teddy さん プロフィール

  •  
teddyさん: 銀行ってどんなとこ⁉ぶっちゃけ現役銀行員ブログ
ハンドル名teddy さん
ブログタイトル銀行ってどんなとこ⁉ぶっちゃけ現役銀行員ブログ
ブログURLhttp://howaboutbankbyteddy.seesaa.net/
サイト紹介文銀行の常識は世間の非常識と言われる銀行。現役大手銀行員が包み隠さずもの申します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 226日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/06 15:55

teddy さんのブログ記事

  • 商工中金 不正融資って何?
  • スポンサーリンク style="display:inline-block;width:300px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-10609
    35884207143" data-ad-slot="6690826713">先日、日経新聞の報道で「金融庁が政府系金融機関
    である商工組合中央金庫(商工中金)に立ち入り検査に入った」とありましたね。リーマン・シ
    ョック後に国の制度融資として創設された「危機対応融資」で不.. [続きを読む]
  • 30代銀行員人生の曲がり角
  • スポンサーリンク style="display:inline-block;width:300px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-10609
    35884207143" data-ad-slot="6690826713">銀行員で一番よく働く年代は、30代銀行員かもしれ
    ません。大卒入社だとして勤続約10年を迎え、仕事バリバリの働き盛りというところですね。一般
    的にサラリーマン人生を傍観してよく年代毎にこのように.. [続きを読む]
  • みずほ銀行34歳史上最年少支店長ってどうなの?
  • 4月1日にみずほ銀行で34歳の史上最年少の支店長が誕生したとニュースになりました。東京都町田市にある個人特化店舗の支店長だということです。因みにこの支店長は中途採用組の一人で銀行内の支店長公募制度にエントリーして抜擢されたらしいです。銀行業界全体で考えても30歳から34歳の支店長は、最年少に近い年齢ですね。特にみずほさんは、過去の旧行ベースの人事態勢やガバナンス態勢でたびたびニュースになり、将来に [続きを読む]
  • 銀行員と五月病
  • スポンサーリンク style="display:inline-block;width:300px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-10609
    35884207143" data-ad-slot="6690826713">ゴールデンウィークは、休みの予定を考えるだけで
    楽しいものですけど、休み明けに現実世界に引き戻されるのに恐怖を抱く人もいますね。俗にい
    う五月病。五月病は新人社員や大学の新入生などに見られる、新.. [続きを読む]
  • 銀行アパートローンで紹介手数料は無法か。
  • 毎日新聞の記事で銀行が不動産所有者に対して事業を提案し、そのうえで宅建業者を紹介する際に「一部の銀行が宅建業者から紹介手数料を得ている」というコメントがありました。昨今の過熱するアパートローンの象徴として取り上げたものですね。論調として法的にグレーではないかとの疑問。これは何を言っているのかと言うと、恐らく銀行のお客さんでお金がたくさんあって相続税を心配している人がいるとすると、その人に例えばタワ [続きを読む]
  • 地銀は「どぶ板」営業をするべきか?
  • 今日の日本経済新聞の時流地流の記事で「地銀再編「どぶ板」思い出せ」というのがありました。ワタクシの地銀に関する記事はどうしても将来的に厳しいですよ、的な話しが多いワケですが、この記事を読むと銀行業界全体の話しでもあるので、少し、地銀の立場で反論してみたい気になりました。記事の内容は・・・★今は地銀経営受難の時代であり、地銀トップですらホンネは、矢面に立ちたくないのでは。★これまでの地銀再編の動きは [続きを読む]
  • 「てるみくらぶ」に学ぶ危ない会社とは?
  • 先日、格安ツアーの旅行会社「てるみくらぶ」が突如として破産し、多くの反響と被害がありましたね。負債総額は151億円程度と報じられていますのでリーマンショック後の旅行業界の破たんでは最大規模、違う言い方をするとここまで赤字を垂れ流して被害が拡大した破たんは珍しい、ということでしょう。負債うち約100億円が一般旅行者約3万6000人のものだったので、旅行中、現地でホテルがキャンセルとなったり、帰国できなくなった [続きを読む]
  • 銀行員の転勤作法とは?
  • さて、3月もこの頃となりますと、いよいよ転勤の季節です。4月から新年度になりますから、世間一般的に見てもこのタイミングは一番転勤の多い時期となるでしょうね。新年度から組織態勢を一新して部門の統廃合も盛んに行われます。そうした関係で転勤・異動が多いのですね。これは民間企業だけでなく、官庁・行政機関も同じです。銀行員の転勤は、通常、3年を中心にプラスマイナス1年程度の頻度になるケースが多いです。本部よ [続きを読む]
  • 銀行員に出張はあるのか。
  • ワタクシ銀行の現場勤務が多いのですが、銀行の店舗勤務であるとあんまり”出張”というものがありませんで、テレビに出てくるサラリーマンの出張とか、街中で見かけるスーツケースを持ったサラリーマンなどを見かけるとなんだか羨ましい感じがありましたね。単純な話しですが、会社の拠点が少なくて取引先が全国に広がっている会社はそもそも出張の頻度が高くなるのでしょうね。その点、銀行というものは営業エリア内に各支店や拠 [続きを読む]
  • 2018年卒大学生の就職人気企業ベスト10
  • リスクモンスターの「リスモン調べ」(リスクモンスターが独自に調査するレポートのこと)で第3回「就職したい企業・業種ランキング」の調査結果の発表がありました。この調査は、2018年3月卒業予定の大学3年生男女個人500人を対象に今年実施したもので、各業界の大手企業200社の中から就職希望企業をネットで質問し、回答を得たもので、最新の就職人気企業と言えますね。【リスモン調査:第3回「就職したい企業・業種ランキング [続きを読む]
  • 銀行の「サラ金」化に見える未来
  • 最近、銀行のカードローンの宣伝がよく目につきますね。メガバンクのものが多いですけど、地銀も積極的にカードローンを売っています。思えばバブルの頃なんてカードローンはありましたけど、そんな小口の融資は日陰の業務でありまして、取り扱いがあるかどうかもハッキリしない程、宣伝もなければセールスもしてませんでしたね。それが今やどうしたことか、テレビでもネットでも銀行の店頭でも「カードローンどうですか。」の嵐。 [続きを読む]
  • 世界長者番付に見る格差
  • 先日、フォーブスが、資産総額10億ドル(約1130億円)以上の「ビリオネア」をランク付けした2017年版世界長者番付を発表していましたね。まぁ、いつもの世界的なお金持ちの顔ぶれはあまり変わらないのですけど、注目すべき点が二つありました。ひとつは、ビリオネアの数が昨年の1810人から13%増えて2043人となったこと。このフォーブスの番付史上初めて2000人を超えたということです。そして二つ目は、この1年で資産額が増加した [続きを読む]
  • 銀行員最大の特徴「リスク認識」とは?
  • みなさん、質問です。「大人と子どもの違いはなんですか?」う〜ん、歳が違う、大きさが違う、経験が違う、生活が独立してるかどうか・・・人によって考えもいろいろですね。ワタクシ銀行員の答えとしては、「未来のリスク認識ができるかどうか」ですね。つまり、この行動を取ることによってその先、どういう影響が生じるかを予め認識できるかどうか、です。この影響の中には、危険や人への迷惑ももちろんありますから、小さい子ど [続きを読む]
  • 住宅ローン審査と法人融資審査の違い
  • 学生や新入社員の時は、「銀行融資」をやってみたい、と言う人が少なからずいます。銀行融資と言ってもたくさんのパターンがあるので、一口には言えないです。分かり易く言うと、普通の個人向けの住宅ローンなどのローンと法人取引先向けのプロパー融資ですかね。銀行員の人は当たり前なので読まれる必要はない話しです。ローンと言ってもその定義はいろいろなんですが、ここでは、一般消費者個人向けのローンのことを言います。つ [続きを読む]
  • 2018年新卒 就活解禁!銀行員になるには?
  • 本日3月1日から2018年卒業の就活生を対象とした企業の広報活動が解禁されましたね。いよいよ新卒採用を行う各企業は、本日より学生のエントリーを受付します。2018年新卒の選考スケジュールは、2017年新卒と同様に3月から広報活動が解禁されて、6月に面接開始、7月に内々定、そして10月に内定式へ参加となる見込みです。昨年度までは2年連続でスケジュールが変更されて右往左往した学生も見受けられましたが、 [続きを読む]
  • プレミアムフライデーは銀行に定着するか?
  • プレミアムフライデーが2017年2月24日からはじまりました。これは、国の推進する普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーンでして、午後3時に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨しているのですね。個人消費を喚起するという意味では、本当にどこの会社でもプレミアムフライデーが実施されると効 [続きを読む]
  • 「元銀行員」ってどうなのよ?
  • サラリーマンが職業を聴かれると「会社員」と答えますね。銀行員が職業を聴かれても「会社員」ですが、中には「銀行員」と答える人もいます。よく考えたら、なぜか銀行員だけはひとくくりの職業カテゴリーで呼ばれるのに、普通のサラリーマンは、みなさん会社員ですね。なぜか。それは、金融機関が銀行と一般的に呼ばれているからですね。銀行も正式には株式会社なので、社名の一部に銀行が入っているだけの場合が多いですね。それ [続きを読む]
  • 地銀って大丈夫?地方創生疲れの疲弊感。
  • 今日は、2016年12月までの全国上場地銀82行の決算報道がありました。マイナス金利のおかげで7割以上が減益。もう、預金をいくら集めても融資が伸びないし、他に資金の運用手段がないからですね。特に運用利回りを求めて投資した外債は、米国トランプさんによる景気対策の期待で金利が上昇したため、結構な運用損失が発生したとか・・・因みに金利が上がると債権の価値は下落します。金利上昇リスクなんて言いますね。例え [続きを読む]
  • 銀行員とバレンタインデイ
  • もうすぐバレンタインデー。オジサンになりますと、もうほとんど関係ないのですが、社会人になってもこのバレンタインのチョコ風習は健在で定着しつつありますね。多分、バレンタインの起源はもっと高貴なものなんでしょうけど、日本では、商業プロモーションが成功し、女性が男性に愛情の印にチョコを渡すのが定番になってます。このチョコを渡す、というのは、オジサンからすれば、卒業式に好きな男の子の第二ボタンを女性がもら [続きを読む]