footballstation さん プロフィール

  •  
footballstationさん: 日本代表、日本サッカーのために少しでも力を
ハンドル名footballstation さん
ブログタイトル日本代表、日本サッカーのために少しでも力を
ブログURLhttp://footballstation.hatenablog.com/
サイト紹介文日本サッカーのため少年、青年の成長のためのものを紹介 指導者、コーチのレベルアップ、交流できる場
自由文日本代表、日本サッカーのために今まで指導者として学んできたことや感じたことを紹介
全ては今の子供、少年、青年のために!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 205日(平均1.6回/週) - 参加 2016/11/04 21:45

footballstation さんのブログ記事

  • 日本代表ワールドカップ制覇!海外との違い!
  • 日本サッカー協会が定める目標の中にこんなものがある2050年までにワールドカップを自国単独開催とする2050年までにワールドカップで優勝する非常に素晴らしい目標であり、夢があるこれを聞いたときは、ものすごくワクワクした日本サッカー協会が行う指導者養成プロジェクトを一度でも受講したことがある人は必ず聞いたことがあるだろう実際私も2度ほど経験しているが、2回ともものすごくわくわくしたし、絶対やっ [続きを読む]
  • クロアチアの点取り屋 マンジュキッチ
  • かつて、現マンチェスターシティの監督グアルディオラがこれだけ点を取り献身的なフォワードは見たことがないと言った選手がいるそれがユヴェントス所属マンジュキッチであるどんな監督でもやはり選手に全てのことを求めると思う攻撃も守備も、パスもドリブルもサッカーのプレーは様々なものがあるがそれを全て高次元でこなしてしまうのが彼である身長が185センチと高身長でありながら、従来の点取り屋のイメージを一新 [続きを読む]
  • クロアチアの天才 モドリッチ
  • 強豪がひしめくヨーロッパにて、現在若手の台頭が著しい国があるそれがクロアチアだクロアチアのイメージといえば、身体的に大きいとう利点を最大限に生かしパワーで勝つ組織的に守備を行いセットプレーで勝つといったあまり自分たちからアクションを起こしてサッカーをするというイメージがないただ、その中でモドリッチという選手が現れてからは少しずつボールを支配しアクションするサッカーに変わりつつあるモドリ [続きを読む]
  • 子供の成長のためにかかせない1つ
  • サッカーに限らず子供が成長するには必要なことが多々あると思う言葉で言うのは非常に簡単なことだが、実際目の当たりにすると理解はしていても難しいことがあるだが、子供と関わるという教育に携わっている人すべてが理解しないといけないし、やらないといけないと思うむしろこれができないなら、教育という現場から立ち去ってほしいと考えているなぜなら子供は日本の未来であり、それに関わっている大人はその未来を形成していく [続きを読む]
  • 自分のためにサッカーをする
  • サッカーは誰かのためにしているわけではないサッカーを始めた時、どんな風に始まるのだろうか小さい子供が、お母さんのためにやろう!みんなのためにやろう!ということからサッカーを始めるのは、まずないと思うあったとしてもすぐ辞めていくサッカーの指導者が、試合中チームのために走れ!みんなが頑張ってるからお前も頑張れ!チームみんなが届けてくれたボールを大切にしろ!などという指示を出すことがあるこれは [続きを読む]
  • 現状維持は維持にならない
  • 最近よく指導者の知り合いとご飯を共にすることがあるプライベートのことや、他愛もない話をしているのだがやっぱり最後はサッカーの話になるやっぱり自分の好きなことをしている人と関わることは、職種に問わず大きな刺激となる話している時の目の輝きが全く違う世間一般でいう普通のサラリーマンになった人と、様々な反対を押し切り好きなことを仕事にしている人、ここには大きな差があると思っている良くも悪くもですが、 [続きを読む]
  • 子供の表情
  • 最近のトレーニングで忘れていたことがある少し新しい仕事知識を入れることができて、これは子供のためになる!と思いしていることがあるそれにより実際今までできなかったことができるようになったり、試合で良い結果が出たりしていたそれに自己満足をしていたこれは指導者にとってあってはならないことであるなぜ指導者がいるのか?それは子供にサッカーを教えるためではない子供にバルセロナのサッカーをやらせることではな [続きを読む]
  • 型を作ること
  • 最近のトレーニングでは、常に疑問を抱きながら行なっているその理由は多々あるが、自分の指導方法というものを改め直し、進化させようと試みているからである今まで私は、サッカーとは自由なものでコーチや指導者から矯正されるものではなく、自らが正解を導き出しピッチ上で、考え、感じることが大切という考えであった(これは正直今も完全に思っている)がしかし、指導者たるもの選手と同じく常に進化し向上しなければいけ [続きを読む]
  • リスクを負わないことがリスクになる!
  • 最近よく指導現場で、リスクを負わずにプレーしろー!相手が来る前にパスをしろー!ドリブルするなー!というようなベンチからの指示をたくさん聞きますもちろんそれ自体を否定しているわけでなく、そうでないといけない場面はあります高校年代やそれ以上になるとやはり結果も伴わないと良い指導者とは言えないので、時間やプレーエリアなどを考えると、リスクを負わない方がいい時もあるかと思いますただこれは育成年代 [続きを読む]
  • 考えてプレーしてはいけない!
  • 先に誤解を招いたくないので説明するが、考えてプレーすることが全く必要ないということではないある一定の技術レベル、メンタルレベル、戦術レベルに達したとき、もしくは自分以上の選手、チームと対戦すると考えてプレーすると必ず失敗するなぜかというと、考えることでプレーに迷いが生まれ判断が遅れ、技術に判断にミスが生まれやすいからだだから考えてプレーしてはいけない試合の笛が鳴ると頼れるのは自分の感覚と経 [続きを読む]
  • ウォーミングアップはいらない!
  • ウォーミングアップはいらない!今日は小学生の試合があり、そこで感じたのはウォーミングアップっていらないなーということ誤解を生みたくないので、説明するとコーチが行うウォーミングアップはいらないということであり、何も全く動いていない状態からすぐ試合をした方がいいと言っているわけではありませんまずウォーミングアップって一体なんのためにするのかだが、それは怪我の予防と試合で勝つために100%の力を出せる [続きを読む]
  • 子供のやる気スイッチを押してはいけない
  • 指導者のみなさん!子供にあまりやる気が感じられない、モチベーションが低いからやる気スイッチを探し、やる気を出させていませんか?それは大きな間違えです!もちろん子供によって個人差はあるので、押してあげないといけない子もいるかと思いますただそれだけではいけません 育成年代で特に重要なのは、楽しくサッカーをうまくするということ これはカテゴリーによっても少しずつ意味合いが異なるが、小学生年代では特に [続きを読む]
  • ツイッター開設!!
  • こちらでも様々な情報を流していきます!フォローお願いします!これから自分が今まで勉強してきたことや、サッカー情報を発信していきたいと思います!全ては日本サッカーの成長のために!日本がW杯で優勝するために!#サッカー #W杯 #W杯優勝 #指導者 #サッカー情報 #サッカー動画— footballst (@nk21220) 2017年1月16日 [続きを読む]
  • 気づく環境を作る
  • お久しぶりです!ちょっと色々と忙しかったので更新できませんでしたが、今日からまた再開しようと思います!テーマ サポート(マークを外してパスをもらう)今回はこのようなテーマでトレーニングを行いました!やはりサッカーでは、ボールを持った時の技術と同じくらいもしくはそれ以上にボールを持っていない時の技術は必要になってくると思います!というのと、90分の試合でボールに触れている時間は長い選手で3分と言わ [続きを読む]
  • メッシとダニエウ・アウベスの関係
  • 今日のトレーニングはミニゲームオンリー なぜかというと、なんとなーく簡単に簡単にプレーしているように見えたから。こちらもどうぞwww.footballst.comある程度ボールコントロールができてきて、周りも見えるようになってきて、遠くまで蹴れるようになってきて、簡単にプレーするということを覚えてしまった。もちろんそれもサッカーですし、時には必要なプレーなのですが簡単にプレーすることこそ最大のリスクだと個人的 [続きを読む]
  • 育成年代のサッカーで大事なこととは
  • 自分を表現するということ サッカーとは、スポーツの中でも自由度の高いスポーツです自由度が高い=決まりやルールが少ないということになりますサッカーで決まっていることといえば、105メートル×68メートルのフィールドに11人対11人の2チームが存在し、2つのゴールの中の1つを守り1つを攻めるそれに審判が最低3人いるということくらいですもちろん他にも細かいところを言い出すときりがないくらいあるのですが、大きくま [続きを読む]
  • 時間を操るパス
  • 時間を操るパス 今回も自分の中でこだわりのあるパスという部分について取り上げたいと思います!前々回の元イタリア代表アンドレア・ピルロは足に吸い付くようなタッチから出る、相手、観客さえも騙されてしまうパスを操るパスの紹介こちらから↓www.footballst.com前回のスペイン代表シャビアロンソは精密機械のようなパスを60メートル級の距離まで全て同じフォーム、ワンステップで送るパスの紹介こちらから↓www.footba [続きを読む]
  • ロングキックという精密機械
  • パスという芸術 前回に続いてパスに特徴のある選手を紹介したいと思います!こちらもどうぞ!www.footballst.comサッカーのプレーは様々なものがあります!シュートードリブル、パスなどその中で個人的にパスというところにこだわりがあるので、紹介したいと思います! スペインのコントローラーシャビアロンソ シャビアロンソのパスほど正確なパスを出す選手はいないピルロが美しいパスならシャビアロンソは正確な、 [続きを読む]
  • 元イタリア代表ピルロとボールの関係
  • パスという芸術 サッカーには様々なプレーがある大きくはドリブル、トラップ、パス、シュート奪う、守るなど細かくはドリブルの種類だったりパスの種類だったり、Off the ballでの攻撃、守備だったり上記に挙げたプレーだけでなく、たくさんのプレーが複雑に連続して行われるスポーツがサッカー、フットボールであるその中でおそらく個々によって拘っているプレーがあると思うそれが僕にとってはパスであるまずはこちらを見 [続きを読む]
  • W杯アジア最終予選vsサウジアラビアを観て感じたこと
  • こんばんは!日本勝ちました〜( ´∀`)勝ちだけでもよかったですね!! W杯アジア最終予選vsサウジアラビア 先ほど終わりましたサウジアラビア戦の選評です!まずお互いのフォーメーションとおおまかな戦術を紹介します!サウジアラビアフォーメーション 4-4-2戦術カウンター図のような形で基本形はセンターサークル少し前からプレスを始め、中盤のエリアで奪い取ることを狙いとしていたと思います。前から奪いにいく時もあ [続きを読む]
  • W杯アジア最終予選vsサウジアラビアで予測される3つのこと
  • 明日はサウジアラビア戦!! キリンチャレンジカップでオマーンと対戦したことで浮かび上がったポジティブなことネガティヴなことから考えられる明日起こりそうなことを予想しました! W杯アジア最終予選vsサウジアラビア 19:35kickoff @埼玉スタジアム2002 招集メンバーはこちら↓▼GK西川周作(浦和レッズ)川島永嗣(FCメス/フランス)東口順昭(ガンバ大阪)▼DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)酒井高徳(ハン [続きを読む]
  • キリンチャレンジカップ オマーン戦
  • オマーン戦!スコアはで勝ちましたね〜でもオマーンの選手全然身体動いてませんでしたね。笑いつもやってるからあんまり気合い入らなかったのかな?たくさん思うことがある今回のキリンチャレンジカップですが、詳しくはこちらに↓www.footballst.com注目のスタメンはこちら!▼GK12 西川周作(浦和レッズ)▼DF19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)2 丸山祐市(FC東京)21 酒井 [続きを読む]