しろくまさゆき さん プロフィール

  •  
しろくまさゆきさん: 妻の大腸がんと向き合う、共に戦う、そして勝つ。
ハンドル名しろくまさゆき さん
ブログタイトル妻の大腸がんと向き合う、共に戦う、そして勝つ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/sirokumasayuki/
サイト紹介文妻とともに生きる。共にがんと闘う男のブログ。
自由文大腸がんフェーズ?といういきなりの試練に立ち向かう妻を支え、共に闘う決意の日々。あきらめない。情報を収集し、発信し、共有し、共に闘う仲間たちに力を借り、力になるためのブログ。皆様よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 175日(平均4.4回/週) - 参加 2016/11/05 10:57

しろくまさゆき さんのブログ記事

  • 9クール(1日目)〜またもやオキサリ置き去り!?
  • XELOX+アバスチン療法9クール目の1日目。ケトンが低く出る考察はとりあえず、解法が見えたので、本日2本目。9クール目に挑む。 まず血液検査の順番待ちに勝ち進むべく先行のシガニーさん、私は子ども達を学校に送り出して追いかける。一度、予約時間より早く呼ばれてたどり着いていないため私抜きの診察になった事あるが、ちゃんと診察にも間に合った。 主治医のS先生、珍しく表情が軟らかい。 シガニーさん曰わ [続きを読む]
  • 8クール(21日目)〜ケトンが低い原因がなんだかわかったような…
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の21日目。ついに、休薬最終日になった。 先日、朝のケトンが低いというところから、朝に限らず低いのではないかという懸念が発生。これまでの経緯を軽く。 ケトン療法の初期段階で糖質制限ではなくカロリー制限になっていて、その折にケトンが徐々に発生、と同時に糖質を抑えながらもカロリーを摂ることに傾倒、特に脂質。ケトンは徐々に発生する。+は確実に++は出ている。場合によっ [続きを読む]
  • 8クール(18日目)〜朝方のケトン、思ったより低い
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の18日目。もう、ケトスティックの写真はいいや。とにかく出ていない。シガニーさんも測りなおしてもらったら1000前後、いや、もしかしたら切れているでは。いかに、昨晩寝る寸前のバターコーヒーを飲んでいないとはいえ。そして私はココナッツ豆乳10+バター13g(ちょっと堅い方に振らせている。消化に時間がかかる方が夜間の糖新生対策に有利かと思ったのだが)摂っているにもかかわらずである。 [続きを読む]
  • 出張中の低糖質やりくり
  • 只今、出張中のしろくまです。今回は長いな、といっても二泊三日だが、糖質制限 の外食はなかなか至難。初日、羽田空港にて夕飯ローソンのブランブレッドに持参のバターを挟んで食べる。暖か〜いの無糖ブラックにバター、中鎖が不足気味なので、ヤシ油も入れる。シェイクしていただく。(だからねじ込み栓)ブランブレッド、半分は飽きてきたので、これまた持参の液エリスリにメイプルフレーバーとハニーフレーバーを足した濃厚無糖 [続きを読む]
  • 8クール(9日目)〜ケトン体だよ!大科学実験中〜
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の9日目。シガニーさん、今回オキサリプラチン抜きなので、オキサリ由来のしびれ痛みがないから好調、と思いきややはり体重は落ちる。これは、ケトンが軌道に乗ってきた後もそうだが、やはり1週目はおちる。だからこれはオキサリのせいだと思っていた。(ゼローダは2週にわたるのだから、ゼローダのせいだとしたら、2週間落ち続けるだろうと思ったから)ところが、今回もやはり体重は減少傾向。 [続きを読む]
  • 8クール(5日目)〜無理は禁物〜
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の5日目。シガニーさんは今クールはオキサリプラチン点滴(+吐き気止め)抜きのアバスチン点滴+ゼローダ服薬、副作用が少ない点かなり体が楽なようで、朝の散歩は2日目から可能となる。(普通は昼の散歩を経て、一週間後ぐらいから)しかし、、どうにも疲れがたまっていたようで、今日は散歩の後で急激に体力消耗を訴えてダウン。私は会社に行かざるを得ず、ヒヤヒヤもの。昼休みに様子を見に戻っ [続きを読む]
  • 8クール(3日目)〜低糖質の友アボガド〜
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の3日目。オキサリプラチンの点滴がないが、アバスチンはある。吐き気止めの点滴はないが、ゼローダの服薬はある。残された化学療法とケトンで今回は頑張る。そして、せっかくのオキサリ抜きで副作用をしっかり抜ききるのが今回の使命。がんばるぞ。さて、ウエートが重くなったケトン療法、低糖質、低糖質ばかりでは息が詰まる。低糖質ながらもバラエティーを持たないと、めげる。本日のテーマはア [続きを読む]
  • 8クール(1日目)〜オキサリプラチンお休み!?〜
  • XELOX+アバスチン療法8クール目の1日目。今回より診察時間が午前・午後にしっかり分けられて予約が入れられる方針のようで、点滴は午後いち、診察は10:30、採血は、それに間に合う感じなら朝一番でなくてもいいので、始業式の子供達を送り出して、二人で出発。駐車場もすいているし、これは予約方針の徹底が効いてスムーズな診療かな、と思えば採決は長蛇の列。10:30の診察に血液検査の内容が間に合わない。まあ、CTの時以外は、 [続きを読む]
  • 7クール(20日目)〜ケトン療法は肝臓への影響なくできる(私は)〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の20日目。シガニーさん帰省から帰ってきて、早くも休薬期間が終わりになりそうな。 帰省先では、糖質制限にご理解のあるおやじさんはさておき、やはり、「なんでみんなと一緒に食わないんだ」感がなかなか大変だった模様。やはり、糖質制限は一人でするのはまだまだ時代の先行く行為のようだ。まあ、そのためにも私がいるのだが。 その私、ケトン食、糖質制限にはその作用機序が腑に落 [続きを読む]
  • 7クール(14日目)〜シガニーさん帰省中なので大科学実験〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の14日目。…のシガニーさんは子ども達と一緒に大阪に帰省。私は年度末進行で毎日午前様の猛ラッシュ。といっても、折角だから、懸案のケトン体測定について多少突っ込んでおく為、大科学実験進行中。まずケトン体を測定するために、私の採りうる現実的な手段としては、ケトスティックとケトン体測定装置がある。これ以外は庶民がどうにかなるものでない(はず)。ケトスティックは血中より漏れ出し [続きを読む]
  • 7クール(10日目)〜シガニーさん子供達と帰省〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の10日目。シガニーさんは大阪の実家に、春休みに入った子供達と一緒に帰省。成田まで送っていくが、ケトン療法をやり出してこれだけ長期間、自宅以外にいるのは初めてになる。これは、今後の生活をしていくうえでの試金石となることとおもう。しっかり、がんばって。 朝ごはんシガニーさんが作った揚げピザ。いろいろバージョンがあるが開いた油揚げをシート状にして、ツナマヨとチーズ、バ [続きを読む]
  • 7クール(9日目)〜年度末進行〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の9日目。わが妻シガニーさんと共に大腸がんと立ち向かうしろくまなのではありますが、年度末ともなればやはりいろいろとイベントも多い。私とて霞を喰うろうているわけでもないし、やはりなんだかんだとお金がいるわけで、現実的には働いて働いて、お金を稼がなくてはならないわけで。年度末はいろいろと仕事が立て込んでくる。シガニーさんのフォローの為、残業もせずに対応してきたが、さすが [続きを読む]
  • 7クール(5日目)〜外食で糖質制限〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の5日目。糖質制限(ケトン療法)をしていると、なかなか外食をするのは難しいというのはここでも何度か取り上げたが、私個人の出張ベースならちょっと多いけどすき家の牛丼ライト(炭水化物で16.2gだが、糖質としてならもう少し減る、コーン除けばさらに2g分ぐらいは減る)があるけど、家族での食事ではちょっと。そこで、糖質制限の友として評価が高い「ガスト」を使ってみようと。子供達も外食の [続きを読む]
  • 7クール(3日目)〜減薬なので体は楽だが…〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の3日目。シガニーさんの付き添いで会社休んでいったのに先生の診断に間に合わないという(予約時間より前に診断するなよ、といってもまあ、あいているところに入れてくれたんだろうからありがたいことなんけどね。CT込だから18時コースだと思ったが14時には終わったわけだし。)ショッキングな事態もあり、そして期末だというのに休んだので、今日は休日出勤。息子をサッカーサークルにお送 [続きを読む]
  • 7クール(1日目)〜決戦は肩すかし〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の1日目。のつづき。 10:00の予約で、点滴は午後だから、いつもより余裕…と思ったら、CTも血液検査も、早々に終わってしまったようで、私がたどり着く前に診察が終わってしまった。「今日はご主人は?」「間に合わないみたいです。」って、S先生、そりゃないよ。こんな時に限って、早くして…シガニーさんがいうこといったんだが、私もいろいろ聞きたかった…。さて、ここからはシガニーさ [続きを読む]
  • 7クール(1日目)〜決戦の木曜日〜
  • XELOX+アバスチン療法7クール目の1日目。ついに来た。7クール目突入、診察だ。 今回はCTがあるのでシガニーさんは先行して血液検査の順番待ち。これが遅くなると診察時間がずれる。が、今回から点滴の時間が午前午後の枠が予約時点で細かく分けられるようになり、既に午後点滴が確定している。血液採って、CT撮って、診察、ここで午前中終了。午後から点滴だが、一体何時におわるのやら。 こわい。 今回、こわい [続きを読む]
  • 6クール(20日目)〜ミヤリサン+グァーガム分解物続報〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の20日目。会社が年度末でしんどいな。今日は休薬最終日。明日はシガニーさんと診察と投薬。CTの検査がある。診察もいつもの投薬できるかできないかだけでなく、病状の把握する診察を受けれる。決戦だ。決戦は木曜日!!今日は、気を引き締めて最後の休薬期間を過ごしてもらおう。 さて、腸内環境の改善を目的に酪酸菌と酪酸菌産生物質であるところの酪酸産生に特化しているとみられるグァーガ [続きを読む]
  • 6クール(18日目)〜ケトスティックと血中ケトン〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の18日目。あまり取り上げてはいないが、シガニーさんはケトスティックで尿中ケトン体を測定している。2+以上はコンスタントに出ているので、最近では頻度が下がっているが、実際のところ、実効性があるのは血中のケトン体濃度であって、それを腎臓が濾しきれなくて、尿にもらしているが尿中のケトン体であるから、これをもって判断するというのはすりガラス越しに実態を見ているようなものなの [続きを読む]
  • 6クール(17日目)〜朝飯前と朝飯〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の17日目。 5:50起床日課の朝散歩とラジオ体操に出るために準備を始める。ここで、夜間経口からの油脂供給がとだえている(糖新生がおきている)ので速攻で油をチャージ。MCTを購入したので、本来ならMCTの方がいいのだろうが、まだココナッツオイル。半分はMCTだからとりあえず、これを20g測りとる。瓶はココナッツオイルが入っていたマヨネーズ瓶(油が入っていたのにマヨネーズ瓶とはこれ [続きを読む]
  • 6クール(16日目)〜ケトンの失敗談〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の16日目。ケトン療法の失敗例をちょっとまとめておこうかと。 ※ 私はケトン初心者なので適応症例なのかどうかを自信を持っていえないので、あくまでも私の場合のケトン食の失敗例を提示するにとどめます。この治療は結局のところ自己責任で、自分で考えてやらないとならない、情報の少ないものなので。そこはご了承を。・「甘いものがほしい時はエリスリトール系の甘味料を。」インスリン [続きを読む]
  • 6クール(15日目)〜休薬期間突入+ミヤリサンの結果〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の15日目。先日の6クール(12日目)〜他の食事療法考察(2)〜で飛ばしすぎてずいぶんあいてしまいました。なんだか全然かいてないな、今クール。本日の朝の経口薬を最後に休薬期間に入った。 さて、あいかわらずのケトン療法。だが、ケトンは出ているが安定的にというとちょっと疑問。作用機序がまだ理解しきれてないので、なんで朝方のケトン体が少ないのかとか、糖新生を抑えることができない [続きを読む]
  • 6クール(12日目)〜他の食事療法考察(2)〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の12日目。シガニーさんの化学療法の副作用は強いものの初発の点滴の副作用のうち、胃腸の動きの悪さはかなり改善、今回のクールは体重の減少がすくない、いや、むしろ増えている。たまっているだけかもしれないが、一部副作用が軽減している感がある。違いはといえばシイタゲンか、あるいはそれまでのビタミンCやBコンプレックスなどが徐々に基礎的な部分を向上させているのか。 さて、前 [続きを読む]
  • 6クール(7日目)〜他の食事療法考察〜
  • XELOX+アバスチン療法6クール目の7日目。タイトルにクールと日にち入れないと調子でないので簡易表示でもどす。日々の内容を書くことも目的だから。 最近、調べているのはゲ○ソンや○陽式の玄米菜食ニンジンジュース的な食事療法。この食事療法を信奉している方々は多いが、糖質制限派とは相性が悪い。中には互いを口汚く非難し合っている方もいる。私は、当初○陽の本を購入していたが、ちょうどその時に立て続けに4rota [続きを読む]