bashi さん プロフィール

  •  
bashiさん: のんびり気ままに安曇野暮らし
ハンドル名bashi さん
ブログタイトルのんびり気ままに安曇野暮らし
ブログURLhttp://bashi0726.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文安曇野の自然・風景・文化・人々と触れあいながら、毎日をゆったりと暮らしています。
自由文2016年4月に高知から安曇野に移住してきました。北アルプスの山々を眺めながら、毎日を楽しんでいます。趣味の山登りをしながら安曇野の生活を満喫したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 257日(平均2.6回/週) - 参加 2016/11/03 19:23

bashi さんのブログ記事

  • コマクサとの出会いを求めて〜硫黄岳〜
  • 少雨の梅雨、1週間以上も前から天気予報をチェックしながら、今年2度目の山小屋泊の山行へ。(7月13日〜14日) コマクサをはじめ高山植物の開花を迎えた硫黄岳(八ヶ岳)を目指しました。しかし、今回も天候に恵まれず、1日目は強風とガス(霧)。2日目の朝には御来光を見ることは出来ましたが、その後、天候は下り坂となり下山中はずっと雨に打たれてしまいました。硫黄岳山頂(標高2760?)。他に登山者もなく独占状態でしたが、強風 [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その19〜
  • 7月に入って1日と4日には雨になりましたが、それ以外の日は安曇野には雨が降りません。安曇野より北の白馬村や小谷村、それに上高地などでは、月初の大雨による被害もありました。この数日は最高気温は30度超え。昨日に至っては35.2度(穗高アメダス)の猛暑日を記録しました。暑い高知から安曇野に移って来たのに、夏の暑さは変わりません。午前中、いつもの光城山に登ってみました。1ケ月前までは雪が残っていた常念岳もすっか [続きを読む]
  • あんずジャム
  • 4月初旬に淡紅の花を咲かせていたあんずがウメに似た実を付け、6月中旬から収穫期を迎えています。もう商品として店頭にも並んでいますが、今日はあんずのジャムづくりのために、4月にあんずの花見に来た千曲市森を再び訪れました。(と言っても、私はただの運転手ですが・・・)こんな感じで撓わに実っています。もう殆ど収穫は終わりに入った感じでした。「あんず狩り」の観光用に残してあるのでしょうか? 平日ですが県外ナンバー [続きを読む]
  • 田中陽希がやって来た。
  • 7月2日(日)に市民大学講座・特別編が開催されました。講師は田中陽希さん。本職はアドベンチャーレーサーですが、2014年に南の屋久島、北の利尻島までの日本百名山を人力のみで繋ぎあわせる前人未到の「日本百名山ひと筆書き」を209日で達成し、TV放映の影響もあって一躍有名になりました。翌2015年には北は宗谷岬、南は佐多岬まで新たな100座を同じく人力のみで繋ぎあわせる「日本2百名山ひと筆書き」を222日で達成していま [続きを読む]
  • 信州の花〜あじさい〜
  • 今日で2017年も半分が終わります。梅雨入りはしたものの安曇野では一向に雨が降りません。全国的にも異常気象?なので仕方ないですかね。6月7日に梅雨入りしてから穂高アメダスで降雨を記録したのは、たった4日です。かといって天気予報は晴れマークを示していないので、山行の計画も立てることが出来ません。この天候不順で春先から続いている花の開花時期も、ずっと2週間遅れが続いているようです。昨日(29日)、松本市寿小赤に [続きを読む]
  • 信州の花〜ハナショウブ〜
  • ブログの更新が一週間おきになってしました。今朝はスマホの緊急地震速報にしっかり反応して跳び起きました。震度2の安曇野市でしたが、どういう訳か我がアパートでは全く揺れを感じませんでした。狭い地域内でも地盤などで揺れに差があるのでしょうか?。ところが、横浜市や愛知県(春日井)でも結構揺れたみたいで、県外からの問い合わせが相次ぎました。先週は水曜日にやっと梅雨らしく?雨になりましたが、それ以外の日は好天が [続きを読む]
  • 信州の花〜レンゲツツジ〜
  • 一向に雨の気配の無く、晴マークの天気予報が続いていたので、先週の金曜・土曜と東信地方(東御市・小諸市)へ出掛けていました。もちろん、目的は山行です。高速道路を利用すれば安曇野から1時間余の移動ですので、日帰りという方法もありましたが、向こうで一泊して2日連続での登山を計画しました。金曜日に登った湯ノ丸山・烏帽子岳の登山口である湯ノ丸高原にはレンゲツツジの大群落があります。湯ノ丸高原のツツジ平では、60 [続きを読む]
  • 鷹狩山から望む北アルプス
  • 6月7日に長野県も梅雨入りしました。梅雨入りはしたものの昨日(10日)少し降っただけで、晴天つづきで一向に梅雨の気配はしません。そんな空模様の下、安曇野市では先週(4日)に第3回信州安曇野ハーフマラソン、この土日は「安曇野玉ねぎ祭り」に「あやめまつり」と、イベントが続いています。あまりの青空に誘われて、間近に北アルプスを展望しようと大町市・鷹狩山まで出掛けてみました。大町市でも先週から「北アルプス国際芸 [続きを読む]
  • 第60回慎太郎祭、針ノ木大雪渓を行く。
  • 6月に入り夏山シーズンを迎え、4日(日)長野県下では開山祭が各地で催されてました。大町市の針ノ木岳慎太郎祭は今年で60回目です。祭典(神事)の後に行われる針ノ木大雪渓を登って針ノ木峠までの記念登山?に参加するために出掛けました。※針ノ木岳慎太郎祭 「山を想えば人恋し、人を想えば山恋し」 大町に生まれ、北アルプスの登山文化を切り開いた百瀬慎太郎の一言です。日本で初めて登山案内人組合を発足し、その後も登山者の [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その18〜
  • 今朝はちょっと早く目覚めてしまい、快晴の空に誘われて少し肌寒いなかを近所の公園まで朝の散歩に出掛けました。今日は最高20.9度・最低6.9度(穂高アメダス)と穏やかな一日でした。その公園から青空に映える常念岳を写してみました。(6月3日 安曇野市豊科にて)その後、当初は予定をしていなかった光城山へ。まだ先日の燕岳登山の疲れと筋肉痛が残っていましたが、頑張って登ってみました。今日は天気の条件が良かったので、光城 [続きを読む]
  • 燕岳〜十数年ぶりに北アルプス3大急登へ〜
  • 5月30日〜31日と1泊2日で北アルプスの燕岳(つばくろだけ・2763?)へ。健脚な方々は日帰りで登っている山ですが、体力面も考慮し時間はタップリあるので山頂近くの燕山荘に一泊するのんびり登山です。花崗岩でできた独特の山体で、山頂には石の標識が埋め込まれています。夏には高山植物の女王と言われるコマクサの群生が見られます。長年の風雨によって花崗岩が削りとられ、自然の造形美を形作っています。2つの空洞(メガネ岩) [続きを読む]
  • 豊科近代美術館のバラ
  • 久しぶりのブログ更新となってしまいました。5月は天候にも恵まれて、それなりにあちこちに出掛けていましたが、なかなかブログの記事にすることが出来ませんでした。朝夕は肌寒さを感じますが、今日も最高気温は28.8度(穂高アメダス)まで上がりました。この週末も土曜日から3日続きの好天となり、週末のたびに安曇野市やその周辺でイベントが催されています。5月27日から6月4日まで豊科近代美術館の庭園では「バラ祭り」が開 [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その17〜
  • 安曇野は昨日、今日と雲一つない五月晴れが続きました。山では新緑が一段と濃くなり、里では田植えが最盛期を終え、市街地を離れると一面に緑が広がっています。今日20日は最高気温が29.8度(穂高アメダス)まで上がり、暑い一日となりました。松川村観光協会が企画した「雨引山トレッキング」に参加するために朝早くから出掛けましたが、途中で朝の常念岳を急いで一枚写してみました。北アルプスの雪解けも徐々に進んでいます。もう [続きを読む]
  • レブンアツモリソウ
  • 昨日(13日)、北海道の礼文島にしか自生していないラン科の希少種「レブンアツモリソウ(礼文敦盛草)」が塩尻市洗馬の資料館で展示されるの事を新聞記事で見つけ、雨のなかを出掛けてみることにしました。山すその小さな資料館でしたが、滅多に出会えない花を観るために訪問者が続いていました。4輪の花が咲いていましたが、写真には上手くおさまりませんでした。※アツモリソウ 北海道から本州にかけて分布。寒冷地を好み、北に行 [続きを読む]
  • 残雪と水芭蕉の奥裾花自然園にて
  • 長野市鬼無里(きなさ)の奥にある奥裾花の秘境へ。奥裾花自然園は北の山を一つ越えれば、そこは新潟県というところに位置しています。ここには水芭蕉の群生が密生し、その数はなんと81万本とか!!!。水芭蕉といえばの「夏の思い出」の歌詞からも尾瀬を連想しますが、尾瀬を上回る規模で本州第一を誇っています。去年は5月初旬の土砂崩れによる林道の通行止めで早々に閉園となり、水芭蕉はお預けとなっていました。今年は残雪が多く [続きを読む]
  • 信州の花〜花桃〜
  • 2日の戸倉山(駒ヶ根市)からの下山後、ちょっと寄り道をして花桃(ハナモモ)を観てきました。安曇野でも多くの家庭で庭木として植えられており、安曇野の春を彩っています。駒ヶ根市中沢の「花桃の里」は食事処「すみよしや」の御主人が数年かけてハナモモの木を植え、今では800本余りの花桃がお店周辺を埋め尽くしています。紅白ピンクと3色の花が咲き誇り、ヤマブキの黄色も混じり合って、華やかさな景観を創りだしています。※ [続きを読む]
  • 信州の花〜りんご〜
  • ゴールデンウィークも今日で終わり。1日と昨日(6日)に少し雨がありましたが、行楽日和の天候が続きました。その影響も受けて桜の開花の後を追うように、花々が一気に咲き誇り安曇野を彩り、春の華やかな風景を創り出しています。チューリップ・スイセン・シバザクラ・菜の花・花桃・・・。そして、道路沿いにはハナミズキの白やピンクの花・・・。今日は安曇野市三郷へりんごの花を求めて・・・。四国(高知)でも山間部の一部で栽培してい [続きを読む]
  • 第38回塩の道まつりin白馬村
  • 5月3日から5日の3連休に小谷村(3日)・白馬村(4日)・大町市(5日)で塩の道まつりが開催されます。今年で38回目。昨年は大町市コースに参加したので、今年は白馬村のコースに挑戦。今日は最高気温は25度を超え、暑いなかでのウオーキングとなりました。白馬クロスカントリー競技場をスタートして、白馬グリーンスポーツ広場まで9.5?を歩いて、「春の息吹と、いにしえの情景」を体感する催しです。塩の道・千国街道(ちくに)は [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その16〜
  • ゴールデンウィークも後半に入りましたが、安曇野には観光客が押し寄せています。今日5月3日は憲法記念日。朝早く目が覚めたことと、11時頃から長野市の憲法集会に出発する関係もあって、7時過ぎに道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」に行ってみました。こんな時間に動き出せるのも春を迎えたからです。今、道の駅の隣りには満開の菜の花畑が広がっています。常念岳をバックにした撮影ポイントとして、多くの方がカメラを構え [続きを読む]
  • 戸倉山〜五月晴れの空にアルプスの絶景を堪能〜
  • 昨年の5月2日は、安曇野に移って来て初めての山行で光城山に登りましたが、久しぶりの山行という事もあって悪戦苦闘で息も切れ切れでした。あれから1年、今日は南信にある戸倉山(1681?)に登りました。駒ヶ根市と伊那市の境界にそびえ、伊那方面からの三角錐状の姿から別名「伊那富士」と呼ばれている山です。この1年で60回以上の山行を重ねてきたので、身体も鍛えられたのか、1年前に比べて楽に?登ることが出来ました。戸 [続きを読む]
  • 信州の花〜桃〜
  • 4月も終わりだというのに今朝の安曇野は1.1度(穂高アメダス)まで冷え込み、霜が下りたそうです。それでも日中はポカポカ陽気となり、半袖姿の人も見かけました。この26日で安曇野に移ってきて1年を迎えました。新しい土地で生活を始めたので、時間の流れを長く感じた一年でした。去年は桜の開花が早くて、もうこの時期には桜の跡形もない風景でした。今日は午後から安曇野ちひろ公園(松川村)を散策しながら、ピンク色に染まった [続きを読む]
  • 信州の花〜福寿草〜
  • 3月中旬に安曇野の東に位置する松本市四賀で「福寿草まつり」が開催されていましたが、急遽の帰省(高知)となったため、四賀の福寿草を目にすることが出来ませんでした。しかし、標高差や気候の違いがある長野県。白馬村の「姫川源流自然探勝園」では4月になって、やっと雪解けが始まり、福寿草の花も開き始めました。姫川源流自然探勝園を訪れた19日は、あいにくの雨模様でしたが、黄色い花を咲かせていました。ここ姫川の福寿草 [続きを読む]
  • 信州の花〜カタクリ〜
  • 先週の木曜日(13日)に桜を求めて梓川流域をドライブしました。安曇野市三郷に隣接する「梓川ふるさと公園(松本市)」に立ち寄ったところ、時期が早くて桜の花は咲いてませんでした。広い公園の中にあった自然散策路でカタクリの群生に出会うことが出来ました。四国でも見ることは出来ますが稀少種ですので、前もっての情報も無く訪れた公園で、これほどの群生に出会えたのはラッキーでした。 ※カタクリ(片栗) 雪解け後 [続きを読む]
  • 桜、満開の安曇野。じてんしゃ広場にて。
  • 日曜日以降20度超えの天候が続き、今日は最高気温が25.5度(穂高アメダス)と「夏日」を記録しました。この日を待ちわびていたかのように安曇野の至るところで満開の桜となっています。昨夜の雨も上がり、快晴の空に北アルプスが一望できる朝を迎えました。午前中はいつもの光城山に登りましたが、常念岳と横通岳の稜線の間から槍ヶ岳の穂先をを見ることが出来ました。条件が揃わないと見ることの出来ない光景です。光城山を下りてか [続きを読む]
  • 信州の花〜桜・さくら・サクラ〜
  • 今日は最高気温も23.6度を記録し、安曇野もようやく桜の見頃を迎えました。この土曜・日曜は気温も上がり、一気に桜の開花がすすみました。明日から雨模様の天気予報ですが、まだツボミのところもあり、今週末まで安曇野の至るところで桜・さくら・サクラを楽しめそうな感じです。 豊科南穂高の「田淵行雄記念館」にある百楽桜は満開でした。この桜は樹齢約350年といわれる白馬村の貞麟寺境内にあるエドヒガン紅枝垂れの種子から [続きを読む]