coco さん プロフィール

  •  
cocoさん: ココのFX自動売買
ハンドル名coco さん
ブログタイトルココのFX自動売買
ブログURLhttp://cocofxautotrade.blog.fc2.com/
サイト紹介文FXの自動売買をこれから始める方、始めたけどなかなか利益が出ない方の参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 277日(平均1.6回/週) - 参加 2016/11/09 13:47

coco さんのブログ記事

  • イベントへの対処方針
  • 後出しジャンケンみたいでここに書くのはどうしようかと思ったけど、まあ、読んでいる人はほとんどいないと思うし、私の備忘録のブログなので書いておこう。先週の金曜日、8月4日の朝、ベアト兄弟は利益確定しました。ベアト兄弟はずいぶん負けがこんでいるのと、シカゴIMM通貨先物ポジションでドル売りが増えているという話があり、雇用統計次第でドル安の大きな巻き戻しの可能性があったから。結果は利益確定で正解でした。た [続きを読む]
  • 2017年7月の成績報告
  • 確定益はQuickShiftのおかげで一応プラス。でも、QuickShiftも含み益を勘案すると残念ながらマイナス。ミラートレーダーではPminvestcapitalが大きなドローダウン中(涙)MT4ではベアト兄弟、ECS-black、カバのドローダウンが痛かった(涙)よかったのはSwallowくらい。4月以降、ちょうどブログで成績報告するようになったら、MT4のEAもミラートレーダーのPminvestcapitalも調子が悪い。スイングはQuickShiftだけにし [続きを読む]
  • 秋は暴風雨か!?
  • 自動売買とは関係ないけど、8月以降の相場に警鐘を鳴らすプロが多い。西山幸四郎(石原順)さんとか、岡崎良介さんとか。理由は、ズバリFRBやECBの利上げや緩和縮小。高リスク資産から低リスク資産へのアセットアロケーションによって相場が変調をきたすと。高リスク資産の株や新興国の債券が売られ、先進国の債券や円が買われる。秋台風の暴風雨か、ショボショボの秋雨か、わかりませんが。ただ、近年の相場をみると、バブ [続きを読む]
  • 復活!ブレイクスキャル・Nekoboo
  • ついつい新しいEAに目がいってポチッと したくなるけど、次々に買っていたらEA貧乏になってしまう。そこで、利用中止したEAを復活しよう!ということになった。利用中止したEAで使い物になりそうなものは?Egoistはバージョンアップで、相場判定ロジック と 損失管理ロジックが実装された。ただ、バージョンアップからまだ1か月も経っていないし、10ポジションというのは私のルール違反。いずれにしても、もう少し様子を見 [続きを読む]
  • 2017年6月の成績報告
  • MT4は6月もてっきりマイナスと思っていたけど、集計したらプラスでした (^-^)/しかも5月の損失をほぼ取り返しました。ミラートレーダーは確定はマイナスですが、QuickShiftが含み益をため込んでおり、実質プラスとなりました。YBScalperは以前はUSDJPYが好調で、EIRUSDが不調、でも今は逆。Solidはスキャルとスイングの二本立てだが、スイングがよくない。スイングの調子が悪かったときに2ポジションから1 [続きを読む]
  • 獲らぬ狸の皮算用
  • 3月から5月まで3か月連続で、MT4のEAはマイナスの成績で、6月もはかばかしくない。QuickShiftは横這いで踏ん張っているけど。どうしてなのか???1つは、テーマがない、トレンドがないからだと思う。欧州の金融危機のときはユーロ安、アベノミクスは円安、何かそういうテーマがあってトレンドが発生するとよいが。。。もう一つの理由は乱高下。ポンドなんか乱高下するから、上がると思えば下がり、下がると思えば上がる。投 [続きを読む]
  • 2017年5月の成績報告
  • 遅くなりましたが、2017年5月の成績報告。ブレイクスキャルは5月途中で稼働停止。逆に、AvaSwingSystemは5月途中から稼働開始。MT4はPipsで大きく負けていることからもわかるように、金額も3か月連続でマイナス(><)2014年7月から10月まで4か月連続でマイナスだった時以来。ミラートレーダーのQuickShiftは好調のように見えますが、4月末の含み益を考えると実質マイナス。。。新たに稼働開始したAv [続きを読む]
  • ブレイクスキャルの運用停止
  • ブレイクスキャルシステムの運用を停止することにした。大きなドローダウンがあったわけではない。ただ、エッジを感じられなくなったから。ブレイクスキャルシステムのコンセプトはブレイクしたときには値が飛ぶので飛んだ分を取りに行くというもの。しかしながら、取りたい分だけなかなか値が飛ばない。そして飛ばずに、ブレイクがだましになると大きな損になる。だんだん状況が厳しくなり、コンセプト通りの動きとなっていない。 [続きを読む]
  • 気絶投資法!
  • 有名なEA、Beatriceの開発者、東京システムトレーダー様がブログで気絶投資法を推奨!「EAの調子がよくないときは見ずにおけ!」ということ。バックテストが綺麗な右肩上がりなのは後出しじゃんけんだから。ドローダウンがないEAもストラテジーも幻想。どれだけ優秀なEAでもストラテジーでもドローダウンがある。そして、10万円の損を許容できなければ10万円の利益を得ることは難しい。100万円の損を許容できなければ100万 [続きを読む]
  • 夢をみさせるか?不安をあおるか?
  • 誰かを投資(投機?)に誘う手口には大きく分けて2種類ある。1つは夢をみさせる。いつだったか、カワセ係長さんのメルマガで商材販売のアフェリをやっていた。その商材販売の動画はいかにも高級そうな高層ビルの一部屋で、一流の金融会社でトレードをしていた人が出てきた、トレードの話をしていた。動画自体はまともなことを語っていた。珍しい話ではないけど。そしてその後が問題。その動画の続きをみたければ、コメント欄に自 [続きを読む]
  • YellowBicycleScalper
  • YellowBicycleScalper  黄色の自転車って何か意味があるのかしら?関係ないけど私の愛車も黄色い自転車!開発者本人のブログによれば、平成元年生まれ、都内の大学院をご卒業とのこと。血液型はB型。関係ないけど私もB型(笑)YellowBicycleScalperはUSDJPYとEURUSDの2つ。成績はいまのところUSDJPYがよい。でも、EURUSDも少しずつ回復している。1分足で相場の行き過ぎをとらえ逆張りする。過去に大きなドローダウンがあり、 [続きを読む]
  • ザ・クオンツ
  • GWに読書。ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち スコット・パタースン 著 永峯 涼 訳 角川書店クオンツは数式やスパコンを駆使してものすごい金をあっという間に稼ぎ出す人たち。クオンツが作り出したさまざまな金融商品、CDOとかCDSとかがリーマンショックを引き起こしたといわれている。最初はものすごく儲かった。でも多くのクオンツが同じ戦略をとると収益機会が少なくなりだんだん収益率が下がる。収益率 [続きを読む]
  • 複数通貨ペア
  • 私のポートフォリオの特徴の1つは、同じストラテジーやEAを使って複数通貨ペアで運用しているものが多いことだ。QuickSfift 18通貨ペアMB-Trading 5通貨ペアWhiteBear USDJPY & EURJPYBreak Scal USDJPY & EURUSDYBScalper USDJPY & EURUSDWallStreet EURUSD & GBPUSDSilverCoyote USDJPY & EURJPYPollen USDJPY & GBPUSDバックテストやフォワードテストをみて、複数通貨ペアで成績が良好なストラテジー、EAはやはり [続きを読む]
  • 2017年4月の成績報告
  • 私のリアル口座の成績。QuickShiftはスイスフランがからまない通貨ペア18ペアの合計。BreakScalはパラメーターを変えて稼働している3つの口座の合計。なお、スキャルはイベント前や週末はポジションを閉じている。振り返りMT4のEAたちはPipsだけでなく金額もマイナス。特に、Beatriceのマイナスが大きかった (。>ωでも、ミラートレーダーのQuickShiftのおかげで自動売買全体ではプラスで終えることができ、ひとまずよかった [続きを読む]
  • 成績の報告のスタート
  • 自分の成績を報告するのは気が進まなかった。成績が良いときに報告すると、損失が膨らんでいる人に申し訳ないような。成績が悪いときは自分自身も気が重い。それでも自動売買をしている人にとって参考になることもあるかもしれないと思い、成績報告をすることにした。さすがに金額はちょっと・・・なので、各月pipsで。2017年4月からスタート。 していただけたら嬉しい!人気ブログランキングへにほんブログ村優秀トレ [続きを読む]
  • 投資におけるAI
  • 日経新聞でAIの文字を見ない日はない。当然、投資の世界でもヘッジファンドがAIでの運用を始めている。トレードは金融市場のお金の奪い合いをしているわけで、AIがどんどん儲けるとすれば誰かが損をしている。孫子いわく「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」ということで、AIについて少しでも理解しようと「グーグルに学ぶディープラーニング 日経ビックデータ編 日経BP社」という本を読んでみたが、よくわか [続きを読む]
  • 稼働停止した朝スキャ - 追加
  • もう一つ稼働停止した朝スキャがあった、WallStreetAsia。WallsStreetRoboのおまけとしてもらったもの。私の手元にあるマニュアルの推奨は何と8通貨ペアGBPUSD、USDJPY、GBPCAD、GBPCHF、EURGBP、EURCHF、USDCAD、USDCHF。myfxbookでWallStreetAsiaのフォワードがみられる。右肩上がりの優秀な成績。しか〜し、日本時間の早朝はただでさえスプレッドが開きやすい。ましてマイナーな通貨ペアはどうしても大きく開くし、滑りやすい [続きを読む]
  • 稼働停止した朝スキャ
  • 以前に稼働停止の朝スキャとして、Racco と WhiteBear EURUSDを取り上げたが、それ以外にも稼働停止した朝スキャがある。まず、Egoist。fx-onの販売ページをみると、2014年8月発売から2015年6月ごろまでフォワードテストで右肩上がりの損益曲線で利益を積み上げ、400名以上が購入。しかしながら、2015年7月以降10月くらいまで右肩下がりのドローダウンとなり、その後もアップダウンを繰り返しながらの横這い。私は2014年11月に稼 [続きを読む]
  • ロットの決め方
  • EA採用のルールはあるが、ロットの決め方のルールがまだない。現状、新しいEAを買ったら最大のSL、ポジション数、トレード頻度などを勘案して、他のEAなどと比べてロットを決定している。最初は小さ目のロットで、ある程度の実績を積んだらロットを増やしている。でも、大きく負けるとロットを減らすこともある。それで、だいたい6か月くらいでロットを決めて、その後はロットをいじらないのが原則。調子がよいからとむやみ [続きを読む]
  • 行列のできるEA鑑定団
  • トレンドストリーム社の行列のできるEA鑑定団!優秀なEAをたくさん開発しているトレンドストリーム社の鑑定結果。SSに輝くのはWhite Bear Z USDJPY、Beatrice-07、さざなみ。White Bear Z USDJPY、Beatrice-07は販売実績も抜群で、順当だが、さざなみは正直意外。ロングのみとショートのみを裁量で切り替えるのなら自動売買ではないと思うが。。。鑑定結果以外にも「MT4のEA、購入時に知っておきたいこと(前編)」、「MT4の [続きを読む]
  • SilverCoyote
  • 現時点で使っている朝スキャは、WhiteBearZ USDJPY & EURJPYとSilverCoyoteの3つのみ。以前はもっとたくさん使っていて、朝起きて「おはぎゃー」となったことがあった。「おはぎゃー」となると朝から気分がよくない。だから、朝スキャは3つぐらいで十分というのが今の気分。SilverCoyoteはトレンドストリームという会社が開発したEA。ポジションは3つ。一定の利益を確保すると、SLを上げて徐々に伸ばす機能が付いており、 [続きを読む]
  • プロの戦略
  • 大きな資金を動かしている、ヘッジファンドなどのファンドマネージャーが金融市場をどのように見ているのか知るために参考にしているのが、西山孝四郎 様(石原順 様 同じ方です)の記事やラジオ番組。ブログ「石川順の日々の泡」西山孝四郎のマーケットスクエア(マネースクエア・ジャパン提供)ラジオ番組、金曜日15:10〜16:00 番組終了後も視聴可石原順 外為市場アウトルック(楽天証券)木曜日夕方更新マーケットの最前 [続きを読む]
  • Racco & WhiteBear (EURUSD)
  • fx-onで最も多く売れたEAは、多分、ラッコ様の WhiteBearV3、963個も売れている。トレード時間が短くなって、ストレスフリーに一歩近づいたシロクマ 君WhiteBearV1やV1EXなどはさまざまなブローカーの口座開設などのプレゼントEAにもなった。EAの名称にEURUSDと通貨ペア名が付かないのはWhiteBearシリーズとして最初に開発されたから。他のWhiteBeaシリーズとともに早朝スキャル。Raccoもラッコ様の早朝スキャル [続きを読む]
  • オアンダはダメ!追記2
  • オアンダのカスタマーサポートセンターと何度もやり取りした結果わかったことは次のとおり。MT4のログ上、EAはエントリーと同時に決済指値も決済逆指値も発注していた。しかしながら、私のMT4の取引画面で決済逆指値が表示されていなかった。その5つのポジションのうち、4つはオアンダサーバーに受け付けられており、1つは実際に受け付けられていなかった。つまり、2つのシステムトラブルがあったことになる。1つは決済逆指値 [続きを読む]
  • ブローカー選びは難しい
  • 呑み業者とはFXのブローカで注文を市場に流さず、自社内で処理する業者のことである。顧客の反対売買を引き受けるため、顧客の利益は業者の損失、顧客の損失は業者の利益、したがって顧客が損をするように仕組んでいるという人がいるが、そういうわけではない。FXのブローカーはカバー先を持っている。呑み業者でない場合、顧客の注文をすべてをカバー先に流している。呑み業者は、顧客の注文のうち、同じ通貨ペアの同じタイミン [続きを読む]