ぱどる さん プロフィール

  •  
ぱどるさん: 油絵と漫画の部屋
ハンドル名ぱどる さん
ブログタイトル油絵と漫画の部屋
ブログURLhttp://rapin.chesuto.jp/
サイト紹介文懐かしの漫画を語り、無謀にも「模写」に挑戦!油絵も描きます(^^♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 145日(平均1.0回/週) - 参加 2016/11/04 20:39

ぱどる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ★油絵〜グレイス・ケリー
  • 大の映画好き。特に銀幕と言われた時代の作品が好きだ。★油絵〜グレイス・ケリー(キャンバス)モノクロで描いた油絵です。凛とした格調高い気品。〜グレイス・ケリー〜1928年〜1982年。女優生活は5年間。出演映画は11本。人気絶頂期にモナコ大公と結婚し公妃となる華麗なる人生。1956年の「上流社会」を最後に映画界から去ってしまった。絶世の美しさ。気品あるファッション。まさに「クール・ビューティー」それ [続きを読む]
  • ★落書き〜女性クロッキー編
  • 社会人は仕事や家庭に多くの時間を費やすのでなかなか趣味の油絵まで手が回らないのが現状です。ただでさえ毎週のアウトドア活動が忙しいし・・・そんな時に落書きデッサンをする事で良い気分転換になったりします。ファッション雑誌などの女性を描いてみました。誰だかわからないので著作権には触れないはず(笑)落書きでも中高年には頭のコリをなおす良い運動です(^^♪ [続きを読む]
  • ★油絵〜100号キャンバス地塗り
  • あまりプライベートな作品は公開しないのですが、F100号キャンバス特別大公開!・・・といっても地塗り状態ですが(笑)アトリエは本棚が壁一面、天井まである図書館仕様。F100号キャンバスを『地塗り』した状態です。地塗りはゆっくりと5回ほど!行います。 100号は部屋に置くと、かなり大きいサイズ。 縦162cm×横130cmもあるんです。マス目をひいて、構図を描き込んだのちにこの後ようやく『下塗り作業』に [続きを読む]
  • ★油絵〜シド・チャリシー
  • ★シド・チャリシー(油絵)エレガントでダイナミックな女優でダンサー!シド・チャリシーを描いてみました。『雨に唄えば』のダイナミックな踊りで一躍人気が高まった女優です。若い人は、おそらく知らないかもしれませんね。『バンド・ワゴン』より『バンド・ワゴン』オリジナル・ポスターフレッド・アステアとの共演です。見事な脚線美!(この時30歳!)シド・チャリシー(1923〜2008)幼少からバレエを習い、バレエ舞 [続きを読む]
  • ★油絵〜コリンヌ・リュシェール
  • ★コリンヌ・リュシェール〜油絵1938年『格子なき牢獄』より実際はセピア色で描きましたが、白黒に変換しています。コリンヌ・リュシェール(フランス女優)1921〜1950今では映画ファンの中でも知る人ぞ知るというか、古い映画マニアだけしか知らないであろうコリンヌ・リュシェール。おそらく60歳以上の映画好きしか、ご存じ無いでしょうね。1939年に日本で大ヒットした『格子なき牢獄』の可憐な女優。愁いのあ [続きを読む]
  • ★漫画家〜内田善美さん・その3
  • 内田先生の漫画作品はすべて持っていますが、改めて読み直してみても、美しさは勿論のことクオリティの凄さに圧倒させられます。『私的・内田作品研究会』(仮)では作品を楽しむと同時に「あとがき」を研究・堪能することも忘れません。う〜ん、マニアックだ(笑)▼内田先生ならではの「あとがき」 虫眼鏡で見ないと読めない細密文字と描写。 シリアスな作品から一転、コミカルな表現は衝撃的。▼あとがきの模写挑戦しました。 無 [続きを読む]
  • ★内田善美さん〜『空の色ににている』
  • 『空の色ににている』この美しい細密描写で連載とは凄すぎます。内田善美先生といえば、その画力とネームの美しさもさながら、登場人物の名前が個性的。手川 蒼生人(てかわ・たみと)、野々宮浅葱(ののみや・あさぎ)、鷺巣冬城(さぎす・ふゆき)・・・この時代に(?)名前のセンスが素敵すぎます。『空の色ににている』はこの3人をめぐる美しく哀しい青春のストーリィ。現在は入手困難な作品なので、お持ちの友人がいたら頼 [続きを読む]
  • ★漫画家〜大矢ちきさん
  • ご存知でしょうか? 「大矢ちき」さんを!私にとって内田善美さんと同じくらい尊敬する漫画家。何といっても絵が美しく個性的、そして独特の世界観。美しいペンタッチで描き込まれた細密描写。考え抜かれた構図の完成度の高さ・・・云々大矢さんの漫画作品は少ないのでとても貴重。『回転木馬』のサイズで他の作品も復刻してほしいですね。文庫本サイズでは、ちきワールドの魅力が伝わりにくいですから。元・漫研なので、またもや [続きを読む]
  • ★漫画〜『ポーの一族』
  • 女性向けの絵は、ウケが良いので今回は漫画『ポーの一族』(萩尾望都)▼模写してみました。誰でしょう(笑)改めて読み直してみると、まさに名作。何百年にもわたるエピソードを軸に時代を前後し語られるバンパネラの物語。短編と中編のオムニバス形式で話が前後するので始めてのかたは、少々混乱するかも。それにしても、この発想と想像力、ストーリィ展開、描写の力量!萩尾望都さん凄すぎます。時間を超越した永遠の存在としての [続きを読む]
  • ★漫画家〜倉多江美さん
  • ますますディープでマニアック!懐かしの漫画模写に挑戦だ(^^♪▼『ドーバー越えて』(ロングフォーより)初期の短編作品集からのワンカット。もはや50歳以上の人しか知らないでしょう(笑)倉多先生は1974年『雨の日は魔法』でデビューし短編作品が多い漫画家。特筆すべきは、誰にも真似できない独特の線。線が乾いています。シンプルな絵と反対に深い内容も多いのが不思議。倉多江美さんは内田善美さんと同じくコアなファンが多 [続きを読む]
  • ★漫画〜『秘密探偵JA』 
  • 【好きな漫画の模写に挑戦!】今回は、懐かしの名作漫画編。1964年から「少年キング」で連載された 望月三起也氏の『秘密探偵JA』▼『JA』こと飛鳥次郎を描きました。日本秘密防衛組織、略して「J」主人公・飛鳥次郎は秘密探偵のなかで世界で3人しかいない最高ランクの「JA」!必殺技は、3発の弾丸で7人の敵を倒す「雷鳴撃ち」これをやると5キロは痩せるらしい(笑)作者の拳銃に対するこだわりも凄い。主人公の持 [続きを読む]
  • ★油絵〜映画『タイタニック』より
  • ★タイタニックより〜【ジャックとローズ】  (油絵、キャンバス、F8号)沈んだタイタニック号を背景に、古びた感じで描きました。★ 二人のアップです。今でも『タイタニック』のコアなファンです。今まで何回観た事か、数え切れません。これからも、たくさん観るでしょう。(°Д°)ガハッキャメロン監督の絵画的陰影描写のこだわりを強く感じます。特に「ブルーの発色」に強い思いが入っていますね。そうそう、あのハリーポッ [続きを読む]
  • ★漫画〜『夏目友人帳』
  • 数多くの好きな漫画の一つ『夏目友人帳』【子狐と夏目のシーンの模写】 HC第4巻特別編〜夏目観察帳①より (ケント紙・ペン)キュートで健気、一生懸命な子狐は特に好きなキャラ。力は無いが、きのこ採りが得意な森のチビ妖。ふわふわ尻尾が愛くるしい。アニメも好きですが漫画の『子狐』のほうが好きだ(^^♪ [続きを読む]
  • ★イラスト〜『大川橋蔵』
  • ★新吾十番勝負より・大川橋蔵(ペン・色鉛筆)『新吾十番勝負』の葵新吾です。昔の時代劇、昭和三十年代の「チャンバラ映画」が大好きだ。昭和30年前後、「ニスケニゾウ」と呼ばれた中村錦之助、東千代之介、市川雷蔵、大川橋蔵。・・・と言っても、若い人には何の事だか。私の世代でも知らないのが普通です。四人のスターに、当時の時代劇人気は沸騰!見てきたような事を言ってますが、まだ私は生まれていません(笑)大川橋蔵 [続きを読む]
  • ★油絵〜映画女優『アリダ・ヴァリ』
  • ★『アリダ・ヴァリ』 (油絵・キャンバス)★アリダ・ヴァリ(1921年〜2006年)戦後イタリアが生んだ華やかな女優。アルフレッド・ヒッチコック「パラダイン夫人の恋」、ミケランジェロ・アントニオーニ「さすらい」、ルキノ・ヴィスコンティ「夏の嵐 」などに出演。キャロル・リードの「第三の男」で、ウィーンの共同墓地を歩み去るラストシーンは圧巻ですね。「サスペリア」の役は怖かった・・・(´;ω;`)ウゥゥ [続きを読む]
  • ★漫画〜『猫目小僧』楳図かずお
  • ★「猫目小僧」〜模写 (ケント紙・ペン)「妖怪水まねき」が怖い。。。楳図かずお先生の恐怖モノ漫画といえば、「おろち」「漂流教室」「恐怖」「洗礼」・・・その他数々の恐怖漫画がありますが、私が好きなのは『猫目小僧』! 猫目小僧は1967年から、今は無き『少年画報』に連載。「猫目小僧」は「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公と違い強い正義感は無く、食べ物をくすねたり、いたずらしたりするやんちゃな妖怪。人間に育てられた為 [続きを読む]
  • ★漫画家〜内田善美さん
  • ★『白雪姫幻想』薔薇の午後より   (ペン・色鉛筆)管理人の画力不足により、細部は大幅に省略しています。。。(´;ω;`)ウゥゥ雰囲気はビョルン・アンドレセンの影響ですね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私の尊敬する漫画家、内田善美先生。少年漫画、少女漫画の枠を超え漫画の最高峰とまで称賛される作品の数々。若い頃、「漫画ってこんなに美しいのか!」と驚愕した作品の [続きを読む]
  • ★油絵〜映画女優『グレタ・ガルボ』
  • ★『グレタ・ガルボ』 (油絵・キャンバス・F4)◆グレタ・ガルボ (1905〜1990)1930年代、マルレーネ・ディートリッヒと人気を分けたハリウッド黄金時代の大女優。美しさのスケールが「ガルボ様」といわれる所以。映画史上に残る数々の文芸作品に出演しています。◆主な出演作品『肉体と悪魔』(1926年)『アンナ・クリスティ』(1930年)『グランド・ホテル』(1932年)『アンナ・カレニナ』(1935年)『椿姫』 [続きを読む]
  • 過去の記事 …