mizu さん プロフィール

  •  
mizuさん: 日々記録していく
ハンドル名mizu さん
ブログタイトル日々記録していく
ブログURLhttp://kirokunomi.blogspot.jp/
サイト紹介文40代半ばを過ぎたおひとりさまの日常です。ぐだぐだと更新中。
自由文気が散りやすく、よくあちらこちらと興味の対象が移ります。続いているのはブログと2005年から本格的に始めた金魚飼育です。最近ピアノを習い始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 175日(平均4.2回/週) - 参加 2016/11/04 14:10

mizu さんのブログ記事

  • 場違いなところへ身を置く違和感、わかる〜 夏目漱石「明暗」
  • 未完の名作「明暗」未完の作品は、その続きを渇望しつつも叶わない思いが悶々とするので、あまり読まないようにしているのだが、やはり手を出しましたよ。私にはお延さんの気持ちが、痛いほどわかる〜。まだ読了してませんので、レビューは書きませんが。。自分に似つかわしくない立場、もの、場所‥。己を理解すればするほど、袋小路にはいる苦しさ。21世紀だったら、もっといろんな道を選べたであろうに、この時代の女性は、ホン [続きを読む]
  • 一人事務…。飛び込み営業の人、スマン。
  • たまに飛び込み営業の方が突撃訪問してきますが、スマン。何の決定権もない、こちらに延々と営業トークかまされても何もできんのよ…。いろんな人がやってくるんだよね…。コピーやFAXの複合機器メーカーの営業の人、お弁当屋さんの営業の人、会議するなら、我がビジネスホテルを使用しませんか?と言ってくるホテル支配人、トラックをまるごと我が社のものに代えませんか?と言ってくる車メーカーの人、給油や、車検や、日々の車 [続きを読む]
  • ブログを続けるコツ。それは『他人様のブログを参考にしない』
  • 何年かおきにやってくる『ブログ、もうやめよっかなー。』病。かつてこうやって、衝動的にいくつかのブログを闇に葬りました(笑)いやね、やめてもいいんですよ。誰に頼まれたわけでもないし、一般人のぼやき、つぶやき、日常などだーれも興味がないことなんですよ。なんでブログ書いてんの?と問われたら、それは『何か文字を書いていたいから』『脳内に浮かぶアレコレを整理したい』からと答えるかなぁ。たまたま今の時代の手段 [続きを読む]
  • メダカ産卵の季節!また産婆作業の始まりだよ〜!
  • どうやら、全てオスだったようで(笑)上のモジャモジャはホテイアホイの根っこです。 ちょっとだけボトルアクアを愉しもうかな〜と思い、昨年産まれたチビメダカタンクから見栄えのよさそうなのをピックアップし、海苔のビンに移したのですが、毎日毎日ケンカが絶えず…(笑)広ーいタライからこんな狭いところに連れてこられたのがイヤだろうなぁ、という結論に達し、結局ボトルアクアは2週間程度しかやりませんでした。もとも [続きを読む]
  • パソコン、スマホのこと
  • データ通信用SIM運用だが、スマホを持つようになって9ヶ月くらいだろうか。イマドキのコミュニケーションツールとしては、猫も杓子も「LINE」というせいかどうかはわからんが、疎遠がちな人々と、またコミュニケーションを取り出した。不思議だ‥。そもそも、ショートメールでも、従来のキャリアメールでも、はたまた電話でもよさそうなものなのに、LINEのほうがレスポンスが早かったりするのよね。これ、SNSの類だから、みんなお [続きを読む]
  • 70年代歌謡曲〜バラとナイフと沢田研二と三島由紀夫〜
  • アハハ、ぐちゃぐちゃなタイトルですね。リアルタイムでみたのが、小学校の時。当時はなんだかよくわからないままでした(あたりまえか(笑))この曲がTVでお披露目された翌日、周りの大人が顔をしかめたようで、登校した際に【沢田研二のアレ、あの新しい歌、あんまりよくないんだって】【親が見ちゃいけないって言ってた】とかいう会話が飛び交ったのですが、誰一人それが≪何故なのか?≫理解していませんでしたねぇ。そりゃそ [続きを読む]
  • 作曲家本人の録音。(ドビュッシー月の光)
  • ちょっとジャンルが異なる?ので例に出してもいいか迷いますが、たとえば【坂本龍一氏本人が弾く“Merry Christmas, Mr. Lawrence”】を、現代私達は普通に聴くことができますし、それをことさら【スゲー!!】とか【超、超貴重!!】といった感想はまだ出てこないと思います。それはまだ坂本氏が存命の作曲家なので、彼の作品を彼自身が弾くのは至極当然のことだからです。ただ時は確実に流れていくものですから、いずれは【リア [続きを読む]
  • リヒテルが弾くドビュッシー〜西風の見たもの〜
  • (【西風の見たもの】は、この動画の23:00くらいから始まります。)陳腐な言葉で恐縮ですが、【スゲー!!!】の一言です。何の言葉も出ない。私、恥ずかしながらドビュッシーといえば【月の光】や【アラベスク】のような、透明感ある曲しか知りませんでした。ですからこちらを拝聴してビックリしました。ドビュッシーはこんな前衛的な曲も書いているのですね。そして『西風の見たもの』を聴いたのが、この【リヒテルが弾く】もの [続きを読む]
  • 自分の成長に、我ながら泣ける(笑)
  • 過去記事を見て苦笑しました。↓↓電子ピアノが欲しい…。(2014年の記事です)元来、飽きっぽい性格です。何かに着手しても、大体できるようになったら、すぐにホッポラカシ。【大体できるようになった】の次の段階、その向こうにあるものを、これまで掴み取ったことはありませんでした。【知ったかぶり・わかったような気分】で、記憶力だけはどうにか良かったおかげで、他人様の前に出て恥をかいたことはこれまでありませんでし [続きを読む]
  • レッスンでした
  • このあいだから、ひとつ突き抜けた感じがあり、自宅練習でも手応えを感じられるようになっています。そのせいか、先生から「音がすごくよくなりました」と、褒められました!腕と手首に関しては、「これ!」という確信ができたせいか、長時間の練習が全く苦にならなくなり、そのせいで、ほんの少しですが以前よりレベルアップしたのかもしれません。バイエルは60番まできました。いきなり短調の物悲しいフレーズで、ちょっとだけ違和 [続きを読む]
  • 中高年の雇用で思う。
  • 最近若干仕事環境がゴタゴタと不穏な空気が流れていまして。よくある“会社の分裂”“事業承継”がらみのウワサがチラホラきこえてくるんですよね。…。いろいろなところで働いてきたけど、いわゆる『ワンマン社長』のお膝元では、こういった問題はあまり浮上しません。社長の鶴の一声で全てが決定されますからね。社長に心底心酔し、ずっとついていける場合は、あまり自分の頭を使う必要も少なく、ただ目の前のことをこなして無事 [続きを読む]
  • ガラケーとおさらばの予定(笑)
  • 15年間お世話になったdocomoと、そろそろ決別のときが近づいて参りました〜。何が特にどうってこともないのですが、単純に、二台持ちが面倒になってきたのと、母も機種変更のタイミングでガラケーからスマホにしようかな、ということになり、私と同じく格安スマホがいいとのことで、それならばキャリア携帯を保有しておく意味がなくなってきた為です。段階を踏んで、やらねばならないことがそれなりにありますので、また後日まとめ [続きを読む]
  • ブログ運営迷走中(笑)
  • こそこそ模様替えしています。運営についていろいろ考え中。リニューアルするか、別ブログにするか悩む。。しばし休止ですな、こりゃ。 [続きを読む]
  • 〜根っこのほうにある音楽〜Loudness
  • 最近ではすっかりクラシック漬けですが、若い頃はロックばかり聴いていました。一番最初はRCサクセションでしたが、後になって考えるとRCはロック、というよりはどちらかというともともとはフォーク(それもハード系)がベースにあり、後年黒人音楽(ジャズ、ソウルミュージックなど)のエッセンスが融合されたものですよね。その本当の良さを、まだ中学生くらいでは完全には理解していなかったと思います。83年くらいになると、わ [続きを読む]
  • レッスンに向けて、練習の日々。
  • アラベスクの中盤の左手が流れてしまう…。鍵盤をしっかり捕えられずはっきりとした音にならない。。やっぱりなんか苦手だなぁこの曲。小学生でもバリバリ弾いてるのに情けなや(笑)次回のレッスンでたぶん合格だろうと希望的観測をしてみる。。あまりこの曲好きではないのでさっさと終わらせたいのだ。次の【牧歌】これは自宅練習でさらっと弾けた!!この曲は好みなんですよね。でもおそろしいのは次の【小さなつどい】…。私の [続きを読む]
  • ピアノレッスン5回目
  • 前回のレッスン終了後、ガシガシ(笑)と予習・復習をしたおかげか??バイエルの50番〜53番と、『冬景色』『とうだいもり』まで一気に進みました。次回は54番からです。ブルグミュラーの『アラベスク』あと少し、かな?実は最近スランプなのです。スランプというほど、これまで弾けたわけでもありませんが(笑)最近何の曲を弾いても、音のツブが揃わなくなってきました。指が転ぶっていうか、ハキハキと弾かなければいけない箇所 [続きを読む]
  • 棒針編み、手持ち糸に合わせて計算する
  • 自分のサイズで製図書けばいいんだろうけど、ついついメンドウで(笑)市販やインターネットの編み図を見て編むことがほとんどになりました。その際、『手持ち糸のゲージに合わせて計算をする』といったことが必要になりますよね。これもメンドウですが、おろそかにするとサイズが合わないものができあがってしまうことになり、結局毛糸を活かしきれずムダになります。今は便利なアプリが出回っているので、そういったものを利用す [続きを読む]
  • 小さい会社の事務員さんへ〜電話クレームはこわくない、頑張ろう!〜
  • 久しぶりに仕事のことについて書きます。えらそうなタイトルですが、誰しもが苦手とするのはクレーム対応ではないだろうかと思います。新人だろうが、社会人生活が長い人であろうが、経験値の多少はあるにせよ本音で言えばこれは変わらないと思うのです。そして私が【小さい会社の事務員さんへ】とタイトルをつけたのは、業務フローが細かくあり、事例集なども充実している大企業と比較すると、小さい会社の場合は【その場で瞬時に [続きを読む]
  • ピアノレッスン4回目
  • ブルグミュラーの“アラベスク”に入りました。この曲、正直いってあまり好きではありません。小学生の時、ピアノを習っている子たちが昼休みや放課後に、こぞって音楽室で弾いており、あの頃イヤというほど聴いたせい?(笑)あの頃もみんな【ホラ〜。やっと弾けるようになった…。】【いいな〜、私まだぜんぜんなんだよね】などと言いながら、何度も何度も弾いていました。それだけ皆、中盤の手の動きに苦戦していたようです。そ [続きを読む]
  • ライ麦畑でつかまえて、っていうタイトル。
  • 読めば読むほど、『ライ麦畑でつかまえて』ではないよね。野崎孝さんの訳は大好きだし、この絶妙な和訳のタイトルでなければ、はたしてこれだけ多くの日本人が手にとったかもわからないし、リズム感もよいのだけれど。主人公は【僕はライ麦畑で(子供たちが)落っこちないように捕まえる人】でありたい、と思っているんですよね。どっちかというと【受け止める側】としてのニュアンスというか。悪ぶっていても繊細。たくさん傷つい [続きを読む]
  • かぎ針編み、棒針編みとも独学だけど楽しいです。
  • いまだ手を出したことのないのはアフガン編み、魔法の1本針ですが、かぎ針編みと棒針編みはヴォーグ社から発行されている本で覚えました。25、6年前のことです。かぎ針編みの基礎、棒針編みの基礎、それとサイズ調整と製図関連の本のこの三冊を主に使用しました。その当時はまだインターネットがないので、針の動きはあの図解で覚えなければなりませんでしたが、じっと図面を凝視して研究した思い出があります(笑)それから通信 [続きを読む]