まこと@海外新卒就職3年目 さん プロフィール

  •  
まこと@海外新卒就職3年目さん: ベトナムに新卒海外就職して働く人のブログ
ハンドル名まこと@海外新卒就職3年目 さん
ブログタイトルベトナムに新卒海外就職して働く人のブログ
ブログURLhttp://zhenren0603.strikingly.com/
サイト紹介文新卒海外就職を果たし、ベトナム在住2年半の26歳。海外に身を置き、感じたことを発信
自由文なぜ新卒で海外就職をしたのか?
「後悔しない人生を送る」ために思ったら即行動を心掛けただけ。

新卒海外就職はリスク?
確かに見方によってはリスクですし、正直新卒でくるのはあまりオススメしておりません。日本での働き方がわからないまま来ると顧客に舐められることもあります。しかし、やりたいことが明確で、背負うものが少ないタイミングであれば飛び込む価値はありでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 128日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/04 03:55

まこと@海外新卒就職3年目 さんのブログ記事

  • 虚構の世界
  • サングラス越しに世界を見た常に空がオレンジ色に染まるいつからかそれがデフォルトとなる実際見える世界と異なるはずが、却ってそれを本物の世界と感じる虚構の世界であることをいつのまにか忘れてしまう腕時計を見ると18時45分。1月下旬になると、既に夕日は沈み、本当の空は赤と青が入り混じった、実に幻想的な紫の世界を創り出すサングラスを外すと、そこには空一面の星が輝いているこれは虚構の世界ではなく、まさしく現実世 [続きを読む]
  • 語学力を身につける際に見落とすべきではないポイントとは??
  • 前回の記事では、見落とすべきではないポイントで「発音」を取り上げましたが、今回はまた別の切り口で一緒に考えていきたいと思います。ずばり、今回のポイントは「モチベーション」です。モチベーションと聞くと、スポーツや仕事でよく耳にする言葉かと思いますが、語学も然り、モチベーションは非常に重要なファクターです。実は大学2年生の時のゼミは「第二言語習得理論」であり、そこでの大きなテーマは学習者のモチベーショ [続きを読む]
  • 仮説思考という名の思い込み
  • 仮説思考と聞くと、響きが良くて、幾分賢くなった気がします。私が学生時代に、よく「仮説思考」「仮説思考」と必要性に迫られました。というのも、社会に出ると「答え」が存在しないため、わからないなりにも仮説を立てて行動をしていかなければならないからです。ビジネスでよく使われるPDCAも同じく仮説思考の一つとも言えます。一方、仮説思考ではなく、「思い込み」と聞くとあまり良い印象はないのではないでしょうか?私自身 [続きを読む]
  • 語学力を身につける際に見落とすべきではないポイントとは??
  • 今回のポイントは「発音」です。発音を疎かにする人は長期的にみて、語学力は決して伸びません。見せかけの幸せそうな夫婦が一瞬で離婚するようなくらい悲しいことです(意味わからんな)。実際、発音の学習は最も退屈かつ苦痛の要素であり、最も重要な要素でもあります。というのも、どんな長い外国語のパラグラフやセンテンスであったとしても、細分化した要素は子音と母音であり、それぞれに付与された発音がわからないと聞き取 [続きを読む]
  • 大学卒業後3年間で得られたもの失ったもの
  • 人生何事もトレードオフ。このルールに逆らった場合、どこかで歯車が狂い始めるか、そもそもno dealとなるこの世の中。安く値切ったら値切った分、受給できるサービスレベルが低下するのと同じく、何かを得るためには何かを失わなければならない。ご存知の通り、私は新卒で約3年間ベトナムにて勤務をしていた。様々な葛藤とも闘いながら自分の道を自ら選び、歩んできた。この生き方が決して賢い道だとは言えない。かといって、一 [続きを読む]
  • 今すぐチケットを購入せよ!東南アジアの旅の魅力TOP10?(前編)
  • 私の学生時代、中国留学したのはご存知かもしれませんが、当時訪れた国は、中国、韓国、そして台湾の3か国のみでした。東南アジアには実は一度も行ったことがありませんでしたが。そんな私がひょんなことでベトナムで働くことになり、それまでの自己の歴史は新たに塗り替えられることになりました。ベトナムにいる間、実にベトナムを含めて12カ国訪れました。この場では多いか少ないかの議論はさておき、学生時代とは比にならない [続きを読む]
  • 日本就職希望の外国人採用時に日本の会社が陥るジレンマ
  • 日本勤務が始まり、とうとう1ヶ月が経過。思うように自分のインプットが追いつかない、いやむしろ、インプットを蔑ろにしていたので、成長速度が伸び悩む日々。遊ぶのも大事だけど、一気に詰め込む期間を確保しようと思います。現在、オフィスには中国・韓国・ベトナム・アメリカ・ロシア・日本と様々な国籍の方が在籍しており、日本の企業に外国人を紹介しておりますが、上記以外の国籍の方々も多数登録されています。例えば、ス [続きを読む]
  • ベトナムで10キロ太った男が解説!なぜ10キロも太るのか?
  • 最近日本で毎日極力5キロくらい歩いているマコトです。雨降られると歩けないので、晴れが続く最近の天気大好きです。帰国時には着れなかったシャツが徐々に余裕を持って着れるようになってきたので、少しばかり、心の余裕が生まれました。結果的に、今回のテーマを勇気を出して執筆することになりました。それでは早速ですが、太る要因を内的要因と外的要因に分けてお届けいたします!内的要因①考え方がユルくなり、明日やろうは [続きを読む]
  • 悲しき日本人のイマ〜1歩離れて見てみたい日本人〜
  • 3年ぶりに日本に帰り、東京に住み1ヶ月が経過しました。もはや渋谷は俺の庭、と言っていいくらい、毎日渋谷にいます。渋谷駅から一駅分を歩いているだけなんだけどね。109でブラブラもラブラブもしておりません。前置きはさておき、日々感じる悲しい日本人の姿を今の時点の私の意見をこちらに綴れれば思っています。技術革新に伴い、世の中便利になってきています。正直ストレスフリーに生きようと思えば生きられるだけの生活イン [続きを読む]
  • 帰国してから気づいた日本の良いところ(東京編)
  • このシリーズは一旦今回のテーマで終了予定。初日編、関西編と続き、最後は「東京編」です。生まれてこのかた、ずっと関西、中国(China)そしてベトナムにしか住んだことがないので、初めての上京ということになります。今まで就活や学生団体の活動で東京には頻繁にきておりましたが、たまにくるのと住んでからでは感じ方が異なります。もしかしたら今はまだ良いところしか見えていないだけかもしれませんが、あくまでこの新鮮な [続きを読む]
  • 帰国してから気づいた日本の良いところ(関西編)
  • 前回の記事は帰国日初日に感じた日本の良いところでしたが参考になりましたか?記事にしてはあまり読み応えのないもので申し訳ございませんが、どうしてもこの新鮮な気持ちが衰えない内にシェアしておきたいわけです。今回は「関西編」に突入です。ご存知の通り、わたしの生まれも育ちも関西。京都が実家にあるので、初めの1週間ほどは京都におりました。よく周りからは「まことは滋賀や」って言われますが、そもそもMakoto is Shi [続きを読む]
  • 帰国してから気づいた日本の良いところ(初日編)
  • 超少子高齢化、大学問題、集団いじめ、サイバー犯罪。「日本は暗い話ばかりだ。昔の方が良かった」と年配の方々はよく口にするみたいですね。事実に基づかない発言はただの主観であり、鵜呑みにするのは情報弱者の末路。笑前置きはさておき、犯罪数は過去と比べても圧倒的に減少しているので、暗い話ばかりではないですし、むしろ日本の良いところはたくさんあります。良いところを列挙するとキリがないので、一旦、帰国日初日に感 [続きを読む]
  • 日本に帰国する前に感じていた日本のイメージとその後
  • 前回の記事でお伝えしたように既に日本に帰国しています。そのためブログのタイトルを変えた方が良いとは思いつつも、考えあぐねているところ。何か良いアイデアがあれば是非教えてください。笑さて、今回のテーマは「日本に帰国する前に感じてた日本のイメージ」です!初の日本勤務や初の東京生活をするにあたって、好奇心と同時に不安感を持っていたのは事実・・・もはや自分にとって「日本=海外」、「日本人=外国人」のような [続きを読む]
  • ベトナムから緊急帰国!まさかの日本生活リスタート!
  • 暫く投稿しておらず失礼しました!実は12月の半ばに日本帰国が決定し、2月初めに日本に帰国し、その前後でバタバタしておりました。自分の中で一番ありえないと思っていた「日本勤務」をすることを選びましたが、意外と悪くない選択肢だと思っております。また住居については、渋谷近くのシェアハウスのリバ邸というところで楽しくワイワイ生活をしています。リバ邸の記事http://liverty-house.com/2017/02/%E3%83%99%E3%83%88%E3% [続きを読む]
  • Google翻訳の機能が大幅にアップ!したらしい。
  • 今回気になるニュースを見掛けたので、これから起こりうる未来について考えて見たいと思ったのがきっかけです。というのも、Google翻訳の精度が向上したからです。普段からあまりGoogle翻訳を多用していないため、before と afterでどのくらい差が生じているのかはまだ実感がないため、下記文章を引用致しました。参考元:Google翻訳が進化!? 精度が向上したと話題に上記以外にもFBで見かけるコメントなどを見ていると、「英語→ [続きを読む]
  • 日本とは大違い?東南アジアの長距離バスの実態を暴く
  • 12月初めに会社の同じチームの人たちとインセンティブツアーの一環でカンボジアのプノンペンへ二泊二日の弾丸旅行を敢行してきました。予算の関係上、今回空路を使わず全て陸路で移動することになりました。東南アジアの複数国を陸路で移動したことがありますが、バス移動はなかなかロマンがあります。しかし、日本の夜行バスに慣れている人からすると異様な光景を目の当たりすることになります。そもそも日本の夜行バスの乗客員は [続きを読む]
  • 海外に行く息子を木の上に立って見ているだけの存在?親って偉大って思った話
  • 柄にもなく親のことを書いてみることに2016年11月18日から20日の3日間、母親が我が故郷京都からはるばる異国の地ベトナムホーチミンへ足を運んでくれた。実は今回で3度目の来越。毎回呼んでいるのだが。年齢は既に55歳くらいの母親は見た目まだ40歳くらいの元気なおばちゃんだ。日本にいるときに迷惑をかけていながら、海外に来ても迷惑を掛けているなんて、親と子供の関係は実に特殊。小学校の時に「親」という漢字を習う時に、「 [続きを読む]
  • ベトナムで日本語を第一外国語に?その必要性を今一度問う
  • 最近ベトナムブームが日本で巻き起こっているようですね。その流れに乗ってか、2016年10月31日に「未来世紀ジパング」で現代のベトナムが取り上げられました。内容にして約60分。ベトナム在住者にとっては「知ってる〜」と思うような内容ではありましたが、ベトナムに住まれていない方にとっては目から鱗な情報がたくさん転がっています。その中で一部「ついに日本語が第1外国語に」というテーマでベトナムの日本語教育が取り上げ [続きを読む]