成田周平 さん プロフィール

  •  
成田周平さん: 銀行員だけが知っている「お金の増やし方講座」!
ハンドル名成田周平 さん
ブログタイトル銀行員だけが知っている「お金の増やし方講座」!
ブログURLhttp://ameblo.jp/furire/
サイト紹介文資産運用,貯金,貯蓄,投資信託,ファンド,FX,老後資金,住宅資金,教育資金,大学,年金,ドルコスト
自由文とても簡単。でも、多くの人が気づいていない簡単な貯蓄の増やし方をこっそりお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 43日(平均4.7回/週) - 参加 2016/11/09 18:01

成田周平 さんのブログ記事

  • まとまった資金 
  • 12月に入ってから 資産形成のご相談を 6組の方からいただきました。 うち、1組の方は、まとまった資金 を運用したいとのことでした。 この方とは12月の上旬と中旬 の2度のご相談をお受けました。 25%を一括で先進国の株式投資信託(インデックス型)に 25%を一括で新興国の株式投資信託(インデックス型)に 残りの50%は、 毎月ドルコスト平均法で [続きを読む]
  • 40代後半でやっておくべきこと
  • 40代後半でやるべき3つのこと 1.60歳までの生涯収入を試算2.公的年金の理解を深める3.スキルアップも忘れずに 40代後半になれば、 会社でのこの先のポジションが 見えてきます。 「自分がどれくらい稼げるか 分かってくる時期であり、 自覚すべき時期」 定年退職までに見込める収入も 試算しましょう。 プライベートでもライフスタイルが 確定してきます。 シングル、DI [続きを読む]
  • 40代前半でやっておくべきこと
  • 40代前半でやるべき3つのこと 1.家計簿をつけて家計を再確認2.子育て世帯は高校・大学の学費を早めに準備3.シングルは住宅購入を考える  40代に入ると、 会社員でも多くの人が お給料の伸びが頭打ちに なってきます。 一方で、結婚して子供がいる人は、 生活費や教育費がかさみ、 家計が苦しくなる可能性も大きくなります。 「40代になったら、 改めて家計簿をつけて、 家計に [続きを読む]
  • 30代後半でやっておくべきこと
  • 【30代後半】 [この年代でやるべき3つのこと] 1.将来の住宅購入用の資金をためる 2.節税メリットのある制度を使う 3.自己投資をして稼ぐ力を高める  定年退職まで30年程度で 住宅ローンを完済することを考えると、 住宅購入が現実味を帯びる時期になります。 しかし住宅は 「慌てず、必要な資金がたまってから購入を」 資産運用はNISAや確定拠出年金など、 節税効果がある制 [続きを読む]
  • 30代前半でやっておくべきこと
  • 今日は30代でやっておくべきことに ついて考えてみましょう。  【30代前半】 [この年代でやるべき3つのこと] 1.自己投資をして稼ぐ力を高める 2.趣味への出費は限度を決めて 3.結婚や出産の前にお金をためる  「30代は“稼ぐ力”を高めたいときです。 月収の10〜15%以上の貯蓄し 自己投資にもお金を使いたい年代。 自己投資にお金を使うことで、 社内の評価が上がって年収 [続きを読む]
  • 20代後半にやるべきこと
  • 20代後半にやるべき3つのこと   1.家計簿をつけて自分の消費のクセを知る 2.手取り月収の10〜15%を貯蓄 3.会社の昇給の仕組みを知る   将来困らないために、 一度は家計簿をつけてみて、 自分のお金の使い方に ムダがないかをチェックします。 「家計簿アプリを使えば、 通勤途中などスキマ時間に 気楽につけられます」   収入と支出とのバランスを 取ることを意 [続きを読む]
  • 貧困女子・貧困老人にならないために
  • 貧困女子・貧困老人にならないために   20代から50代まで、 女性の時間とお金事情は どう変わっていくのでしょうか。 将来困らないために、 各年齢でやっておくべきお金の 備えについて考えていきましょう。 今日は20代でやっておくべきことに ついて考えます。 お金はライフイベントの前に しっかり貯めておくことが大切です。 貯蓄はしているが、 日々の忙しさに追わ [続きを読む]
  • 確定拠出年金 3
  • 3つ目のメリットは、 60歳までは引き出せないことです。 確定拠出年金はあくまでも 老後の生活に目的を限定した制度です。 何かあってもすぐに引き出せるのであれば、 人間の心理としてはついつい使って しまいがちになりますから、 逆に引き出せない方がメリットだと考えましょう。 老後は誰にでもやってきます。 積み立てできる金額は少なくても できるだけ早いうちから少しずつ [続きを読む]
  • 確定拠出年金 2
  • 2つ目のメリットは 運用商品のコストの安さです。 通常、銀行や証券会社の店頭で 投資信託を買うと、購入手数料が数%かかる ことが多いのですが、確定拠出年金として 投資信託を購入すると、この購入手数料はありません。また保有している間ずっとかかる運用管理手数料も、 金融機関の店頭で購入するものと比べると半分ぐらい のものも少なくありません。 老後資産形成のように運用期間が長 [続きを読む]
  • 確定拠出年金 1
  • 個人型確定拠出年金(DC) 老後に向けた資産を作るための 国内での最強の方法は 「個人型確定拠出年金(DC)」です。 これまでは対象は自営業者や 一部の会社員に限っていました。 2017年1月からは主婦や公務員が加わり、 実質的に誰でもこの制度に加入できる ようになります。 個人型確定拠出年金のポイント 1つ目のメリットは税制優遇です。 個人型DCでは掛 [続きを読む]
  • 下流老人、老後破産は今から回避できる
  • 最近、「老後破産」「下流老人」といった 定年退職者の経済不安を指摘する書籍が よく売れているそうです。 高齢社会白書(2013年版)によると 世帯主が65歳以上の世帯の7%は 100万円も貯蓄を持っていない状況です。 1000万円の貯蓄も持たず年金生活を すごしている世帯はほぼ3分の1にもなります。 65歳以上人口に占める 生活保護受給者の割合(2.63%)も、 全人口に占める割合(1 [続きを読む]
  • 大学は株式運用を行っている
  • おはようございます 今日は、午前中 大阪市内の中堅企業にお勤めで 定年退職間近の方。 退職金の運用のご相談です。 ーーーーーーーーーーーーーーーー さて、今日は大学の基金に ついてのお話です。 教育機関である大学も株式による 運用を行っています。 大学の授業料や入学金は ある一時期にまとまって 入ってきますよね。 そのお金を寝か [続きを読む]
  • 世界の人口はまだまだ増加し続ける
  • おはようございます。 朝から東北地方で地震がありましたね。 怖いですね。 南海地震がいつ起こるんでしょうか? 今日は午後から2件の個別相談があります。 30代のご夫婦の方 40代の独身女性の方 今日からは、 少し突っ込んだ内容になります。 世界の人口はまだまだ増えていきます。 1950年 25億人2015年 70億人2100年には100億人を突破します。 2人家 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法 4
  • ドルコスト平均法 積立を始めた時から どんどん値下がりした場合を想定します。 (リーマン・ショック直前から 積立投資しはじめたのと同じです。) 毎日10,000円分購入 1日目  りんご1個500円です→20個買います 2日目  りんご1個400円です→25個買います 3日目りんご1個200円です→50個買います 4日目りんご1個100円です→100個買います ( [続きを読む]
  • ドルコスト平均法 3
  • 昨日の続きですよ  ステップ3  買いこんだ「量」を積み上げる ドルコスト平均法は、 買いこんだ「量」を積み立てていくので、 日本語で「積立投資」と呼ばれています。 昨日の例で例えると 1ヶ月目に10,000円で 100円のりんごを100個買ったので、 合計100個 2ヶ月目に10,000円で 50円のりんごを200個買ったので、 合計300個 3ヶ月目に10,000円で 200円のりん [続きを読む]
  • 今日は朝10時から個別相談。大阪の本町
  • こんにちは 成田です 今日は個別相談で、 大阪の本町に来ました。 いわゆる、船場です。 49才 自営業の方(夫婦と大学生のお子様1人) 繊維関係の自営をされている方 老後資金が心配で個別相談をされました。 自営業のこの方は、 国民年金だけの加入で、 年金額が少なく、 今から、老後の準備をしたいとのことでした。 お子様は大学4回生で、 学費はも [続きを読む]
  • ドルコスト平均法 2
  • 投資の成績=量×価格  ここは重要ですので、 ゆっくり、理解しながら読んでくださいね。 ステップ 1 投資とは「量」を買うこと まず最初に重要なのは、 「投資は量を買っている」ということです。 今、10,000円持っています。 スーパーでりんごが100円の時、 100個買えます。 これと同じで、10,000円を投資すると、 それで買えるだけの金融商品の 「量」(口数)が [続きを読む]
  • ドルコスト平均法 1
  • ドルコスト平均法 投資信託にどのように投資していくのか? 私のお客様も、ある方法でお金を 増やしていきました。 「ドルコスト平均法」です ドルコスト平均法とは 「毎月決まった金額ずつ、積立方式で 投資していく方法」です。 銀行口座や証券会社のMRFから 毎月一定額を引き落とし投資信託に 投資行く方法です。一度「仕組み」を作ったら、 あとは基本的にはほ [続きを読む]
  • お客様の実例です。
  • 私のお客様をご紹介します。 リーマンショック直前に積立を開始し、 現在積立総額が2倍になっている 不動産会社の社長。 2008年のリーマンショックの直前から積立を開始、 その直後の暴落し続けていた時にも、 つらかったが頑張って毎月一定額を 必ず買い続けたことによりドルコスト平均法が 最も良く利いたケース。 積立総額840万円が1680万円に倍増した。 [続きを読む]
  • 投資信託 3
  • 投資信託は 少額のお金を集めて、 大きなお金にして運用します。 運用について ここでは 日本株式に投資する投資信託の場合で 説明します。 たくさんの日本の会社の株式に 投資することで 「A社が値上がり」「B社が値下がり」 というような「ばらつき」を平均化 して運用します。 その方が安心ですよね。 運用方針も大別して、2種類あります。  [続きを読む]
  • 投資信託 2
  • 今日の大阪、朝は曇ってましたが 晴れてきました。 難波の喫茶店で書いてます。 前回の記事で 投資信託について、なんとなく、 わかっていただけたと思います。 少額のお金を集めて、大きなお金に なった後、そのお金を何に投資するか? 大きく分類すると 株式(取引所に上場された株式)債券(取引所に上場された国際・社債)コモディティ(貴金属、農作物等)不動産(取引所に上場 [続きを読む]
  • 投資信託 1
  • 今日の大阪は晴れです。 すがすがしいですね。 昨日は、名古屋で 「確定拠出年金!金融商品の選び方」 というタイトルでセミナーを行い、 帰りが遅く、少し疲れ気味です。 セミナーは40代後半の人が多く、 皆さん真剣でした。 セミナーで詳しく説明したのは 「投資信託」 今日から、そのセミナーでお話した内容 で、特に、初心者には理解しておいてほしい&nbs [続きを読む]
  • アメリカ大統領選挙
  • こんにちは。成田です。寒くなりましたね。ところで、トランプさんが大統領になって、今後、株価や為替はどうなるんでしょうかね。でも、長期で投資する人には大げさに心配する必要ないです。<アメリカ大統領選挙> 先日の、アメリカ大統領選挙で 株価や為替が乱高下しました。 この時の「投資家」と「投機家」 株式やFXの取引をされている方の 典型的な動き方について。 「投機家」 と [続きを読む]