河杜 花 さん プロフィール

  •  
河杜 花さん: 柳緑花紅
ハンドル名河杜 花 さん
ブログタイトル柳緑花紅
ブログURLhttp://ryuuryokukako17.blog.fc2.com/
サイト紹介文花より男子の二次小説を書いてます。CPは総二郎&つくしです。
自由文こんにちは。河杜 花(かわもり はな)です。

花より男子のアプリ・二次小説の世界・再放送ドラマをみて無謀にも書いてみたくなりました。
CPですが、総二郎とつくしです。
おちゃらけ・コメディ・シリアス・ダーティなんでもござれ。
素人ながらも、がんばっていく所存です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 261日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/05 11:27

河杜 花 さんのブログ記事

  • 第4章 道  [1]
  • 総二郎side牧野の試験も無事終わり、明日から春休みへと突入となる。その二日後には幼馴染の二人は家業の手伝いのために海外へと渡り、俺も仕事で日本全国を回る予定だ。明日は牧野がバイト先で表彰されるとかで、類、あきら、桜子、俺と四人とも招待されていて、帰りはみんなで飲みに行こうという話しになっていた。RRR〜♪ RRR〜♪ RRR〜♪プライベートのスマホが鳴った。この番号を知る人物は限られている。ディスプレイを見 [続きを読む]
  • Sei unica. ③
  • 『Sei unica. ③』つくしは総二郎と一旦離れ、別室で総二郎の内弟子から綺麗な字で書かれた手紙を受け取った。その手紙には総二郎の宿泊先のホテルに来てほしいと書かれてあった。あの茶会で総二郎に見つかってからここに来るまでの間、たっぷりと時間はあった。ならば逃げることだってできたはずだ。それなのに、なぜか律儀にもつくしはこのホテルに向かっている。私は何をしたいのだろう・・・。会いたくない気持ちと会いたい気 [続きを読む]
  • Sei unica. ②
  • 『Sei unica. ②』この会社に就職しようと決めた時、私は何もかも全てを捨ててきた。洋服、カバン、靴、高価なアクセサリーに婚約指輪・・・。唯一、捨てられなかったのは薄い若緑の色留袖一式と金の帯。家元夫人のお母様の若い頃にお召しになっていた着物だった。色々高価なものを見てきたけれど、優しい色合いに魅かれ初めて欲しいと思った唯一のものだった。久しぶりに畳紙を開けると、仄かに懐かしい白檀の香りが漂った。おそ [続きを読む]
  • Sei unica. ①
  • こんにちは〜河杜です。久々にSS書きました。ちょっとしっとりとしたお話です。7月9日(日)7月12日(水)7月16日(日)の12時UPいたしますではどうぞ『Sei unica. (君しかいない)①』付き合って半年の日に、仕事先で知り合った男にふられてしまった。「はあ・・・。」これで何回目だろう。『牧野さんは俺がいなくたって大丈夫だし、強いだろう?』『君は俺のこと、本当に好きだったの?』『まるで男みたいだね』付き合った男た [続きを読む]
  • 花花閑話 30 お話贈りました?
  • こんにちは〜!河杜です。本日は告知をさせていただきます類つく書きの大御所のお一人、駄文の置き場ブログの星香さまのもうひとつのブログ『駄文の置き場ブログ2ndseason』1周年記念をお祝いして・・・。お話を贈りました〜〜〜類つくですてへへひょんなご縁から仲良くして頂いている星香サマ。本当にお世話になりっぱなしなのです。そんな星香サマに送りつけた今までのお話は悲恋もの類つくだったり、演歌総つくだったり、トンデ [続きを読む]
  • 花花閑話29 第3章が終りました〜!
  • 第3章、終わりました〜長かった・・・。長かったよぅぅぅ・・・。この章は週2掲載から週1掲載へ変更したこともあったのですが、3章始まってから終わるまでなんと半年も経過してましたしかも予定にはなかった話を入れたり、途中脱線しまくったせいで、かなり迷走気味な展開になってしまい、すみませんでした。自分でもコントロールできなかったのよ〜〜〜。もう、本気で途中、二次の世界からとんずらしてしまおうかと思ったことか・ [続きを読む]
  • 第3章 林檎[24] 
  • つくし side よしっ!これで教科試験は全て終わった。特待生の試験は残すところ、面接と論文だけ。これを無事クリアできれば、進級できるはず 。私は一足先に、ラウンジに来て論文の仕上げをしていた。 試験が先に終わったF3は春休みが始まると同時に、家業の手伝いへとかり出されるのだという。類はフランス、美作さんはイギリス。西門さんは日本にいるけれど、九州、京都・・・。私はというと、この春休みもバイトを入れるつも [続きを読む]
  • 第3章 林檎[23] 
  • 木下side タイムリミットまであと1ヶ月をきったが、牧野つくしが一人になる時間がなかなか見つけられない。あの女が住んでいるアパートはオンボロすぎて歩くだけでもギシギシと音が煩いし、バイト終わった後を狙おうとしてもF3の鉄壁ガードがなかなか堅くってあの女が1人になるチャンスがなかなか見つからない。ならばと3人とも迎えにこれないときを狙って外人らに小遣いやってあのクラブで襲わせようとしたが、イレギュラーな行 [続きを読む]
  • 第3章 林檎[22] 
  • 桜子side 先輩の変化は、すぐにわかりました。 あの夏以降、先輩はあの婚約報道で受けた衝撃を隠すかの様にずっとバイトに勉学にと多忙を極めておりました。なりふり構わないその姿に痛々しさを感じつつも、少しでも前に進もうとする姿は先輩らしいですわ。私は見守ることしかできませんけれど、先輩の心の支えになると改めて誓いました。そんな先輩の表情が明るくなり始めたのは秋にさしかかった頃からでしょうか。時々鼻歌をうた [続きを読む]
  • 第3章 林檎[21] 
  • つくしside 久々にあの夢を見た。 暗く細い洞窟の中を歩き続けている夢だ。どうやら私はまだ洞窟の中を歩き続けているようだ。 恐る恐るまさぐりながらも洞窟を歩き続けていると、薄明かりの中、狭い空間ながらもなぜか林檎の木が広がっていた。林檎の木は2mぐらいの木で、赤い林檎の実がなっている。たくさんの林檎がなっている木は、ちょっと背伸びすると林檎が取れそうで、びっくりするほどたわわになっている。空腹を覚え [続きを読む]
  • 花花閑話 28 柳緑花紅リレー企画完全版あとがき
  • こんばんは!河杜 花です。河杜の「柳緑花紅1周年記念」のお祝いとして頂戴した5人の美女作家によるお話・・・。いかがでしたか?このお話は5人の美女作家さまたちによってリレー形式で掲載されました。本当にすごいですよね普段、一人でお話を書いているとですね、お話を書きたい方向性にきちんと書けないかったします。河杜は寄り道しまくり、思いつきが多すぎよほどしっかりと決めないと、難しいものだと思うのです。それをリ [続きを読む]
  • 柳緑花紅 〜もうひとつの序章〜
  • ふとした微笑みで、優しい眼差しで__隠しても隠しても溢れ出る思いがある。その思いが溢れ出た時、思わぬ場所にも真っ赤な真っ赤な恋の花を咲かせる事がある。柳は緑に、花は紅に咲くことが世の常のように、本当の思いの中では至極当たり前なのかも知れない。 [続きを読む]
  • 花花閑話 27 柳緑花紅リレー企画完全版
  • こんにちは。河杜花です先週の5月22日は当ブログ「柳緑花紅」の1歳誕生日明日咲く花 asuhanaサマより、『お礼のお話を掲載するので、22日になったら遊びにきてね〜』と、お誘いがきたんです。asuサマからお誘いが来た時点で「わくわくどきどき」目がマークの河杜。「なにかななにかな〜」とドキドキでasuサマのブログに行くとそのお誘いとは・・・河杜花のブログ名「柳緑花紅」という総つくのお話。当ブログの1周年をお祝してくれ [続きを読む]
  • 第3章 林檎[20] 
  • つくしside ラウンジに戻ると、西門さんはすでにラウンジに入っていた。寝ている花沢類の側で、美作さんと和やかに話している姿をみると、やっと三人揃った光景に安心感を覚えた。西門さんがラウンジにいると、いつもより部屋が明るく感じるから不思議。この人の作り出す雰囲気は、私に元気を与えてくれる。 「よっ!特待生。何、ボ〜と立っているんだよ?勉強は捗っているか?俺に会えなくて寂しかっただろ?」いつもの様に揶揄 [続きを読む]
  • 花花閑話 26 柳緑花紅は1歳になりました!
  • こんにちは〜!河杜 花ですっ♪ノープランで花男二次の世界に総つくという希少CPでお話書き始めてこの5月22日になんと柳緑花紅は1歳になりましたっ〜〜〜ハッピバースデー 柳緑花紅ハッピバースデー 柳緑花紅ハッピバースデー ディア 花ちゃーん!ハッピバースデー 柳緑花紅〜ふぅ。とりあえず、歌ってみましたもう一年経ったのか〜!・・・と、いうのが正直な感想です。これもこの辺鄙なブログに来ていただいて拙い物語を読んでい [続きを読む]
  • 第3章 林檎[19] 
  • つくし sideラウンジに来る様になって一週間。来週から本格的な試験ウィークとなる。ローテーブルに積み重なった書籍や古びたノートを抱えて、黙々とパソコンの前で試験勉強をしていた。すぐそばにある4人掛け革のソファーには類が寝ていて、美作さんもローテーブル近くにあるリクライニングソファーに座っていた。このラウンジは本当に静かで、ミニキッチン、シャワールーム、仮眠室まである。好き勝手に使っていいって言われて [続きを読む]
  • 第3章 林檎[18] 
  • 総二郎side俺の心配はよそに、特待生としての進級がかかっている牧野が、ラウンジに勉強しに来る様になったという連絡が入った。わからないことがあると類やあきらを捕まえて、熱心に質問するらしい。その勉強の仕方は英才教育を受けてきたら奴らが目を見張るほどで、驚異的な集中力&教えたことをすぐ理解して習得する牧野を、さすが特待生に受かるだけあると、類と二人して驚いたそうだ。バイトも試験期間中は控えめにしていうよ [続きを読む]
  • 花花閑話25  総つく娘の初会合と珍道中!!
  • こんにちは〜!河杜です。連載はお休みさせていただいているのですが、なんと!ある会合に初参加いたしました〜〜〜タイトルを見たらある程度ご想像できるかもしれませんが総つく娘の珍道中をレポ。そのレポは妹サイトの「GREEN TEA & HORSETAIL」でいたします!是非、遊びに行ってください [続きを読む]
  • 第3章 林檎[17] 
  • 総二郎sideゼミの資料作りが終わった。この俺がまじめに資料作りなんてな〜。自分でも信じられないのに、高校時代の自分がこの状況をみたら大笑いするか、大病を患っているんじゃないかとまちがいなく病院を行きをすすめるだろう。でも、こんな俺を俺自身が楽しんでいる。それだけ、大人になったという事なんだろうか。いや、それだけじゃない。何事にも真摯に受け止めて努力するあの姿に惹かれて憧れているから。眩しくて、手の届 [続きを読む]
  • 第3章 林檎[16] 
  • あきら sideこの日。久々にラウンジへ顔を出した牧野は、類と俺と会話しながらもずっとそわそわして、落ち着かない様子だった。飲み物をオーダーした後、スタッフが飲み物を届けにドアを開けたのと同時に、牧野は勢いよく振り返った。そして、「なんだ店員か」と非常に小声ではあったがはっきりとそう呟いた。一瞬、牧野が何を言ったのかわからなかった。類も瞬間的に固まり、類が俺の顔を見た。そして大きく息を吸って、何かを確 [続きを読む]
  • 第3章 林檎[15] 
  • つくしside年が明けてからはしばらくはバイト続けて、バタバタした毎日を過ごしていた。そんなバイト三昧もしばらくはお預け。3月上旬から特待生維持出来るか、運命の試験が開始される。レポートなどもほとんど仕上げたとはいえ、テスト対策に図書館で試験勉強したいところ。なのにこんな時に限って、図書館は春の大改修中。館内の半分が使えなくなってしまった。さすがの英徳学園大学の学生もこの進級時期だけは図書館内で勉強を [続きを読む]
  • 大人の掟 〜secret love〜
  • こんばんは〜!河杜です今回のお話は『駄文の置き場ブログ』の管理人 星香サマが開催されいてる【大人の掟】イベントに挑戦させていただきました本日、星香サマのサイトでも同日公開させていただいていますが、ちょっとだけ当ブログと異なるところがあります!なんと、CPがわかる・・・?!星香サマのサイトから来られた方も最後まで読んでくださいでは、どうぞ大人の掟 〜secret love〜真っ白な壁に真っ白なカーテン。まるで病院 [続きを読む]
  • 花花閑話 24 「大人の掟」挑戦しました!
  • こんばんは〜!河杜です。またまたお話を書きました〜!今回のお話は『駄文の置き場ブログ』の管理人 星香サマが開催されいてる【大人の掟】イベントに挑戦させていただきましたすでにたくさんの作家さんたちがすでにUP!さすが星香サマ、人脈というか、掲載されているメンバーがすごすぎでしょプレッシャーが半端なかったですw「Close your eyes つくし&総二郎side」も問題作でしたが、それに匹敵するくらい今回のお話は問題作 [続きを読む]