黒猫一家 さん プロフィール

  •  
黒猫一家さん: ポーランドで黒猫一家
ハンドル名黒猫一家 さん
ブログタイトルポーランドで黒猫一家
ブログURLhttp://pagancat.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポーランドのシェルターから黒猫を引き取りました。地道にエコ生活&薬草活用に挑戦中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 324日(平均3.7回/週) - 参加 2016/11/04 18:51

黒猫一家 さんのブログ記事

  • 大将、いや対象(的)な二人
  •  ボラをしていると、いろんな人と出会います。ここ1ヶ月で『んまぁ!』という大将的な、なおかつ対象的な二人をご紹介します。笑よい意味の『んまぁ!』大将はアガちゃん。若いお母さんで、乳幼児を抱えてるのにボラに参加。猫おもちゃや餌も自腹切って寄付し、休みの日に都合がつけばボラ掃除や荷物運びを手伝う彼女。周りに気を使い、「ありがとう」「すいません」がスッとでてきて母やほかのボラさんをねぎらってくれる彼女。 [続きを読む]
  • 割り込みはみんなの迷惑です
  •  火曜日は役所の「外国人課」?に出かけていた黒猫一家の母。 ただいまポーランド、すごい数のウクライナ人が外国人課になだれ込んでおりましてそもそも書類提出の予約を取れないという状態がここ1〜2年続いておりました。さすがにこれだと手続きを全くできない人が続出する?のがわかったのか、ある時期から予約がなくても朝予約カードを取れば当日に予約が取れるようになったのですが、この場合は日本の病院のようにいったい何 [続きを読む]
  • そこのけ そこのけ 猫救急車 走る 
  •  日曜日の夜遅く、ボラ仲間から連絡が入った母。このボラさんは乳幼児を抱えているので、平日はボラ活動ができないけど週末になると1日御主人に子供を預けてシェルターにやってきます。(エラすぎだわ、、、) で、彼女から黒猫坊主たちの様子がおかしいとコメントが。さらに、ボラ長からほかの様子のおかしい猫も手分けして病院に運ぶけど黒猫坊主たちを運べるかという連絡が入りました。 ということで月曜日は朝からシェルタ [続きを読む]
  • 中世のパン作りに挑戦
  • いや、タイトルの中世はおおげさかしら。でもイースト菌を使わない、ポーランドでは伝統的なサワードウ(パン種)でパンを焼こうと思いついたのは夏の初め。エコ・ショップでよく売られているのですが、どうせなら焼きたてが食べたいということで自分で焼こうと思っていたのよね。そして今は秋の初め。計画自体もよく発酵したので重い腰(重いのは腰だけじゃぁない)をようやくあげてみました。苦笑だって、このパンの種を作るのに [続きを読む]
  • 見かけが命です
  •  先日、何かの記事で「人は見かけと声でほぼ90%相手を判断する」と読みました。 ふむ、そうね、そうでしょうね。私だって、そうですもの。 たとえば・・・道の向こうから髪のない人が歩いてくる。 ジャケットやスーツなどを着ていたら「ふつうにハゲなんだな」という判断で私の行動に変化はなし。 でも、その人がフーディや極右スローガンを書いたようなシャツを着ていたら道変えますよ。殴られたらいやだもん。 あるときフ [続きを読む]
  • 秘密の話、聞かせていただきます。
  •  ナデナデし隊ボラさん当番が週2回ある黒猫一家の母。ネコさんをなでる以外に、掃除や新たなボラさんに簡単な仕事の流れを見せることもあります。(ま〜新人の私がやることなので、大雑把でございますがね) ここでネコさんとのふれあい以外にも、人間とのふれあいもかなりあります。場所の管理をしてくれている夫婦は二人暮らしなのでやっぱり話し相手がいると楽しい?らしく、母が仕事を始める前にかならず「ま、ちょっと座っ [続きを読む]
  • 敗者、悔しくないけどイヤなんです
  •  夏休みの間、一度も山登りをしなかった黒猫一家。 ありえない。 例年は自分たちの楽しみもあるけど犬が喜ぶから?山に頻繁にでかけていたのですが、この夏は12年ぶりに犬のいない夏休みでしたのでズルズルと計画を延ばし、とうとう本日出かけてきました。 子供たちに行きたいかと聞いたら、受験生の娘には「そんな時間はない」と一蹴され、息子は数学の試験が控えているとかでこちらも拒否。ということで父母で出かけてまいり [続きを読む]
  • ハードコアなエコ買い物風景
  •  先日の新聞の記事で、買い物するのに瓶やプラスチック容器をもって出かけ、品物をそのままダイレクトに入れてもらうというのを読みましたの。 ふむ。確かにすぐ捨てるビニール袋、エコじゃないわ。すぐだめになってゴミ箱行きだし、お肉が入っていたビニールは結局廃棄になるし。 ということで、昨日の恒例お肉屋さんデーは自前のプラスチック容器と防水加工されているかばんを持って出かけてみました。(小心者なので「ダメと [続きを読む]
  • もう、出て行ってください。
  •  気温が下がり、雨も頻繁に降っている黒猫一家地帯。そんな日でも近所のお友達は毎日ご機嫌伺い?にやってきます。「あら、こんにちは」と猫に声をかける私。はたから見たら相当危ない人。そしてそんなご挨拶を「どうぞお入りください」と理解するお友達は、あっという間に我が家に入り込み、階段を駆け上り座り込みを始めます。自宅のようなリラックスさで上ってるし・・・。で、余裕の座り込み。うわ、、、これ人間だったらタチ [続きを読む]
  • 人間の学校 & 猫の学校
  •  本日(9月4日)から新年度が始まった我が家の子供たち。なぜ1日から始まらないんだという疑問は、1日が金曜日だから、というのが回答で『人生なめてんのか!』とちゃぶ台をひっくり返したくなるような学年度2017年〜2018年が幕開けしました。 制服がない代わりに、始業式などは正装が求められます。昨日一生懸命アイロンがけや靴磨きをしていた子供たちは、朝からさっさといなくなりました。 2ヵ月半ぶりよ・・・朝から二 [続きを読む]
  • 外国人の自覚と根性 (別名おばちゃん化)
  •  先日は、10年ぶりの外国人居住カードの更新で隣の大都市?まで出かけてきました黒猫母。役所も10年たてば変わるもんだ。(当たりまえ) かなりちゃきちゃきと手続きがこなされて、、、、といっても、母の予約時間は11時だったのですが席に呼ばれたのは11時半。まぁ、10年前は1時間ぐらい列に立って並んでいた気もするから、座って待てるようになったのは進歩だわ。しかし、うわさ通りウクライナ人が多かった!外国人部署で手続 [続きを読む]
  • 黒猫ぼうず、入園する
  •  人の手に慣らすために、2匹の黒猫ぼうずたちを一時預かりしておりました黒猫一家。昨日の会議で、今月に計8匹の引取りがあって、シェルターに空きが出たので黒猫ぼうずたちが入園?することになりました。 ということで、本日おいしいものを食べさせて、最後に遊んでお見送り、、、と思ったのですが、まぁ、親の心、子知らずというのでしょうか。黒猫父は最期に再びサックリとやられておりました。最期の置き土産っていうんです [続きを読む]
  • ネコボラの毎日
  •  昨日は「(映画)ケディを観て 〜野良猫との共生を考える〜」的な講義に出かけてきました。テーマが野良猫保護関係ですので、いつもの「家猫との生活」的な講義内容時に比べて人が少なかったのですが、それでも講義の後のディスカッションはなかなか活発でございました。猫行動専門家のゴーシャさん。彼女もボラをしております。 野良猫の捕まえ方、手術後の一時滞在時の折のケージの置き方、野良のえさやそのやり方など黒猫母 [続きを読む]
  • 黒猫ぼうず達の大暴れ
  •  週2回のナデナデ・ボラの他に現在我が家に2匹の黒猫ぼうずを一時預かりしているのですが、、、これがまたすごい。いつでもどこでも一緒の黒猫ぼうず達 シュレディとディミィ。 私、いままで接点のあった猫というのが幅はあれども皆「私をナデてもいいわよ〜」というタイプばかりでしたの。 ところがですね、引渡しのとき既にこのぼうず達、「結構ノラ血筋よ」と念を押されていたのですが、ノラ血筋がここまですごいとは思わな [続きを読む]
  • エコなトマトは無色の水
  •  黒猫祖父(このネーミング初登場)は、家庭菜園が好きな方でその血を継いだ黒猫父も庭でいろいろと作るのが好きなんですな。 我が家の庭で採れるのは、りんご、ぶどう、ベリー系、そして今の旬はトマト。最近は毎朝、朝食前に庭に出て赤くなっているトマトをもぎ取っていただいております。1日2〜3個、赤くなってくれれば充分です。 昔、黒猫祖父が「トマトはとにかく薬が要って栽培に手がかかる」とぼやいていたのですが我が [続きを読む]
  • すいません、ふんどし貸してください! 〜ハロウィーン黒猫〜
  •  先日の地獄のような暑さから開放されたと思ったら、こんどは8月の終わりにしてはちょっと肌寒いわねぇ、というくらい気温の下がったポーランド。いやはや、ここの国民のようだわ、「熱しやすくさめやすい」。←母もその傾向があるので人のこととやかく言えない・・・汗 さて、秋になると毎年こう、気分はクラフティ、なにかしらゴチョゴチョと手作りをしたくなるんですの。ええ、自分でもやってるんですけど、本日は『人の褌で [続きを読む]
  • 電話なってますよ!
  •  最近ちょっと忙しい私。それでも髪の毛が言い訳できないレベルになっておりましたので、本日いつもの美容師さんのところに出かけてまいりました。結構早くきれいに仕上げてくれるので8年ぐらい通っております。 美容院までちょっと距離があるので車で出かけたのですが町の中の駐車場、ほかの多くの町と同様有料となっております。(数年前までタダだったのよ)チケットを買って、ダッシュボードの上に見えるように置いておくの [続きを読む]
  •  それはある日突然に 〜黒猫ワラワラ黒猫一家〜
  •  なんだか昔のラブソング(古っ! 汗)のようなタイトルですが、きましたよ!黒猫母がボラさんをしている団体の母体が全国ネットワークの動物保護団体なのですが、週の初めに子猫の黒猫2匹が某地下室に取り残されて野生化しそうなので、一時預かりできるかと打診されておりました。 できるさ。(エッヘン!) そしたらすぐに新品のケージが渡されたのですが、2匹用にしては小さすぎる。ということで別のボラさんのところからさ [続きを読む]
  •  あなたの期待に添えなくて
  •  本日ボラさんの間でニュースになったのは、譲渡されて5日後に戻ってきた子猫。理由が「5日間ベッドの後ろに隠れっぱなしなの(つまり、つまらないってことか?)」 皆さん、唖然呆然。母も(ほ、本当にそれが理由なのか?!と)事情を飲み込むのに時間を要しました。 さらに、先日は兄弟で譲渡された猫たちが1年ぶり(?)に戻ってきました。それがまた、一匹は病気だったのに飼い主が病院に連れて行かなかったから具合が悪化。 [続きを読む]
  • ベーガンメニューと猫メニュー
  •  黒猫一家の母の実家は、朝食はパンとコーヒーでございました。日本の食パンて、私個人的には何も塗らなくてもおいしくいただけるんだけど、こちらのパンはそうは問屋がおろさない。何も塗らないと、なんだか、こう、のどに詰まってしまいそうな勢いなんですね。 ということで、ハムなどを乗せないときにでも何かしら塗るのですが、基本乳製品が好きな私はコッテージチーズのような白チーズの上にジャムが好き。ウフフ。 しかし [続きを読む]
  • イスタンブール舞台の猫映画 ケディを観にいく
  •  本日は他のボランティアの人たちと一緒に、今ポーランドで公開中の猫ドキュメンタリー映画「Kedi」ケディを観にいっておりました。写真はネットから拝借 猫飼いの中ではかなり話題になっていたこの映画、舞台はトルコのイスタンブール。ハリウッド映画ではないので、人がわんさか観に行くということはありませんが、思っていたより映画館の席は埋まっていました。(っていうか、私たちのグループが結構埋めたのかも 汗) イス [続きを読む]
  • 地獄のヨーロッパ
  •  すごいです・・・。この暑さ。南欧では日陰で40度という数字を叩きだしちゃってますし(イタリアのナポリなんか空気中の温度が55度いってしまったそうですわ 汗)、ポーランドを含む中欧は連日30度越え。果ては、この異常高気圧?は悪魔のなかの悪魔「ルシファー」と命名されています。 我が家でも家の中のココナッツ・オイルが液状になってしまってます。でもイタリアはすごい。ガムまで溶けちゃってるそうですよ。ガムって溶 [続きを読む]
  • (結局) オストラバの猫カフェへ
  •  先週の金曜日に引き続き、本日再び所用でチェコのオストラバに出かけていた黒猫父母。前回は入れなかった隣の店のストリップ・バーじゃなくて・・・(←話が?の方はこちらをどうぞ)とうとう、猫カフェに足を踏み入れてきました。ほかに客がいなかったため、非常に広く感じた店内。 本日ポーランド南部からチェコの国境沿いあたりは30度を越す猛暑。ちょっと心配だったのは「にほい」。黒猫母、哺乳類の人間族(ん?)の中では [続きを読む]
  • 縁結びの女
  •  実は、1週間ぐらい前に「ナデナデし隊」ボランティアとは別の団体から、一時預かりが可能かと打診されていました。 どうも、現在のボランティアさんがバケーションに入るのでそれを期に預かり場所を移す予定だったそうで、黒猫父母で相談してオッケーを出していました。 リリットさんがいるので、初めの1〜2週間ぐらいは娘の部屋にいれておこう、そうだ、ゲートも必要だよな、と息子に頼んでドア前のゲートも作ってもらってい [続きを読む]
  • 中年の危機 in Ostrava
  •  この夏はちょっと移動が多い黒猫父母。先日は、これまた用事がありましてチェコのオストラバに出かけていました。車で片道1時間もかからないので(あ、今回は母より激しい父の運転でしたが)やることやってさっさと当日中に家に戻れたのですが、、、オストラバの中心街での出来事。 いろいろ走り回っている最中に、ちょっと一息入れたくなった私たち。キョロキョロ見回ってたら、あらかわいい黒ネコさんの看板。ま、ここでも猫 [続きを読む]