多楽 さん プロフィール

  •  
多楽さん: 野州狛犬見聞録
ハンドル名多楽 さん
ブログタイトル野州狛犬見聞録
ブログURLhttp://ki106.blog.fc2.com/
サイト紹介文栃木県の神社・お寺に等問わずに出会った狛犬達の紹介。時々御朱印。
自由文栃木県内だけではなく、県外で出会った狛犬達も随時紹介。御朱印あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 314日(平均3.3回/週) - 参加 2016/11/08 22:14

多楽 さんのブログ記事

  • 高鳥天満宮(群馬県板倉町)
  • 鎮座地:板倉町大字高嶋御祭神:菅原道真境内社:浅間神社・六社合祀社菅原道真に仕えていた岩下勝之丞と言う人物がおり、道真が太宰府に左遷になった際、自身も随行を申し出たが道真は行き先の困難を思い随行を諦めさせた。道真は自らの肖像画を描かせると岩下に渡した。岩下はこれを自身の地元の出羽国に持ち帰り、子孫にこれを守らせた。文暦元年(1234)、勝之丞の末裔である岩下勝之進がこの肖像画を伴って北野天満宮に参詣の [続きを読む]
  • 板倉雷電神社(群馬県板倉町)
  • 鎮座地:板倉町大字板倉御祭神:火雷大神・大雷大神・別雷大神境内社:八幡宮稲荷神社・稲荷神社・金比羅神社・天満宮・弁天社推古天皇6年(598)聖徳太子が天の声を聞き、当時伊奈良の沼と呼ばれる湿地の小島であったこの地に祠を設け、天の神を祀ったのが最初と伝わる。延宝2年館林藩藩主であった徳川綱吉が社殿を再建。現在の奥社本殿は天保6年(1835)に再建し、奥社本殿は慶応4年(1868)に造営されたものである。当社は [続きを読む]
  • 神峰神社(里宮)
  • 鎮座地:日立市宮田町御祭神:伊邪那岐命・伊邪那美命・熊野櫲樟日命境内社:愛宕神社・稲荷神社・春日神社・香取神社・薩都神社・山神社・白山神社・津島神社・大杉神社創建年不詳だが、正長元年(1428)に宮田村の鎮守として神峯山山頂に遷座し祀られたと伝わる。天文23年(1554)山の中腹にある鬼ヶ洗水に遷座となったが、場所が悪かったせいか疫病が流行り、元禄元年(1688)に再び山頂に遷座し、稲荷森(現神峰神社)に遙拝 [続きを読む]
  • 亀岡八幡宮
  • 鎮座地:益子町大字小宅御祭神:誉田別命配  神:息長足姫命・玉依姫神境内社:皇大神宮・伊門神社・招魂社康平2年(1059)源義家が後三年の役の際、奥州に向かう途中高室山(御館山)に着陣したとき石清水八幡宮を勧請し戦勝祈願を行う。その時芦樫沼より霊亀が出現し奇端を示したので、義家は大いに喜んだとのこと。戦に勝利した義家は社殿を造営し、康平7年(1069)勅令により亀岡八幡宮と称する。その後、源頼朝が奥州藤原 [続きを読む]
  • 健田須賀神社
  • 鎮座地:結城市結城御祭神:建沼河別命・須佐之男命境内社:甲子稲荷神社・十二社・結城七社・猿田彦神社明治3年に健田神社と須賀神社が現鎮座地に合祀。【健田神社(建沼河別命)】延喜式内社。元は現鎮座地より約2km南東に鎮座していた。創建不詳だが、結城の国造の竹田臣が祖神の建沼河別命を祀ったのが始まりと伝わる。宝暦14年(1764)に乗国寺の境内に遷座。【須賀神社(須佐之男命)】結城家初代結城朝光が仁治3年( [続きを読む]
  • 東蕗田天満社(茨城県)
  • 鎮座地:八千代町大字東蕗田御祭神:菅原道真公配 神:天児屋根命・金山彦命境内社:大日神社・雷電社・疫社二社・三峯神社・八幡神社・稲荷神社・東照宮・祖霊社古くより「元法印正善の時『小字本田に小祠あり(口傳)』」とあり、当神社は現在の処より北に鎮座。近くに成就寺という寺があり、蕗田家の祖である元法印正善は住職と神官を兼ねており、その後法印善海の代に「東蕗田の地に菅原道真公をお祀りするお社を造るように」 [続きを読む]
  • 大宮温泉神社
  • 鎮座地:大田原市中野内御祭神:大己貴命・少彦名命・市磯長尾市命配 神:名城入姫命・高日子根命・大山祇命・別雷命・木花開耶姫命・稲倉魂命・素盞鳴命・高龗命・伊弉冉尊・訶遇槌命・火霊命・大日靈命境内社:天満宮・鎧神社・加茂神社・稲荷神社孝謙天皇の御代(749〜758)に、大己貴命・少彦名命・市磯長尾市命を高尾森(現大田原市大輪)に勧請したのがはじまりと伝わる。大同二(807)年に詔に従い高尾森に神地を賜る。大 [続きを読む]
  • 磯山神社
  • 鎮座地:鹿沼市磯山御祭神:大己貴命・須世理姫命・事代主命配 神大日孁貴命・木花咲耶姫命・伊弉册命境内社:八幡宮・天満宮・八坂神社・千勝神社・皇産霊神社・愛宕神社・雷電神社・琴平神社・稲荷神社・道祖神社永延2年(988)、高野下野藤原権助により創建されたと伝わり、當社明神と称し、磯・亀和田・赤塚・七ツ石・羽生田の総鎮守となる。永仁6年(1298)に西方城主西方遠江守烏丸景泰が宇都宮二荒神社の祭神を勧請し合 [続きを読む]
  • 瀧尾神社
  • 鎮座地:日光市今市御祭神:大己貴命・田心姫命・味耜高彦根命境内社:市神神社・稲荷神社・皇大神宮・八坂神社・稲荷神社・雷電神社・琴平宮・宇佐八幡宮・正八幡宮・菅原神社・他石碑今市総鎮守。天応2年(782)、勝道上人が日光山(男体山)に二荒神を祀ったときに、同祭神を祀ったのがはじまりとされている。寛正元年(1460)1月改築。宝暦(1751-64)の大火で社殿宝物当全て焼失。さらに戊辰戦争により社殿当焼失。明治10年 [続きを読む]
  • 胸形神社
  • 鎮座地:鹿沼市村井御祭神:田心姫神相  殿:天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・可美葦牙彦舅神・天常立神・国常立神・天照皇大神・天恩穂耳神・瓊々杵神・彦火火出見神・鵜草茸不合神・大日貴神・少彦名神・日本武神・鎌倉権五郎影政境内社:豊年神社・愛宕神社・八坂神社・琴平神社・天満宮・竈神神社・疱瘡神社旧称村井神社。式内社村檜神社の論社とされている。創立年不詳。社殿によれば、往古旱魃の際、神に雨を乞うたと [続きを読む]
  • 神明宮(高根沢町)
  • 鎮座地:高根沢町大字栗ヶ島御祭神:大日孁貴命境内社:白鳥神社・他数社元禄14年(1701)12月6日創建。栗ヶ島地域の総氏神として崇敬される。大正15年3月社殿を改築。昭和31年に社務所、平成4年に末社社殿、平成7年拝殿幣殿をそれぞれ改修した。 伊勢御師佐八氏の館跡。永正11年に宇都宮忠綱は伊勢御師佐八美濃守に、下野国内宇都宮領内の家臣から領民に至るまで、すべて檀那になることを約束している。 [続きを読む]
  • 唐澤山神社
  • 鎮座地:佐野市富士町御祭神:藤原秀郷公境内社:避来矢山霊廟・竜神宮・和合稲荷神社明治13年11月、藤原秀郷子孫・佐野氏子孫及び旧臣が秀郷公の遺徳を称え公の御霊を祀る神社創立のための東明会を組織する。明治16年9月東明会の尽力により唐沢山城本丸跡に創立。同年10月に鎮座祭を執り行った。平成26年3月唐沢山城は国指定史跡に指定される。 上杉氏・北条氏の猛攻にも耐え開城はしたが落城はし [続きを読む]
  • 網戸神社
  • 鎮座地:小山市網戸御祭神:田心姫命配  神:大山祇命・天児屋根命・木花開耶姫命境内社:八坂神社・権兵衛稲荷神社・水神社・天満宮・千形神社・三峯神社・皇宮神社・熊野神社創建年不詳。大同元年(806)10月28日再建と伝わる。天慶2年(939)、藤原秀郷は平将門追討に際して、戦勝祈願をして金百貫文を奉納。文治3年(1187)源頼朝は小山政光の妻、寒川尼を地頭職に任じ、所領を寄進した。以来歴代の網戸城主の崇敬は篤 [続きを読む]