macchantelemarker さん プロフィール

  •  
macchantelemarkerさん: 森をさまよう
ハンドル名macchantelemarker さん
ブログタイトル森をさまよう
ブログURLhttp://macchantelemarker.blog.fc2.com/
サイト紹介文自然の中で生きる生き物たちの営み、自然と人の関わりなどをテーマに情報を発信します。
自由文キャンプ・トレッキング、渓流釣り、雪に埋もれた里山・残雪の春山でテレマーク・スキー(ノルディック系)でのツアーなどの趣味を経て、「森をさまよう」ようになりました。

生態系分野の専門家ではありません。素人としての視点からお伝えしたいと思います。シェアリング・ネーチャーのリーダー(日本シェアリング・ネーチャー協会)、自然観察アドバイザー(東海自然学園)としての活動です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供537回 / 318日(平均11.8回/週) - 参加 2016/11/10 23:48

macchantelemarker さんのブログ記事

  • 2017_09_23@森林公園植物園:シラタマホシクサ
  • 東海丘陵要素で秋を告げる花と言えばシラタマホシクサです。F湿地がベストですね。ニッポンイヌノヒゲ(ホシクサ科ホシクサ属)湿地で見られる1年草です。北海道から九州まで分布しています。多数の葉が束生します。葉の長さは10センチから20センチ、幅は5ミリから8ミリの披針状線形です。開花期は8月から9月、高さ15センチから20センチ花径を出します。花径には5個の稜があり、ややねじれます。花径の基部は、5セン [続きを読む]
  • 2017_09_22@森林公園植物園:ボントクタデ
  • ボントクタデ(タデ科イヌタデ属)水辺で見られる1年草です。本州から沖縄まで分布します。草丈は70センチから1メートルほどです。葉は互生し、葉身は5センチから10センチの披針形で、先がとがり、中央部には黒っぽい斑紋があります。托葉鞘は筒形で、約0.8センチから1.3センチの長さで、ふちには長い毛があります。茎と葉は乾燥すると、赤褐色色を帯びます。開花期は9月から10月、長さ5センチから10センチの花序をだし [続きを読む]
  • 2017_09_21@森林公園植物園:ヌマダイコン
  • ヌマダイコン(キク科ヌマダイコン属)本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄に分布します。湿地、水辺で見られる多年草で、草丈が30センチから1メートルになります。葉には長い葉柄があり対生します。葉は卵形・卵状長楕円形で、長さが4センチから20センチ、幅が3センチから12センチです。葉の縁には鈍い鋸歯があります。茎の上部では枝分かれします。開花期は9月から11月です。枝分かれした茎の先に、直径5ミリから8 [続きを読む]
  • 2017_09_20@森林公園植物園:ヌルデ
  • アキノノゲシ(キク科アキノノゲシ属)日当りの良い草地、道端などで見られる多年草です。日本全土に分布します。草丈は60センチから2メートルとかなり大きくなります。葉は互生し、茎下部の葉は長さが30センチほどになり、逆向きの羽状に切れ込みます。茎上部の葉はほとんどが全縁となります。開花期は8月から11月です。直径2センチほどの淡黄色の花を円錐状に多数付けます。昼間に開き夕方にはしぼみます。茎下部の葉が切 [続きを読む]
  • 2017_09_19@森林公園植物園:台風一過
  • 昨日の午前中に園内を散策しました。園内に至るところでは枝葉が散乱し、風の強さを実感しました。今回掲載した写真は、いこいの森とこどもの森の間を通る散策路沿いです。小さな木が倒され、多くの枝が散策路を覆っていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴 [続きを読む]
  • 2017_09_19@森林公園植物園:オギノツメ
  • 水生園近くの散策路沿いで撮影しました。午後には花が古くなります。ここからはトリミングしています。オギノツメ(キツネノマゴ科オギノツメ属)水辺、湿地、田んぼのあぜなどで見られる多年草です。暖地性の植物で、絶滅危惧種に指定している地域もあります。地上径を伸ばし、節から根を出して株を増やします。茎には4稜あり、葉は対生します。葉の長さは5センチから10センチ、幅は5ミリから1.5センチの線状披針形です。葉には短 [続きを読む]
  • 2017_09_18@森林公園植物園:イタドリ
  • 今日から複数回にわたり秋の訪れを告げる花たちを紹介していきます。今回はイタドリです。イタドリ雌花実になるのも早いです。イタドリ雄花ここからはトリミングした写真です。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので [続きを読む]
  • 2017_09_17@森林公園植物園:つる性植物
  • 森林公園を代表するつる性植物の花たちです。スズメウリ雌花スズメウリ雄花タンキリマメトキリマメヒヨドリジョウゴヤブガラシご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。 [続きを読む]
  • 2017_09_16@森林公園植物園:湿生植物
  • キセルアザミ(キク科アザミ属)別名:マアザミ湿地で見られるアザミです。草丈は50センチから1メートルほどになります。茎には葉がまばらに付きますが、根生葉は15センチから55センチと大きく、羽状に裂けます。頭花は斜め下向きに付き、紅紫色です。花が終わると上を向きます。頭花の基部では総苞片が7列に並びます。開花期は9月から10月です。本州、四国、九州に分布します。(山渓ハンディ図鑑1:野に咲く花, p. 590, [続きを読む]
  • 2017_09_15@草津温泉:湯畑
  • 宿泊した「ぬ志勇旅館」、光泉寺の入り口にあります。旅館から徒歩で1分、有名な草津の湯畑があります。足湯もありました。早朝のため利用者はいませんでした。朝の気温は12度、標高約1100メートルにあります。大変に温まる草津温泉に大満足でした。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Surface Pro 3により撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途 [続きを読む]
  • 2017_09_14@伊香保温泉:街並み
  • 埼玉県東松山市へ墓参りに行きました。自宅から約370キロにあるため、伊香保温泉と草津温泉で宿泊しました。私としては珍しくカメラを持たない旅行となりました。夕方伊香保温泉に着く頃には、周囲が深い霧に包まれていました。翌日早朝に散歩してみると、きれいな山並みが見えたので、Surface Pro 3を持ちだし撮影しました。伊香保の長い石段旅館の近くからの展望、左が小野子山で右が子持山です。宿泊した森秋旅館ご参考まで:ご [続きを読む]
  • 2017_09_13@森林公園植物園:ツユクサのバリエーション
  • ツユクサの色には3パターンがあります。まず基本の濃い青色。いこいの森西側で撮影したシロバナツユクサ。沈床花壇の北側で撮影した非常に薄い青色のソライロツユクサ。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ [続きを読む]
  • 2017_09_12@森林公園植物園:ハンミョウ
  • 3か月ぶりにハンミョウと出会えました。最初の3枚はトリミングなしです。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。 [続きを読む]
  • 2017_09_11@森林公園植物園:昆虫たち
  • 新たに咲いてくる植物も期待できなかったので、昆虫たちにターゲットを絞りました。アオスジアゲハイチモンジセセリオオシオカラトンボ雌オオチャバネセセリシオカラトンボ雌ジャノメチョウマユタテアカネ雄ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用 [続きを読む]
  • 2017_09_09@森林公園植物園:カリガネソウ
  • 展示館前でカリガネソウが賑やかに咲いていました。複数回に分けて撮影した写真です。カリガネソウ(シソ科カリガネソウ属)和名:雁草山野の林縁で見られる多年草です。草丈は1メートルほどになり、枝は上部でよく分岐します。葉は対生し、葉身は8センチから13センチの長さの広卵形です。葉柄の長さは1センチから4センチ、葉の基部は円形で、縁には鋸歯があり、葉の先端は鋭くとがります。葉腋から集散花序を伸ばし、青紫色の [続きを読む]
  • 2017_09_08@森林公園植物園:久しぶりの一般公園
  • 気分を変えるため一般公園内を散策しました。途中で撮影した草花です。アメリカイヌホウズキ水路沿いではアメリカミズキンバイヤブガラシヨウシュヤマゴボウ気分を変えて野鳥モードに。大道平池沿いではアオサギ。池の縁でカワセミとハクセキレイご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過 [続きを読む]
  • 2017_09_07@森林公園植物園:タンキリマメとトキリマメ
  • タンキリマメ(マメ科タンキリマメ属)生垣、草地、林縁など日当りの良い場所で見られるつる性の多年草です。つるは左巻きで、下向きの毛があります。葉は3個の小葉からなり、小葉の葉身は3センチから5センチの長さ、幅は2.5センチから4センチの倒卵形です。小葉は、トキリマメよりもやや厚くなります。また、中央から上の部分の幅が一番広くなります。茎や葉の毛は、トキリマメよりも多く生えます。関東地方以西、四国、九州、沖 [続きを読む]
  • 2017_09_06@森林公園植物園:スズメウリ
  • スズメウリ(ウリ科コキヅル属)本州、四国、九州に分布するつる性の1年草です。果実がカラスウリに似ていいて小さいことから付けられた俗名です。林縁、水辺で見られます。葉身の長さは3センチから6センチ、幅は4センチから8センチの三角状卵心形です。葉は浅く3裂することもあります。カラスウリ・アマチャヅルと同様、秋にはつるが垂れ下がり地中にもぐって肥大化し、塊根を形成して越冬します。開花期は8月から9月です。雌雄同株 [続きを読む]
  • 2017_09_05@森林公園植物園:コバノカモメヅルによく似た仲間
  • 北門へ向かう途中ではコバノカモメヅルによく似たつる性草本がありました。撮影したのは午前8時40分、すでに閉じ始めていました。コバノカモメヅルは閉じませんので明らかに違います。コカモメヅルの可能性があります。北門へ入り展示館へ向かう途中ではタラノキが咲いていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていな [続きを読む]
  • 2017_09_04@森林公園植物園:ツルボ
  • ツルボ(キジカクシ科ツルボ属)山野の日当りの良い場所で見られる多年草です。線形の葉は2個根生し、15センチから25センチの長さです。茎の途中に葉はありません。開花期は8月から9月、20センチから40センチの花径を伸ばし、総状に淡紅紫色の花を多数つけます。花披片は6個、雄蕊は6個です。雄蕊の花糸は紫色です。卵球形の鱗茎があり、黒褐色色で、ネギに似たにおいがあります。(山渓ハンディ図鑑1:野に咲く花, p. 7 [続きを読む]
  • 2017_09_04@森林公園植物園:アズマカモメヅル
  • 森林公園は不思議なところです。ある時今まで見られなかった植物が現れます。今回は、コバノカモメヅルの白花品種、アズマカモメヅルです。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。 [続きを読む]
  • 2017_09_03@森林公園植物園:久しぶりに南門へ
  • 夏の間は日陰がまったくない南門前の駐車場、久々にこちらか入りました。入り口には早くもシュウメイギクが咲いていました。南門前にある花畑で撮影した昆虫たちです。まずヒメアカタテハ。そしてキアゲハ。イチモンジセセリ。コチャバネセセリも見ることができました。苦労して撮った一枚、シロスジコシブトハナバチです。大変手ごわい被写体です。スイレン池ではコノシメトンボ雄とも出会うことができました。最後に南門前で撮影 [続きを読む]
  • 2017_09_02@森林公園植物園:小さな花たち
  • 今日のブログは小さな花たちです。まずこどもの森で見られたハシカグサです。F湿地ではワレモコウの開花した花序を撮影しました。この湿地の入り口近くではヒメオトギリもまだ咲いていました。岩本橋の近くではアオツヅラフジ雌花もまだ見られました。こうすると花の構造が良くわかります。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300?望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のつ [続きを読む]