試作人モデル倶楽部 さん プロフィール

  •  
試作人モデル倶楽部さん: モデル倶楽部の機械加工日記
ハンドル名試作人モデル倶楽部 さん
ブログタイトルモデル倶楽部の機械加工日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/modelclub404748
サイト紹介文一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 324日(平均3.9回/週) - 参加 2016/11/03 15:36

試作人モデル倶楽部 さんのブログ記事

  • 番外ネタ キハ55
  • ”こんなモノもやってます” でまずはご覧ください。小社では キハ55、25 の妻板(1000円本体)を発売済みで、必要な方には行き渡ったのか最近はめったに売れません。t0.5のしっかりした厚みです。エンドウさんのジャンパ栓受け(#5812)用の凹み0.35が特長で凸加減を抑えます。すぐ横のステップは差込部だけが厚く楽なハンダ付けができます。私物ではお面のジャンパ栓も凹ませる予定です。ハンダづけにこだわった排気口の原型 [続きを読む]
  • いきなり103系 その20 乗務員ドア
  • 乗務員ドアが正位置のキットが調達できたのでドアと手すりを当ててみます。ななめ45度。サイズがぴったりです。真横です。実車の手すり直径は25ミリ、スケールでは0.3径となりますが、妻面の手すり0.3径との比較で0.4径に見立てたt0.4としました。手すりの欠き取りを左右に広げるか、テーパーをつけるかそのままにするか、考えるところです。後方から。TMSさんで交直流電車用パーツの製品紹介をして頂きました。半ページ割いて頂き [続きを読む]
  • 補充製作 その11  165系エプロン
  • 機械加工が済み、抜きの寸止め具合もよく、スムーズにエプロン52枚の取り出し完了。アクリル治具にはめ込んで押さえ板をネジ止めして両サイドをくいっと折り曲げこんな具合です。エプロンは床板を越えて室内側で取り付けます。床板先端を狭めてください。荷造りしてヤマト(営)までチャリンコで持ち込みます。 [続きを読む]
  • 補充製作 その10  EF63
  • 本日2回目の更新です。165系エプロンと共にEF63エアフィルターのご注文を頂きましたので久しぶりに製作します。・・・途中カット・・・完成しました。全数はめ込みチェックします。こちらも良し。締めに合わせて明日発送しましょう。そろそろアクリル原版を作り直そうかと検討中です。次回製作分から価格改定(11,000円本体→未定)を予定しています。ところでカツミさんの EF80 はどんな仕様か楽しみです。 [続きを読む]
  • V12気筒フェラーリ 追加
  • 165系エプロンのご注文で在庫不足のため、また段付き妻板発売に備えて補充製作します。このあと短納期で工業部品を製作予定で、エプロンの数は欲張らずそこそこにしときます。プラモの在庫棚にもうひとつ V12気筒 フェラーリがありました。ほぼクラシックカーだな。フェラーリなどは絵画のように見て楽しむとして自分で買うなら打ち切り確定の FR V6 トヨタ マークX が第一希望なるも実際は軽かな。軽とハイブリッド、ミニバ [続きを読む]
  • V12気筒フェラーリ
  • 先日エコーモデルさんへのお届け帰り、ロマンスカーが偶然 VSE でした。シートクッション良し、静粛性良し、ですがデザインはおもちゃっぽい LSE がいいな。出発までの時間つぶしにヨドバシカメラ・ホビー館へ向かうと(以前はさくらやホビー館に行ってたものだ。)税込み4320円のフェラーリが2900円と32.8%引き!ポイントを使い税込み2000円ほどで家に連れて帰ります。儲からない客だな。24スケールでドアが別パーツとは興奮する [続きを読む]
  • 天気がよくてラーメンがうまい!
  • NC機の運転中に昼外食に出ます。好天でこのままふらっと出掛けたくなるところですが歩いて 古久家 に向かいます。ホントいい天気だ。”いつもの” で通じるわけなく ”ラーメンと餃子ください”と注文、蓮華で味わうスープに ”ううーーん、はー”と反応しました。餃子もいい味だな。たっぷり残ったスープがうれしいではないか。ごちそうさまでした。そのうち関西系ラーメンもリポートします。KSさんの103系用乗務員ドアにつ [続きを読む]
  • いきなり103系 その18 出入口保護棒
  • 下方変更あり。折りたたみステップの隣、乗務員ドア両脇の手すりも ”どーするかなー”と考えてきました。線材の折り曲げでは上下の角が丸まることもあってか最近はロスト表現も出現しました。153系実車図面では ”出入口保護棒” といい、長さは1200、484(490)、474(480)ミリ・・(6ミリ厚の取り付け部を含む)です。KS,フジモデルさんの手すり欠き取り寸法は電車とキハ58系は15ミリ、キハ40系では14.5ミリなので15、 14. [続きを読む]
  • 今度はDF50 その8 パーツ紹介
  • DF50私物については白線の洋白帯金をt0.2に変更し、側板の赤ラインを幅1、凹0.05 の溝彫りに落とし込むことで一直線を確保する予定です。(溝未加工)お面部の帯は自作予定。大きなラジエーターは実車も奥まっていますがパーツ外周に凹0.1の段付きで、はめ込みにこだわります。(未加工)仕事柄、目見当は極力避ける習慣でパチンと決まらないと気が済みません。黒の塗り分けがネックになりそうです。ラジエーター外周のプレスによ [続きを読む]
  • いきなり103系 その17 ステップ作り直し
  • 103系折りたたみステップ完成直後は満足感に浸るも、凸具合とサイズが次第に気になりはじめ多くのネット画像等を参考にした結果作り直すことにしました。灯台元暗しで 手持ち153系実車図面にありました。どのみち機械が動いて私が疲れるわけではない。超長時間かけて300個完成。極薄バリはキサゲ刷毛サッサでハラリと除去できます。ステップ厚みを t0.25→t0.2、差込ボスを凸0.25→0.3 に変更。左が新仕様。上3個が旧仕様、下3個 [続きを読む]
  • 今度はDF50 その7
  • 小社こだわりの 下向きアングル です。断面寸法は t0.6x4.3x3.6 でキットのウエイト幅25弱に合わせました。直線、直角、平面 をしっかり出しました。t0.4+0.6で裾の厚みはt1.0、見栄えがアップします。こちらはお面の継ぎ板でt0.5、赤い部分はt0.4弱と段付きにしました。キット所有者なら確認できますがイラストの通りです。絞られたお面サイドの板厚が薄いため、ただの平板継ぎ板では表に段差が生じるので”段付き継ぎ板”と [続きを読む]
  • いきなり103系 その16 ステップ配置
  • 103系加工の4倍原版を作り直しました。ステップ用のスリットと戸袋窓上のルーバー用の凹みを追加しました。78+252=330個近いステップが完成しました。専用のt3アクリル押さえ板を作り治具にセットして0.5径エンドミルでスリット加工します。とりあえず1両だけ加工終了。ほぼまっすぐに決まります。ステップ天面のピンカドのエッジで大きく見えますが、ハンダ付け後にキサゲ刷毛でダラすと落ち着くと思います。 [続きを読む]
  • 今度はDF50 その6
  • カツミさんのDF50乗務員ドアは輪郭をスジのプレスで表現されていましたので穴をあけ、右の台形窓穴もHゴム一体窓用に拡大します。はめ込みドア、t1切削水切り、窓ガラスのセット状態です。赤は白帯の凸で側板とツライチです。ドアの左右に洋白帯金(t0.15)をハンダ付けするので、ドア部の白帯だけ凹んだ状態になります。(キットはドア部の帯も同一面)水切りはわずかに前さがりにしました。乗務員ドアです。水切りの増設?部分は [続きを読む]
  • いきなり103系 その15 ステップ追加
  • 仕様が決定し、追加したステップ252個が足掛け二日で完成しました。一生分あります。戸袋拡大の原版にステップ裏、長円形ざぐりの溝を追加します。もったいないが原版のつくり直しです。戸袋拡大14両になりました。目指す編成は 低運、非冷、京浜東北7+3 と 山手10両 です。昔、大岡山にいた頃、目黒経由、大井町経由でよく乗りました。あと非冷6両(先頭2、中間4)を調達せねば。肝心の顔仕様はグルグル考え中です。 [続きを読む]
  • 今度はDF50 その5
  • カツミさんの DF50の顔、2種類です。右の貫通ドア窓にもガラスが入ってます。t1.5切削のテールライトは元のプレスを削除後にはめ込みます。ボルト表現は省略です。ハンダ付け後、キサゲ刷毛でエッジをダラす方がよいかも。後退角から直立するようハンダしろをテーパー加工しました。(左右作り分け)レンズは板材加工で球面仕上げです。(小社旋盤無し)お面裏に密着するよう、極細ボールエンドミルで長円形周囲をわずかに深く逃 [続きを読む]
  • いきなり103系 その14 ステップ完成
  • 折りたたみステップのつづきです。快削真鍮 t0.5のうち0.25をステップ厚み、残り0.25をボスとしました。試作で78個製作。拡大します。逆L字のスジ彫りでヒンジの輪郭が明確になりました。ボスは0.5弱X1.4弱長円形で取り付けの傾きを予防します。キット数が多いのでスムーズな工作のための ”急がばまわれ”です。 [続きを読む]
  • いきなり103系 その13
  • ナンバープレートと共に製作したいものがあります。103系、近郊、急行型電車、キハ40に必要な 折りたたみステップ です。さまざまなパーツやプラ車両のモールドを参考に、また裏に取り付けボスをつけられないか・・・極小パーツの両面加工にトライします。こちらは表面で0.2径エンドミルと自作先細カッター(逆L字のスジ彫り2箇所)で加工しました。ステップの裏を浮かせるかどうかは検討中です。今日はここまでです。 [続きを読む]
  • 今度はDF50 その4
  • DF50-500ナンバープレートを試作します。サイズをを揃えるため ”1”と、中の鋭角に隅Rが目立つ ”4”は使いません。0.2径エンドミルのカッターパスです。5枚で?時間かけて、とにかく刃物が折れないような加工条件で出来ました。t0.4洋白で文字深さは0.2、ベースも0.2残しました。車体に凹0.2ザグると文字だけが浮き上がるはずです。そのうちトライします。t0.6でベースt0.4残し(文字凸0.2)ならば、側板ザグりではなく角穴でツ [続きを読む]
  • 安定の古久家らーめん その4
  • 文末に追加しました。お客様からの特注エプロンを製作、治具で折り曲げるとカタチがおかしいのでバツ印は廃棄します。マル印の455系補充製作分だけモノになりました。作図修正します。451系非冷時代の切欠きが小さいエプロンのリクエストでしたが私物の製作予定がなく詳細不明のため、胴受けの逃がしまで加工済みとし、切欠きはお客様に委ねる妥協案でご了解頂きました。再製作スタート、食事に出ます。古久家らーめんはブログのア [続きを読む]
  • 今度はDF50 その3
  • DF50用パーツの在庫確認で ”DL085 DF50前面窓セット” が品切れなので補充製作します。一両分 2000円(本体)です。ぜひどうぞ。模型っぽいいい顔になります。右下の小窓4個もはめこみです。貫通ドア窓はHゴムの有無を選択します。熟成中の方でキットのスポンジ劣化でボディ内側にブツブツが付着していませんか?確認をおすすめします。上下の平らなスポンジは問題なく、ボディ、パーツが埋め込まれた打ち抜きのスポンジがボロ [続きを読む]
  • 今度はDF50 その2
  • DF50ネタで久しぶりにCADを開いてみました。お面の継ぎ板、水切り、乗務員ドア、下向きアングルなどの絵です。新しい試みで t0.4洋白の切削ナンバープレート(私物) を検討中です。凹0.2で文字周囲を彫り込んだブロックナンバーをボディに埋め込み、塗装後に文字を磨きだす方法です。0.2径エンドミルで隅Rが0.1ならば許容範囲かと考えます。快削真鍮では0.2径の加工は経験しましたがはたして洋白板で出来るか(刃物代がとても心 [続きを読む]
  • 今度はDF50
  • DF50はTMSさんによるカツミさんのキット組み立て記事(1995・1〜4)に触発され即購入しました。その後レイルロードさんのDF50写真集で車番を吟味するうちに ”これは増備だな”となり、雑誌広告で見つけた名古屋の模型店在庫を ”夜走り東海道ドライブ”(好きだね) で家に連れて帰りました。貫通ドアのHゴム有無で2両の作り分けが目的です。当初はプレスHゴムを生かす予定のところ、ムサシノモデルさんのDF50の顔にとても感動 [続きを読む]
  • いきなり103系 その12
  • 103系ネタに戻ります。自作の段付きドアをマイラーテープで仮止めしました。愛用のテープは経年で粘着剤残りがなくスーっとはがせます。一巻頂いたので品番等は改めて紹介します。ドア外周を0.07ミリねらいで段落としした はめこみ両開きドア です。わずかな段差で パチン とはまります。こちらは t0.6下向きアングルです。平板加工時にドア部分に罫書き(下)を済ませ、折り曲げ後バイスにはさみ彫刻機で凹0.4弱ドア部の逃が [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その32 モハ400
  • こちらはKSさんの クハ401低運編成 の モハ400高い低屋根車と自作屋根板です。(紛らわしい)自作ランボードの差込穴が分割線にかかるので穴の周囲を肉付けして、このあとボディを丸く逃がし加工する予定です。そこが済めば段付き妻板と共に箱に組めます。3連ルーバーも2両分8個製作済みです。別アングルで。赤印の外側は板厚断面を水平に削りルーバーがスマートにはまるように彫刻機加工のセッティング、治具の製作など結構頑 [続きを読む]