いんふぇるのん さん プロフィール

  •  
いんふぇるのんさん: 謎好きにゃんこの妄想
ハンドル名いんふぇるのん さん
ブログタイトル謎好きにゃんこの妄想
ブログURLhttp://nazo-zuki.hatenablog.jp/
サイト紹介文ブログ超初心者が、浅〜い知識と独断と偏見で綴る妄想話です。猫好きですが猫登場ブログではありません。
自由文謎というフレーズを聞いただけでワクワク。猫とアガサ・クリスティと陰謀論が大好きなエセ歴女です。時事問題からあの動物の本音まで、この世は妄想ネタに溢れているニャ??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 259日(平均1.7回/週) - 参加 2016/11/04 10:14

いんふぇるのん さんのブログ記事

  • ちょっぴりマニアックに 知る人ぞ知る海外スター 女優篇
  • 最近はそうでもないのですが、昔はそこそこの映画マニアでした。リアルタイムで観たもの、ビデオなどで借りて観まくった古いもの、ジャンルも、過激なバイオレンスが売りのもの以外は幅広く観てきたと思います。いろいろ観てきた中で「何でこの人、こんなに人気があるの?」と不思議に思うスターがいます。トム・クルーズとかトム・クルーズとか、トム・クルーズとか。逆に「何でこんな素敵な俳優さんが、世の中にあまり知られてな [続きを読む]
  • 正邪を裁くものー毒薬に魅せられたアガサ・クリスティ
  • 大戦中、看護婦として働いた経験から薬に対する知識を得たクリスティ。特に毒薬に魅せられたみたいで、詩まで書いています。とは言っても、クリスティに物騒な志向があったとは言えません。ほとんどの作品で殺人を扱っている推理小説ですが、推理小説を書いているから、或いは推理小説が好きだから、殺人願望があるとは言えないのと同じです。では、クリスティは毒薬のどこに魅せられたのか?単純に、色つきの半透明のガラス容器に [続きを読む]
  • 天才とバカは紙一重 「深イイ」話と「う〜ん」な話も紙一重
  • 昨今の過剰、異常なキムタク叩き。何をやっても誉めちぎられる男から、何をやっても叩かれる男へ、華麗(?)な転身。SMAP解散騒動をきっかけに堕ちた偶像になってしまってますが、キムタク自身が変わったんでしょうか?私の目には、変わったのは世間の見る目、のように思えるんですが。前にも書きましたけど、キムタクが何をやっても誉めちぎってた頃の風潮以上に、何をやっても叩きまくる今の風潮、気持ち悪っ!紳助さんがいなくな [続きを読む]
  • 平将門、崇徳天皇に対抗できる怨霊 いるのかニャ?
  • 前に日本史上最恐の怨霊は誰だ?選手権というネタをアップしたのですが、エントリーが平将門、崇徳天皇の二人だけというお粗末な事に。見切り発車的にタイトルつけると後で困る事になりますね・・・。反省。あれから二人に対抗できそうな怨霊を探してるんですけど、なかなか見つからなくて。アノお二人が強力過ぎて。日本三大怨霊のもう一人、菅原道真については独断と偏見で外しました。私の中では完全に「学問の神様」で定着して [続きを読む]
  • へそ曲がり全開ニャ!キムタク袋叩きへの疑問
  • 芸能界、メディア業界の人たちの手首、いったいどういう構造になってるんでしょうね?掌グルングルン返りまくってるじゃないですか。カンヌ映画祭のレッドカーペットに登場したキムタクが、着物姿で歩きにくそうにしていた共演者の杉咲花をエスコートするどころか、気遣いも振り返りもせず先にスタスタ階段を上がっていった、とかで大炎上しているそうな。確かに、多少は言われてもしょうがない振る舞いかもしれないけど。でも、炎 [続きを読む]
  • 宮崎駿 引退撤回は「石田純一同盟」がらみ?
  • 才能が枯れてきて行き詰まり、引退を決意。でも、正直に言うのはプライドが傷つくので勇退を装う。引き留められたり、惜しまれたりして嬉しい。大きなニュースになって華々しく引退。嬉しい。しばらくすると、華やかなりし頃のチヤホヤが恋しくなり、ちょろちょろと動いてみるが、ほとんど話題にならない。大いに不満。さらに忘れ去られる恐怖が追い討ちをかけて居てもたってもいられない。石田純一同盟に入る。(石田純一同盟に入 [続きを読む]
  • 夏を先取り!幽霊ネタ 第2段 日本史上最恐の怨霊は誰だ?選手権
  • 怨霊と聞いて、多くの人が真っ先に思い出すのはやはり平将門でしょう。平将門関東の豪族だった平将門は朝廷に対して反乱を起こし、関東に自らが天皇として君臨する国を打ち立てようと目論んだ、とされています。これが、いわゆる平将門の乱。その反乱は制圧され、将門は晒し首にされる。但し、将門やこの乱については、いろいろな評価があるそうで、一概に将門を分不相応の野心を抱いて自滅した反乱者、と見るのは不適当だ、という [続きを読む]
  • 夏はまだだけど。実は幽霊の方も生きている人間が怖い?
  • 時期外れというか、時期遅れのフィギュアネタの後に、時期尚早の幽霊ネタです。ヤフーニュースで事故物件住みます芸人の体験したヤバい話という記事があって、幽霊より生きている人間の方が怖い、っていうコメント欄の書き込みから、何年か前に聞いた説を思い出しました。「私達は幽霊を見たくない!出会いたくない!と思っているけど、実は幽霊の方も同じ。」これ、最初に聞いた時、なかなか新鮮でした。生きている人間は肉体と魂 [続きを読む]
  • 朝鮮半島有事はあるのかニャ? その2
  • 北朝鮮問題、その後どうなったのでしょうか?トランプ大統領の発言が少しトーンダウンしている事から、有事の可能性の度合いも少しばかり下がったような気もしています。でも、この先の事はまだまだわかりません。(前回書いたことと大体同じ内容なのですが、言葉足らずだったりした所を補足して書いてみました。よろしければおつきあい下さい。)「北朝鮮が今のままの体制、瀬戸際外交を変えない限り、半島有事は時間の問題」これは [続きを読む]
  • 朝鮮半島有事はあるのかニャ?
  • 大使が韓国に帰任しました。政府は帰任の理由を幾つか挙げています。ネットを中心に「邦人保護の為」という所に主に食いついて、半島有事がまことしやかに語られていますが。本当のところはどうなんでしょうね?半島有事の可能性、もちろんあると思います。トランプ発言によって更に高まってきたと思います。でも、殊更「半島有事あるよ」感を出しているのが、大使帰任は半島有事想定という方向に国民の目を向けさせようとしている [続きを読む]
  • 日本人の悪いクセ 第2段 言葉遊びの巻
  • なんか日本って問題が起こったり批判されたりした時に、根本的解決をさておいていつも「落とし所」とやらを探しにかかる悪いクセがあるような気がします。捕鯨を批判されると調査捕鯨という名目にすり替える。世界遺産登録の際に韓国が要求した文言「forced laver 」を回避するのに「forced to work 」という言葉をひねり出す。何だか言葉遊びをしているような。「調査捕鯨」?どういう経緯で、どういう主旨で調査捕鯨になったのか [続きを読む]