難病セラピスト さん プロフィール

  •  
難病セラピストさん: 日本難病セラピスト協会公式ブログ
ハンドル名難病セラピスト さん
ブログタイトル日本難病セラピスト協会公式ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/incurable-disease-therap/
サイト紹介文指定難病(特定疾患)にかかった医療従事者が、医療・治療・薬・難病支援活動に関するあれこれを掲載中!
自由文難病セラピスト(略して難セラ)とは自身も難病にかかった医療従事者のこと。
難病セラピスト協会では医師・看護師・理学療法士・腸セラピストなど、様々な職種の方が在籍中。ブログでは難セラが、それぞれの視点と専門分野で医療に関することや自身の闘病記録、体質改善、試した治療法などを記載しています。
今後は、難病患者と医療従事者との架け橋になりたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 120日(平均6.1回/週) - 参加 2016/11/09 10:17

難病セラピスト さんのブログ記事

  • 乳ガン後のリハビリと理学療法士の知識
  • こんにちは。日本難病セラピスト協会のハルです。難病セラピストの、さあらさんがFacebookで「乳がん後のリハビリで、揉んでるだけの理学療法士がいる」と書いていた。https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1666540363362886&id=100000208143179いまどき、そんなやつおらんやろ〜って思う一方で、いや、いるな…とも思う。そしてあのFacebookを読んだ理学療法士は「誰だそんな、不届きものは!私は違う!」って思うだろう [続きを読む]
  • 『なぜならば』至上主義と、理学療法教育
  • こんにちは。難病セラピスト(ベーチェット病の理学療法士)のハルです。 医療には『なぜならば』が分からないけれど、「とりあえず」治療するってことがある。 「え?」って思うかもしれない。 「え?原因が分かってないけど、治療するの?」って思うと思う。 でも、これって、結構ふつう。例えば、風邪を引く。何らかの抗生物質を処方される。でも、この時点で風邪の原因って、解明されてない [続きを読む]
  • 『なぜならば』の必要性と、それを求める狂気
  • こんにちは。難病セラピスト(ベーチェット病の理学療法士)のハルです。 脳出血 → 手足の麻痺肝硬変 → 黄疸気胸   → 息苦しさ 理学療法士を目指す人たちは、メジャーな病気であれば、名前を聞くと、症状を思い浮かべることができる。国家試験前ともなると、みなさん必死で病気の症状を覚える。 ふと声をかける。 「脳出血になると、なぜ麻痺が出るの?」 「・・・。」 「肝 [続きを読む]
  • 手放せない薬。体質改善では無理なこと。
  • こんにちは。難病セラピスト(ベーチェット病の理学療法士)のハルです。 この薬は手放せない。 そんな薬がある。そんな体質の人もいる。 巷(ちまた)の健康ブームでは、「体質改善によって薬を飲まなくても良い体にする(断薬)」が流行。難セラ会長の吉田さんもその1人。 その人たちにケンカを売るわけではないんだけど、体質改善で治らないこともある。 例えば、私は若くして? [続きを読む]
  • 脱髄疾患ってなに? 〜難病と体の教室〜
  • こんにちは。難病セラピスト(ベーチェット病)のハルです。今日も『難病と体の教室』を開講!以前の講義で、神経のお洋服の話をしたよね。うん。神経は寒がりって話やね。 神経は細い糸のようなもので出来てるんだけど、細長いところの軸を軸索というねん。で、その軸索の周りについているものが髄鞘っていうねん。そっか、その髄鞘ってのがお洋服のことか。そう。で、この髄鞘は末梢神経と中枢神経で違うねん。違うお洋服 [続きを読む]
  • 体質改善において知っておきたい、体を冷やす食べ物
  • こんにちは!難病セラピスト(潰瘍性大腸炎)の吉田です。体を冷やす食べ物、というものがこの世には存在します。体温が低い人はぜひこの3つの食べ物に注意してくださいね。【1.南の方で採れたもの】暑い地方で採れる食べ物は体を冷やします。そうすることで人間も動物も暑さを乗り越えているのです。バナナ、パイナップル、トマト、コーヒー、カレーなどがこれにあたります。【2.柔らかいもの】水分の多く柔らかいものは体を冷やし [続きを読む]