ジョニー さん プロフィール

  •  
ジョニーさん: ジョニーの百姓日記
ハンドル名ジョニー さん
ブログタイトルジョニーの百姓日記
ブログURLhttp://hyakusyouinnara.blog.fc2.com/
サイト紹介文大和の地で、途絶えてしまった家業の百姓を、米作りの再興を夢見て百姓に挑む跡取りの日々。
自由文米価低迷の、このご時世にあって、途絶えていた百姓を、米作りを再興するべく、そして行く行くは村の担い手となるべく、百姓に挑む(楽しむ)兼業農家の長男です。
挑め果敢に。 尽くせ一途に。 貫け誠を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 140日(平均4.0回/週) - 参加 2016/11/04 22:37

ジョニー さんのブログ記事

  • 掩蔽
  • 敵地攻撃能力の整備が検討されているようではあるが、大凡、政策目的となるミサイルの発射機は、各地に分散され掩蔽・隠蔽され配置されているのが常である。攻撃も可能と言うだけでは、何らの意味を成さないでしょうね・・・。さて、掩蔽された機銃にさも似たるかなえ? 隠蔽に失敗してるって? (笑)まるで、意味不明な画でありますが元は、こういう物でした。田んぼの水の落とし口です。こういう畦を切った所は、やりにくいん [続きを読む]
  • 全ての選択肢
  • 何かと、物騒な話題が多い今日この頃です。米国の言う、全ての選択肢が如何ほど本気なのかにも因りますが近年では最高に張り詰めた状況とも言えそうです。もっとも、恐らく自滅に繋がる北と言うか、金正恩にしてもソウルが地図から消える南も、常識的に全面戦争は出来た物ではありません。が、出来ない戦争も、誰も望まぬ戦争も起こってしまうのが世の常。何らかの事由に因る米韓による平壌への限定的な攻撃、及び首脳部の討ち漏ら [続きを読む]
  • 冬期の管理
  • 3月も折り返しを過ぎ明日が彼岸の中日。例年ならば、野菜の田んぼは冬の野菜が残存しているため、起こす時期を思案している時分ですが、今年は気楽な物です。と言うわけで、田んぼも良く乾いているので、少し早い気もしますが田起こしです。今年は・・・、水稲の作付けに全身全霊を以て望まないといけないので、野菜は削減です。田んぼでは、一画を拝借いたしまして南瓜を少しだけ作る予定です。しかし、最近まともな雨は降ってい [続きを読む]
  • 初めての種籾
  • やろうと思えば、始めから終いまで初めてシリーズで完結出来そうな勢いの今年の米作りでありますが、物心付いて以来初めての種籾です。もっとも、小分けされて入っているので見た目ほどの量はありません。良い苗が作れますよう〜に。 パチパチ (苦笑)まだ一ヶ月はあるので、しっかりと勉強して本田の準備と平行して先ずは育苗に全力投球しないとね。 [続きを読む]
  • 借金
  • さて、お米を作るのにさしあたりコンバインを準備しなければいけません。無論、学生がそんな大金を持っている訳はないので詰まるところ、借金であります。外からか、それとも親父殿に貸して貰うかは別にして。まあ、よく考えないとね。何れにせよ向こう7年、毎年1町分の儲けがコンバインで消えます。まあ〜、高いですね〜。無論、それだけの仕事はする機械なんですけどね・・・。クボタさ〜ん!もっと、まけてーやー!! ってね [続きを読む]
  • 何かいけないのか?
  • 詐欺師紛いのどこぞのおっさんの肩を持つ考えなど無いがどうにも最近、接する報道は左よりの立場からの事が多いように思えてならない。例えば、教育勅語。たまたま、変な人が用いたばかりに、ここぞと勅語をも貶めようとする輩の意図を感じる報道が多いが・・・極めて、真っ当な事しか書かれていません。一体、何が気にくわないのでしょうかね〜。以下、口語訳を示すので考えてみてください。私は、私達の祖先が、遠大な理想のもと [続きを読む]
  • 物心両面の準備
  • 何事にも準備は大切です。事の成否は八割までが準備で決まると言う。物心両面の準備とよく言った?聞かされた?ものですが収穫はそうとも言えませんが、少なくとも作業自体が円滑に終わるか否かは準備の如何に左右されるところ大で作業が適期に出来なければ、収穫にも影響が出ます。米作りでは体の他に、機械の準備が無いとちょいと仕事になりません。というわけで、時間のある内にと動散を引っ張り出して来ました。もっとも、数年 [続きを読む]
  • ハンチング
  • そう言えば、秋から油も差さしていなかったのを思い出した草刈り機。 去年、一番酷使した機械なんですがね・・・。もう春になってしまうので、その前に油差します。まあ、ほんまに油差すだけです。各部の注油・グリスアップをサッとするだけ。なんですが、こんなんだっけ?と思ってみれば、エアクリーナーの埃がすごいことになっていました。ビフォー一年前にも綺麗にしたはずなんですけどね・・・。アフターと、これぐらいは問題 [続きを読む]
  • PKO任務終了
  • えらい急じゃありません? 5月って。普段は一応、民間人ですから言っちゃいますがね。現在の九師よりの派遣部隊の交代時期を目途に国連の司令部要員を残し派遣隊主力は帰国、第五旅団からの交代部隊の派遣は行わないとのこと。昨年11月に、駆け付け警護の任を付与された現在の部隊が派遣されただけ。通常ならば、交代二ヶ月前ならば交代部隊も準備もしてないことはないだろうし次期隊でもって活動を終了すると言うのが普通とい [続きを読む]
  • ポンプ
  • 一昨年であったか?こういう物を拵えておりました。担いで運ぶには、ちぃと重い故、いっそのこと一輪車に据え付けてしまおうと、思いついた次第です。もっとも、現在までのところ実戦への投入は無く納屋で待機しております。(苦笑)しかし、今年からは使う場面もあるでしょうし、現役に復帰して貰わないとね。ところが、ですね発動機をテーラに持って行かれましたので乗せ換えてまして、もう一つ吸いが良くない事が判明したポンプ [続きを読む]
  • グリースアップ
  • 局がそうである故、であろうがやっぱり、左翼の報道ってありますよね〜。教育勅語の暗唱?昔の歌?それが? 何か? 問題でも? 変な事? 良いじゃないですか、それ自体。まして、私立ですよ?毎朝念仏唱える高校もあれば、延々100キロの行軍する学校もあるんですから。と、まあ、それは置いておいて昨日、トラクターを使った時、異変を感じていました。別に異常な音や、異常な振動と言うわけでもありませんが、何かは分からぬ [続きを読む]
  • 苗代の砕土
  • 春までに一度、苗代の予定地に耕耘機を入れたいと思っていましたが今日ふと、近所の人が田を起こしていたのを見て、田も乾いていることだし家も入れるか!と。田んぼへ出撃、すぐに終わりましたけどね。温くなって、草も目に見えて青くなって来たので、丁度良い時期になりました。来月の終わりには、床を拵えます。皆は、畝立ててから水入れてますが、伏せ込みも泥濘の中の仕事。マンガしてから畝立てて乾かした方が良いのかな〜と [続きを読む]
  • 春ですね
  • 気がつけば、3月ですよ、3月。こないだ年変わったばっかりの気ですが、日も延び夕方の6時でも真っ赤です。今年は米に注力の故、野菜は限定作付けですが、こっちも忘れちゃいけません。畑には剪定で出た枝が山と放置してありますので発動機の換装なったテーラで搬出です。とは言っても、何時掛からなくなるか分かったものではありませんので夏には、新の発動機に載せ替えたいですね〜。古いから、多分、部品、無いです。もっとも、 [続きを読む]
  • 山の境界
  • じいちゃんは、既に隠居して久しかったとは言え、かつての如く隠居に伴う家督の相続は無かった故、方々の名義変更と相続に親父は頭を抱えつつ走り回っています。その一環で、じいちゃんの書類を整理しておれば、山が全て家の山ではない疑惑が浮上しています。家の山で無くとも、家の山であることに変わりはない、と言う不思議な表現に落ち着くとの理解に至っているが、どうも昔の情報と今の情報が今ひとつ符合していないと言うね。 [続きを読む]
  • トラブル
  • 午後一番で、それは発覚いたしました。再びトラブルに見舞われました。テーラの発動機。2、3年前に火花が飛ばなくなるという症状で多分、コイルが逝っている故、部品も無かろうと言うので予備機の発動機に積み替え、始動性の悪さこそあれ(2回目にしか掛からない)機嫌はまあ、良かったのですがどういう塩梅か、ウンともスンとも言わなくなりました。(汗)別に、キャブレターの調子が悪い様な発動機でも無かったので嫌な予感しか [続きを読む]
  • 肥料
  • 農協から電話があり、肥料が届きました。いよいよ、という感じです。この場ぬ先の杖ではありませんが、転かさぬ先の肥もある故些か多めです。費用も多めになっちゃいますけどね・・・。黄色い袋は土ですが、覆土分のみです。床土は、土屋に頼みますが・・・、やっぱ、バラですよね〜。(汗)苗代するときも極力、箕で土を運ぶなんてことは余りしたくないので(笑)かといって、トン袋は動かせないしね・・・。納屋のチェーンブロッ [続きを読む]
  • 苗達
  • 納屋の一角で種を播くという暴挙?に出た親父。前言通り、その後日談です。まあ〜、当たり前ですがそのままでは、どーにも冷えると湯を入れたり、電球を点けたりあれやこれやとして生えました。一応・・・。その後、ハウスに移動してこんな感じです。先に生えた、キュウリに至っては一本残らず伸びて転けてません?まあ、予想通り出荷用にハウス一棟も植えるのであれば、まき直しか苗の購入を必要とする事態ですが・・・、まぁ、ね [続きを読む]
  • レボ!!
  • クボタの展示会へ行ってきましたが、入るなり度肝を抜かされました。だって!れレボ が置いてあるんだもん!!し、しかも!国内最大級!6条刈り!!120馬力!!お値段1500万円な〜り。ま、絶対に買う人居ないから値札付いてませんけどね。(笑)コンバイン代だけで、毎年4町半のお米が飛んでいきます・・・。乗ってみたけどぐるりを見渡して、目を丸くして降りたのは言うまでもなし。(笑)奥に並んであった、新発売の325 [続きを読む]
  • 終わったー!
  • 終わった〜。やっと、終わりました。 卒論。多分オッケー?な感じ。というか、それ以外は認めません。(笑)肩の荷が下りました。これで、本腰を入れて商談が出来ます。と言うか、明日商談に行ってきます。と、ここ数日余裕がなかったので更新せず、でしたが無論、仕事はしていますよ?家の管理を離れている間に消し飛んだ暗渠の土管の地上部の補修です。とは、言いますがここ数年は家で畦の草刈りをしていたような物なのでという [続きを読む]
  • ぶどう
  • 田んぼの隅っこで親父が去年から、なにやらごそごそと何をやっているのかと思っていれば・・・パイプの台の上に棚を組んでいる様でして。一体、何がしたいのかと訝しんでおれば先日、箱が届きまして企図が判明いたしました。どうやら、ぶどうを作りたいらしいです。で、ぶどうの棚という訳ですね。堆土を拵えて植えてはりました。去年は、桃を植えて、今年はぶどうです。そう、桃も、ぶどうも、その昔に家あった(らしい)やつです [続きを読む]
  • 水口
  • 昨年であったか、田んぼの水口が改まった。以前の物もがたが来始めている故、改まる分にはよいのですが些か、不都合が・・・。こうなったんですがね。良く見るとですね・・・何というかですね施工が雑なんですよね〜。これ・・・。この凸凹でどうして水を止めろと?ビニールあてて、土盛れば止まらないことも無いんですがそれをするのは、本村の池守。 たまに適当にしはるんですな、これ。池水が終わってから見に行けば、水が止ま [続きを読む]
  • 雪化粧
  • 今日は、珍しく朝から雪でした。もっとも、積もるという程までには至らず雪化粧した程度に止まりましたが寒いです。(苦笑)お外には出られないので一応、田植機のオイル交換等をやっておこうかとやっておりましたが・・・、すんなりとはいきませんかね〜。もっとも、クボタに整備入庫の予定ですが。 お金が・・・、ね。と、外を見に行けば田んぼも雪化粧です。ここに見える田をずーと、端まで家で作れたらいいな〜ってね。 みん [続きを読む]
  • 高所不安症
  • じいちゃんが建てた主用機械を格納している畑の小屋。苺のハウスの鉄骨が使われているから、そんなに古い物でもないが年々、傷んでくる訳でして、補修が必要となってきます。なわけで兎に角、屋根に上がります。せめて来年ぐらいにはペンキも塗り直さないといけませんね。錆びが目立ってきていますが、今回はそれではありません。これです。以前、トタンの隅が吹き飛んだのを、親父がしないので放置しておりましたが百姓もするし、 [続きを読む]
  • 北方領土の日
  • 明日、2月7日は北方領土の日である。安政元年に樺太を雑居地、択捉島と得撫島間と始めて日露の国境が定められた日露和親条約の定められた日です。以後、終戦に伴う混乱に際しソ連軍が侵攻するまで択捉島以南は常に我が国の領土であった。それ以来、卑怯にも掠め取った彼の地は、未だ不法占拠が続いているのである。恐らく、嘗て島を追われた人々は遺憾ではあるが誰一人生きて故郷の地を踏むことは叶わないのであろう・・・。憲法の [続きを読む]
  • 薪割り
  • 薪は基本的に去年に持って帰った間伐材です。広葉樹に比べ火力に勝るとされている杉に桧の針葉樹ですがたまに燃やす古い剪定屑の木に比べ、それを今ひとつ実感できずにいる。今年の木に悪い木が混ざっていたので山で乾いていようと燃やせばどうやらまだ、湿っているらしく炎を上げて燃えると言うよりかは、チロチロと燃えているだけでさっぱり沸きません。一年では芯までは乾き切っていないのか・・・?どうも、そんな気がしてきた [続きを読む]