あるばとろす さん プロフィール

  •  
あるばとろすさん: フランス語、着物、ときどき野鳥
ハンドル名あるばとろす さん
ブログタイトルフランス語、着物、ときどき野鳥
ブログURLhttp://albatrossyoko.blog.fc2.com/
サイト紹介文着物を着る楽しさ、フランス語を話す楽しさ、バードウォッチングで出会った鳥を書き留めてゆきます
自由文60代になった東京の主婦です。2015年に祖母の着物を引き継いだことから着物の楽しさを知り、時々着ています。英語の通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーで時々鳥をみに出かけます。あるばとろすはアホウドリの意味ですが、伊豆大島沖で船上からみたアホウドリの滑空の美しさが忘れられなくてハンドルネームにしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 223日(平均2.2回/週) - 参加 2016/11/07 01:12

あるばとろす さんのブログ記事

  • 着物で浮世絵展へ
  • 浮世絵のコレクションで有名な、原宿の太田記念美術館へ着物で行ってきました。曲亭(滝沢)馬琴が誕生して、今年がちょうど250年にあたるそうです。彼の江戸時代のベストセラー『南総里見八犬伝』と源為朝の武勇伝『椿説弓張月』を題材とした浮世絵約80点が展示されていました。「南総里見八犬伝は」、江戸時代に馬琴が28年をかけて完結した、全98巻、106冊の日本の長編伝奇小説です。この展覧会で、このお話がどれほど江戸の庶民 [続きを読む]
  • ホスピスについて
  • ブログを始めたら、必ず書こうと思っていたことがあります。ホスピスについてです。末期の癌と宣告された母の病状の変化に翻弄され、私があらゆる情報をインターネットで探していた時に、最終的にたどり着いたのが、ホスピスです。でも、ホスピスに関する情報は2015年当時は、とても少なかったです。ホームページはいくつかあるのですが、遺族や患者からの情報は少なかったのです。その少ない情報の中で、ひとつのブログを見つけま [続きを読む]
  • イタリアンレストラン ミウラーゼ
  • 三浦市でおいしいイタリアンレストランを見つけました。ミウラーゼといいます。駐車場が一台分しかないので、近くの農産物直売場で有名なすかなごっそに車を停めて行くのをおすすめします。歩いて5分です。すかなごっそも横須賀、三浦の新鮮野菜、食材がお安く買えるおすすめスポットです。こじんまりとしたお店ですが、三浦半島の季節の食材を使った地産地消のイタリアンレストランです。お店の外にピッツァ用の薪が積まれていま [続きを読む]
  • 三浦半島 ヒバリ ウグイス
  • 三浦半島でおなじみの鳥の写真が撮れました。キャベツ畑でさえずるヒバリです。普通、空高く舞い上がり、一点にとどまりピーチクパーチクとエンドレスにさえずるのがヒバリの特徴ですが、こうして畑に降りて鳴いていることも多いです。鳴いているときにこうして頭のてっぺんの毛を立てていることもあります。ちょっとかわいいです。もう一羽はウグイスです。いい声で鳴いているのはよく聞いても、姿を見ることは少ないと思います。 [続きを読む]
  • 蓼科高原
  • 蓼科にある、三井の森という別荘地にクロツグミに会いに行ってきました。クロツグミは、くちばしが黄色、背中が黒、お腹が白くて黒い斑点があります。シックで愛嬌のある顔をしています。この鳥、実はさえずりの名手です。いろいろな歌を混ぜるので、まるでジャズを聴いているようです。アカゲラ(キツツキ)も木をコツコツして虫を探しています。モズの声がしました。巣が近くにあるらしく、警戒の声を上げていたので、すぐ離れま [続きを読む]
  • 獣医さん
  • ここのヒラミ動物病院の平見院長先生には10年以上お世話になっています。数年前、たまたまここの診察時間が終わった後に、うちのメイの目の具合が悪くなり、仕方なくネットで眼科専門と謳っていた他の病院に連れて行ったら、ひどい目に合いました。眼圧を測るだけで数万円!翌日の診察でも治療はなく、緑内障というだけで万単位で診察代を取られました。それからヒラミ先生のところに連れて行ったら、「もっと早く僕のところに連れ [続きを読む]
  • 銀座で着物ランチ
  • 暑い日でしたが、きもの友達と銀座ランチしてきました。銀座のホテルモントレーです。お友達に教えていただいたのですが、ここは知る人ぞ知る穴場で、数に限りがあるランチをネット予約すると、本格的なフレンチのフルコースをとてもリーズナブルなお値段でいただけます。盛り付けが美しい、お味がよろしい、お皿も温かい。静かで落ち着いた雰囲気でおしゃべりを楽しめます。こちらのサイトでも予約できるようです。ハッピーになっ [続きを読む]
  • 紬フェスティバル 2017
  • 久しぶりに着物を着ました。銀座で毎年行われている(17回目だそうです)日本紬フェスティバルに行ってきました。5月27日から30日までです。予約制のイベントですが、すずのきさんのサイトで申し込みできるようですよ。紬の産地からたくさんの生産者さんがいらしていました。本場結城紬、いしげ結城紬、牛首紬、小千谷縮、小千谷紬、伊那紬、郡上紬、古代織、もじり織、蝦夷織、久留米絣、塩沢紬、正藍大島紬、糸芭蕉紬、久米島紬 [続きを読む]
  • 和田峠(長野県)の農の駅
  • ビーナスラインで通る和田峠に「農の駅」という食堂があり、きのこ汁ののぼりが出ていました。葉わさびそばときのこ汁を注文しました。ざるそばに葉わさびのお浸しが別皿ででてきました。結構パンチのある辛さです。お蕎麦は冷たくてコシがあり、おいしかったです。きのこ汁は野生のなめこのようなきのこがたっぷり入ったお味噌汁です。おいしかったです。ここのお店が印象に残ったのは、お土産がユニーク。 いくつか買いました。 [続きを読む]
  • 八島湿原
  • 久しぶりに八島湿原(八島ケ原湿原とも言います)に行ってきました。中央道を諏訪ICで降りて、ビーナスラインで霧ヶ峰高原の先です。このような広大な湿原が広がっていて、人は木道を歩きます。いつもは夏に行くのですが、春はどんなかな〜と行ってみました。花はまだ全然でした〜。雪も一部残っていました。標高1600です。お目当ての野鳥はこのような鳥たちでした。ノビタキ  高原に来ないとこの鳥には出会えません。ホオアカ  [続きを読む]
  • コンサートの前のちょっと一杯
  • 渋谷で夜のコンサートの前に軽く何かを食べるのなら、オーチャードホールのLes deux magots(ドゥマゴパリ)がおすすめですよ。地下1階と1階の他、外のテラスもありますからかなりの席数です。ここはパリのサンジェルマン・デプレの有名なカフェの東京の支店です!あぁパリに行きたい!落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできます。キッシュ・ド・ロレーヌとカクテルを注文しました。ボリュームがあり、やさしく深い味でとてもおいしか [続きを読む]
  • ZAZのコンサート
  • フランスで大人気の歌手ZAZ(ザーズ)が来日しているので東京のオーチャードホールでのコンサートに行ってきました。7年前に発掘されるまでキャバレーで夜の11時から朝の4時までマイクなしで歌っていたというものすごい歌唱力のある人です。いわゆるシャンソンの枠には収まらなくてジャズ、ロック、ブルース、ラテンと世界に通用する音楽を万華鏡のように歌います。ハスキーボイスでルックスも超かわいいです。コンサートは超満員 [続きを読む]
  • ツバメチドリ
  • 4月のおわりに三浦の畑でツバメチドリを観察できたのでアップしておきますね。旅鳥でまれに飛来するそうですが、観察機会がとても少ない鳥です。体形がツバメににているのでこの名がありますが、チドリです。口元の赤がおしゃれ〜!きれいな夏羽でした。三浦半島では昨年も観察されたそうです。大きさはコチドリよりだいぶ大きいです。コチドリもかわいかったので載せておきます。日本で繁殖してくれたらと願います。 [続きを読む]
  • 三浦にて
  • フィールドになりつつある三浦に一泊で行っていました。シギ・チドリの春の渡りのシーズンが始まったので、毘沙門湾へ。このような小さな入り江で、三浦半島の突端なのであまり知られていなく、人が多くありません。地元の人に伺うと、自転車の人、バイクの人、釣りの人に人気だそうです。今日お会いした競輪選手の方はここの風景が気に入って潮風に吹かれながら練習するとおっしゃっていました。今日出会った鳥たちです。チュウシ [続きを読む]
  • 江戸小紋
  • 昨日は、着物が好きだった母の姉、叔母の江戸小紋を着ました。(叔母が亡くなった時、母が譲り受けたようです。)母の遺品の中にこの着物があったとき、まだ着物のことを全く知らなくて、地味な着物だな〜と思いましたが、柄の細かさの繊細さに、これはもっと歳をとってから着れるかもととっておいていました。着物のことを少しづつ勉強する中で、江戸小紋が格が高く、遠くから無地のように見えるけれども実は高度な染織技術を使っ [続きを読む]
  • 東京着物ショー2017
  • 日本橋コレド室町で開かれている「東京着物ショー」の初日に行ってきました。会場風景です。これは野村萬斎さん主演の痛快時代劇映画「花戦さ」で使用された衣装の展示です。(6月公開)メインはキモノスタイル200 という、サローネのようなマネキンによる着こなしの紹介なのですが、その内容が、例えば祖母の着物に刺繍をして新たによみがえらせたりとか、アンティークの着物の展示もあり、着物の楽しみ方の幅を広げるような、着 [続きを読む]
  • 春の八ヶ岳
  • 新緑の八ヶ岳南麓に行ってきました。こちらは、標高1000メートルくらいなので、梅、桜、ツツジがいっぺんに咲きます。こちらが八ヶ岳。一峰を指すのではなく赤岳を主峰としたいくつかの火山群です。反対を向くと南アルプスがみえます。駒ケ岳が美しいです。ウグイスが鳴き始め、夏だけ繁殖するために南の国からやってくる夏鳥が続々と高原に到着していました。まずキビタキ。黄色と黒のコントラストがきれいです。メスはずっと [続きを読む]
  • テキスタイル展へ
  • 着物やテキスタイルについてつづるブログ「いろのあるくらし」を最近読み始めていました。アップされる着物のコーデがすてきなのです。読み進めていくと、ブログ主akaさん(プロダクトデザイナー飯島 美弥さん)とだんなさまhさん(テキスタイルクリエーター飯島 浩さん )で製作活動をしているようです。作品はどれも自然や動植物の色や形がデザインされていて、他にない独特の世界があります。バッグや小物を作ってらっしゃいま [続きを読む]
  • 野川の散策
  • 調布市の野川を散策してきました。この川は国分寺市の大池に源を発し、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市を経て世田谷区の二子玉川付近で多摩川に合流する一級河川ですが、川沿いの自然が、ここが東京かと思うくらいすてきなところです。鳥仲間のみどりさんのブログを読んで、見たいな〜と思っていたシマアジに会ってきました!魚ではなく野鳥でシマアジというカモがいるんですよ。春と秋の渡りの時期に日本に立ち寄る旅鳥ですが、 [続きを読む]
  • 三崎のマグロ
  • 初めての食レポです!三浦半島の端っこの三崎港。マグロで有名です。商店街は昭和レトロの建物が点在していて、写真を撮っている人を良く見かけました。ランチはマグロのかぶと焼きなどで有名な「くろば亭」です。せっかく三崎に来たのだからと、珍味を注文。右からマグロの白子、心臓、卵です。こんなおいしい白子は初めてです。ポン酢でいただきました。心臓はショウガ醤油です。固めで味わいがあります。卵は甘辛く煮てあります [続きを読む]
  • サギのコロニー
  • 三浦半島、横須賀のくつわ堰というところに行ってきました。アオサギ、コサギ、ゴイサギ、カワウのコロニーがあります。鳥が苦手な方はパスしてくださいね〜!ここは農業用用水路のため池ですが、真ん中に築島があります。水辺遍路さんのブログに詳しくあります。(こんなブログがあるのですね〜!)これらのサギは普通よく見る鳥なのでめずらしくありませんが、このような集団で、しかも繁殖中の群れを見るのは初めてでした。カワ [続きを読む]
  • 着物で茶の湯展
  • 上野の東京国立博物館で開かれている「茶の湯展」に行ってきました。詳しいことはこちらのHPで見れます。恥かしながら、お茶の世界を私はほとんど知らないのですが、名品が集まるとのことで行ってきました。最近「なんでも鑑定団」で話題になった「曜変天目」茶碗見てきましたよ。静嘉堂文庫美術館HPより茶碗は、唐物、高麗物、和物へと美への追及が深まってゆく様がよくわかりました。戦いに明け暮れる武将たちの心を魅了した道具 [続きを読む]
  • 久米島紬
  • 雨が降ったり晴れたりと天候不順な東京ですが、桜がまだ残る神田一ツ橋に出かけてきました。こちらにある共立女子大では、大学が所蔵する服飾品、美術品を定期的に大学内にある博物館で公開することにしたそうです。共立女子大と言えば、おしゃれなオフィスビルのような都心型キャンパスで有名ですが、このようなところまで充実しているとは知りませんでした。(新築の2号館です。こんな環境で大学生活!うらやましい)今回の展覧 [続きを読む]
  • 本塩沢で桜の神楽坂へ
  • 今日は、市ヶ谷の歯医者さんに行く予定があったので、そのあと、お花見しませんかとお友達の紫苑さんをお誘いしました。お約束をした後、はたと考え込みました。着物で歯医者さんに行けるか?あのリクライニングチェアで治療を受けた場合、お太鼓がつぶれる・・・・ネットでいろいろ調べた結果、しっかりした帯のお太鼓だったら、つぶれても復活できるとの記事をみつけました。半幅で、矢の字とかぺたんとしたものでないといけない [続きを読む]
  • フランス語のひとこと
  • エイプリルフールはフランス発祥!というフランス人が多いです。Poisson d'avril  ポワソン ダブリル と言います。  ポワソンは魚、ドゥは英語のof、アブリルは4月です。4月の魚です。学校などで親しく肩を抱きながら、友達の背中に魚の絵を描いた紙をそっと貼って、いたずらするそうです。東京でフランス語の教室も開催しているフランスネットのサイトに詳しく説明があります。ここはHP上にフランス語の初級講座やフランス [続きを読む]