masa さん プロフィール

  •  
masaさん: お気楽忍者のブログ 弐の巻
ハンドル名masa さん
ブログタイトルお気楽忍者のブログ 弐の巻
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/okirakuninja
サイト紹介文ミニカー/お魚/園芸/行楽記のごった煮ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供572回 / 290日(平均13.8回/週) - 参加 2016/11/03 18:32

masa さんのブログ記事

  • トミカSUABRUコレクション スバル BRZ
  • 本日はミニカーのお話です。6月17日に発売されたトミカギフトセット『SUBARUコレクション』から、「スバル BRZ」をご紹介。発売からだいぶ遅れての紹介ですガンメタリック調の渋い色合いのバリエーションですね。レギュラー版では後期型BRZが登場してますが、このギフトセットのBRZは前期型となってます・・・。リアランプはシルバーに彩色されてますね。そのせいだからか後姿はちょっとボヤっとした印象になってるように思いま [続きを読む]
  • トミカリミテッド デ・トマソパンテーラGTS
  • 本日はミニカーのお話です。2003年に発売されたトミカリミテッドから、No.TL-0033 「デ・トマソパンテーラGTS」をご紹介。ベースはNo.F55-1 「デ・トマソパンテーラGTS」(1978年〜)。1970年の北米ニューヨークショーでデビューしたパンテーラのモデル化です。パンテーラはデ・トマソの3作目となるスーパーカーで、イタリア製ボディにアメリカ製大排気量エンジンを積んだ伊米合作のスーパーカーでした。GTSはそのハイパフォーマン [続きを読む]
  • 身近な生き物たち(10)塩辛じゃなくて塩屋
  • 本日は身近な生き物のお話です。シオヤトンボの雌シオカラトンボに似たシオヤトンボの雌だと思います。シオカラトンボの雌(ムギワラトンボ)に比べて黄色味が強く背面胸部も黄色いことから判断しました。北海道から本州、四国、九州と広く分布し、平地や市街地でも見られるシオカラトンボに比べて丘陵地、低山地などやや標高があるところに生息するようです。管理人の周囲ではよく地面や平たいところに止まるトンボが居て、これも [続きを読む]
  • カーズトミカ ピストンカップのレジェンド
  • 本日はミニカーのお話です。7月15日発売、カーズトミカNo.C-48 「スモーキー(スタンダードタイプ)」をご紹介。現在公開中の映画『カーズ/クロスロード』に登場するオンボロトラックのスモーキー。しかし、その正体はマックィーンの師であり伝説のレーサー ドック・ハドソンの全盛期を支えた元クルーチーフ兼メカニックでレース界のレジェンド。ハドソンの過去や彼の心の内を知るクルマとして登場します。この車にはモデルがあ [続きを読む]
  • トミカリミテッド セリカXX 2800GT
  • 本日はミニカーのお話です。2001年に発売されたトミカリミテッドから、No.TL-0009 「トヨタ セリカXX 2800GT」をご紹介。ベースはNo.33-4 「トヨタ セリカXX 2800GT」(1982-1986年)で、30年以上前の金型が使われてます。バリエーションはこれまでに15種ほどがあるようですね。1981年に登場した2代目セリカXXは先代のラグジュアリーカーからコンセプトを一新し、スポーティーモデルへ変更されました。4つ穴が開いた純正ホイールも [続きを読む]
  • めっちゃさわれる動物園に行ってきた(3)
  • 再び動物たちとふれあえるゾーンで動物たちと遊ぶ息子。過去記事<めっちゃさわれる動物園に行ってきた(2)>イヌ、ネコをはじめ、鳥類やヤギ、アルパカ、ヘビやイグアナなどの爬虫類に触れたりすることができる子供たちに人気の屋内動物園です。リニューアルしたピエリ守山の中でも一番の集客施設で、これがあるから奇跡の復活を遂げたという噂も。。。犬が放されてるコーナーで一休み。。管理人的には壁に書かれている、ここを [続きを読む]
  • トミカイベントモデル ハイラックス救急車
  • 本日はミニカーのお話です。2006年に登場したトミカイベントモデル★No.09 「トヨタ ハイラックス 救急車」をご紹介。ベースはNo.64-1 「トヨタ ハイラックス」(1973-1978年)で、当時は郵便車として登場しました。1968年に登場したトヨタの小型トラック 初代ハイラックスのモデル化でした。メッキ仕立てのフロントグリル、金属製バンパー、シャシーが時代を感じさせますね。小さなリアハッチの開閉ギミックも付いてます。荷台の [続きを読む]
  • 我が家の淡水魚 繊細な似鯉
  • 本日は淡水魚のお話です。我が家で飼育中のニゴイです。今年4月、琵琶湖流入河川で釣ったものです。このトボけた顔がお気に入り!ニゴイ(似鯉)はコイ科・カマツカ亜科に分類される魚の一種で、急流でない川や湖沼などに生息する日本固有の淡水魚です。日本では本州、四国、九州北部に分布し、本州西部と四国のものは近縁種のコウライニゴイとも言われてますが、これがどっちなのかは分かりません食性は雑食で、60cmほどまで成長 [続きを読む]
  • トミカリミテッド 日産セドリックワゴン
  • 本日はミニカーのお話です。トミカリミテッドは2001年から2013年まで発売されていたシリーズで、これまでのレギュラートミカの中から名車と言われるものをハイディテールディスプレイモデル化することをコンセプトとしていました。過去の金型が使われるから、駆け出しコレクターだった管理人には本当に魅力的なシリーズで毎月楽しみにしてました。今回は2007年に発売されたトミカリミテッドから、No.TL-0079 「日産セドリックワゴ [続きを読む]
  • 身近な生き物たち(9)腰赤燕
  • 本日は身近な生き物のお話です。電線に留まるコシアカツバメ。数日前にツバメを記事にしましたが、その写真のツバメもコシアカツバメでした(訂正します)。ツバメの大きな特徴である胸部の赤と黒のラインが無いので若鳥かなと思っていたら、コシアカツバメ(腰赤燕)という種類のツバメだそうです。日本では夏季に繁殖のため九州以北(主に本州中部以西)に飛来する夏鳥で、崖や民家の軒下、橋桁などに集団営巣するそうです。日本 [続きを読む]
  • TDPトミカ GT-R テストカー
  • 本日はミニカーのお話です。2014年に発売されたトミカトイズドリームプロジェクト<あこがれの名車セレクション4>から、「日産 GT-R テストカー」をご紹介。開発車の外観を隠すために、俗にブラックマスクと呼ばれる偽装を付けたGT-Rをモデルにしてて、かなりマニアックなバリエーションでした。トイズドリームプロジェクトトミカは時々面白いバリエーションが登場するので毎回楽しみなシリーズでしたね。真後ろから見るとマッ [続きを読む]
  • めっちゃさわれる動物園に行ってきた(2)
  • 滋賀県守山市の琵琶湖湖畔にある大型ショッピングモールのピエリ守山にある屋内型動物園『めっちゃさわれる動物園』に家族で行ってきました。動物たちとふれあうことができるゾーンで楽しんだ後はさらに施設の奥にある動物展示ゾーンに入ってみます。ここでも、人に危害を与える恐れのある動物以外は檻も無く、間近にその姿を見ることができるんですよ。オーストラリアに生息する鳥、ガマグチヨタカ。 なんじゃこの顔(笑)コタケ [続きを読む]
  • トミカイベントモデル 漆黒のクラウン覆面パト
  • 本日はミニカーのお話です。8月20日まで開催されている『トミカ博 in YOKOHAMA』、新しいイベントモデルも続々と登場しているようで、ミニカーブロガーの皆さんの記事を楽しく読ませてもらってます。管理人は年末の名古屋トミカ博までニューイベントモデル入手はお預けです。さて、今回は過去のトミカイベントモデルから、★★No.10 「トヨタ クラウン MS60(覆面パトカー仕様)」(2008年〜)をご紹介。ベースはNo.32-1 「トヨタ [続きを読む]
  • お盆・施餓鬼会
  • 8月13日、この日は早朝から妻の実家のお盆のお墓参り、午後はお寺で施餓鬼会の行事がありました。朝の時間帯は晴れてるものの非常に涼しくて快適、今までの猛暑が嘘のようです。昨夜は久しぶりにクーラー無しでも寝ることができました。これからはこんな感じで過ごしやすくなることを期待しちゃいます。サルスベリのピンクの花が青空に映えますね〜。お盆のお弁当も美味しくいただきました〜午後からは施餓鬼会の行事がありました [続きを読む]
  • 絶版トミカ ウィル サイファ 初回カラー
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから、No.88-XX 「トヨタ ウィル サイファ」の初回特別カラー版をご紹介。1999-2004年にかけて行われた異業種合同プロジェクトのWiLL。そのブランドでトヨタ自動車が2002年に発売したコンパクトハッチバックカーのモデル化です。トヨタのWiLLブランドカーとしては第3弾の車種でした。これまでトミカでは使われたことのなかったポップで深みのあるグリーンカラーが綺麗ですね。純正カラーの表 [続きを読む]
  • 身近な生き物たち(8)玉虫色の・・・
  • 本日は身近な生き物のお話です。近所のスーパーから帰ろうと思ったら、車のフロントガラスにタマムシが留まっていたから、写真撮影のためお持ち帰り(笑)タマムシ(玉虫、吉丁虫)はコウチュウ目タマムシ上科に属する昆虫の総称で、写真のタマムシ(ヤマトタマムシ)は金属光沢に似た美しい外見を持つことから古来より珍重されてきました。奈良法隆寺所蔵の国宝『玉虫厨子』にもキラキラ光るタマムシの翅が使われているのは有名で [続きを読む]
  • ジャンクトミカ 日野グランビューバス(日本製)
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから、No.1-3 日野グランビューバス(1986-2000年)の日本製ジャンク品をご紹介。このグランビューバスは3度のデザイン変更、日本製から中国製への変更もあって、発売期間中に4種のバリエーションが存在してます。このデザインで日本製のものは2代目にあたります。3輪が特徴で1階部分の前方のみに窓がある外観が特徴のグランビューバスを上手く再現してるトミカだと思います。グランビューバ [続きを読む]
  • 淡水魚採取 台風の影響でイマイチ・・・
  • 本日はお魚捕りのお話です。カジカガエル(河鹿蛙)下の大きいのが雌、上の小さいのが雄・・・お楽しみのところスミマセン (笑)山あいの河川上流部で少しだけガサしてきました。息子はシュノーケルを使って、小さな網でカニや魚を捕りたいんだとか。。。でも、やっぱり無理だったみたいです普通にタモ網でのガサに切り替えての結果はご覧の通り!アカザ、ヨシノボリ、サワガニしか捕れませんでしたが・・・。先週の台風5号の影 [続きを読む]
  • MARVELトミカ エリクシオン ゼータ
  • 本日はミニカーのお話です。7月20日に発売されたトミカ MARVEL T.U.N.E. シリーズからNo.Evo.4.0 「エリクシオン ゼータ アイアンマン」をご紹介!『T.U.N.E.』とは、Tune Up Next Evolutionの略だそうで、“MARVELの人気ヒーローたちの姿を車というカタチで進化させる” というこのトミカシリーズのコンセプトを表してます。アイアンマンのコスチュームを模した架空の車でかなりキワモノ感があったけど、手に取って眺めていると意 [続きを読む]
  • 身近な生き物たち(7)地上のツバメ
  • 本日は身近な生き物のお話です。珍しくツバメが地面の上を歩いてました。。。あまりにも暑いから水たまりの水でも飲みにきたんでしょうかね??飛んでいたり、電線に留まっていたり、巣に餌を運んでいる姿は5月頃からよく目にするけど地面を歩いてる姿はあんまり見ませんね。越冬地の台湾やフィリピン方面から、繁殖のため日本に渡ってくるツバメたち。その数は最近減っていると云われてます。東京都心ではここ2年連続でツバメの姿 [続きを読む]
  • イオン限定トミカ 初心者のマーチ
  • 本日はミニカーのお話です。2005年にイオン限定で発売されたトミカ イオン標識付シリーズから、「日産 マーチ」をご紹介。ベースはNo.35-4 「日産 マーチ」(2002-2008年)。外観がガラっと変わって女性にも爆発的にヒットした3代目マーチのモデル化でした。トミカでは40種以上のバリエーションが過去に登場しています。このトミカ、面白いのはパッケージの写真が後から眺めた構図になっていること。こんなパッケージのトミカは恐 [続きを読む]
  • 清流の天然プール
  • 8月11日、お盆休みに入りました。この日は昼過ぎから滋賀県甲賀市の山あいにある黒滝遊漁場を訪れました。例年、夏休みはここで子供会行事があったんだけど、今年はは違うイベントになってしまったから、家族でやって来ました。大人たちも盆休みに入って遠出してるためか、意外と空いててビックリ!車も問題なく近い駐車場に止めることができました。お昼時なのにBBQサイトもいくつか空きがありましたね〜。管理人たちは途中のコン [続きを読む]
  • ニューマジョレット ダッジ バイパーSRT
  • 本日はミニカーのお話です。今年3月に発売されたマジョレットのニューキャスト「ダッジ バイパー SRT」を入手しました。これで5車種目ゲットです!バイパーは、米クライスラーの一部門であるダッジとSRTのブランドとして発売されているアメリカンスポーツカー。おそらく2012年〜登場した3代目のモデル化だと思います。バイパーは2012〜2014年はSRTブランドとして発売されたものの、2014年からはダッジがSRTを吸収統合したため、 [続きを読む]
  • 天台宗櫟野寺 千燈祭
  • 毎日蒸し暑い日が続いてますね。。。8月9日、滋賀県甲賀市にある天台宗福生山 櫟野寺の千日まいり(千燈祭)に行ってきました。櫟野寺(いちいの観音)は桓武天皇の延暦11年に比叡山の開祖伝教大師様が根本中堂の用材を得るため甲賀の地を訪れた時、霊夢を感じてこの地の櫟の生樹に一刀三礼の下、仏像を彫刻安置されたことに始まります。石仏の前に置かれた蝋燭の灯が幻想的。本堂は生憎、来年の10月の本尊大開帳に向けて宝物庫の [続きを読む]