Match さん プロフィール

  •  
Matchさん: 親の介護 在宅介護日記
ハンドル名Match さん
ブログタイトル親の介護 在宅介護日記
ブログURLhttp://care.diverting.info/
サイト紹介文高齢な母の在宅介護で、困った事とその問題を解決出来た方法についての日記です。参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 277日(平均0.3回/週) - 参加 2016/11/09 18:51

Match さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 高齢者の便秘の原因と解消法
  • この頃、母は、便秘気味。完全に寝たきり状態ではないけれど、食事やトイレ以外は殆どベットで過ごしている。外出して歩くだけでも便秘には効果的だと分かっていても、体力も落ち、身体が思うように動かせないとなかなか外出する気分にはなれないようだ。高齢者の便秘の原因について高齢者の便秘は、下記のことが原因だと考えられます。高齢者は、便秘になりやすい。高齢者が便秘になる原因はさまざまなのですが、腸が緩んだ状態に [続きを読む]
  • 聴力低下を回復させるには漢方薬を使う方法が有効だった
  • 母の聴力は、体調によって変わる。どんな要因が聴力に影響を及ぼすのだろかと思った。老人性難聴は、治らないという記事をネットで見かけたけれど、諦めるのはまだ早い。以前、めまい対策に半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)という漢方薬を飲んでいたが、この頃は、めまいを起こさないので飲んでいない。試しに、半夏白朮天麻湯を飲ませると、聴力が改善気味になる。やはり、めまいに効く薬と聴力には、関係があるよ [続きを読む]
  • 高齢者の難聴の特徴と原因、コミュニケーションでの配慮
  • この頃、母は耳が遠くなったと感じることがある。体調によるのか、よく聞こえる日と聞こえない日がある。老人性難聴もしくは耳垢栓塞にでもなっているかも知れないので耳鼻咽喉科を受診した方が良いだろうかと思っている。老人性難聴の特徴や原因、コミュニケーションで配慮すべき点について老人性難聴(加齢性難聴)は、加齢に伴う内耳の障害(感覚細胞や聴神経の機能低下、聴覚中枢の機能低下)が主な原因。感音性難聴は、以下の [続きを読む]
  • 認知症の症状に効果がある漢方薬について
  • 薬を飲んだ数分後に飲んだことを忘れてしまう母の記憶力障害が心配になり認知症の薬を調べることにした。母は、6年前に脳梗塞を発病したことがあり、認知症は、アルツハイマー型だけれども脳血管性認知症の症状もある。アルツハイマー型の薬は、アリセプト(ドネペジル塩酸塩レミニール(ガランタミン)イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ(リバスチグミン)メマリー(メマンチン)レミニールを除く、アリセプト、イクセロンパ [続きを読む]
  • 気になる認知症の初期症状
  • 介護生活薬を飲んだ数分後に飲んだことを忘れてしまう日付や曜日など、年月日が分からなくなるエアコンのリモコンの使い方が分からなくなる何度も同じ話を繰り返し話すと言うような記憶力障害が起きている。介護の仕方や症状改善の可能性を検討せねばならないと思う。 [続きを読む]
  • 高齢者介護 認知症の改善に役立つ薬とサプリメント
  • 数年間、介護を続けていて認知症の改善に役立つ思われる薬とサプリメントにいて釣藤散(漢方薬)釣藤散に含まれている釣藤鈎という生薬は脳の血管を広げ認知機能改善に役立つ。ただし、釣藤散や七物降下湯などに含まれる釣藤鈎は、アカネ科カギカズラ属の植物で固く消化が悪く、お腹が緩む事がある。お腹が緩む場合、糖化菌を含むビオフェルミン配合散やビオスリー錠で対処している。イチョウ葉(サプリメント)釣藤散を使用する数 [続きを読む]
  • 高齢者介護 骨粗鬆症治療薬の選択
  • 数年前に尻餅をついて脊椎圧迫骨折を起こした。圧迫骨折は、痛みが強く歩けなくなり入院した。高齢になり骨粗鬆症が進むと随分と骨が脆くなるものだ。退院後、骨粗鬆症対策に勧められやボンビバのという注射で強い筋肉痛の副作用で辛い思いをさせてしまったので、色々しらべて薬を選定した。どんな骨粗鬆症治療薬が良いか思案し選択した薬は、ベネット錠。飲み薬は、薬効の弱いものから始めれば副作用が出ても、服用を中止すれば副 [続きを読む]
  • 介護生活 料理
  • 料理を作れる人が他にいなければ、自分で料理を作らなければならない。ネットのレシピサイトで見つけたレシピを頼りに、食器棚に張り付けた「一日にとりたい食品の目安量」という冊子の切り抜きも参考に料理を作る日々。バランスのとれた食生活を心がけている。お気に入りの食品の一つは、栄養価が高く食物繊維が豊富なオートミール、昭和天皇のも好んで食されたとか。 [続きを読む]
  • 介護生活 飲み薬
  • 高齢になり体調が不安定になっている。朝昼晩、血圧や体温を測り、体調に合わせて飲ませる薬を調整しなければならない。血圧測定表に、どの薬をどれぐらい飲ませたか記録している。利用頻度の高い漢方薬四物湯 冷え対策麦門冬湯 ドライマウスや誤嚥性肺炎の症状が出た時参蘇飲 風邪や熱が出ている時釣藤散 認知症の緩和五苓散 浮腫薬の使い方の知識は、増えてゆく。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …