ムギ さん プロフィール

  •  
ムギさん: 獣たちは踊る
ハンドル名ムギ さん
ブログタイトル獣たちは踊る
ブログURLhttp://yasasiikemono.blog.fc2.com/
サイト紹介文オリジナルBL小説メイン。年下攻。甘さ控えめ、わんこ系攻と強く美しい年上の男の愛憎物語が基本。人狼も
自由文リジナルBL小説と、書き手の悩み的な呟き、日々の妄想を垂れ流しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 193日(平均5.8回/週) - 参加 2016/11/11 06:43

ムギ さんのブログ記事

  • 更新予定と、腐女子の業で胸焼け
  • いつもは朝に予約投稿しているムギですが、本日は夜に出没しました(基本は夜行性の生き物)『失くした恋を探して 第七話※』を5月24日(水)朝の10時に更新します。興味のある方はぜひヾ(ΦωΦ)ノ゙ただし今回もR18シーンが入る回なのでご注意下さい。基本は火曜日更新と決めているのですが、体調不良が続いて空き時間に物書きが出来ませんでした。まだ推敲がすんでいないのでヤバイ感じ。今夜と明日気合を入れます。そろ [続きを読む]
  • 私はコッテリ好きですが、悩ましい濃度
  • コメや、ランキングバナー・拍手を押していただき、ありがとうございます。へタレ書き手に、なんてステキなプレゼントでしょう。オタクとして、腐女子として生きてきて本当に良かったぁ。嬉しいぞぉ━━ヾ(ΦωΦ)ノ゙━━おおおっ!ここ数週間 あ、はん なものばかり書いているせいか、精力が大幅に激減して危険領域。本当に私の体は、脂肪と妄想で出来ているようです。妄想を吐き出すごとに爽快感どころか倦怠感が!なんか最近ヘロ [続きを読む]
  • 籠の鳥たちの純情 第二話(R18)
  • 「だめだ、大樹(だいき)、や、………… あ、あぁっ!」北欧メタルを好んで聞く大樹の部屋は、防音が優れているので甘ったるい叫びが外に漏れることはない。唯一の救いがそれかと、夏稀(なつき)はヤケクソ気味にシーツを蹴った。血は繋がっていないとはいえ、よく兄貴のものをしゃぶれるな。嫌悪と快感がごっちゃ煮の刺激に唇を噛むが、大樹の指と口がそれを許さない。舌を密着させたまま吐き出された性器がぬらりと光る。己を [続きを読む]
  • 籠の鳥たちの純情 第一話
  • 「おい、今日ぐらい早くあがれ」上司に声をかけられた夏稀(なつき)は、苦笑とともに大袈裟に肩をすくめて見せた。警察官なら一度は憧れる赤バッジをつけて間もない彼は、本来の仕事以外にも押しつけられた雑務を山ほど抱えている。世間のイメージとは違い、刑事はデスクワークが意外と多い。捜査会議用の報告書や、検察に提出するための書類。書かなくてはいけないものは山ほどあり、被害届の作成なんて仕事もある。「そんなの俺 [続きを読む]
  • 籠の鳥たちの純情 あらすじ
  • 念願であった警視庁捜査一課の刑事になったばかりの相馬夏稀(そうまなつき)には、世襲議員であり、つい最近婚約したばかりの大樹(だいき)という弟がいる。両親の再婚で兄弟になったふたりは、褒められない関係を何年も続けていた。兄の夏稀は弟の執着に恐れを抱き、心を悩まされていたが ………… 。本当に囚われているのは誰なのか?血の繋がらない兄弟の刹那的な一夜の物語。ダークでビターな風味のM L。弟 × 兄テーマは執 [続きを読む]
  • 明日の更新について
  • 昨日のお知らせに追記。ブログ開設半年記念の小説ですが、一話完結の予定でしたが、文字数が半端なく多くなったので二話に分割します。『籠の鳥たちの純情 第一話』5月16日(火)朝の10時更新『籠の鳥たちの純情 第二話(R18)』5月17日(水)朝の10時更新R18までの前フリが非常に長くなってしまいました。_| ̄|○ ガクッそのためR18は後編の第二話に。色々当初の予定通りにいかないダメな書き手です。毎回毎 [続きを読む]
  • お礼小説 どっちが更新できるかは、作者も分りません
  • 昨日5月11日でこのブログをはじめて半年が経ちました!私は非常にねちっこい性格の癖に、突然なにもかも嫌になり、投げ出したくなるという悪い癖があります。こんな私が、半年もブログを続けることが出来たとは!ムーンライトノベルズから作品を移動しただけの倉庫になるのではと、危惧しておりましたムギです。 (*`・ω・)ゞデシ閑古鳥 たちに懐かれて困ることもありますが、居心地のイイ場所が作れて今は良かったと心から思って [続きを読む]
  • 失くした恋を探して 第六話※
  • 俺は腰を突き出し、AVさながらに泣き叫んでいた。遠慮のない優しい指が、俺を『女』にする罪深い場所を捕らえていたからだ。うねる内壁がシュウの指に酔い、淫らに腰を揺らす。それに口元を緩めた刑事が、己が濡らしたアナルをぐちゅっとえぐった。「いやあ、ああっ! それ、やだっ」  「すごいな、本当に禁欲していなかったのか」「するか、……… んっ! 淫乱だ …… と、言えばいい」拡張されたアナルが、貪欲にシュウの [続きを読む]
  • 更新予定と無限ループな愛
  • 『失くした恋を探して 第六話※』を5月9日(火)朝の10時に更新します。興味のある方はぜひ。ヾ(。・ω・。)ノただし今回もがっつりR18シーンが入る回なのでご注意下さい。連休最終日、皆様いかがお過ごしですか。そろそろエロパートを書くのに飽きてきたムギです。世間は連休連休と騒いでおりましたが、当方は同僚と共に「連休なんて無いわ」と、愚痴っておりました月曜からまた忙しいし、お腹の調子も悪い。ああ、仕事に行きた [続きを読む]
  • 喘ぎ声を笑う者は喘ぎ声に泣く
  • 休日の朝から微妙なタイトルの記事でスミマセン。内容は、タイトル通りなのでお気をつけ下さい。現在『失くした恋を探して』のエロパートを手直ししているのですが、やたらと長いR18部分を二話分に分割することになりました。来週の(火)あたりに更新したいので、精力を削り頑張っています。(`・ω・´)91騎乗位→2バック→3正常位って流れだったんですが、中だるみ気味なので、2か3のどちらかをカットするべきか模索中。1は [続きを読む]
  • 腐女子の鑑
  • 某番組で紹介された猫型鉛筆削りに大笑いしました。猫のお尻の穴に鉛筆を挿入入れると、ニャーと鳴きながら削るのですよ!鉛筆は卑猥に回っているし、なんだか微妙なビジュアルでした。(=゚ω゚=;) こんな文具を開発したのは誰だと、突っ込みたい貴腐人。ちなみにワンコ型もあるのだとか。やっぱり猫は受なのかと思ったお馬鹿。お前はエロ妄想で悶々としている思春期の青少年か!こんなことに反応するから、以下のような診断が出るの [続きを読む]
  • 硬いのが好き
  • おはようございます。明日会社に行きたくないと、駄々をこねているダメ社会人のムギです。気がつけば、来月でブログをはじめて半年!年始の目標であった新作を書くということも何とかクリア。(*´ω`*)これも日ごろ拍手やランキングバナー、そしてコメ等で私に元気とやる気を与えてくださる皆様方のおかげですこの調子で一周年を迎える頃には、更新がなくても楽しんでいただけるように、作品数(完結済みの)をもう少し増やしたい [続きを読む]
  • 失くした恋を探して 第五話※
  • 冬に逆戻りしたような冷たい風が、ドアを開けた俺の頬をなでていく。窓が開いていたようで、部屋の中から外へ風が吹き抜けていった。咎めるような目を向ける男に首を傾げ、ソファー脇の掃き出し窓を閉める。「今朝は慌てて出たから開けっ放しだった。春とはいえ、さすがに夜は冷えるな」「警察関係者なのに、無用心じゃないか」「ここは五階だぞ」コートを脱ぐと、俺はシュウのネクタイを緩めながら苦笑した。「最上階の部屋は、屋 [続きを読む]
  • 更新予定とライトクズ
  • 『失くした恋を探して 第五話』を明日25日(火)朝の10時に更新します。興味のある方はぜひ。R18シーンが入る回なのでご注意下さい。R18は、ちゃっかり次回の六話にも続きます。無駄に長くてスミマセン。ラブえっちって難しいですね。エロもパターン化しやすいし。エロのバリエーションが豊富な方の、その才能が妬ましいムギです。ところで、書き終わってから気がついた馬鹿なのですが、一部のネタが、『あなたと猫と、そし [続きを読む]
  • 変態王より性獣だ
  • 週末の朝、いかがお過ごしでしょうか?ムッチリボディーのくせに、お腹が弱いという矛盾を抱えている貴腐人です。宿便を解消すると痩せるってのは嘘ですねぇ。今週はずっと がお友達な私。受けキャラの呪いで痔主になるのではと、お腹を壊すたびにビビっています。 との友人関係が続かなければ、『失くした恋を探して 第五話』を来週の(火)か(水)のどちらかで更新したいと思います。R18シーンが入る回なのでご注意下さい [続きを読む]
  • 失くした恋を探して 第四話
  • 「検察でよろしいですね」単なる仕事相手に戻ったシュウの横顔は硬い。セダンのドアを開け、無言でシートベルトをする男に心の中で溜息を吐く。片道二十分。楽しい道のりではないようだ。助手席の俺は、ゆっくり流れる景色から端末に視線を戻した。「事故渋滞みたいだな」ハンドルを握るシュウが肩をすくめる。ふと彼の腕に目がいった。袖からのぞく腕時計。地味なスーツに似合わぬ高価なものだ。分かり易い私服警官の印。あの晩は [続きを読む]
  • 更新予定
  • ここのところいい陽気ですね。ムッチリボディーのムギは、暑いぐらいで冬が懐かしい(もうかよ!)さて、『失くした恋を探して 第四話』を18日(火)朝の10時に予約投稿いたします。興味のある方はぜひ。今夜と明日の夜で推敲と校正を頑張ります。(`・ω・´)9ファイト!今回、キャラの過去エピを四話に入れるか五話にするかで悩み、何度消したり書いたりしたことか。笑えるほど筆が進みませんでした。予定では四話の後半にR18 [続きを読む]
  • あ、受信しちゃった(ハート)
  • 某番組で、極北で生きる女性マッシャー(犬ぞり師)を取りあげていました。非日常の世界に興味を惹かれたムギ。ずいぶんと前に、タイのゴージャスなハッテン場を紹介していた番組です。いや〜、あの番組好きなんですよ。(*´ω`*)マッシャーって、おイモを潰すやつしか浮かばなかった無知な私。色々興味深い世界でした。(細かいことですが、ワンコ数匹の名前に思わず反応してしまった)大自然の中、犬中心・犬優先の過酷な生活。 [続きを読む]
  • 腐女子の深淵
  • ムギの腐女子レベルは76。【腐死鳥】クラスです。深淵に触れてしまいました。腐女子の腐れ具合ったーhttps://shindanmaker.com/144253※最高レベルは99らしい……。腐死鳥か。穴に二本同時のマンガで、お尻が痛くなった気がするムギはまだまだってことか。それにしても、腐女子の深淵って何かしら。『深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ』的なアレだとイイな!私生活は年とともに淡白になるというのに、腐の界隈 [続きを読む]
  • あなたと猫と、そして俺  第八話 二人の関係とタグ 後編
  •  綾瀬の上司も無愛想な男だが、じつは意外にも世話好きな人だ。  その男に見合い相手を世話するから綾瀬の好みを教えて欲しいと、訊ねられたことがある。それは酒の席での戯れでなく、遠くない未来に実現するかもしれない話だ。 ありのままの綾瀬を受け入れられる女性なら、彼に見返りのない愛と素晴らしい家族を与えてくれる。 俺は笑顔でおめでとうと言えるだろう。彼が選ぶ相手が『女性』なら。 なんで『男』なんだ。   [続きを読む]
  • お前の可能性に、たそがれる
  • こんばんは。拙作に拍手やバナーの をして下さった方々、本当にありがとうございます。(*≧∀≦)ノ゙ここ数日の怒涛の更新で、精力がつきたムギには有り難いプレゼントです。基本ブログの更新は前日までに書いて午前中の予約投稿なんですが、昭和生まれの貴腐人。色々なものが回復せず死んでいました。復活までには、お時間をいただくかもしれません。で、精力回復の為に読んだマンガで、穴の可能性を色々考えましたね。物語 [続きを読む]
  • 嫁にはなりません 最終話
  •  数日前にキーツ様が復帰されたので、本来なら俺は聖都に帰らなくてはいけない。 しかし今の俺は教会の人間と名乗ることはできないし、戻る気もなかった。「教義や戒律を作ったのは、神ではなく人間ですよ。神に背いたと、己を責めるのはお止めなさい」 こんなことを言い出す司祭に、俺は戸惑いの目を向けるばかりだ。 小さい村のこと、俺とヴァルツの件は耳にしているはず。 てっきり破門だと思っていた。 キーツ様の言葉に [続きを読む]
  • 死神は愛を紡ぐ 最終話 いい夢を
  • 【イエスキリストが復活したとされる曜日】 泳ぐ魚を追いかけた水鳥が、そこかしこで漣(さざなみ)を起こしている。 そんなのどかな光景に、グレンは顔をほころばせた。 俺が入れたコーヒーと管理人夫婦が用意してくれていたパイを持ち、水辺に設えられたベンチに腰掛ける。 朝方は冷たく頬を刺していた森の空気も、今は温んで過しやすい。 午前中は少しだけ散歩をして、その後はベッドの中で愛し合った。 起き出したのは昼 [続きを読む]
  • 見えない何かをガン見してやるぜ
  • 今は昔、某ジャンルにいた頃です。絵師さまのサイトがリクを受け付けていました。何かの記念だったかと(物忘れが激しいので、記憶があやしい)一人で二点ほどリクOKだったので、ごく普通の萌えシチュと、うねうねヌルヌルした触手ネタを頼んだムギです。 (ΦωΦ)フフフ……結果的に、触手ネタが山ほど来たと絵師さまが驚愕しておられました。何、この一体感。妄想する方向性が一緒 気がつけば十年以上昔の話になります。楽しかった [続きを読む]
  • 死神は愛を紡ぐ 第八話 涙※
  •  空港から車で向かったのは、セレブが居を構えるような場所ではなかった。 一番近くの村からでも車で三十分。舗装されていない道を走る。 ニューヨークと比べるまでもなく、ここは別世界だ。 今年は冬が遅いと空港で言われたが、空気は身震いをするほど冷たい。 鬱蒼とした森を進み、競うように空へと枝を伸ばした木々が途切れた場所。そこが俺たちの目的地だ。 目の前に広がる湖は、一昔前までは地図にも載っていなかったの [続きを読む]