まーこ さん プロフィール

  •  
まーこさん: 蓮花の縁
ハンドル名まーこ さん
ブログタイトル蓮花の縁
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/colleen8666
サイト紹介文韓国版『花より男子』の二次小説 ジフとジャンディ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 311日(平均2.8回/週) - 参加 2016/11/06 11:52

まーこ さんのブログ記事

  • 超人ロック 新刊
  • 『超人ロック』の新刊が今日出ます。ネットで話の内容を調べたとき、「地球はいまや辺境」という表記に、ロックが生きてきた時間の長さを思って切なくなりました。『ガイアの牙』も買おうと思います。『超人ロック』をコンプリートしたいのですが、多すぎることとなかなか入手できないものもあって、これはやはりネットで購入するしかないか?と思いつつ…今年は私の好きな漫画家さんが節目を迎えられています。萩尾望都さましかり [続きを読む]
  • 二次サイト リンク集
  • ?二次サイト リンク集? (サイトマスター様50音順) ★日本版『花より男子』二次サイト★ ♪全CPあり♪ 『君を愛するために』こ茶子さま 『天使の羽根』  蜜柑一房 様 ♪類つく♪ 『上をむいて歩こう』  青空心愛さま 『明日咲く花』  asuhana様 『みたらしだんご』  AYA様 『dólcevitaオダワラアキ二次小説置き場』 オダワラアキ 様 [続きを読む]
  • 最近のお気に入り曲
  • このところSS501ばかり聞いているのですが、最近ツボに入っているのが『ホシゾラ』と『Crazy 4 U』です。『ホシゾラ』の歌詞をじっくり噛み締めてみると、大好きな『世界に一つだけの花』にも通じるような素敵な歌詞じゃない?と思うのです。『Crazy 4 U』は中盤以降(大体2:30過ぎ)。ヨンセンが『ノン ネ アネ イッソ〜(君は僕の中にいる)』と歌う処。めちゃくちゃ「きっもちいぃ〜?」んです。もう!快感!!この言葉に尽 [続きを読む]
  • 5万Hit御礼とリクエスト募集について
  • 細々ながら気が付けば1周年を迎えました拙宅ブログ。 おかげさまにてご訪問頂いた方も5万人を超えておりました。 皆様の『ナイス』やコメント等に支えられ、今もなお続けることができています。 超遅筆で駄文にも関わらす、私のお話を読んで下さる方々に感謝しております。 で、 この度、皆様からリクエストを頂けないかと思い立ちました。 『こんな話が読みたい』というのがございましたら、 ぜひぜひご連絡いただければ嬉しい [続きを読む]
  • 『蓮のつぼみ』終了にあたりご挨拶
  • 『蓮のつぼみ』が終了しました。 『蓮のつぼみ』『missing for you』『幸せとは…』、これらのお話を書くことが、このブログを立ち上げたそもそもの目的でした。 この3つのお話をまとめたタイトルがこのブログの名前である『蓮花の縁』です。 ですが、お話を書き進めていく間にパラレルも書きたいな〜と思い始めました。 実はいくつか候補ができております。 その一方で、韓国版の設定どおりのジフの過去のお話も書いてみたくな [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ36 -最終話-
  • 『最後のボランティアよろしくお願いします』 ジャンディの言葉が頭の中でグルグルと回り続ける。 彼女は『最後』と言う言葉をどういう意味で口にしたのだろうか? 単に俺がこれから参加できなくなるからと言うだけの意味合いなのか、それとも… 考えてもどうしようもないことを何時までもうだうだと… 俺はこんな情けない奴だったのか?と自嘲する。 彼女が幸せで、笑顔で居られれば良かったんじゃないのか? しっかりしろ、ユ [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ35
  • オープニングセレモニーが始まり、ウビンの挨拶が終わるとK-POPアーティストのステージが始まった。招待客への挨拶回りをしていたウビンが俺たちがいるVIPルームにやって来た。「よぉ、来てくれたんだな。今日は楽しんで行ってくれよ。食事もできるから何でも好きな物食って良いぞ、ジャンディ」「ウビン先輩、なんであたしにだけ言うんですか?」口をとがらせ拗ねるジャンディ。「わりぃ、わりぃ、ジャンディっていうとつい食い物 [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ34
  • ハラボジに言われた通り、俺は仕事を言い訳にジャンディを避けていた。勇気が出ない俺に機会を持ってきてくれたのは、やはり俺たちF4の長男、ウビンだった。「よお、ジフ。随分忙しかったんだな? やっと捕まったな」リビングに入って来たウビンにソファを勧めてお茶の用意をする。「まあね。ハラボジの療養優先だから俺ができるところはやらないとね。ウビンも会社が忙しいんだろ?」「ああ、まあな。舐められないようにするには [続きを読む]
  • 『Obsess』〜イジョン&カウル編〜
  • 久々にイジョンとカウルを書きたくなりました。SS501の『Obsess』に乗せて…歌詞よりも曲全体のイメージで。***『Obsess』〜イジョン&カウル編〜イジョン先輩がスウェーデンに旅立って1年が経とうとしている。きっと忙しいに違いないのに合間を縫ってメールをくれる。愛の言葉があるわけじゃない、ちょっとした日常を教えてくれるメール。先輩が見たスウェーデンの風景を送ってくれることもある。けれどそんなありきたりの他愛無 [続きを読む]
  • 「花より男子」神尾葉子先生の原作を読む❗
  • 遅まきながら神尾葉子先生の原作「花より男子」を今読んでおります。韓国版もやはり基本、原作を踏襲している事が改めて分かります。原作でも私はやっぱり圧倒的に類派です。次いで総二郎。お話としては、欠かせないし面白いとは思うものの、司は私の好みで言うと、やっぱりNGです。司ファンのかた、ごめんなさい。基本、私の好みはストレート、サラサラヘアです。ウェーブもあまり好みではありません。ですから、韓国版のウビンは [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ33
  • あたしの誕生日以後の年末から年が明けても、財団の仕事で忙しいジフ先輩に会えない日がずっと続いていた。ウビン先輩にお礼の電話を掛けた時、「ハラボジの負担を減らす為にジフが色々と代理をしてるみたいだ」と聞いていたが、こんなに電話やメールもないことは今までなかった。家に行っても先輩もハラボジも帰っていない事ばかりで、特に用が有るわけではなかったけれど、心配になって思い切ってメールをしてみた。いつもはもら [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ32
  • ジフ先輩に送ってもらって帰った自宅で『どんなお祝いをしてもらったの?』とはしゃぐ家族に『また明日ゆっくり話すから』と適当にいなして自分の部屋に入った。ウビン先輩にもらった花束を机に置き、カウルとジフ先輩からのプレゼントをバッグから出す。カウルからのプレゼントは可愛いランジェリーのセットだった。あたしの顏は赤くなっていると思う。嬉しいけれど恥ずかしくて、「もうっ、カウルったら…だから家で開けろって言 [続きを読む]
  • ジャイアンツ・コーズウェイを見る度に…
  • アイルランドのジャイアンツ・コーズウェイを見る度に、いつも思い出すのはPCゲームの『MYSTⅢ EXILE』の『アマテリア』の風景。        ?Windows XPの頃、嵌った謎解きタイプのロールプレイングゲームで、風景を見ていたくてわざと先に進まずにいたこともあります。超難解だったため、解説ブックなしでは終了できませんでした。この『MYST』シリーズはとにかく映像が美しかった。Windows 7 ではうまく動 [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ31
  • クリスマスの翌日、カウルから連絡があった。「ジャンディ、明後日マスターのお店に来て」バイトはお休みの日なのマスターが“ジャンディに用が有る”とのことで呼び出された。しかもお店が忙しくなってくるはずの夕方に。冬至を過ぎて少しは日が長くなってきたとはいえ、約束の時間には日はとっぷりと暮れて、ソウルは車と街の明かりばかり。お粥屋の前に辿りつくとお店の明かりが消えている。「…えっ? 人を呼び出しておいてど [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ30
  • あたしの家よりも広そうなヴィラ。いくらあたしだって解る。下手なスウィートルームより高いだろうってこと。それを“宿泊”じゃなくて“食事”だけに使うなんて…勿体ない…「ジフ先輩。これって…」あたしの怒気を含んだ声にジフ先輩が困ったような顔をする。「俺がしたくてしているんだから…」いくらそう言われても、あたしには分不相応なほどにいつもしてもらっている。「今日は度が過ぎるんじゃないですか…?」「…こうして [続きを読む]
  • 『Obsess(中毒)』
  • SS501の『Obsess』とても好きな歌です。特に書く必要もないほど、ジフの気持ちという歌詞なのですが、本編でちょっと詰まってしまって、『逃げ』を打ってしまいました。ごめんなさい。ぬるーい目で見てやって下さい。***『Obsess(中毒)』解っていてもどんどん嵌って行く。 明るく輝く目をした君を縛っておきたくなる。 君はジュンピョを見ているのに。 君は俺を見ていないのに。 なのに君は俺の心を締め付ける。 どれほど辛く [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ29
  • クリスマス当日、お昼過ぎにジフ先輩が車で迎えに来てくれた。パパとママはクリーニング店の仕事をそっちのけで先輩に挨拶している。「ジフ坊ちゃん、いつもウチのジャンディがお世話になって…なんとお礼を言っていいか…」「ジフ坊ちゃん、この娘(コ)で役に立つことがあるならどんどんこき使ってもらって構いませんから…」…ママ…その挨拶…なに…?挙句にカンサンまで。「ジフ・ヒョン。姉ちゃんなんか連れてて大丈夫なんで [続きを読む]
  • ☆またまた頂きました☆
  • 『夢見月〜Primavera〜』の聖さまから、『Please』お話頂いちゃいました。 前回、『時の雫石』 かめ様より韓国版のお話を戴いて、こちらにUPさせていただいたのですが、今回聖さまからは日本版のお話ですので拙宅の別ブログ『まーこの二次小説ファイル』にて公開いたします。 公開日は7月9日午前6時です。 お楽しみに。 *******ランキングに参加しています。皆様のポチッが励みになります。 [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ28
  • クリスマスが近づいたある日、ジフ先輩に会ってキャンパスを歩いていると、朝から曇っていた灰色の空から、一片、また一片、雪が舞い始めた。振り始めた雪はそのまま静かに降り続ける。「先輩、降ってきちゃいましたね」「うん、せっかくの初雪だけど、このままだと濡れるからラウンジに行こうか?」…初雪…?これはデートになるのかな…?なーんて、何考えてるの、クム・ジャンディ!一人赤くなって慌てふためいているあたしを見 [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ27
  • ク・ジュンピョが有名な経済誌に載ったことで、国内で大きな話題になった。ずっと何も連絡がなかったけれど、本に載ったあいつの姿は元気そうで、昔よりも精悍な感じになっていた。活躍を喜ぶ気持ちの一方で何処か他人事のよう気持ちがあって、遠い話のような気がした。そして約束の4年目が目前に迫っていることを今更のように思い出した。その約束がずっと遙か昔のように思えて、あたしの中で遠く霞んでいる。あれはただの夢だっ [続きを読む]
  • 咲きました
  • この間、今年初めての月下美人の花が咲きました。 一夜だけ咲く花ですが、非常に強い芳香があります。 一晩中香り続け、朝花がしぼんでもまだ香りが残っています。 その他に夜香木(ヤコウボク)も咲いています。 その名の通り夜になると良い香りがします。 英名はナイトジャスミン。 よく混同されますが、夜来香(イェライシャン)とは別のものです。 我が家では二大「夏の香り」です。 家にはありませんが、私が好きな季節の [続きを読む]
  • 蓮のつぼみ26
  • ボランティアの時にジャンディに色々と小言を言った先輩と言う男は、調べてみるとジャンディと同い年で4年生だった。予想通り外部入学で高等部からのもち上がりの人間ではなかった。高等部からの内部進学なら彼女と俺たちF4との関係は知っているはずだから、下手に彼女に手出しはしないが、この辺が外部入学生の面倒なところだ。結局、その後のボランティアではいつもそれとなく俺がジャンディの近くにいることで牽制していた。こ [続きを読む]