koko さん プロフィール

  •  
kokoさん: English Times
ハンドル名koko さん
ブログタイトルEnglish Times
ブログURLhttp://english-times.net
サイト紹介文ITスキルX英語で世界に羽ばたく!を目指すITエンジニア/IT翻訳者の英語に関する雑記ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 69日(平均6.2回/週) - 参加 2016/11/10 22:36

koko さんのブログ記事

  • 嬉しさと切なさと・・・
  • こちらのブログやTwitterと同じkokoの名前で時々(と言っても年に数回)、アマゾンのブックレビューにレビュー投稿したりしてるのですが、自分が投稿した後はほとんど見ないので自分の投稿がその後で人にどのように読まれているか全然知らなかったのですが、こんな私の拙い投稿をほめてくださる方がいたりするとすっごく感動!だいぶ前に投稿したこの本のブックレビュー↓↓↓↓私のブックレビューを褒めてくれている方がいて、本 [続きを読む]
  • 英語は留学などしなくても・・・
  • 週末、スタバで過ごす時間が大好きです。平日もスタバには入り浸ってますが、仕事の連絡がいつ入るか気が気ではない。夜になっちゃえばいいんだけど、そうするとスタバの強いコーヒーで夜寝れなくなっちゃうし。しかも、セコイ私は必ずトールをオーダーし、100円で2杯目もオーダーするのでかなりのカフェイン摂取量。その点、週末はゆっくりできますね。ほんと、スタバ、落ち着くわ〜。。。天気の良い日に窓際のソファ席なんかに座 [続きを読む]
  • 気合いと理性と時間管理、枝廣 淳子さんの本
  • 寒いっす・・・今日の東京、クソ寒っす・・・午前中、用事があって隣の駅まで出かけそのまま池袋に行く予定でしたが寒いので帰ってきちゃいました。明日はもっと寒いそうで・・・イヤだな。あの頃、私はとにかく時間が欲しかったそんなクソ寒の日は家で本を読むに限る!そしてサンマは目黒に限る!Amazonで懐かしい本を見つけ、Kindle Unlimited で0円だったので思わず登録しちゃいました。本は紙で読む派なんですけどね。その本が [続きを読む]
  • TOEIC、英検などの資格試験にノレない理由
  • タイトルどおりですが、私はどうもこのテの試験に懐疑的です。もちろん、高スコア、一級取得を目指して勉強されてる方や資格をお持ちの方に対しては素直に敬意を表するのですが。英検については合否のある試験なので、オールオアナッシングというか、合格!か、不合格!の結果の試験になるのでこういう試験の場合は受かるために準備万端で臨みたい!当然、受験に際しては慎重になりますが、TOEICの場合はそうではなく、どんな場合 [続きを読む]
  • 通訳と翻訳、どっちが大変?
  • はい、タイトル通りなのですが、通訳と翻訳、どっちが大変?なんて、まぁ考えてもしょうも無い事なんですが・・・通訳と翻訳は、内容が違うのでどっちがどうっていうのは比べられないとは思うのですが、精神的に大変、と思うのは通訳ですね。翻訳は大変なのは基本、納期(私の場合)だけでそれ以外はまぁ何となる感じですが。通訳は一発勝負ですからね〜。何でそんな事考えてるかと言うと今朝、日テレのスッキリにトゥー・ドア・シ [続きを読む]
  • IT翻訳ってぶっちゃけ稼げるのか?
  • IT翻訳がキツイ3つの要因昨夜、家で色々ググってたら面白いサイト見つけちゃいましてね(このあたり、ナイツのフリの感じで)、IT翻訳に関するものなのですが、サイト運営者の許可を得られていないのでここにリンクを貼るのはひかえておきます。要はIT翻訳に関するかなりネガティブな内容で要は「レートの低下」「難易度の上昇」「短納期」のIT翻訳に今から参入することの無意味さが説明されていました。この3つの要因に対してもそ [続きを読む]
  • レアジョブのことをすっかり忘れていた
  • レアジョブでいいのか?オンライン英会話去年の10月から休会しちゃっているオンライン英会話のレアジョブ、退会するつもりでいたのですが、たまにテレカンとかあっていきなり英語を話さなければならない時(しかも不特定多数が聞いている状態で正確に・・・)があり、1日25分でもレアジョブで話す習慣をつけておくととっさの時に言葉が出て来やすいのです。去年、私は歯の大規模修正(これが自費で痛かった〜、歯より財布の方がは [続きを読む]
  • 英語学習とスタバ
  • 突然ですがスタバが大好きです。コーヒーそのものも好きですが雰囲気とか店内にただよう香りとか・・・あの香りは完全禁煙の賜物ですね。他のカフェも好きですが、スタバ以外で完全禁煙というところは少ないように思います。分煙のとこが多いですよね。分煙だと、ちょっとしたはずみでタバコの匂ひを感じてしまうのですよ。嫌煙者からするとアレがちょっと苦手・・・スタバの欠点はいつも混んでるってとこですけど、それでも居心地 [続きを読む]
  • 英語力の底上げを目指す2017年
  • あけましておめでとうございます!(*’∇’)/゚・:*【祝】*:・゚\(‘∇’*)と言っても今日は既に4日です。この分で行くと今年もあっという間だな、と。昨日は神田明神に初詣に行ってまいりました、ここには秋葉原が近いせいもあり、ちょっとテイストが変わったお守りが売られています。言う間でもなく混んでおります、せっかちな私は中々進まない行列とお参りの際になって財布を引っ掻き回して小銭を探す熟女のオバさん達にちょっとイ [続きを読む]
  • 英語学習で2016を振り返る
  • 大みそかですね、あっという間に・・・ついこの間、New Year’s resolutionとか言ってた気がするのですが・・・「今年の反省」で振り返りはしているのですが、反省、というより年初に立てた目標(資格取得)の頓挫を言い訳してるだけでしたね(・・;)正直、TOEIC、英検に対してちょっと懐疑的なところがあるもんだから、よっぽど何か、仕事でTOEIC ○○○点以上必須!みたいなのがないとどうも腰が重い。英語でもIT関連のスキル [続きを読む]
  • 「定年からの通訳デビュー」に救われた一年(2)
  • 一昨日も書いたように今年はこちらのブログ(「定年からの通訳デビュー」)に救われたし、影響も受けました。30歳まで全く英語を話せなかったのに、定年後に通訳までのレベルになった田代真一郎氏の学習法や時間の使い方にもとても興味がありますがそれ以上に興味があるのがモチベーションとかメンタルの部分です。田代真一郎氏の著書:「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理 [続きを読む]
  • スタバで同時通訳の小熊弥生さんに遭遇してしまった!
  • 今年もいよいよ残りあと三日、昨日無事仕事納めでその後トラブルも無さそうなので今日は安心して午前中、歯医者。午後、池袋をブラブラ。スタバでMacbookのファイル整理をしていたら隣に一組の男女が座ったのですが、スタバ、いつも通り混んでるので席が近い、近い。そして、この女性が何かオーラを発してるのですよ、何て言っていいのかわかんなけどついつい目が行ってしまう。失礼にならないように、と思いながらもついつい見て [続きを読む]
  • 「定年からの通訳デビュー」に救われた一年
  • 年の瀬っす。今日が年内の仕事納めでした、ほんとは仕事少し残ってるのですが一緒に仕事をしている人が「スキーに行くので4時半の新幹線に乗りたい!」、とダダこねてくれたおかげで早めに終わりました。あ〜、あと4回寝たら新年来ちゃうよ〜、また一個年齢上がるよ〜、嫌だよ〜。そう考えると正月なんかめでたくも何ともねーよ、と最近は年末になるとかなりフテる私。今年は年頭も結構フテくされてましたね、こんなどうしようもな [続きを読む]
  • 今年の反省
  • 明日が今年の仕事納めの予定なので、サクッと今年の反省を。年頭で今年は英語だけに限らず資格をドンドン取って行こう!っと誓ったにも関わらず、一個も取れませんでした、テヘ(^_^;)。幸か不幸か、取らなくても仕事につながった、というのが一つあるのですが、これは運が良かっただけかもしれないのでやっぱり取得しておくべきだったか・・・うーん、来年どうするかはまだお悩み中。挑戦しようと思っていたのは英語系の資格だと、 [続きを読む]
  • 2社目のトライアルを受けたのは(2)・・・
  • (前の記事からの続きです)約一週間後、トライアルの結果が送られてきました、「トライアルの性質上、あまり詳細な情報はお伝えできませんが」と前置きがあり、講評は思ったとおり、訳文に対してドトーのダメ押し・・・特に「意味を取り違えてると誤解されかねない表現がある」、「柔らかめの文章に対して訳の文章が合ってない」など、どれも「あ〜、やっぱそうですよね〜??」と思い当たるフシがあるから痛い、痛い。。。ダメだ [続きを読む]
  • 2社目のトライアルを受けたのは(1)・・・
  • 一昨日までの生暖かさからやっとフツーのこの時期の気温に戻ってきたクリスマス、いかがお過ごしでしょうか?クリスマス関係無く、フツーにケーキが食べたくて・・・イタトマのかぼちゃプリンケーキ。この時期のケーキの入手ってほんっと一苦労だわ、来年から12月20日前後に思いっきりケーキ食いだめしておこう。そういや、翻訳会社さんのトライアルに合格して初めて契約書を交わしたのは5年前のこの時期でした。初めてトライアル [続きを読む]
  • 来年のシステム手帳もEDiT
  • 今年もあと一週間になっちゃいましたね、うーん、今年は気持ちばっかアセッてさほど前進はしなかったような、でも内側では前進してたような・・・ハッキリしない事言ってますが、いくつかは前進した気がします。今年からはあまり考えずにとにかく行動を起こすようにしています。結果、良かったと思います。やっぱり、まず行動することですね。昨日、今日とXmasであることを忘れ、フツーに買い物に出かけて混雑まみれになっちゃ [続きを読む]
  • 映画化したら今イチだった The Deep End of the Ocean
  • 日本語でも英語でも小説の類はほとんど読まないのですが、たまーに洋書の方は小説読んだりします。大抵ベストセラーものなので後で映画化されることが多いのですが、映画化すると「え、こうなっちゃう?」という仕上がりになることが多いようです。私の中でその筆頭がJacquelyn Mitchardの「The Deep End of the Ocean」、この本は洋書にハマりだした最初の頃に買ったもので当時自分の英文読解レベルがよくわからず試行錯誤の1冊 [続きを読む]
  • 初めてトライアルを受けたのは・・・
  • 初めて翻訳会社のトライアルを受けたのっていつだっけ・・・っと考えたら2011年の10月なのでもう5年も前です。アメリア経由で受けたトライアルですが、名前を聞いた事が無い翻訳会社さん。私はそれまでの職歴でインターネット周りの仕事が主だったので、翻訳者としての職歴はありませんでした。強いていえば、マーケティングで翻訳原稿をちょっと見直すくらい。。。あとは某MS製品のフィードバックの英訳、というのを少しやってい [続きを読む]
  • 英文法書選び・・・悩ましい
  • 通訳や翻訳といった英語のお仕事をされている方にとって英文法書は必須、だと思いますが(もしくは英文法書?そんなの私には必要なくってよ、すべては頭に入っておりますもの・・・おーほっほっほほ。膝まづいて足をお舐め!な方もいるかもしれない)どんなのを使われているのか気になる所・・・定番と言われているものはロイヤル英文法、フォレスト、Nextstage・・・でしょうか。私も、ロイヤル英文法、表現のための実践ロイヤル [続きを読む]
  • 英語関係の仕事はいくつまで働けるのか? (3)
  • 最近、体力の衰えが気になってしょうがないお年頃の私です。これが5月にティップネスをやめたせいなのか、華麗なる加齢によるものなのか?死ぬまで仕事をしていきたい(ってかそうしないとヤバい)、と願う身としては体力低下は由々しき問題です。今まで大きな病気をした事無く、3、4年前までは風邪も滅多にひかなかったのにこのところ、風邪をひきやすくなったり寝つきが悪かったり疲れやすかったり・・・健康診断では特に悪いと [続きを読む]
  • 英語関係の仕事はいくつまで働けるのか? (2)
  • 昨日、書きたかったのはこの本↓のことだったのに、戸田奈津子氏を引き合いに出した途端にどうも彼女の話にシフトしてしまった。どうにもこうにもスルーできない存在なもので・・・↓の本の著者は「定年からの通訳デビュー」のブロガーさんで、文字通り、定年まである会社でサラリーマンをされその後、同通になられた田代真一郎さんと言う方です。この本は私が常日頃抱える加齢への不安を軽減してくれた一冊です。年を取る、という [続きを読む]
  • 英語関係の仕事はいくつまで働けるのか?
  • 英語関係のフリーランスのお仕事(主に通訳、翻訳)っていくつぐらいまで働けるのでしょうか?よく、フリーランスだから定年は無い、と言う声を聞きますが、定年は無いけど需要も無いかもしれない・・・と言う不安。体力的な問題もある、私はどちらかというとボケとか脳の退化の方が心配です。今ですら結構アブナイ・・・でも、そうなると加齢でボケてきたのか、もともとそんなもんだったのか判別つかないから困る。個人差があるだ [続きを読む]
  • 彼女が訳すことを好きでない理由
  • 前の記事でパワフルでスピーディな英文読解力を有しながら、翻訳業にはビミョーなナオちゃんの話を書いたのですが、彼女が訳すという作業を好きでない理由って何となくわかる気がします。ほぼ同い年のアラフィフのウチらは70年代から80年代のロックや映画、あちらのテレビドラマなどのポップカルチャーで英語を学びました。特にロックの影響が大きかったと思います。で、その頃の日本の洋楽界(って変な言い方ですけど)って [続きを読む]
  • 果たして彼女は翻訳者向きなのか?
  • 昨日、週末恒例で友人のナオちゃんと近況報告(いわゆる1人モノ同志の生存確認のようなものです)し合った時、彼女が「また、ぼちぼちだけど翻訳の勉強を再開した」と言うのを聞いて、お〜、読書家で読むスピードも速い彼女には天職ではないか&よっぽど今の会社が嫌なんだな、と思いました。実は、私が産業翻訳の勉強を始めたのも彼女の影響で、10年くらい前に彼女がフェローの通学の方に通い出し、色々話を聞いて面白そう [続きを読む]