多楽 さん プロフィール

  •  
多楽さん: 野州狛犬見聞録
ハンドル名多楽 さん
ブログタイトル野州狛犬見聞録
ブログURLhttp://ki106.blog.fc2.com/
サイト紹介文栃木県の神社・お寺に等問わずに出会った狛犬達の紹介。時々御朱印。
自由文栃木県内だけではなく、県外で出会った狛犬達も随時紹介。御朱印あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 133日(平均5.2回/週) - 参加 2016/11/08 22:14

多楽 さんのブログ記事

  • 高椅神社
  • 鎮座地:小山市高椅御祭神:磐鹿六雁命・国常立尊・天鏡尊・天萬尊配  神:高龗命・木花咲姫命・経津主命・火産霊命・豊受比売命境内社:雷電神社・水神社・白幡神社・鷲宮神社・上宮神社・大椙神社・稲荷神社・天満宮・真剣神社・東照宮・天健神社・健田神社延喜式内社。当時は下総国であったため下野国十一座には含まれていない。元禄年間に下野国に編入。景行天皇41年、日本武尊が東征の祭、当地で国常立尊・天満尊を勧請し [続きを読む]
  • 村檜神社
  • 鎮座地:栃木市岩舟町小野寺御祭神:誉田別命配  神:熊野大神・大山咋命境内社:西宮神社・他数社(不明)大化2年(646)の創建と伝わる。熊野大神・大山咋命の二柱を祀り、佐野庄小野寺郷の総鎮守として崇敬された。大同2年(807)に皆川村小野口の八幡宮を合祀した。また清和天皇の御代(858〜76)、皆川村字八幡沢に八幡大神を勧請したが、この地が不浄のため、光孝天皇の御代(884〜87)に当地に合祀した。藤原秀郷が唐沢 [続きを読む]
  • 大前神社
  • 鎮座地:栃木市藤岡町大前御祭神:於褒婀娜武知命配  神:神日本磐余彦彦火火出命境内社:弁財天・他十数社あるが社名不明延喜式内社。社名は大前(オオマエ)と呼ぶが、下野国誌によると古くは大前(オオサキ)であったらしい。 創建は不明。天慶2年(992)平将門の乱の際、村中がことごとく兵火に焼かれ当社も焼失したが、しばらくして再建したとのこと。室町時代に再度の火災により社運が衰退し、以後長きにわたり祭祀を執り [続きを読む]
  • 宇都宮二荒山神社
  • 鎮座地:宇都宮市馬場通り御祭神:豊城入彦命配 神:大物主命・事代主命境内社:初辰稲荷神社・女体宮・十社・東照宮・荒神社・松尾神社・剣宮・十二社・菅原神社・須賀神社・市神社・水神社境外社:下之宮延喜式内社。仁徳天皇14年(353)、毛野国が下野国と上野国に分かれた際、下野国国造に任ぜられた奈良別王が曾祖父の豊城入彦命を祀ったことに始まると伝わる。当初は摂社下之宮の場所に鎮座していたが、承和5年(838) [続きを読む]
  • 三和神社
  • 鎮座地:那珂川町三輪御祭神:大物主命配  神:火産霊神・木花開耶姫命境内社:稲荷神社・八雲神社延喜式内社。推古天皇12年(604)、大和国三諸山(三輪山)の大神神社を勧請したのがはじまりと伝わる。案内板には「始め毛野国三輪山と称する三ツ又の槻木(ケヤキ)の大木を御神体として祀り芽の輪を捧げて奉祠する」とある。和銅6年(763)に初めて神殿を建立。長治2年(1105)須藤権守貞信が、八溝山の賊徒討伐に際し戦勝 [続きを読む]
  • あれから6年
  • 東日本大震災でお亡くなりになった方々と震災関連で亡くなった方々に黙祷を捧げます。また、震災復興に尽力されている方々の安全とご健闘をお祈りします。あれから6年早いものである。私が住んでいるのは関東の内陸部だが被害は大きく激甚災害に指定された。運良く死傷者は出なかったが、多くの家屋が倒壊・半壊し、石塀はほとんど崩れ落ち見るも無惨な姿だった。私の自宅は棚の中身が散乱したり、道路沿いの石塀が倒壊した程度で [続きを読む]
  • 健武山神社
  • 鎮座地:那珂川町健武御祭神:日本武尊・金山彦命境内社:数社あるも未確認延喜式内社。大同元年(806)に創建と伝わる。この地は「那須のゆりがね」として和歌にも詠われ都まで名が知られていた。この地名の「建武」は名部の「武部(たけるべ)」から来ていると思われ、このあたりに日本武尊が軍勢を率いて駐屯していたと思われる。金山彦命は、続日本後紀に「承和二年 下野国武茂神に従五位を授け比神採砂金の 山に座すとみえる [続きを読む]
  • 大前神社
  • 鎮座地:真岡市東郷御祭神:大己貴命・事代主命配  神:天祖大神・皇祖大神・八百萬神境内社:稲荷神社・子安神社・二宮神社・琴平神社・稲荷神社・雷神社・大物主大国魂神社・皇大神宮・姫神神社・荒樫神社・大杉神社・天満宮・荒神社・淡島神社・稲荷神社・明眼神社・足尾山神社延喜式内社下野国十一社の一座。創建は不明だが、神護景雲元年(767)に社殿再建の記録が残る。天慶2年(939)には平将門が戦勝祈願を執り行っ [続きを読む]
  • 胸形神社
  • 鎮座地:小山市寒川御祭神:田心姫命・市杵島姫命・多岐津姫命創建不詳。九州の宗像大社を勧請したものと伝わる。寒川郡の総社として崇敬されていたが中世以降は衰微する。風水害の被害も多く、幾度となく社殿を再建し、現在の社殿は昭和16年に改修修復を受けたものである。 延喜式内社の一座。巴波川沿いに鎮座していることから、水運や航海に霊験あらたかな宗像三女神を祀ったのであろう。境内には樹齢約300年の榎が [続きを読む]
  • 日光二荒山神社
  • 鎮座地:日光市山内御祭神:大己貴命・田心姫命・味耜高彦根命境内社:本宮神社・滝尾神社・境内及び日光連山山頂に摂末社多数中宮祠(男体山登拝口)・奥宮(男体山山頂)延喜式内社論社。下野国一之宮。神護景雲元年(767)勝道上人が二荒山(男体山)を祀るため、現在の別宮となっている本宮神社の場所に祠を建てたのがはじまりである。延暦元年(782)に二荒山登頂に成功し奥宮を建立。延暦3年には中禅寺湖畔に中宮祠を建立す [続きを読む]
  • 鹿島神社
  • 鎮座地:益子町大字益子御祭神:武甕槌命・熯速日命・甕速日命境内社:八坂神社・龍女神・陶芸神社承和12年(845)9月28日に創建。永久2年(1114)益子城主益子之宗の崇敬を受けて領内の総鎮守となる。文治3年(1187)には源頼朝により社殿を再建。大永・永禄期にも宇都宮氏・益子氏により社殿を建替造営をしている。天明4年(1784)に消失するが、文化14年(1817)に再建。明治時代にも消失してしまうが、昭和2年(192 [続きを読む]
  • 大神神社
  • 鎮座地:栃木市総社町御祭神:倭大物主櫛??玉命配  神:大山祇命・木花咲耶姫命・瓊瓊杵命・彦火々出見命境内社:室八嶋(筑波神社・天満宮・鹿島神社・雷電神社・浅間神社・熊野神社・二荒神社・香取神社)・福神神社・大杉神社・右門社・左門社・祖霊社・神宮・護国神社延喜式内社。しかし式社・大神社は大平山神社とする説もあり。崇神天皇の皇子豊城入彦命が勅命を受けて東国治定の時、大和三輪山の大三輪大神を当地室八嶋 [続きを読む]
  • 間々田八幡宮
  • 鎮座地:小山市間々田御祭神:誉田別命・息長帯姫命境内社:合社(愛宕神社・淡島神社・稲荷神社・八龍神社・雷電神社)末  社:厳島神社(弁天様)天平年間(729〜749)の創建と伝わる。天慶2年(939)の天慶の乱に際して、藤原秀衡が戦勝祈願を行う。乱平定後は当社に神田を奉納し、以降当地は飯田(まんまだ)と呼ばれるようになる。文治5年(1189)には、源頼朝が奥州征伐に際し、藤原秀郷の故事にならい自ら当社で戦勝祈願 [続きを読む]
  • 須賀神社
  • 鎮座地:小山市宮本町御祭神:素盞嗚命・大己貴命・誉田別命境内社:天満宮・三峯神社・八雲神社・蘇民神社・神明宮・工祖神社・稲荷神社・浅間神社・小御嶽神社・水神社平将門が起こした天慶の乱に際し、藤原秀郷が素盞嗚命に戦勝を祈願したところこれが成就し、天慶3年(940)4月に京の八坂神社(祇園社)から分霊を勧請したのがはじまりである。当初は字北山(現中久喜)に鎮座していたが、平治年間(1159〜60)に小山氏が小山 [続きを読む]
  • 建国記念日
  • 2月11日は建国記念日。今日の昼休みのこと。当日、たまたま某神社で祭事を目の当たりにした職場の先輩が話しを振ってきた。「某神社で『きねん祭』ってのを見かけたけど、あれってなに?」(「きげん」と「きねん」を聞き違えたらしい。「あれは『紀元祭』で、神武天皇が即位した日であり、皇室の永遠と国家の発展を祈る祭ですよ。」「全国の神社で行っています。」と、説明したが「?」な顔。そもそも「神武天皇」が誰だか分か [続きを読む]