ひだまりさん。 さん プロフィール

  •  
ひだまりさん。さん: *ひだまりさん日記* 〜晴れ 時々 読書とパン〜
ハンドル名ひだまりさん。 さん
ブログタイトル*ひだまりさん日記* 〜晴れ 時々 読書とパン〜
ブログURLhttp://katharin.blog.fc2.com/
サイト紹介文読書感想ブログです。たまにネタバレするかも・・・。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。
自由文こんにちは(*^^*)
ゆるりと本のレビューを書いています。
小説がメインですが、たまに絵本も読みます。
好きな作家→東野圭吾、薬丸岳、宮部みゆき、恩田陸、安房直子など。
好きなもの→相棒、銀河鉄道の夜、カピバラさん、ニョロニョロ、ドラクエ。
よろしくお願いします(*^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 233日(平均3.5回/週) - 参加 2016/11/05 01:02

ひだまりさん。 さんのブログ記事

  • 『クリス・クロス 混沌の魔王』高畑京一郎/バーチャルリアリティの恐怖
  • 高畑京一郎さん『クリス・クロス 混沌の魔王』高畑京一郎が描き出す驚愕の仮想現実世界。あらすじ&感想 あらすじMDB9000。コードネーム“ギガント”。日本が総力を結集して造り上げたスーパーコンピュータである。世界最高の機能を誇るこの巨大電子頭脳は、256人の同時プレイが可能な仮想現実型RPG「ダンジョントライアル」に投入された。その一般試写で現実さながらの仮想世界を堪能する参加者たち。しかし、彼らを待っていたの [続きを読む]
  • 『つきのふね』森絵都 / みんな必死に生きている!
  • 森絵都さん『つきのふね』オレ、ほんとに月の船が来ればいいなって思ったんだよあらすじ&感想 あらすじあの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような [続きを読む]
  • 『あめのひのおるすばん』(絵本) 岩崎ちひろ / おかあさん、まだかな。
  • 岩崎ちひろさん『あめのひのおるすばん』あっ おかあさん あのね あのねあらすじ&感想 あらすじ雨の日のお留守番。岩崎ちひろさんの淡く繊細な絵と文が、幼い頃の記憶をよみがえらせる。おかあさん、まだかな。ちひろさんの絵が好きです。淡くて繊細で可愛くて。小さい頃を思い出す。・・・そういえば絵本のレビュー、ひさびさかも。今日 紹介するのは『あめのひのおるすばん』です。記憶に引っかかる、どこか懐かしさを感じる絵本で [続きを読む]
  • ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾 / 悲しき結末とメビウスの帯
  • 東野圭吾さん『片想い』オレは男だったんだ。ずっと前から。あらすじ&感想 あらすじ十年ぶりに再会した美月は、男の姿をしていた。彼女から、殺人を告白された哲朗は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが…。十年という歳月は、かつての仲間たちを、そして自分を、変えてしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた、傑作長篇ミステリー。―「BOOK」データベースより―WOWOWドラマ化さ [続きを読む]
  • 『クラインの壺』岡嶋二人 / 仮想世界と現実
  • 岡嶋二人さん『クラインの壺』あなたはもう、現実に戻れないあらすじ&感想ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけでヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。現実が歪 [続きを読む]
  • 『カラフル』森 絵都 / カラフルなこの世界
  • 森絵都さん『カラフル』おめでとうございます、抽選に当たりました!あらすじ&感想 あらすじいいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」ありがたくも、他人の体にホームステイすることになるという。前世の記憶もないまま、借りものの体でぼくはさしてめでたくもない下界生活にまいもどり…気がつくと、ぼくは小林真だった。ぐっとくる!ハートウォーミング・コメディ。―「 [続きを読む]
  • 『アキラとあきら』池井戸潤 / 爽快な結末 / 過酷な運命を乗り越えろ!
  • 池井戸 潤さん『アキラとあきら』運命を、乗り越えろ!あらすじ&感想零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。―「BOOK」データベースより―向 [続きを読む]
  • 『かがみの孤城』辻村深月 / ひとりで闘っている君へ。
  • 辻村深月さん『かがみの孤城』あなたを、助けたい。あらすじ&感想どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す――「BOOK」データベースより―一気読み必至!問答無用の著者最高傑作!・・・と、帯に書かれていました。辻村さんの [続きを読む]
  • 『春が来た』向田邦子/つかの間の春/「隣の女」より
  • 向田邦子さん短編『春が来た』切ない恋と、崩壊しかかった家族の再生の物語。あらすじ&感想冴えないOL、直子の前に現れた1人の男、風見隆一。彼の存在により、直子を取り巻く家族の生活が変わっていく・・・。切ない恋と、崩壊しかかった家族の再生を描いた珠玉の短編。向田さんの短編集『隣の女』に収められているひとつ、「春が来た」です。これ、切ないけど面白い。1人の男によって変わっていく家族の物語です。※ ネタバレあり [続きを読む]
  • 『君の膵臓をたべたい』住野よる / 私が号泣できなかった理由
  • 住野よるさん『君の膵臓をたべたい』僕は君に……。あらすじ&感想偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!―「BOOK」データベースより―タイトルのインパクトが半端なく良いですよね。気にはなっていたものの、知人が貸してくれまして読んでみました。とても軽い。号泣はしなかったですが、途中ウルっとくる箇所はありました。これはラノベ?なんとなく若い [続きを読む]
  • 『囀る魚』アンドレアス・セシェ/現実と虚構が織りなすファンタジー
  • アンドレアス・セシェさん『囀る魚』ドアの扉はどこか本の表紙に似ていますねあらすじ&感想内気な青年ヤニスはアテネ旧市街の古びた書店に迷い込み、神秘的な女店主リオに出会う。めくるめく読書の愉しみ、本の構造の不思議、古典の断片―ふたりの会話が尽きることはない。しかし、それも束の間、リオはふいに消息を絶つ。彼女は本当はいったいだれなのだろう。手がかりを探すヤニスが辿り着いた世界とは?現実と虚構と謎を織り込 [続きを読む]
  • 今注目のDSDS対応!HUAWEI nova / ガラケー&格安スマホ2台持ちはもう卒業!!
  • 進化し続ける格安スマホ先日、格安スマホについての記事をアップしたのですが、そちらが好評でしたので調子こいて続編です(*^^*)この間アップした記事→格安スマホ(MVNO)とキャリアの違いを理解してから使おう!格安スマホがいつの間にか進化していました!さっそく機種替えをした ひだまりさん。今注目のDSDS(デュアルSIM&デュアルスタンバイ)と、それに対応しているHUAWEI novaのレビューを簡単に書きたいと思います。興味があ [続きを読む]
  • 格安スマホ(MVNO)とキャリアの違いを理解してから使おう!
  • 安易にMVNOにしようと思っている人、ちょっと待って!昨日Twitterを見ていたら、HUFFPOSTのこんな記事を見つけました。→ 格安スマホで「こんなはずじゃなかった」事例が増加。国民生活センターが注意喚起最近、増えているようですね。この記事を読んでいて、ちょっと思うことがありまして・・・。今日はブックレビューをお休みして、格安スマホ(MVNO)について書きたいと思います。愛用してます、格安Sim月々のスマホ代が驚くほど安く [続きを読む]
  • 『いそがしいよる』さとうわきこ/ばばばあちゃんシリーズ絵本
  • さとう わきこさん『いそがしいよる』絵本みんな大好き ばばばあちゃん。あらすじ&感想ある夜、空を見上げるとお星さまがきれいに輝いていました。ばばばあちゃんは庭に出て星空を眺めていると、そうだ!ここで寝ようと思いました。それからが大変!忙しい夜の始まりでした。ばばばあちゃんシリーズ1作目です。小さいころ読んだことがあって、好きだった絵本なんですよね。とてもなつかしい。そっか、こんなお話だったんだ・・・。 [続きを読む]
  • 木曽義仲、平敦盛、平知章、それぞれの最期/『平家物語』古川日出男(訳)
  • 古川日出男さん(訳)『平家物語』激動の時代に生きた3人の男たちあらすじ&感想平安末期、貴族社会から武家社会へと向かうきっかけとなった、いわゆる源平合戦と呼ばれる動乱が勃発。武士として初の太政大臣となった平清盛を中心に、平氏一門は栄華を極めるが、悪行を重ね、後白河法皇の謀計を背景に、頼朝や義仲、義経ら源氏によって都を追われる。十七歳の若武者・敦盛の最期、弓の名手・那須与一の活躍、屋島・壇の浦の合戦、そ [続きを読む]
  • 『平家物語』古川日出男(訳) / 栄華から没落へ・・・
  • 古川日出男さん(訳)『平家物語』平家の栄華と没落の物語あらすじ&感想平安末期、貴族社会から武家社会へと向かうきっかけとなった、いわゆる源平合戦と呼ばれる動乱が勃発。武士として初の太政大臣となった平清盛を中心に、平氏一門は栄華を極めるが、悪行を重ね、後白河法皇の謀計を背景に、頼朝や義仲、義経ら源氏によって都を追われる。十七歳の若武者・敦盛の最期、弓の名手・那須与一の活躍、屋島・壇の浦の合戦、そして幼帝 [続きを読む]
  • 『錆びた太陽』恩田陸/シュールな未来と人間のようなロボット
  • 恩田陸さん『錆びた太陽』原発事故で汚染された地域を巡回するロボットたち。彼らのもとに、ある日、謎の女が現れた。あらすじ&感想「最後の事故」で、人間が立ち入れなくなった地域をパトロールしているロボット「ウルトラ・エイト」。 彼らの居住区に、ある日、人間が現れた。 国税庁から来たという20代の女性・財護徳子。 人間である彼女の命令に従わざるを得ないロボットたち……。 彼女の目的は一体何なのか? 恩田陸の想像力 [続きを読む]