3photos さん プロフィール

  •  
3photos さん: 3photos
ハンドル名3photos さん
ブログタイトル3photos
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/3photos
サイト紹介文3枚の写真で発見したことをお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 283日(平均3.3回/週) - 参加 2016/11/09 02:57

3photos さんのブログ記事

  • トンボの表情
  • トンボは種類によって様々な色のサングラスをかけているように見えますね。そっと近付いてみると表情がよく分かります。「おやっ、何だろう?」とちょっと緊張「なんだ、何でもなさそうだ」と一安心。トンボなど昆虫の目は複眼といってたくさんの小さな目の集まりで出来ていますがその構造上、黒目のような点が見えることがあります。でも同じ1匹のトンボの目がこんなに変化するのはどうしてでしょうか。私にはどうしてもトンボの [続きを読む]
  • ベンチの上の攻防
  • ベンチで休憩しようとするとトンボがとまりました。他にも何かいます。カマキリが獲物を待ち伏せしていたようです。カマキリは獲物に近付く時風に揺れる草木のように体を揺らし徐々に距離を詰めていきます。とうとう至近距離まで来ました。オオシオカラトンボ 対 オオカマキリの子。次の瞬間、カマキリが飛び付いた…途端に弾き飛ばされました。オオシオカラトンボは近くを飛ぶと羽音が聞こえることがあります。強力な羽ばたきはオ [続きを読む]
  • 蝉の声
  • 東京ではこの時期としては40年ぶりの16日間雨続きだそうです。横浜は先週晴れ間もあり東京ほどではありませんが今日は窓を開けていると肌寒いくらいでした。それでも外の音は真夏です。アブラゼミはこれからも続々と出て来るでしょう。ミンミンゼミの鳴き声は暑さを増幅させる真夏の象徴ですね。小さなニイニイゼミは木の上で鳴いている時はなかなか見つかりませんが時々低いところに止まっているのを見かけます。最近ブログに載せ [続きを読む]
  • アオメアブ
  • 見る角度によってグリーンからオレンジに変わる綺麗な目をしているこの虫はアオメアブといいます。マメコガネを捕まえたようです。時には自分より大きな虫も捕まえて体液を吸ってしまう獰猛な肉食昆虫です。でも人が近付くとブ〜ンと大きな羽音を立てて逃げまわります。斜め上から見るとお爺さんの舞台衣装をつけた大根役者のようです。私はアオメアブを見つけると親しみを込めて”おじいちゃん”と呼んでいます。本日も訪問いただ [続きを読む]
  • コシボソヤンマの産卵
  • 自宅近くにはいくつか市民の森がありますがここのところ行っていなかったところに行ってみました。夕方帰宅しようとすると小川の水面を行ったり来たりするトンボがいました。こういうトンボは種類が多いので写真に撮って後で調べても種類を特定できないことが多いです。小川に沿って帰る途中、夢中でシャッターを切ってる人たちがいました。朽木に止まっている珍しいコシボソヤンマの産卵だそうです。トンボを専門に追っているご夫 [続きを読む]
  • 真夏 雨後の日差し
  • 昨日は午前中まで雨でしたが午後になると強烈な日差しになりました。じとーっとしたりカンカン照りだったり…人間にとっては不快な季節ですが野原の生き物たちにとっては恵みの水と光のようです。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • サルスベリの由来
  • 赤や白、ピンクの花が今あちこちで見られるサルスベリ。別名「百日紅(ヒャクジツコウ)」というのをご存知ですか。名前の由来は初夏から秋まで花期が長いからだと思っていましたがこれとは別に悲しい恋物語の由来もあるようです。原産地中国の伝説です。ある王子が恋人と100日後の再会を約束しますが約束日を目前にして娘が他界してしまいます。その埋葬したところから生えて来た紅い花を咲かせるこの木を「百日紅」と名付けたそ [続きを読む]
  • アオスジアゲハの産卵
  • アゲハチョウの森クロアゲハが森の奥に姿を消した後、アオスジアゲハがやって来ました。今回は証拠写真です。花が全くない木の葉の上を飛び廻っていたのでシャッターを切ってみましたが後で拡大して見て驚きました。卵を産んでいるところだったのでしょうか。新芽の正面に白い粒が付いていますがこの写真を見てもこれが卵かどうかは分かりません。約1分後のこの写真を見ると白い粒はアオスジアゲハの卵だったと分かります。写真を [続きを読む]
  • アゲハチョウの森
  • 小川のある市民の森民家や商店に隣接していますが小川の向こうは自然豊かな森になっています。この時期ここへ来ると必ずアゲハチョウに出会えます。よく見るナミアゲハだけでなくいろいろな種類がやって来ます。このクロアゲハは吸蜜しながら同じところを飛び回っていました。今度は樹の上の方に飛んで行ったと思ったらぱたと動かなくなりました。クモの巣にかかったようです。全く動かないので心配になって様子を見に行くとまた飛 [続きを読む]
  • 一期一会
  • 小川のある自然公園。去年は人がたくさん立ち入ったせいか毎年見られるハグロトンボが全く見られませんでした。今年は帰って来ました。来る度に数が増えているようです。夢中で撮っていると後から一人の男の子が来て私の隣で釣りを始めました。他に釣る場所はいくらでもあるのにどうしてまたここで?「向こうにカワセミがいたよ。」後から来たくせに大人をカワセミで釣って追い払おうというのか…私はファインダーを覗きながらしぶ [続きを読む]
  • 真夏のスタミナ
  • 夏バテしないように新鮮な魚を食べに行こうと昨日家族と三崎港に行って来ました。港のすぐ前にある魚連の”海幸”というお店で「今日は本当に暑いね」とご主人に話しかけられたのでここに入ることにしました。お勧めの極丼。「今日の魚はえ〜っと卵焼きの右から行きますね。イサキ、サワラ、アジ、…」新鮮な刺身が2枚ずつ10種類近く、刺身だけで3人前はありました。折角来たので城ヶ島に渡り灯台も見て来ました一人ではついつい [続きを読む]
  • 花火大会の思い出
  • 子供の頃、初めて田舎の花火大会に連れて行ってもらった時ワクワクする気持ちとどこか怖い気持ちが入り混じっていました。大きな花火が上がると爆音と共に空一面に弾ける火花が後から降って来ました。今は安全を考えて打ち上げ場所から離れたところしか見ることができないと思いますが当時のワクワクとドキドキが蘇って来ました。葉山町の花火大会。平日で雨のち曇りの予報にもかかわらずたくさんの人が来ていました。本日も訪問い [続きを読む]
  • 吹奏楽部
  • 町内会の夏祭り。いくつかの演目の後しばらく間がありました。顧問の先生らしい人が渋滞で機材の到着が遅れているので少しお待ち下さいとアナウンスをしています。この暑さの中ユニフォームを着た学生たちが目の前をダッシュして行きました。見に来てくれたお客さんを待たせてはいけないと総動員で機材を取りに行ったようです。運搬車が到着した時には機材のセッティングはほぼ終わっていました。一曲目は「あまちゃん」のテーマ観 [続きを読む]
  • 町内会の夏祭り
  • 川沿いの公園を歩いていると太鼓の音が聞こえて来ました。音の方に行ってみると小規模ながらお祭りの会場がありました。太鼓の演奏はもう終わっていましたが次は地元の小学生の踊りの披露です。毎年6年生から5年生に受け継がれているというソーラン節。”ぐっと落とした腰の低さにご注目下さい”というアナウンスがプレッシャーにならないと良いのですが…いやいや子供たちは踊りを楽しんでいます。この炎天下どれほどの練習をし [続きを読む]
  • スプリンクラー
  • 公園の係りの人が備え付けのスプリンクラーにホースをつなぎ、蛇口をひねりました。水道の水圧だけで不規則に回転しながらまんべんなく水をまくスプリンクラーって凄い乾いた草花も潤いを取り戻していました。今日は横浜で久しぶりの豪雨になりました。梅雨の雨は集中豪雨ではなくまんべんなく降って欲しいですね。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • 暑い時は熱いもの
  • 湘南ひらつか七夕まつりの続きです。お祭りでは出来たての熱々を家族や仲間と一緒に食べるのも楽しみの一つですね。ここは大きな鉄板で何十人分ものお好み焼きを焼いています。こちらの揚げ物屋さんは暑そうですね。このご主人は表情も変えずに黙々と揚げ続けていました。炭火の鮎の塩焼きも美味しそうです。暑い時は熱くて美味しいもの食べてこの夏を乗り切りたいですね!!冷えたビールも今がいちばん美味しい時です。本日も訪問 [続きを読む]
  • 七夕の夢
  • 先週「湘南ひらつか七夕まつり」に行ってきました。昭和25年から続いている関東では有名なお祭りですが私は学生の時以来…何十年ぶりでしょうか。当時は大きな青竹がたくさん飾られていて手作り感満載でしたが今は人工物が増えているようです。それでも七夕まつりに夢を求めて来る人たちは昔も今も変わりません。短冊に込められたそれぞれの思い…実現すると良いですね。本日も訪問いただきありがとうございますsms DA18-135mmF3.5 [続きを読む]
  • 小さなお祭り
  • 夕方になると海側に雲が出て来たので夕焼けは諦めて帰ることにしました。ところが駐車場から車を出そうとすると千円札がないことに気付きました。コインパーキングはお札は千円しか使えないんです。稲村ケ崎駅の近くには両替できるお店があるに違いない。歩いて幹線道路から路地に入ってみるとそこはもう地元の生活路でした。何やら賑やかなお囃子が聞こえて来ます。お祭りの練習でもしてるんでしょうか。音のする方に行ってみると [続きを読む]
  • 浜を走る人
  • 稲村ヶ崎から江ノ島方面に浜伝いに歩いていると裸足で走っている人がいました。乾いた砂地は足を取られて走り難いのでしょう。湿った波打ち際をずっと走っています。やがて足跡は波に洗われ 元の平らな砂地に戻って行きます。それでも浜を走り続ける人今を懸命に生きる一つの姿がそこにあるように感じました。本日も訪問いただきありがとうございますsms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WRk-3 [続きを読む]
  • 波と遊ぶ
  • 昨日は久しぶりに晴れたので湘南の海に出てみました。平日なのでマリンスポーツを楽しんでいるのは年配者が多いようです。流石ベテラン、波に真正面からぶつかってジャンプしています。こちらは若い頃から続けているグループでしょうか。いくつになっても同じ趣味をずっと一緒に…こういう仲間って良いですね。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • 子育て真っ最中
  • バス停でバスを待っていたら何故かツバメが何度も私の方に飛んで来ました。肉眼で表情が分かる程近いです…とうとう野鳥に好かれるようになったか…とも思いましたが何となく上を見てみたら私の真上にツバメの巣がありました。ヒナが3羽います。もう少し気が付くのが遅かったらヒナたちの糞の洗礼を受けていたところです。親鳥がバッタを採って来ました。幹線道路沿いなので車の音で全く気付きませんでしたが巣を発見すると親鳥が [続きを読む]
  • 風の日 愉快な妖怪たち
  • よく行く自然観察の森の近くに竹林があります。たくさんの葉を付けた竹の枝は重そうにしなっています。風のある日、竹林はゆらゆら面白い動きをします。何か得体の知れない生き物のようにも見えますが一つ一つ違った動きをするので見ていて飽きません。蒸し暑い日が続いていますが、少しでも涼しさを感じるものを見つけたいですね。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • トンボ天国
  • 近くの公園で見られるトンボの種類も増えて来ました。これはショウジョウトンボの雄(♂)成熟すると普通の赤とんぼより真っ赤になりますがアカネ属ではないので赤とんぼとは言わないそうです。こちらは雌(♀)※未成熟の雄かも知れませんシオカラトンボもいましたがこれは一回り大きなオオシオカラトンボのつがいです。撮影はできませんでしたがギンヤンマも飛んでいました。公園の湿地帯は今トンボ天国になっています。本日も訪 [続きを読む]
  • 今年の鎌倉散策は
  • 梅雨の時期の鎌倉散策はいつも同じ名所巡りでマンネリ化しがちでしたが今回はちょっとコースを変えてみました。北鎌倉駅を下りてすぐ近くにある「北鎌倉古民家ミュージアム」はいつもスルーしていましたが入口の「あじさい展」という文字を目にして初めて中に入ってみました。これは「水凪鳥(みずなぎどり)」狭い敷地の美術館外周の回廊に100種類以上のあじさい。初めて見る品種もたくさんありました。移動の途中。この街は何気 [続きを読む]