埼玉鹿島 さん プロフィール

  •  
埼玉鹿島さん: 埼玉から鹿島アントラーズへの愛を叫ぶ!
ハンドル名埼玉鹿島 さん
ブログタイトル埼玉から鹿島アントラーズへの愛を叫ぶ!
ブログURLhttp://saitamakashimalove.link/
サイト紹介文サッカーはど素人の50代のおっさんです。埼玉から鹿島アントラーズへの愛を叫びます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 142日(平均14.7回/週) - 参加 2016/11/06 10:41

埼玉鹿島 さんのブログ記事

  • 鈴木 優磨〜オレも〜何をでしょう?!
  • 今日の練習試合で1ゴールを決めた鈴木選手ですが、昨日、西選手が行っていた公式ツイッターでの「質問タイム」をフォローしていたそうです。「オレもやりますよ。何で声かけてくれないんですか!」 そう、スタッフに問い詰める鈴木選手ですが、一応、○○万フォロワー達成でその背番号の選手というような流れがあったことを説明すると、「え?じゃあ、オレ、今年から9番だからずっとダメじゃないですか!」とショックを受けていま [続きを読む]
  • 遠藤 康〜よかったね〜誰のこと?
  • 今日の練習前、遠藤選手がスタッフルームにやって来ました。「今日も少し寒いね〜」と世間話から入りましたが、自然に話はUAE戦に移りました。 「それにしても、今ちゃんはすごいね。全然呼ばれていなかったのに、呼ばれた途端、あの活躍だもん」と、同じ仙台市出身で東北人魂仲間であるG大阪の今野選手を褒め称えていました。 「サコは、大丈夫かな?後は、源とナオに出て欲しいね」と元チームメートと現チームメートのことも気に [続きを読む]
  • 重し〜、誰でしょう?曽ケ端選手、どんなこと?
  • 今日も10時から練習を行った選手たちですが、笑顔であふれる練習となりました。「ロッカールーム」でも触れましたが、練習の最後にはシュート練習を行いました。そこで存在感を発揮したのが、GKの曽ケ端選手です。 左右のクロスから選手2人がエリア内に入っていってダイレクトシュートを打つ練習では、小笠原選手と中村選手がペア。すると小笠原選手はクロスをシュートせず、ファーに走った中村選手にパスを出しました。 このまさ [続きを読む]
  • 名門ブレーメン、鹿島DF昌子オファーへ来月視察
  • 鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源(24)が、ブンデスリーガのブレーメンの今夏補強候補にリストアップされたことが23日、分かった。昨年12月のクラブW杯決勝で、レアル・マドリード(スペイン)FWロナルドと真っ向勝負を演じるなど、1対1の強さを高く評価。今月上旬に試合を視察した強化担当者が4月にも再来日してプレーを確認し、獲得オファーの最終決断をする意向だ。 ブンデスリーガを4度制した名門ブレーメ [続きを読む]
  • 梅鉢 貴秀〜期待通り〜何を?
  • 今日は練習の最後にシュートトレーニングを行いました。左右から上がってくるクロスに対し、シュートを打っていくわけですが、見事に決まったり、素晴らしいセーブがあったりする度に歓声が上がります。 そんななか、梅鉢選手は最初のダイレクトシュートを止められ、そのこぼれ球に対するシュートはポスト直撃。さらにそのこぼれ球をシュートするもクロスバーの上と3連続で外してしまいます。 これにはチームメートも大爆笑。誰か [続きを読む]
  • 小笠原 満男〜兄弟一緒〜誰のこと、どんなこと?
  • 今日は最初にスプリント競争をしたのですが、三竿兄弟、そのスタートポジションが全く同じ。それをめざとく見つけたキャプテンが「おいおい、雄斗に健斗、お前ら同じ恰好じゃないか!」と指摘すると、全員が大笑いしていました。 キャプテンの結論は、「やっぱり歳が違っても誕生日が同じくらいだから、双子みたいなもんなんだね」とのこと。 どこまでも仲が良い三竿兄弟でした。 [続きを読む]
  • 遠藤 康〜狭いよ!〜
  • 雨の中のフィジカルトレーニングとなった今日ですが、かなり負荷が高く、選手たちはかなりの悲鳴をあげながらのトレーニングとなりました。そんな中、遠藤選手はステップトレーニングでのポールの間を野球選手がみせるようなスライディングで滑ってみせようとしたのですが、あえなく失敗。 「ちょっと幅狭くない?通れないよ!」とクレームをつける遠藤選手ですが、「そういう練習じゃないから」とコーチ陣に真顔でたしなめられて [続きを読む]
  • 柴崎岳に注文、マルティ監督「もっと前でプレーを」
  • スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(24)がようやくスペインデビューを果たした。ホームのレウス戦に0−1の後半29分から出場。守備的MFとしてプレーした。鹿島から移籍し、2月1日に入団会見したが、その後は胃の不調、現地への適応の遅れからチームへの合流に時間がかかった。限られた時間で効果的なプレーはできず、チームもそのまま敗れたが、スタンドからは期待の大歓声がわきあがった。 得点につながるプレーこそ [続きを読む]
  • 伊東 幸敏〜自信〜
  • 2年ぶりとなるアウェイでの清水戦。静岡県出身の伊東選手、プロ入り後初めて、日本平のピッチに立ちます。「アイスタは高校時代、選手権で負けたりしていて…」と、あまり良いイメージは持っていないようですが、力強くこう続けてくれました。 「最近はそういうことも気にならなくなりました。今は勝てる自信があります」 2試合連続でアシストを記録し、一段と頼もしい存在になっている伊東選手。充実の時を過ごしていることが、こ [続きを読む]
  • 西 大伍〜ビシッといこうぜ〜何を?
  • NEWYORKERオフィシャルスーツの先行販売に合わせ、公式SNSでは選手たちのスーツ姿のオフショットを色々とご紹介しています。そのなかでも、特に人気が高いのが西選手。ユニフォーム姿ももちろんですが、日ごろから意識の高い西選手だけにこのスーツもビシッと着こなしています。 去年まで選手会長だった西選手がNEWYORKERさんとの事前打ち合わせでも積極的に意見し、今回のスーツが出来上がったことは以前もご紹介しましたが、ピン [続きを読む]
  • やられたら、やり返した!――植田直通が遂行した2つのミッション
  • 3-0で完勝した4日前のACL3節・ブリスベン・ロアー戦でも、CKのチャンスにチーム2点目となるゴールを決めている。それだけに良いイメージはあったのかもしれない。  0-2で迎えた74分、遠藤康のFKをヘッドで叩き込む。頭ひとつ抜け出した、対空時間の長い力強いヘディングシュートだった。  植田直通のこのゴールが反撃の号砲となり、鹿島はその後、鈴木優磨と金崎夢生がネットを揺らし、2点差をひっくり返す劇的な逆転 [続きを読む]
  • 柴崎 19日デビューなるか?指揮官「18日の練習を見てから」
  •  スペイン2部テネリフェのマルティ監督が、MF柴崎岳(24)のデビューの可能性について言及した。17日、ホームのレウス(19日)に向けた会見で「あす(18日)最後の練習を見てから、ガクをメンバーに選ぶか、どのくらいプレーできるか判断したい」と語った。 ポジションについては「最も合っているのはトップ下だと思うが、2列目の両サイド、そしてボランチでもプレーできだろう」と中盤のあらゆるポジションでプレー [続きを読む]
  • 昌子選手にとって頼もしき相棒は誰?
  • 明日のアウェイ清水戦を控え、選手たちはセットプレーの確認を中心に最終調整を行いました。この試合が終われば、Jリーグは中断期間に入ります。その理由はもちろんW杯最終予選があるからです。 アントラーズからは昌子選手、植田選手の両センターバックが選ばれました。すでに2人ともハリル・ジャパンには何度も招集されているので驚きはないのですが、やはり気分はいいものです。 さて練習後、昌子選手がその相棒に関して、こん [続きを読む]