レモン さん プロフィール

  •  
レモンさん: 太陽の光を浴びて
ハンドル名レモン さん
ブログタイトル太陽の光を浴びて
ブログURLhttp://ameblo.jp/sunremon/
サイト紹介文恋愛・夫婦・復縁・仕事など運がよくなりそうなことを綴ってゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 137日(平均8.4回/週) - 参加 2016/11/05 15:11

レモン さんのブログ記事

  • 昔の人たち・・・
  • うちの両親の時代・・・男性はまだまだ男尊女卑が強い時代でした。 子供たち・妻は、自分の思う通りに動かしてしまうような時代の人でした。まずで、自分の家族を人形のようにそのものに意志がないように扱うのでした。 そんな両親を子供たちを見ているとまた、それを真似することどもが、でてきて当たり前で、また、同じことを繰り返してしまっているときがある。 それは、愛情のかけかたも同じでいつか人は自分 [続きを読む]
  • 霊能力者と私の試練
  • 私は、霊能者たちに出会う機会が 普通の人より多く 私はその力を信じ、 教えてくださった言葉を大事に抱えていました。 でも、答えは 霊能者たちも 未来を見ることはできる 起こることはわかるけれど、 その人の心や痛みなどすべてを理解することは できなかったのだと思いました。 私は、 今回も霊能者の話に耳を傾けました でも、「ちがう」 起 [続きを読む]
  • 人と比べる心理
  • 人からの評価や比較を機にする人は人よりよく思われない人より、優れていたいって、真理ですよね。でも、いつでも自分が最高って思っていたらそんな不安も恐れも無くなるんですよ。思うのは別に罪でも悪いことでもない。なら、思っちゃいましょうよ。わあ!わたしって、僕って、最高‼?って。そしたら、自信もつきますし、また、そうなっていく言葉の魔法をつかいましょう!中途半端にしてはだめですよ。思い切り、思い込んじゃ [続きを読む]
  • 両親から学ぶこと。
  • 人は、本当に当たり前な環境を与えて いただいている方は稀だとおもう。そんな中で、私の両親を見ていると仕事はしない、ギャンブルばかりしていた父ですが、年老いた父を哀れにおもうのはやはり愛でしょうか?私は、人にはお役目があるそう思い始めた時がある。キリストを裏切ったユダは歴史に裏切り者の判を押されますが彼がいないと歴史は動かなかった。可哀想な役目をしなければならない人だった。望んで [続きを読む]
  • あなたが何を望んでいますか?
  • こんな質問が出ました。 みなさまは、恋愛中に この質問を受けたなら、なんて応えますか?? この質問はま、いいとして、 私はある人と出会った時、 10分だけ昼寝させてと言って眠る彼を起こしたとき 片目を明けてね、うなずいて また眠ってしまった姿に 思わず吹き出してしまって 「 こんな人なら、将来、孫に優しいひとになるだろう」 って思ったことがあり [続きを読む]
  • 信じてもらえること 。
  • 「 あの子は、そんなことする子じゃないよ」と、浮気の疑惑があるとき、さらっと、言ってた友の言葉。ビジネスにあたっても疑惑が浮いたとき「あの人は、そんなんじゃない!」と、言い切った人がいたとき。人は与えられて、愛を感じる。それが、私も返さなきゃって、また、絆が深まる。人間関係は、そんな連鎖だ。誤解が解けた瞬間深まる関係もある。なにか、起こった時、関係が右に行くか左に行くか境目。なにかが起こる [続きを読む]
  • あなたはどちら?
  • 男性が、わざと女性に意識向けることをしました。あなたなら、どうします?賢いオンナは 思うツボにはまりません。利口なオンナは 知っていて、ハマるのです。 [続きを読む]
  • 変容
  • 人は、何が幸せなんかはわからない。自分の才能を発揮して輝くのも幸せなら愛する人に寄り添って地味かもしれないても、小さな満足に生きるのも幸せ。それは、他人が決める事ではない、自分が決めること。 [続きを読む]
  • 幸せは気づくもの。
  • 人の喜びが気に入らない人は不幸だと思っているひと。人の幸せを喜べないのは心が貧しい人。人の楽しみを邪魔するやつはとってもとってもかわいそうな人。 [続きを読む]
  • 病名とやらは。
  • 人は、それを理由にわざわさ、自らがハンディが、ありますと、甘えさしてしまうものである。私は引き算ができない子供でした。今なら、病名をつけていただけるくらいできない子供でした。一過性のものだったみたいで、まあ、長年、引き算が嫌いは引きずりましたが、並以上の成績も取れるようになりました。姪が、同じだったみたいでした。病名をつけられ、そのように扱われ勉強ができない子になりました。「私はバカだからといい [続きを読む]
  • 何が起きたとしても
  • 「 笑顔 」 これは、いかなるときも絶やしてはいけないものだ思っています。 悲しいね、悲しい顔? 淋しいね、さびしい顔? 辛いとき、辛い顔? 「笑顔」って周りの人にできる最大の「サービス」だと思うのです。 自分の心境でころころ変えるのではなく 常に「笑顔」であること。 ( 注意!!  異性に笑顔をしすぎると勘違いする   レベルの低いひとがいるので、危ないっと [続きを読む]
  • 浮気とやら
  • 女性は、悲しくされたり、辛い思いをさせられたら 他の男性に走ってしまう傾向があるみたいです。 それは、支えが欲しいからです。 男性が浮気をするのは 今の女性が本気な人じゃないからです。 本当に好きな人を見つけたいから目移りするのだと思う。 人はさびしくて恋をするケースがございます。 好きだと錯覚から始まるのです。 その根本は、「さびしい」「だれかいてほしい」& [続きを読む]
  • 脳は「想像」と「事実」との区別がつけられない
  • 古い脳は、本当にあったこと、 つまり事実と想像したものの区別がつかないということです。 ですから、想像上のことでも 事実として受け止め、それを具体化しようとするのです。 例えば、梅干しを実際に見ないで、想像しただけで 古い脳は、梅干しの像に反応して唾液を出すわけです。 また、人間は、大脳が発達する進化の過程において 非情に特徴的な変化を起こしています。 それ [続きを読む]
  • 理解できない部分を持つことってあるよね。
  • 以前、大富豪さんとビジネスをする話があったときに その女性の悩みを受けました。 その悩みとは その女性の娘さんは いい大学を出て、お医者さんの道へ進んだそうです。 それまでは、小学校から高校まで ずっとずっと塾の繰り返しの中で 育ったお嬢様だったみたいでした。 そうして、お医者さんになり大人になった御嬢さんが 母親に言った言葉が 「 私は勉強よりも、お友達 [続きを読む]
  • 愛する人って。
  • 愛するってきっと、 自分を犠牲にしても尽くすことができる人。だろうね。みんな愛が欲しくて愛を勘違いしてる。相手より自分が大事ならそれは自分を愛してる事だ。相手をおとしいれたり悲しい思いをさせる行為は相手を愛してなんかいやしない自分が大事なだけ。それが、浮気することもそうだ。みんなわかってるそれをしたら相手が苦しむこと悲しむだろうこと想像できるのにしてしまうのは自分が大事だからだ。相手をおもっ [続きを読む]
  • 自分の幸せだけを求めない
  • 久しぶりにこの言葉を使おうと思います 私の好きな言葉であります ******************* 「 愛は忍ぶことである  怒らないことである 」 「 愛は容れることである 閉ざさないことである 」 「 愛は信である  偽らないことである 」 「 愛は平和の心である 愛は争わないことである 」 「 愛は望みである   愛は失望しない 」 「 愛は力である   [続きを読む]
  • 支えって・・・
  • 9分45秒くらいのときに素敵な言葉が聞けます。このステージとっても苦しそうな前田ボーカルの顔が気になっていたら(かなりお疲れだな・・・と) こういう言葉が聞けました。 「 支えるっていうのは、あれだな どちらが一方じゃねえな! お互いがそうなんだな 」 何ごとも、 お互いに交換しあわなけばならないんだね。与えていくこと きっと、こたえがある   [続きを読む]
  • 赤ちゃんが出来て十月十日って。。。
  • あかちゃんが出来ますと 十月十日と言われますね なぜだと思います??? これは産院先で質問されたことなのですが それは 「準備期間」なんだそうです。 赤ちゃんがお腹に宿して それからの時間は 「ママとしての心の準備」だそうです。 急にママにはなれないってことです。 じゃ、老いはどうしてあるの? これは「死んでゆく準備」だと思っています。 いつまでも [続きを読む]
  • 自分以外のもの。
  • 馬に水分補給が必要かな?と川に連れて行くのは簡単。でも、馬に水を飲ますためには馬が飲みたいと思う気持ち、あるいは飲もうと行動するのは馬の気持ちしだい。*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**人のモチベーションをあげるのは難しくて相手しだいである。だから、一年も待ちました。押し付けるものでもないただ、私はわたしでやらなくてはならないことをする。上手言ってその時はできても長続きはしない。や [続きを読む]
  • 一心に願うことは
  • 切に思うことは / 必ずとぐるなり / 強き敵、深き色 重き宝なれども / 切に思うこころ / ふかければ 必ず方便も / 出で来る様あるべし 一心に強く深く、思い願うことは 必ずいつかは成し遂げることができます。 どんなにてごわい強い出来でも勝つことができます。 どれほど高価な宝でも 一心にそれを手に入れようと思えば、 かならず、その方法が見つかり手に入れることが [続きを読む]
  • 「ちょっと休もうかな」とおもったときが危ない
  • 人は、小さな成功を手にすると とても嬉しくなります うれしくなってこう思うのです 「温泉でも行って、ちょっと休もうかな・・・: ところがこの考えが 成功の勢いを止めてしまうのです。 成功を手に入れたことは、すばらしいことです。 ただし、「次の仕事を考えること」をやめてへいけません。 成功への階段を歩みはじめたばかりの人は小さな成功を手に入れると ほっとして、少 [続きを読む]
  • 「 羽生 世代 」
  • チェスの日本人王者の名前を知っていますか。 その王者の名前は 「羽生善治」です。そう、あの将棋界の天才「羽生善治」は、実はチェスの日本王者でもあるのです。 羽生氏の凄さをどう伝えたらいいでしょう。たとえば、将棋には七つのタイトルがあります。過去10年間にのべ70人のタイトル・ホルダーがあるのですがちょうど半分の35人が「羽生善治」です。 その羽生氏、こんなことを言っています  [続きを読む]
  • 体・心・ことばは「いつも一緒」
  • 何か生き方の“指針”が欲しいー 誰の胸のうちにもそんな思いがあるでしょう 「どう生きたらいいのか」ということは 人間の永遠のテーマであるかもしれません。 お大師さまは、 「手に印を結び、口に真言を唱え、心を清らかな状態にすれば 私たちは身口意の三密が、仏様の三密と相応じて、 その加護をいただくので速やかに悟りの境地に達することができる」 と、いいます。 & [続きを読む]