天地衛文 さん プロフィール

  •  
天地衛文さん: 政治や世界の裏のウラ
ハンドル名天地衛文 さん
ブログタイトル政治や世界の裏のウラ
ブログURLhttp://ameblo.jp/oh-thanks/
サイト紹介文政治、宗教、歴史の真実。タブーとされていた問題にあえて触れる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 81日(平均10.5回/週) - 参加 2016/11/07 22:19

天地衛文 さんのブログ記事

  • 安寧神化の改新、2019年から日本の破壊と再生が加速する
  • ● 安寧神化の改新、2019年から日本の破壊と再生が加速する今上天皇の譲位に伴い、2019年から元号が変わることになった。現天皇の存命中の譲位については賛否両論あるようだ。しかし、これは日本の破壊と再生が本格的に始まることを暗に示しているとも考えられる。2016年の熊本地震、阿蘇山噴火を合図に始まった日本の破壊と再生。その流れは2020年あたりに一つの山場を迎える。国家の安寧を願うけれども、そのためには避けて通れ [続きを読む]
  • 南海トラフ大震災は2027年?あと10年で大地震に備えられるか
  • ● 南海トラフ大震災は2027年?あと10年で大地震に備えられるか1995年以後に発生した震度6強以上の地震について調べたところ、発生時期にある程度の周期性があることがわかった。そこから推測すると、次に震度6強以上の地震が発生する時期は2019年と考えられる。そして、大震災クラスの大地震は2027年あたりに発生する可能性が高いと予想される。震源が南海トラフかどうかはわからないが、10年という時間があれば個人的な準備期間 [続きを読む]
  • スパイダーマンに見る人類の進化論
  • ● スパイダーマンに見る人類の進化論スパイダーマンに出てくる超人にはいくつかの種類がある。クモのDNAを取り込んだスパイダーマン。人工知能と合体したドックオク。宇宙人とのハーフ。実験に巻き込まれ身体が砂状になったサンドマン。これらは、人類が超人になる方法はいくつもあるということを示している。アメリカにはトランスヒューマニスト党という政党があり、トランプ政権下で勢力を拡大する可能性が高いという。この政党 [続きを読む]
  • 車の頭上カメラの正体は人工衛星、宇宙から監視されている人類
  • ● 車の頭上カメラの正体は人工衛星、宇宙から監視されている人類車の縦列駐車をサポートするアラウンドビューモニターという機能がある。どこから撮っているかと言えば、宇宙からだろう。GPSと超解像度カメラによって、今や人類は宇宙から民衆を監視することができるようになった。これは、富裕層や権力者の火星移住の下準備かもしれない。そういえば、屋内にいるターゲットをピンポイントで一瞬にして消滅させることができる兵器 [続きを読む]
  • 硫黄島近海でM5.3の地震発生、警告としての災害は続く可能性
  • ● 硫黄島近海でM5.3の地震発生、警告としての災害は続く可能性2016年12月28日午後9時38分ごろ、茨城北部で最大震度6弱の地震が発生した。そのわずか1時間後、硫黄島近海でM5.3の地震が発生。これは、日本の神々や先人からの警告としての災害が、今後も起きる可能性を示していると考えられる。今回の茨城北部地震は最大震度6弱と局所的に大きな揺れとなったが、Mは7未満だったため、来年1月以後M7以上の地震が発生する可能性はまだ [続きを読む]
  • 奇妙なタイミングで移設工事再開、中国海軍の太平洋進出が合図か
  • ● 奇妙なタイミングで移設工事再開、中国海軍の太平洋進出が合図か沖縄県の訴えが全面的に退けられ、辺野古への米軍基地移設工事がようやく再開されることになった。朗報ではあるが、タイミングが気になる。1日前の25日、中国海軍の空母が初めて太平洋に進出した。しかも、沖縄本島と宮古島の間を堂々と通り抜けて行った。第一列島線をこんなにも容易に越えられたという事実は、軍事的に見て重大な問題ではないだろうか。翁長知事 [続きを読む]
  • ついに中国の空母登場、オスプレイ墜落とは比較にならない脅威
  • ● ついに中国の空母登場、オスプレイ墜落とは比較にならない脅威25日、中国海軍の空母が東シナ海に姿を現した。太平洋に出て、トランプ政権となる米国に牽制する狙いがあると見られている。その際、沖縄のすぐ近くを通過することになるが、一歩間違えれば尖閣諸島を一瞬で占領されてしまう恐れがある。米軍のオスプレイ墜落に過剰反応するマスコミだが、中国の空母にはほとんど触れない。日本にとって、どちらがより重大な脅威と [続きを読む]
  • 仮放免で外国人犯罪者逃亡、政治の腐敗で日本の治安はどうなる
  • ● 仮放免で外国人犯罪者逃亡、政治の腐敗で日本の治安はどうなる有罪判決を受けた犯罪者が一時的に拘束を解かれることがある。仮放免という謎の制度だ。その仮放免された外国人犯罪者が逃亡する事例が相次いでいるという。一度逮捕した犯罪者をむざむざ逃がすような法律を作ったのは誰か。これでは日本は外国人犯罪者にとってやりたい放題の犯罪天国ではないか。日本の法律や制度がこのような状態であるがゆえに、中国人や韓国人 [続きを読む]
  • 2012年1月1日にM7.0の地震が起きている、新年早々の揺れに注意
  • ● 2012年1月1日にM7.0の地震が起きている、新年早々の揺れに注意4年前の2012年1月1日、鳥島近海を震源とするM7.0の地震が起きた。震源の深さが300km以上と深かったため、最大震度は4程度で収まったが、仮に深さが100km未満であったらほぼ確実に震度5以上の揺れが発生していただろう。わずか4年前というごく最近の出来事だけに、年末年始でも気を抜けないという注意喚起に説得力を持たせるには十分な事例だ。さらに、今年の11月24 [続きを読む]
  • 糸魚川火災が警告すること、中国がもたらす火種が災いとなる日
  • ● 糸魚川火災が警告すること、中国がもたらす火種が災いとなる日22日午前、新潟県糸魚川市で火災が発生した。強風による延焼が続いているため、いまだに炎が上がっており、鎮火のめどは立っていない。火元となったのは中華料理店とのこと。この大規模な火災から察するに、何かしらの警告と受け取ることができると思われる。中国が持ち込む火種は、やがて日本に大きな災いをもたらすといったところだろうか。現に、中国は尖閣諸島 [続きを読む]
  • トカラ群発と東ティモールM6.7地震、年末年始も気が抜けない
  • ● トカラ群発と東ティモールM6.7地震、年末年始も気が抜けない21日午後8時半ごろ、トカラ列島で小規模な地震が2回立て続けに発生した。同日未明には薩摩地方、20日には鹿児島湾で震度1〜2の小規模な地震が発生しており、鹿児島周辺の地下が活発化している印象を受ける。特に、トカラ列島での群発地震は、熊本地震の大体2カ月前と2週間前、1週間前にそれぞれ発生しているため、年末から来年1月にかけて、念のため注意した方がいい [続きを読む]
  • 福島沖震度3の地震で広範囲揺れる、エクアドルでは地震で3人死亡
  • ● 福島沖震度3の地震で広範囲揺れる、エクアドルでは地震で3人死亡20日1時41分ごろ、福島沖を震源とするM5.5の地震が発生した。最大震度は3だったが、北関東や北陸を含む、東北の広い範囲で震度1以上の揺れが観測された。また、西日本では、鹿児島湾を震源とする最大震度2の地震が同日の14時ごろに発生している。震源の深さは10kmで、M2.3という小規模な地震だったが、ここを震源とする地震は珍しいと思われる。さらに、19日には [続きを読む]
  • 真珠湾と911は同じ構図、それでもアメリカは知らない顔をする
  • ● 真珠湾と911は同じ構図、それでもアメリカは知らない顔をする真珠湾攻撃を日本の奇襲だと言い張るアメリカ。しかし、実際は米軍は日本側の暗号を傍受し、真珠湾攻撃を事前に把握していたという。そして、アメリカ政府は日本の卑怯な攻撃だと自国民に訴え、真珠湾を忘れるなという大義名分を得て、国民の支持を確固たるものにした。911もそうだ。アメリカ政府は事前にテロ計画を知っていたという。その上で、あくまで知らない顔 [続きを読む]
  • 世界のトップは人口を減らすべく画策している、日本も削減対象
  • ● 世界のトップは人口を減らすべく画策している、日本も削減対象世界に大きな影響力を持つと言われる大富豪やマフィア。メディアに全く顔を出さないことから、闇の権力者と呼ばれる。各国の首相や大統領を表のトップとするならば、彼らは陰のトップといったところだろう。彼らは、世界の人口が70億人を超えている現状を危惧している。人口増加のリスクとして、食糧不足やエネルギー不足を招く恐れや、経済活動で排出される二酸化 [続きを読む]
  • 来年度の軍事助成金18倍に、日本の産学技術が国を守る力になる
  • ● 来年度の軍事助成金18倍に、日本の産学技術が国を守る力になる民間用の技術でも、軍事に転用できるものがある。これをデュアルユースと呼ぶそうだが、そういった技術を対象とした研究助成金が来年度は18倍に増えるとのこと。日本の産学技術が結集することとなり、軍事技術の発展に大きく貢献することが期待される。中国や北朝鮮などの脅威が増す中、国民にとっては朗報と言っていいだろう。オスプレイのような旧式の輸送機に頼 [続きを読む]
  • 2017年に震度6強の可能性、最悪想定は2019年と2020年に震度7
  • ● 2017年に震度6強の可能性、最悪想定は2019年と2020年に震度71995年以降の震度6強以上の地震発生状況から、導き出された仮説がある。震度7の地震発生間隔が、9年⇒7年⇒5年と2年ずつ短くなっている。この法則通り行くと仮定すると、今後は3年⇒1年という発生間隔になる。2016年4月14日と16日に熊本で震度7を記録。3年後、2019年。さらに1年後は2020年となる。また、震度7の地震が発生した1年後には震度6強の地震が発生した事例が [続きを読む]
  • 獣子たちの危険な遊び、ハンターの狩り場に近づかないように注意
  • ● 獣子たちの危険な遊び、ハンターの狩り場に近づかないように注意日本にもテロリスト予備軍となる人間がいる。在日反日韓国人は既にテロリストなので除外。獣子(ケモノゴ)と呼ばれる者達だ。2016年11月22日、東北の太平洋側に多数出没していた。この日、津波を伴う地震が起きたのは単なる偶然ではない。ミイラとりがミイラになる。モンスターとりがモンスターになる。そのモンスターを始末するのは誰か。ゲームを開発した生み [続きを読む]
  • パプアニューギニアでM7.9の地震発生、日本でのM7リスクは健在
  • ● パプアニューギニアでM7.9の地震発生、日本でのM7リスクは健在日本時間の17日午後7時51分ごろ、パプアニューギニアでM7.9の地震が発生した。震源の深さは約100km、現地周辺には津波警報が発表されているようだが、日本は若干の潮位の変化にとどまるとのこと。津波の情報も含め、地表の揺れ方や被害状況などについては続報を待っている状況だ。今回も、南太平洋でのM7クラス地震のため、日本のM7地震の発生リスクは変わらないと [続きを読む]
  • 政権交代から2年後に311、国への不当な怒りは自らの首を絞める
  • ● 政権交代から2年後に311、国への不当な怒りは自らの首を絞める7年前に起きた政権交代。野党第一党の旧民主党が政権を握ることに。しかし、その2年後、311東日本大震災が発生し、民主党の正体が露呈した。国民は政権を握らせてはならない者達に政権の座を明け渡してしまったと後悔した。そして、反省したはずだ。その当時、国に対してどのような不満があったか。そして、その不満は正当なものだったのか。確か、消えた年金問題や [続きを読む]
  • ロシアが北方領土を手放したくない軍事的な理由
  • ● ロシアが北方領土を手放したくない軍事的な理由ロシアにとって北方領土は手放せない代物だ。なぜなら、対アメリカとの戦争を想定した場合、太平洋へのロシア艦隊進出の足掛かりとなるためだ。さらに、もし日本に返還されたら、十中八九北方領土に米軍基地が置かれることになる。そうなると、ロシアにとっては軍事的に不利な要素が一方的に増えることになる。これらの理由から、ロシアは北方領土を日本に返還する気はまずないと [続きを読む]
  • 平成の3億円事件、金価格高騰は世界情勢の悪化を意味する
  • ● 平成の3億円事件、金価格高騰は世界情勢の悪化を意味する博多で今春、6億円相当の金塊強奪事件が発生していたことが明らかになった。犯人は警察官になりすまし、職務質問を装い金塊の入ったキャリーケースを受け取り、所有者らが目を離した隙に車で逃走。白昼の大胆な犯行に、どこか48年前に起きた3億円事件を彷彿とさせる。金の価格はここ10年で約2.9倍にまで上昇しており、海外からの密輸も増えているという。金相場の上昇は [続きを読む]