黒いモノを見つけました。 ② アオスジアゲハ(青条揚羽)の1齢幼虫です。 体長は、3mmもない程です。 頭部にも体にも棘が沢山生えています。 さて、5回の変身を見守りますかねえ。 ③ 黄白色だった卵が、黒色に変色しているのがありました。 孵化直前で、中の幼虫が見えているのかな? [続きを読む]
  • 根粒菌のお陰です! ソラマメ(空豆)の収穫
  •  ① 今日は、夜から雨という予報だったので、朝に畑でソラマメ(空豆)の収穫をすることにしました。 ② ソラマメの莢がパンパンに膨らんでいます。 ③ 莢を開いてみると、フワフワの白いベッドの中に成長したソラマメが眠っていました。 ④ これから毎日 美味しい塩茹でソラマメが食べられそうです。 ⑤ 根を掘り出してみると、根粒菌が一杯付いていました。 根粒菌は細菌(バクテリア)がいっぱい住みついていますが [続きを読む]
  • タブノキ(椨)の若芽に卵27個! アオスジアゲハ(青条揚羽)
  •  ① 庭のニッケイ(肉桂)の葉に産卵するアオスジアゲハ(青条揚羽)を見るようになりました。 ② 隣の神社には、クスノキ(楠)やタブノキ(椨)が生えています。 ③ アオスジアゲハ(青条揚羽)の幼虫の食草はクスノキ科植物(クスノキ、タブノキ、シロダモ、ニッケイなど)の葉です。 ④ タブノキ(椨)の赤い若葉を探してみると、綺麗な白色の27個の卵が産みつけられていました。  卵の孵化から幼虫の変身を見守る [続きを読む]
  • 庭でサクランボ狩りです!
  •  ① 庭の4本のセイヨウミザクラ(西洋実桜)にサクランボが鈴なりです。 熟すと数日で落下してしてしまうので、毎朝 口一杯に頬張って食べます。 ② 今日は、孫の友達もやって来て、サクランボ狩りです。 ③ イラストでは、サクランボは2個連なっているのをよく目にしますが、まさに英語「cherry」の複数形「cherries」ですねえ。 ④ しかし、中には、4個連なっているのもあります。 ⑤ その理由は、3月下旬の蕾を [続きを読む]
  • 米寿・傘寿の祝い、新生児奉告祭 そして、社殿改築地鎮祭
  • ① 今日は、子どもの日を祝うかの如く五月晴れでした。② 午前10時から「米寿・傘寿の祝い」を挙行しました。 私も、それなりの歳になったらお祝いをしてもらいますかねえ。③ 午前11時から新生児奉告祭を行いました。  新生児は、昨年よりも少ない8名でしたが、日本が栄えるためにも沢山の子どもが生まれてほしいですねえ。④ 午後からは神社の社殿改築地鎮祭が挙行されました。 地元の方々の寄進は、6千4百万円で [続きを読む]
  • 抱卵中です! セイタカシギ(背高鷸)の番
  •  ① 4月24日にセイタカシギ(背高鷸)の交尾を写すことができたので、今日は巣を探しに行きました。 数十羽も集まる餌場付近を探しましたが、まったく巣が見つかりません。  ② ところが、諦めて帰る途中に2つの巣を見つけました。 これは、一つ目の巣です。抱卵中だろうと思います。 ③ 別の巣です。メスが巣の中に座り込み抱卵中で、近くをオスが警戒中です。 ④ 遠目だったので、なるべく近い場所がないか探し、 [続きを読む]
  • アスパラガス(Asparagus )が美味しいよ!
  •  ① アスパラガス(Asparagus )が、生えてきました。 ② 5月中は、二日に一度すべてを収穫して、朝のサラダにします。 栄養剤に含まれる「アスパラギン酸」は、アスパラガスから発見されたものです。 ③ 今朝は、35本収穫できました。 6月からは、地上部を成長させ、地下に養分を十分蓄えさせます。 ④ 昨年の秋にこぼれた種子から発芽したモノも見られます。 管理を丁寧にすれば、同一の株で10年は収穫できるそ [続きを読む]
  • 蜜標と受粉戦略! ヒラドツツジ(平戸躑躅)
  •  ① 庭のヒラドツツジ(平戸躑躅)が満開です。 子供時代には、ツツジの蜜を吸った経験があると思います。 ② よく見ると、ツツジの花弁の上向きのモノだけに斑模様(蜜標)があります。 紫外線をキャッチできる昆虫たちは、この蜜標(ここに蜜があるという標識:紫外線だと明瞭に見える)をめがけて吸蜜にきます。 ③ ツツジの花を分解してみると、この蜜標のある花弁の奥にだけトロ〜とした蜜があります。 ④ この話を [続きを読む]
  • 主導権は妻! アオスジアゲハ(青条揚羽)の交尾
  •  ① 庭のシバザクラでキアゲハ(黄揚羽蝶)が吸蜜をしていました。 ② また、アオスジアゲハ(青条揚羽)も吸蜜していました。 名前の由来となった翅の青い筋は、鱗粉がなく、鮮やかなパステルカラーに透き通っています。 ③ 庭で不自然に飛ぶアオスジアゲハ(青条揚羽)がいました。 庭木にとまったので、よく見ると交尾をしていました。 上にいるのがメスで、下にいるのがオスです。 ④ 止まる位置を変えながら、かな [続きを読む]
  • 中玉トマトとネギの植え替えです!
  •  ① 簡易温室で育てていた中玉トマトの苗を植え替えました。 全部で22株です。 ② 例年では苗屋さんで6株ほど買って植えていました。 しかし、今年は「リコピン(lycopene)が2倍含まれている」という表示に誘われて発芽させたモノをすべて植えました。 「リコピンには、β-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍もの抗酸化力があり、美しくなる、若々しさを保つ、カラダの調子を整える」という効果を信じて、毎日 沢山 [続きを読む]