虎太郎 さん プロフィール

  •  
虎太郎さん: 過去傾向から当たる予想を発掘する競馬ブログ
ハンドル名虎太郎 さん
ブログタイトル過去傾向から当たる予想を発掘する競馬ブログ
ブログURLhttp://keibakeikou.com/
サイト紹介文荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。
自由文固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。
競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 113日(平均7.4回/週) - 参加 2016/11/06 17:48

虎太郎 さんのブログ記事

  • 【中山記念2017】最終予想
  • 中山記念2017の予想・印・買い目を中心とした記事を書いていきます。 阪急杯の予想はコチラを確認してください⇒【阪急杯2017】最終予想 こちらの記事では中山競馬場で開催される中山記念の予想を書いていきます。前評判的にはリアルスティール、アンビシャスの2強。そこにネオリアリズムが割って入る事が出来るか否かという、ほぼ3頭の競馬であるという様相を呈しています。配当としても低い傾向の重賞では有りますが [続きを読む]
  • 【阪急杯2017】最終予想〜アーリントンカップ回顧
  • 阪急杯2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 今回は阪急杯2017の印と買い目を中心に書いて行きたいと思います。過去10年を見てもスズカフェニックス(2007年)、ローレルゲレイロ(2009年)、ロードカナロア(2013年)、コパノリチャード(2014年)と実に4頭が阪急杯を経由して高松宮記念を勝利している事から現時点で既に本番を意識できる馬を狙う事が定石となっています。今回、上記該当の馬は1頭。その馬 [続きを読む]
  • 【アーリントンカップ2017】最終予想
  • アーリントンカップ2017の予想、印、買い目を中心とした記事を書いていきます。 今回は土曜日の3歳マイル重賞のアーリントンカップ2017の最終予想を行っていきます。考察記事でも書きましたが、このレースはクラシック優勝に直結はしないものの、後のGI馬を多数輩出している事から、今後に向けて否応無しに大注目のレースとなっております。日曜日にも重賞が2レース有りますので、アーリントンカップをしっかりと的中させ弾み [続きを読む]
  • 【阪急杯2017】データ予想〜好走傾向を紐解く
  • 阪急杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。 今回は阪神競馬場で行われる古馬短距離重賞・阪急杯2017の予想をしていきます。 阪急杯は阪神・芝1400mで行われる短距離重賞。1着馬には高松宮記念の優先出走権が与えられる、トライアルレースとなっています。2000年以降、高松宮記念で連対を果たした34頭の内、18頭が前走、阪急杯だったことを考えると逆説的には高松宮記念でも勝ち負け濃厚な馬を見極める事が阪急 [続きを読む]
  • 【中山記念2017】データ予想〜好走傾向を紐解く
  • 中山記念2017の予想を中心とした記事を書いていきます。 今回は中山競馬場で行われるGII中山記念2017の予想を行っていきたいと思います。中山記念は中山競馬場・芝1800mで行われる古馬重賞。冬場の、そして非根幹距離の中山コースという事で独特の馬場適性が問われることとなる舞台でもあり、巧者が実績馬を脅かす場面も多々見られる、一筋縄ではいかないレースであることが特徴です。また毎年、ドバイ国際競争や香港のクイ [続きを読む]
  • 【中山記念2017】予想展望〜フェブラリーステークス回顧
  • 中山記念2017の予想展望を中心とした記事を書いていきます。 今週からは東京、京都から変わり中山、阪神での競馬が開催されます。土曜日は阪神競馬場で3歳のマイル重賞『アーリントンカップ』、日曜日は中山競馬場でGIIの『中山記念』、阪神で『阪急杯』と重賞レースが3鞍組まれています。中山記念ではリアルスティールとアンビシャスが激突。ドバイ競争や春のGIに向けての大注目レースとなりそうです。もちろん当ブログでは3 [続きを読む]
  • 【フェブラリーステークス2017】最終予想〜小倉大賞典簡易予想
  • フェブラリーステークス2017の予想、買い目を中心とした記事を書いていきます。 いよいよフェブラリーステークス2017本番を迎えます。それと同時に、小倉競馬場では小倉大賞典2017が開催されます。週中ではフェブラリーステークスの考察しか行ってきていませんでしたが、小倉大賞典に関しても簡易的ではありますが見解を載せたいと思っています。まぁ、何にせよ今年初のGIレース、気合を入れて!精一杯!!楽しんでいきましょ [続きを読む]
  • 【フェブラリーステークス2017】予想〜枠順確定後の出走馬考察
  • フェブラリーステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 いよいよフェブラリーステークスの枠順が確定しました。使用される東京ダート1600mのコース形態は後述もしますが一般的に外枠が有利とされているコース。2コーナー奥の芝からスタートして、向正面のダートに合流するまでの距離は約150m。3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウトのため、スタート直後に馬群が密集しづらく、ポジション取りも [続きを読む]
  • 【フェブラリーステークス2017】予想〜登録馬考察(前編)
  • フェブラリーステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 前回の記事ではフェブラリーステークス2017好走データ・傾向を考察しました。⇒【フェブラリーステークス2017】データ予想〜好走傾向を紐解く現時点で一応の軸候補は絞れてきてはいますが、今年は予想オッズを見てもわかる通りの大混戦で、確固たる信頼できる馬が居ないというのが本音。今回は好走データ・傾向に合致した馬を中心に各馬に対して [続きを読む]
  • 【フェブラリーステークス2017】データ予想〜好走馬傾向を紐解く
  • フェブラリーステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 いよいよ今年初のGIフェブラリーステークス2017が開催されます。毎年の様に思いますが、競馬をやっていると本当に1年の流れが速いですね。今後はすぐにクラシックのトライアルが始まり、GIシーズンに突入しますし、気を抜く暇もないまま夏まで全力疾走になりそうです。その全力疾走に弾みが付く様に、まずはフェブラリーステークス2017をしっか [続きを読む]
  • 【フェブラリーステークス2017】予想展望〜京都記念快勝の報告
  • フェブラリーステークス2017予想展望を中心とした記事を書いていきます。 今週は東京競馬場で開催される今年初のGIフェブラリーステークス2017を中心に予想していきたいと思います。フェブラリーステークスはJRAのダート重賞において最古の歴史を持ち、創設時から東京競馬場・ダート1600mで行われています。また今週は東西3場で4重賞が開催。土曜日は東京芝3200mで行われるダイヤモンドステークス。京都芝1400mでは京都牝馬ス [続きを読む]
  • 【共同通信杯2017】最終予想
  • 共同通信杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。 今回は共同通信杯2017の印と買い目を中心に書いて行きたいと思います。近年ではクラシックに直結しまくる、トライアルよりも重要な位置付けのレースと言っても過言ではない状態。今回の出走馬の中に、春のクラシックを制する馬が居る確率が高いと考えると否応なしに期待も高まります。レベルが高いレースですので極端に高い配当は望むことは出来ませんが、ここを的中 [続きを読む]
  • 【京都記念2017】最終予想とクイーンカップ回顧
  • 京都記念2017の予想を中心とした記事を書いていきます。 こちらの記事では京都競馬場で開催される京都記念の予想を書いていきます。日本は全国的に天候が荒れていまして京都競馬場も例に漏れず、前日発売が見送られるほど。土曜日の開催では、小倉開催が積雪により中止になり月曜日に振り替えられることとなりました。日曜の開催も予断を許さない状況が続きそうですね。 取り敢えずは京都開催が行われ芝コースで走る事の [続きを読む]
  • 【クイーンカップ2017】最終予想
  • クイーンカップ2017の最終予想を中心とした記事を書いていきます。 今回は土曜日の重賞のクイーンカップ2017の最終予想を行っていきます。考察記事でも書きましたが、このレースはクラシック優勝に直結はしないものの出世レースである事から、今後に向けても大注目のレース。配当は固い傾向に有りますが日曜日にも重賞が2レース有りますので、クイーンカップをしっかりと的中させ弾みを付けたいですね! 【PR】『 [続きを読む]
  • 【京都記念2017】データ予想と出走予定の登録馬分析
  • 京都記念2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 今回は京都競馬場で行われるGII京都記念2017の予想を行っていきたいと思います。京都記念は京都競馬場・芝2200mで行われる古馬重賞。実績馬の始動戦として使われるケースが多いもののコース形態、距離の特殊性から独特の適性が問われることとなる舞台でもあります。コース巧者が実績馬を脅かす場面も多々見られることもあり、一筋縄ではいかないレースとなっ [続きを読む]
  • 【京都記念2017】展望と先週の回顧
  • 京都記念2017の予想を中心とした記事を書いていきます。 今週からは東京、京都に小倉を加えた3場開催が始まります。土曜日は東京競馬場で3歳牝馬の重賞『クイーンカップ』日曜日も東京競馬場で3歳重賞の『共同通信杯』京都で『京都記念』と重賞も3レースが組まれています。京都記念では昨年のダービー馬マカヒキの復帰戦。鞍上は短期免許で来日のライアンムーア騎手です。 もちろん当ブログでも3重賞全てをキチンと考察 [続きを読む]
  • 【東京新聞杯2017】最終予想
  • 【PR】『確実』に発生する高額万馬券!!【PR】『年収』を稼ぐ競馬投資・高配当 東京新聞杯2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。今回は東京新聞杯2017の印と買い目を中心に書いて行きたいと思います。東京新聞杯は春のGIヴィクトリアマイルや安田記念と同舞台の東京芝1600mで行われます。時期的にGIに直結する重賞ではありませんが、ここを制した馬は忘れたころに上記のGIで活躍する傾向に有ります。 [続きを読む]
  • 【きさらぎ賞2017】最終予想
  • きさらぎ賞2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 今回はきさらぎ賞2017の印と買い目を中心に書いて行きたいと思います。きさらぎ賞はクラシックの前哨戦ではありませんが、毎年の様にクラシックの主役候補を輩出するレース。昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドは、ここからクラシックに直行し3戦全てを戦い抜き複勝圏内も100%の成績を収めました。今年は小頭数の戦いなので寂しさは有るものの今後の大レースに [続きを読む]
  • 【きさらぎ賞2017】登録馬考察
  • きさらぎ賞2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 前回のきさらぎ賞に関しての記事では ⇒【きさらぎ賞2017】好走傾向を紐解く好走要件を考察しました。今回は、その好走要件に合致する馬を中心に登録馬考察を行っていきます。 牡蠣太郎こと虎太郎です。皆さん、いきなりですが冬の味覚と言えば何ですか?私は断然これ。【牡蠣フライ定食】 冬は海鮮メインの店だけでなく定食屋やトン [続きを読む]
  • 【東京新聞杯2017】登録馬考察
  • 東京新聞杯2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。 前回の東京新聞杯に関しての記事では ⇒【東京新聞杯2017】好走傾向を紐解く好走要件を考察しました。今回は、その好走要件に合致する馬を中心に登録馬考察を行っていきます。 登録馬考察 それでは今回は早速、本題に入り有力な登録馬の考察を行っていきます。 エアスピネル想定人気は1番人気。多くを語るまでも無 [続きを読む]