あるばとろす さん プロフィール

  •  
あるばとろすさん: フランス語、着物、ときどき野鳥
ハンドル名あるばとろす さん
ブログタイトルフランス語、着物、ときどき野鳥
ブログURLhttp://albatrossyoko.blog.fc2.com/
サイト紹介文着物を着る楽しさ、フランス語を話す楽しさ、バードウォッチングで出会った鳥を書き留めてゆきます
自由文60代になった東京の主婦です。2015年に祖母の着物を引き継いだことから着物の楽しさを知り、時々着ています。英語の通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーで時々鳥をみに出かけます。あるばとろすはアホウドリの意味ですが、伊豆大島沖で船上からみたアホウドリの滑空の美しさが忘れられなくてハンドルネームにしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 174日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/07 01:12

あるばとろす さんのブログ記事

  • 東京着物ショー2017
  • 日本橋コレド室町で開かれている「東京着物ショー」の初日に行ってきました。会場風景です。これは野村萬斎さん主演の痛快時代劇映画「花戦さ」で使用された衣装の展示です。(6月公開)メインはキモノスタイル200 という、サローネのようなマネキンによる着こなしの紹介なのですが、その内容が、例えば祖母の着物に刺繍をして新たによみがえらせたりとか、アンティークの着物の展示もあり、着物の楽しみ方の幅を広げるような、着 [続きを読む]
  • 春の八ヶ岳
  • 新緑の八ヶ岳南麓に行ってきました。こちらは、標高1000メートルくらいなので、梅、桜、ツツジがいっぺんに咲きます。こちらが八ヶ岳。一峰を指すのではなく赤岳を主峰としたいくつかの火山群です。反対を向くと南アルプスがみえます。駒ケ岳が美しいです。ウグイスが鳴き始め、夏だけ繁殖するために南の国からやってくる夏鳥が続々と高原に到着していました。まずキビタキ。黄色と黒のコントラストがきれいです。メスはずっと [続きを読む]
  • テキスタイル展へ
  • 着物やテキスタイルについてつづるブログ「いろのあるくらし」を最近読み始めていました。アップされる着物のコーデがすてきなのです。読み進めていくと、ブログ主akaさん(プロダクトデザイナー飯島 美弥さん)とだんなさまhさん(テキスタイルクリエーター飯島 浩さん )で製作活動をしているようです。作品はどれも自然や動植物の色や形がデザインされていて、他にない独特の世界があります。バッグや小物を作ってらっしゃいま [続きを読む]
  • 野川の散策
  • 調布市の野川を散策してきました。この川は国分寺市の大池に源を発し、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市を経て世田谷区の二子玉川付近で多摩川に合流する一級河川ですが、川沿いの自然が、ここが東京かと思うくらいすてきなところです。鳥仲間のみどりさんのブログを読んで、見たいな〜と思っていたシマアジに会ってきました!魚ではなく野鳥でシマアジというカモがいるんですよ。春と秋の渡りの時期に日本に立ち寄る旅鳥ですが、 [続きを読む]
  • 三崎のマグロ
  • 初めての食レポです!三浦半島の端っこの三崎港。マグロで有名です。商店街は昭和レトロの建物が点在していて、写真を撮っている人を良く見かけました。ランチはマグロのかぶと焼きなどで有名な「くろば亭」です。せっかく三崎に来たのだからと、珍味を注文。右からマグロの白子、心臓、卵です。こんなおいしい白子は初めてです。ポン酢でいただきました。心臓はショウガ醤油です。固めで味わいがあります。卵は甘辛く煮てあります [続きを読む]
  • サギのコロニー
  • 三浦半島、横須賀のくつわ堰というところに行ってきました。アオサギ、コサギ、ゴイサギ、カワウのコロニーがあります。鳥が苦手な方はパスしてくださいね〜!ここは農業用用水路のため池ですが、真ん中に築島があります。水辺遍路さんのブログに詳しくあります。(こんなブログがあるのですね〜!)これらのサギは普通よく見る鳥なのでめずらしくありませんが、このような集団で、しかも繁殖中の群れを見るのは初めてでした。カワ [続きを読む]
  • 着物で茶の湯展
  • 上野の東京国立博物館で開かれている「茶の湯展」に行ってきました。詳しいことはこちらのHPで見れます。恥かしながら、お茶の世界を私はほとんど知らないのですが、名品が集まるとのことで行ってきました。最近「なんでも鑑定団」で話題になった「曜変天目」茶碗見てきましたよ。静嘉堂文庫美術館HPより茶碗は、唐物、高麗物、和物へと美への追及が深まってゆく様がよくわかりました。戦いに明け暮れる武将たちの心を魅了した道具 [続きを読む]
  • 久米島紬
  • 雨が降ったり晴れたりと天候不順な東京ですが、桜がまだ残る神田一ツ橋に出かけてきました。こちらにある共立女子大では、大学が所蔵する服飾品、美術品を定期的に大学内にある博物館で公開することにしたそうです。共立女子大と言えば、おしゃれなオフィスビルのような都心型キャンパスで有名ですが、このようなところまで充実しているとは知りませんでした。(新築の2号館です。こんな環境で大学生活!うらやましい)今回の展覧 [続きを読む]
  • 本塩沢で桜の神楽坂へ
  • 今日は、市ヶ谷の歯医者さんに行く予定があったので、そのあと、お花見しませんかとお友達の紫苑さんをお誘いしました。お約束をした後、はたと考え込みました。着物で歯医者さんに行けるか?あのリクライニングチェアで治療を受けた場合、お太鼓がつぶれる・・・・ネットでいろいろ調べた結果、しっかりした帯のお太鼓だったら、つぶれても復活できるとの記事をみつけました。半幅で、矢の字とかぺたんとしたものでないといけない [続きを読む]
  • フランス語のひとこと
  • エイプリルフールはフランス発祥!というフランス人が多いです。Poisson d'avril  ポワソン ダブリル と言います。  ポワソンは魚、ドゥは英語のof、アブリルは4月です。4月の魚です。学校などで親しく肩を抱きながら、友達の背中に魚の絵を描いた紙をそっと貼って、いたずらするそうです。東京でフランス語の教室も開催しているフランスネットのサイトに詳しく説明があります。ここはHP上にフランス語の初級講座やフランス [続きを読む]
  • 自由が丘のお店
  • 同居している高齢の姑が病院から退院してくるので、しばらく外出できないかなと思い、退院の前の日に(!)自由が丘に一人で行っていきました! ここは昨年にお友達と一度訪ねたことがあるのですが、女性のご主人の着物の知識が忘れられなくて気になっていました。和衣布さんといいます。駅前の自由が丘デパートを通り抜け、ひかり街も通り抜け、ひたすらまっすぐ行きます。ロールケーキで有名な自由が丘ロール屋さんの手前です。 [続きを読む]
  • 原宿のお店
  • 先月に原宿のガイド研修で歩いたところを、自分一人でもう一度歩こうと、原宿、青山を歩いてきました。平日なのに午後になると、竹下通り、明治通り、青山通りは、若者でいっぱいでした。浮世絵で有名な太田記念美術館の左脇の通りをぷらぷら歩いていたら、「つむぎ 着物」という看板が目に入りました。ちいさなビルの2階なので少し迷いましたが、思い切って訪ねてみました。着物のリサイクルショップ「おりべ」さんのお店です。 [続きを読む]
  • ひとことフランス語
  • フランス人の先生とお天気の話をしていて天気予報によると  は  D’après la météo  ダプレ ラ メテオ  でそれをもっと丁寧に言うと D'après les prévisions météorologiques ダプレ レ プレビジィオン メテオロジックらしいすると、日本人はよく天気の話をするねという話題になりましたフランス人の先生がアメリカにいた時、アメリカ人は天気の話をほとんどしなかったとのことフランス人もあまりしないと [続きを読む]
  • 三浦半島 荒崎
  • 三浦半島、荒崎に行ってきました。むかし若い頃、横須賀に住んでいた時、一人でバスに乗って、この磯を見に行っていました。浸食された岩礁の景観が墨絵のようで好きでした。アンダー気味に撮ったらいい写真になりました。葉山や鎌倉の海岸線は混みあいますが、三浦半島の西の端、荒崎は穴場で静かに自然を楽しめます。荒崎で出会った小鳥たちです。アオジです。5月にはいい声でさえずります。ホオジロです。こちらも静かですがか [続きを読む]
  • 千鳥
  • 三浦に行ってきました。「黒崎の鼻」という面白い名前の岩場の近くで千鳥に会いました。 ここは丘の上に曽野綾子さんの別荘があって作品にも登場したそうです。またNHKの大河ドラマなどでロケ地にたびたび利用されるとのことです。千鳥はよく飛んでいる姿が着物の柄に使われますね。飛び立つときピュイピュイと澄んだ声で鳴きます。その声が潮騒の音と一緒になってとてもすてきです。イカルチドリかな。久しぶりに会えてうれしか [続きを読む]
  • 東慶寺の水月観音
  • 北鎌倉に行ってきました。普段なかなか見れない東慶寺の水月観音が宝蔵で特別公開されています。(4月16日まで)(東慶寺HPより)岩にもたれかかり、水に映る月を見ている観音さまだそうです。少し小ぶりですが独特なやすらかな雰囲気があります。東慶寺は、寺の境内に身につけているものを投げ込めば、駆け込みが成立するという駆け込み寺で有名ですが、寺に残されている文献も見ることができ、とても興味深いです。ここは著名人 [続きを読む]
  • 加山又造展
  • お友達のお誘いで、日本橋高島屋で開かれている加山又造展に行ってきました。ご存命であれば生誕90年だそうです。若い頃、日本画が好きでいろいろ作家さんの展覧会に行きましたが、加山さんの作品は日本画の枠にとどまらない最先端をいつも追いかけている印象がありました。今回若い頃の作品を見て、キュービズムやアンリ・ルソーの影響も受けていたことを知り、とてもおもしろかったです。西陣の図案師を父に生まれた環境もあっ [続きを読む]
  • ひとことフランス語
  • フランス語のレッスンで気になった言葉をつづっていきますね。Elle fait de l'embonpoint !エル フェ ド ランボンポワン彼女(うちの犬)は太目なの!もちろん、人でも良く使うそうです!ランボンポワン! なんだかポワンポワンしていて、いいな!うちのダックス [続きを読む]
  • きもの講座
  • 毎日新聞社のカルチャーセンターの「着物コーディネート術」講座へ行ってきました。基礎コースなのでやわらか物の上品なコーデを学びます。着物、帯、帯揚げ、帯締めの色の微妙な組み合わせが大事だそうです。6か月コースですがこれからも楽しみです。この日の着物は、先日神楽坂のアンティークショップ巡りをした時に買い求めた紬と帯です。神楽坂きものスタイルというお店です。店長さんが個性的でとても印象に残ったので帰って [続きを読む]
  • きものナンバーワン展示会 2017
  • 今日は春一番が東京で吹き荒れましたが、ホテルニューオータニで開催された「きものナンバーワン」という展示会におじゃましてきました。池田重子さんのコレクションの展示コーナーがありましたが、着物だけでなく彫金の匠の粋を集めたような帯どめの数々は目を引きました。人間国宝の作品を始め、有名な染織作家さん、伝統のきものと最高級品が集まっていました。お値段の桁が違うので、お勉強と思い、いろいろなコーナーをまわっ [続きを読む]
  • 三浦半島がすばらしい
  • 私が高校生の時から10年ほど住んでいた三浦半島に行ってきました。武というところに住んでいました。その後、両親のお墓参りで来ることは何度もありましたが、バードウォッチングは初めてです。今、京浜急行「三浦海岸駅」周辺では河津桜が満開で、近くの小松ケ池では、お花見でにぎわっています。メジロが花の蜜を吸いに乱舞していました。三浦半島は近年、新鮮野菜の供給地としても有名になっています。東京のレストランでも、う [続きを読む]
  • 30年ぶりの探鳥会
  • なんと30年ぶりで探鳥会に参加してきました。昔はよく行っていました。もちろん常連さんのメンバーは変わっているのですが、雰囲気は昔のままでした。新浜(鳥仲間ではしんはまと読みます)探鳥会は毎月第二日曜日に開催されています。江戸川放水路とNPOに管理されている「行徳鳥獣保護区」を歩きました。 ここは市川市主催の観察会や探鳥会以外、普段は入れません。広さは56ヘクタール!ドーム11個分。隣に宮内庁の鴨場もありま [続きを読む]
  • 着物のちから
  • 若い頃も、もちろん美人ではなかったのです。でもそこそこにちやほやされて、しあわせな時代を過ごしました。それが専業主婦を経て子育てに一段落して、50歳で職場復帰をした時に、思いっきり時間の恐ろしさを思い知らされました。オフィスでだーれも私を見ていない。若い人が多いオフィスだったせいもあるかもしれませんが、あの衝撃は今も忘れません。私はnobodyだったのです。おととしに介護していた祖母と実母を亡くしました。 [続きを読む]
  • コンデジ初撮り!
  • 野鳥の写真を撮るのに、今どきどのようなカメラで撮ったらよいか・・・・三浦半島で野鳥観察を続けているなずなさんに伺ったところ、NIKONのコンパクトデジカメCOOLPIX P900がおすすめとのことでした。さっそく購入して試してみました!野鳥の撮影は一眼レフのボディーに600ミリ以上のレンズをつけるのが普通ですが、何十万円もします。それがこちらですと、ずーっとお安く買えます。サイズもコンパクトで、重さも899g!マクロ撮 [続きを読む]
  • フランス語でシャンソン
  • 東京でフランス語で歌うシャンソン教室を見つけました!小幡君枝先生のNouvelle Porteです。始めたのは去年の5月ですから、もうすぐ一年になります。恐る恐る先生の教室に伺ったところ、東京のレッスン日が平日の昼間だったので、私たちのようなシニアの方が多かったです。(小幡先生は栃木にお住まいで、栃木でもレッスンを持っています。)それが皆さんお上手なのでびっくりしました。先生は東京外語大の仏文科卒!語学フェチで [続きを読む]