ミヤグスク さん プロフィール

  •  
ミヤグスクさん: マダグスク
ハンドル名ミヤグスク さん
ブログタイトルマダグスク
ブログURLhttp://ameblo.jp/snpiskkc/
サイト紹介文マダガスカルで語学留学とインターンをしております。交通事情から食べものまで様々な情報を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 79日(平均2.4回/週) - 参加 2016/11/03 19:14

ミヤグスク さんのブログ記事

  • 日本語教室
  • マナウォーナ トゥプコ。 前々回の剣道の記事で、Malaza Société GénéraleはCSRで剣道教室を開催しているとご紹介したと思います。実は、マラザにはもう一つ「日本語教室」というCSR活動の一環があります。 そしてその日本語教室の教師を勤めていたのが私なのでございます、ええ。 何度もブログに書こうと思い続けて、ついに授業最終回が終わっても書くことを忘れておりました。毎週水曜日に14時30分から17時 [続きを読む]
  • エピオルニスの卵ですって
  • みなさんは世界で2番目に重たい鳥をご存知ですか? ニュージーランドにいた世界最大の鳥類「ジャイアントモア」は聞いたことがあるかもしれません。すでに絶滅していますが、現存する最大の鳥であるダチョウをはるかに凌ぐ大きさで有名です。 しかし、実はこのジャイアントモア、重さでは世界で1番ではなかったのです。ここマダガスカル南部にかつて生息していた「エピオルニス」が世界最重量鳥類でした。 高 [続きを読む]
  • Malaza Academy : 剣道
  • マナウォーナ みなさん! 私がインターンをさせていただいているMalaza Société GénéraleにはCSRとしてMalaza Academy というものが存在します。社長がずっとやっている剣道の道場を開いており、僕もマダガスカルで剣道を始めました。 日本で竹刀はおろか木刀すら触ったこともなかったのですが、まさかマダガスカルで日本の武道へ触れることになるとは思いもしませんでした。 今回は僕の帰国前最後の剣 [続きを読む]
  • 大自然とはこういうことか ②
  • 年末年始旅行の記事第二弾は、イサロ国立公園でございます。Parc National d'Isalo ですね。 とっくに記事更新した気になっていましたが、途中まで書いて放置状態でした。ごめんなさい。 イサロ国立公園は前回の記事で紹介したAndringitraという場所からさらに車で5時間くらい走らせたところにあります。こちらは地球の歩き方にも載っている有名観光地ですが、現在は雨季なので観光はオフシーズンです。狙い目ではあり [続きを読む]
  • 大自然とはこういうことか
  • Tratry ny taona! どうも明けましておめでとうございます。年末年始はマダガスカルの南部方面への国内旅行をしており、ブログは更新できませんでした。電気と水道のない大自然の中めちゃくちゃ充実した時間を過ごしておりました。 今回も長くなりそうなので2回に分けて更新しようと思います。 Andringitra の 国立公園(一泊目:12月30日)ここが「Parc Natinal Andringitra」の管理をしている事務所なんですが国立公園 [続きを読む]
  • 繁殖力の高い日本のサブカルチャー
  • マダガスカルは、日本語学習者数がアフリカ一多く、日本に関するイベントも頻繁に開催されます。 前回11月にも「マンガマニア」というイベントがあって、僕も行ってみたのでブログで紹介させていただきましたが、現在また別のサブカルイベント「マンガ祭り(Manga Matsuri)」が開催中ですので行ってまいりました! オールジャパンここが今回のイベント「マンガ祭り」の会場です。ちょっとだけ違和感のあるトトロが出迎 [続きを読む]
  • クリスマス
  • Joyeux Noël! Nahatratra ny Krismasy daholo e! メリークリスマスです。みなさんはどのように過ごされましたか?マダガスカルは南半球にあるので今は夏真っ盛り、かなり暑くクリスマス日和でした。 24日のクリスマスイブから25日のクリスマス当日にかけてマダガスカルのクリスマスは盛り上がります。クリスマスは家族と一緒に過ごすもので、僕はホストファミリーと彼らの親戚一同とご一緒させていただきました。 [続きを読む]
  • タマタブ観光 ②:Parc Ivoloina
  • マナウォーナみなさん 前回のタマタブ旅行の続きです。タマタブ市内からタクシーをチャーターして30分程度で行ける「イヴルイナ動物公園」という公園があります。マダガスカル固有の動物や植物を見ることができて、なおかつガイドが付いてくる(付いてくる)ので様々な説明を聞くことができます。 このガイドの方と仲良くなることができれば、公園内の散策がかなり楽しくなるので積極的に話しかけるのをお勧めします。日 [続きを読む]
  • マダガスカル第二の都市 Tamatavo ①
  • どうもみんなさん!サラーマトゥプコッ! 時を遡ること8月10日、僕はマダガスカルの東海岸タマタブ(トアマシナ)にいました。マダガスカルで最初の国内旅行でした。どこでもいいので首都のタナから離れたくて旅行しようと思い立ち、地球の歩き方をパッと開いたページがタマタブだったという、ダーツの旅方式。 タマタブはマダガスカル第二の都市で、港町として栄えています。タマタブ自体に観光地はなく、フール [続きを読む]
  • マダガスカルの女王宮
  • 今日は久々にマダガスカルの観光地をご紹介です。 首都アンタナナリヴの丘に位置する「女王宮」です。僕の自宅から徒歩で20分くらいで着きます。3回行きました。 入り口の料金所には注意書きがあります。豚の持ち込みが禁止されています。いちお言っておきますが、マダガスカルでも豚を引き連れて歩いている人はいないですよ。女王宮かつてのマダガスカルを統一していた「メリナ王国」の女王宮が現在もアンタナナ [続きを読む]
  • さすがトロピカル:Manga Manga
  • マダガスカルといえば、アフリカ大陸の東側インド洋に浮かぶ南国の島というイメージが強いと思いますが、首都アンタナナリヴは標高が1300-1400mと高いため意外と冷んやり寒かったりします。 そんなマダガスカルも今は夏真っ只中で、マンゴー・ライチあたりのフルーツがとても美味しい旬な時期になってきました。 今日はマンゴーとライチの紹介です。 Lycheeライチって、なんとなく名前は聞いたことあるけど、どんな [続きを読む]
  • タクシーで休憩するおばちゃん
  • こんにちウォーナ。 今日の記事は「タクシーの中にいるおばさん達」についてです。僕が知っているのは首都の中心地Analakely(アナラケリー)にある南ア系大型スーパーマーケットSHOPRITE付近の、おばちゃんたちです。 通り過ぎるたびにVolamenaと言われるこのアナラケリー付近を歩いていると「ヴラメーナ、ヴラメーナ」と声をかけられるこがよくあります。自信をもって「ヴラメーナ!」と呼びかける人や、誰に対 [続きを読む]
  • LOOK'S ♯とは
  • こんにちウォーナ。 本日はマダガスカルの「食」についてご紹介します。 ただ、一般的なマダガスカル料理とは違います。 題名にもしていますがアンタナナリヴで有名な「ザ・地元飯」のような食べ物で、「Look's」と呼ばれております。フランス語圏であるマダガスカルにおいてなぜ英語なのかと思った方、僕もそれはわかりません。 このLook'sはアンタナナリヴのSuprême Centerという商業施設の近くにある「Loo [続きを読む]
  • フランコフォニー村へ侵入
  • こんにちウォーナ!前回か前々回の記事では、マダガスカルで仏語圏首脳会議ことフランコフォニーが開催されるとちょこっとだけお伝えいたしました。もちろん首脳会議ですから私たち外国人やマダガスカルの一般庶民は直接的に関係はありません。会議の内容もわからない。何してるのかもよくわからない。ただ一つ、「フランコフォニー村」という万博のパビリオン的なイベントが一般庶民たちへも開かれておりました。入場するのにはデ [続きを読む]
  • 庭にホウシャガメがいる風景
  • マナウォーナ! みなさんは、ホウシャガメという亀をご存知でしょうか。段ボール箱にすっぽり入りそうな大きさをした亀なんですけど、輸出が禁止されており日本で見るのはかなり難しいマダガスカルのカメです。 そんなホウシャガメですが、マダガスカルでは庭に黒い塊があると思うとカメだったり、猫に踏まれながら硬直していたりと見かける機会が実に多い。 触っても騒がないですしけっこうかわいかったりします。 [続きを読む]
  • 「熱いものを冷やす」のは日本だけ?!
  • マナウォーナみなさん。 今回は、日本ではあたりまえの「熱いものを冷やす」文化が世界的には稀なものだという、お話。 思い返せばこの8ヶ月間のマダガスカル生活で、アイスコーヒーを飲んだことがないことに気がつきました。アイスコーヒーのみならず、アイスティーも冷たいお茶も飲んでいません。 コーヒーや紅茶、中国茶はいつも熱々のホクホクで飲みます。家で作る時もそうでしたし、お店でも熱いコーヒーです [続きを読む]
  • カジノのある街アンタナナリヴ
  • カジノと聞けばマカオやラスベガスの街並みが思い出されますよね。きらびやかな夜の街には憧れさえある、一回行ってみたい。 そんな僕ですが、ついこないだうっかり初カジノを体験してしまいました。しかもここアンタナナリヴでです! マダガスカルには約6万人の中国人がいます。もちろん彼らが経営する中華料理屋やホテルなどもたくさんあり首都にはいわゆる中華街のような場所もあります。 今回は、レストランで [続きを読む]
  • アメリカ大統領選の贅沢な見方
  • 2016年11月9日。歴史的瞬間でしたね。第45回アメリカ合衆国大統領選挙が行われました。世界中が注目していたこの選挙、ここマダガスカルも例外ではありません。多くの注目を集めました。 僕がインターンをしているマラザソシエテジェネラルはマダガスカルのアメリカ商工会議所に所属しおります。この日は米国商工会議所が主催する「Breakfast Meeting」なるものに参加して参りました。今回の目的は、「大統領選挙をみんなで見 [続きを読む]
  • マダガスカルの桜「ジャカランダ」
  • 10月になり夕方の雨が気になりだした頃からアンタナナリヴの街にはジャカランダという花が咲きます。 街の中心である独立大通り沿いには多くのジャカランダが並び、人工湖であり戦後の記念碑も建つアヌシ湖をジャカランダが囲みます。 他にも街のいたるところでジャカランダの鮮やかな紫が目立つようになってきますが、まるで日本の桜のようなのであります。首都アンタナナリヴで生活を始めて8ヶ月目に突入しますが、 [続きを読む]
  • 日本サブカルチャーイベント:マンガマニア
  • 今週の火曜日から木曜日の3日間、アンタナナリヴで「Manga Mania」という日本の文化を紹介するイベントが開催されました。僕のインターン先であるマラザソシエテジェネラルが開催している剣道教室からもデモンストレーションで参加しました。 名前的に日本主体のイベントであるのは間違いないのですがK-POPとインドネシア料理も出店・出演していました。 こういうチケット剣道デモマラザ・アカデミーの剣道教室からマダ [続きを読む]
  • 量で攻めてみたレストラン
  • 今回はインターン先の社長さんに連れて行ってもらった大盛りレストランをご紹介いたします。 マジュンガ料理のお店まず最初はお店の情報から。La Maréeというレストランで、La Cityという大型ショッピングモールの近くにあります。詳しい場所がどうしても知りたければ、オフィスに連絡ください。。。 マダガスカル料理ではあるんですが、マダガスカルの中でも「マジュンガ」という地域の料理を提供してくれるレストラン [続きを読む]
  • 市民の足:タクシーべ
  • マダガスカルの首都アンタナナリボ市内には「タクシーべ」と呼ばれるバスが走っています。 タクシーに乗るのも自家用車を買うのも高いので、たいていのマダガスカル人の移動手段はタクシーべです。値段は基本400アリアリで近い場所までだと300アリアリで行けます。※最近は一部500アリアリに値上がりしました。 今日はそんなタクシーべの紹介をしたいと思います。 タクシーべの種類日本の都市部では電車の路線がた [続きを読む]
  • 世界チャンピオンに会った件
  • マナウォーナみなさん。 歴代インターン生の中でもブログの更新頻度が極めて低いことに定評があるミヤグスクです。これからは改善していきますよ〜。 今日は表題どおり、ある競技の世界チャンピオンに会ってきましたので自慢記事です。 キッkボーッkシンその競技とはずばり「キックボクシング」です。マダガスカルでの競技人口がどれほど多いかはわかりませんが、 僕の個人的な調査によるとキックボクシ [続きを読む]
  • 日帰りで日本祭
  • こんにちは、ミヤグスクです。 先日、首都アンタナナリボからタクシーブルースで約170km離れた都市「アンチラベ」へ行ってきました。日帰りで。JICAとJOCVの方が主催する「JAPAN DAY」にお邪魔しました! アフリカ最大のあまり知られていないと思いますが、実はここマダガスカル日本語学習者数がアフリカで最も多いほど日本大好きなんです! 以前までは東アフリカの大国ケニアが1位だったようですがついに今年マダ [続きを読む]
  • ドレスコードのある結婚式
  • マナウォーナ トゥプコ!(こんにちは的な意味です) マダガスカルに来て既に半年以上が立っているため、ブログに書く内容の時系列が狂ってますが、時空の歪みくらい許してください。 今回は8月の後半に行われた友人の結婚式をご紹介します。 ※注意ただし、アフリカといっても僕が暮らしているのは首都なので「民族衣装を着て、音楽で有名なマンデ系やヨルバ族のような人たちが来て、式が一週間も続く」みたいな [続きを読む]