たそかれの散策 さん プロフィール

  •  
たそかれの散策さん: たそかれの散策
ハンドル名たそかれの散策 さん
ブログタイトルたそかれの散策
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bakkushougyou
サイト紹介文都会から田舎に移って4年経ち、周りの農地、寺、古代の雰囲気に興味を持つようになり、ランダムに書いてみ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 234日(平均7.4回/週) - 参加 2016/11/03 18:49

たそかれの散策 さんのブログ記事

  • 花の遺伝子 <組み換えペチュニア、廃棄を>を読んで
  • 170623 花の遺伝子 <組み換えペチュニア、廃棄を>を読んで私の毎日の小さな楽しみの一つが花の成長を見守ることです。と同時にその下の土壌生態系がいつか見事に形成されるといいなと思うのです。前の住所では、生ゴミコンポストを継続してやっていたので、当初はゴミや廃材が投棄されていて、とても生き物が生息できる状態ではない印象でした。それが数年もたたないうちに、土はふかふかになり、ちょっと掘れば大きなミミズ [続きを読む]
  • 高層ビルの危険 <ロンドン火災「釜山、上海と似る」>などを読んで
  • 170621 高層ビルの危険 <ロンドン火災「釜山、上海と似る」>などを読んで今朝は久しぶりの雨。とはいえ小糠雨程度でした。予想ではかなりの降雨量が各地で発生するような予報でしたが、当地はほんのおしめり程度でした。これでは田んぼや畑をもつ農家にはとても恵みの雨とはいえないでしょうね。わが家から見る近景はスギ・ヒノキ林、中景は谷底に広がる柿畑と棚田状のわずかな田んぼ、そして谷から上る丘陵部には低層の住 [続きを読む]
  • 技の美 <津本陽著『風流武辺』>を読みながら
  • 170620 技の美 <津本陽著『風流武辺』>を読みながら以前は目覚めが早くても草刈りを楽しんだいましたが、最近は床の上で読書三昧です。といっても一時間程度ですが。いま読んでいるのが見出しの津本陽著『風流武辺』です。大畑才蔵研究の先達で、いろいろ会話を交わしていて、私が津本陽が『南海の竜』とか吉宗を書いた歴史小説の中で、才蔵を見事に描いていることなどを話したり、いろいろ話題が展開している中で、この書の [続きを読む]
  • 医療の今を少し考える <疲弊する勤務医>などを読みながら
  • 170618 医療の今を少し考える <疲弊する勤務医>などを読みながら昨夜は疲れで早く寝たら、案の定、真夜中に小鳥の賑やかな音で目覚めました。野鳥もそのときの気分なのか、種類によって違うのか、真夜中に騒ぎ立て、少し明るくなると一時期静かになり、朝日が出てくるようになると次第に軽い鳴き声からどんどんと大きなさえずりになるということもありますが、なかなか一般化はできませんね。今朝は早暁の明るさの中、新聞 [続きを読む]
  • 他人の宿 <民泊 営業停止求め提訴 マンション組合・・>を読みながら
  • 170617 他人の宿 <民泊 営業停止求め提訴 マンション組合・・>を読みながら今朝も早暁前に目覚め、明るくなってからも昨日の疲れか床の中で何をするでもなく、やっと起き上がったときはもう6時近くになっていました。やはり一昨日の深夜に及ぶ談論奮発とまた一杯が体全体に休みを促しているのかもしれません。私は他人の家でゆったりと飲みながら談話するのが好きでした。日本ではあまりそういう機会がなく、ついつい居酒 [続きを読む]
  • 3D画像測量 <論語 有朋自遠方來。不亦樂乎。>を思い出しながら
  • 170616 3D画像測量 <論語 有朋自遠方來。不亦樂乎。>を思い出しながら昨夜は久しぶりに酒を一杯、また一杯でした。依頼人でもあり、友ともいえる来客が遠方から来て、深夜まで語り尽くしました。つい論語を思い出してしまいます。論語 学而第一 1子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。また、李白の七言絶句「山中幽人と對酌す」  兩人對酌山花開  兩人對酌すれば [続きを読む]
  • これからの林業 <NHKおはよう日本 日本の林業・・>を垣間見て
  • 170611 これからの林業 <NHKおはよう日本 日本の林業・・>を垣間見て今朝も明るくなった5時前に目が覚め、一時間ばかり「この国のすがたと歴史」を読みながら、ふと対談者の網野善彦氏と森浩一氏が1928年生のおないどしだったんだと気づきました。網野氏はだいぶ以前から歴史学者として知っていたのとかなり前に物故者となられていたこと、他方で、森浩一氏は私が当地にやってきて古墳から古代に関心を持つようになって知っ [続きを読む]
  • 竹と人の歴史景観 <NHK 世界里山紀行 中国・雲南 竹とともに生きる>を見て
  • 170610 竹と人の歴史景観 <NHK 世界里山紀行 中国・雲南 竹とともに生きる>を見て今朝は久しぶりにぐっすり寝入ったのか、目覚めると6時でした。ゆっくり起床前の読書もなく、花に水やりなど早朝の作業をてきぱきとやっていきました。今日は終日晴れるようですから、だんだん暑くなっていくのでしょうけど、わが家は南西側に下り斜面でしょうか、朝のうちは斜面側(裏手)には日が当たらないので、結構過ごしやすいです。 [続きを読む]
  • 川を考える <河川法改正20年目の挑戦 多自然川づくり、川が森になる>を読んで
  • 170609 川を考える <河川法改正20年目の挑戦 多自然川づくり、川が森になる>を読んで今朝は明るくなってから目覚めたように思うのですが、あるいは目覚めいても目を開けないでいたのかもしれません。ともかく明るくなったからと言ってようやく5時過ぎたばかりなので起きる気がしません。この明るさなら本を読めると、時折目を通す木下 晴一著「古代日本の河川灌漑」をぱらぱらとみながら一時間過ごしました。割合本格的な [続きを読む]