フリートレーナー さん プロフィール

  •  
フリートレーナーさん: 運動空間
ハンドル名フリートレーナー さん
ブログタイトル運動空間
ブログURLhttp://undoukuukan.blog.fc2.com/
サイト紹介文運動に関したブログです。マラソンもやってます。フルマラソン2回完走
自由文運動指導も行っていますが、それ以上に現役で頑張っています。ランニング日誌、トレーニング日誌として読みつつ、耳寄りトレーニング情報も提供します。僕も頑張ってみようというコメント頂きました。これが一番うれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 165日(平均6.2回/週) - 参加 2016/11/11 07:47

フリートレーナー さんのブログ記事

  • 名人のあるべき姿
  • スポーツとは違いますが、将棋の世界の話です。藤井総太四段が羽生善治名人を破りました。でも藤井四段の話でも、将棋の対局の話でもありません。私が注目したのは、羽生名人の姿勢です。あれほどの偉大な棋士が中学生の藤井四段に深々と頭を下げて対局が始まりました。藤井四段がこらえきれずに球を上げるほど長く頭を下げていました。負けた後も悔しそうでしたが、やはり深く頭を下げました。羽生名人は自著でもそう述べていまし [続きを読む]
  • 毎日ジョギング
  • 毎日ジョギングしています。でも、そんなに長時間ではなく1日30分程度。この方がハードルが低いので、気軽にできますし、続けれます。 [続きを読む]
  • 夜遅くに・・・
  • 仕事が遅くなって、帰宅してからだと内臓にも良くないと思ってす○家(これも良くないんですが・・・)にいきました。でも店員が出てきません。インタフォンをおしてもこない。やっときて注文したが「品切れです」と言い残して裏へ行きました。私はそのまま帰りましたが、一体どういう事なんでしょうか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大迫傑
  • 早稲田大学卒の大迫傑がボストンマラソンで3位に入りました。海外の主要なレースで日本人が入賞するのはまれな事です。(そうなってはいけないのですが・・・)しかし、大迫はナイキオレゴンプロジェクトの選手です。つまり、日本で練習しているどころか、海外のチームに所属しています。日本で練習して海外で結果が出せないと話になりません。そうならければ、多くの日本人の努力が報われないという事になります。海外に飛び出せ [続きを読む]
  • コーチング、指導の向上につながること
  • コーチングの向上に一番いいものは「場数」です。こういっては、それまでの方々には失礼かもしれませんが、数こなせば絶対に指導は上手くなります。 でも、ただ数をこなせばいいというものではありません。絶対に反省すべき所はありますし、絶対に向上させないといけない所はたくさんあります。このままではいけない、もっと上達したいという気持ち大事です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 股関節と肩甲骨
  • コンディショニングを勉強するにつれて、解るようになったことは体の不調の原因は肩甲骨と股関節に絞られるという事です。ということは肩甲骨と股関節にケアを施せばほぼすべての体の不調が解決するのだという事です。痛みがあるポイントと、原因となっているポイントが違うとよく言われます。腰回りが痛いという人の体を見ていると、それ以上に肩甲骨に問題があったりします。具体的にどんな問題があるかといいますと、筋肉が凝り [続きを読む]
  • 浅田真央の引退で思った事
  •  浅田真央が引退しましたね。唐突な印象を受けます。 記者会見ではなく、ブログでの発表もその印象に拍車をかけました。 思えば、ソチオリンピックの時に引退すべきでした。結果は振るわなかったとはいえ、文句のつけようのないフリー演技、終了後の涙と大きな拍手と歓声は、まさにフィナーレにふさわしいものでした。 この最高の潮時を失ったなかでの3年は誰よりも本人が苦しかったと思います。スポーツ選手には定年がありま [続きを読む]
  • 今年も広島カープが強い
  • 連覇は厳しいと思っていましたが、広島カープは今年も好調です。7連勝。しかし、ストッパーの中?が腹部の違和感で離脱してしまいました。「腹部の違和感」というものが気にかかります。ただ、好調なチームには誰かが不調になっても誰かがカバーするものです。このまま勢いが続きそうな気がします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 上手くはいかないものですね
  • 大谷翔平がけがだそうです。WBCをケガで回避し、シーズン開幕後は打者では絶好調でしたが、落とし穴がありました。上手くはいきませんね。本来試合に出れる状態ではないのに出していたんではないかと思います。チケットの売れ行きに影響が出ますから出ざるを得なかったのかもしれません。才能でカバーしていたのがカバーしきれなかったのでしょう。しかし、チケットの売れ行き以上に選手の状態を気にかけないといけません。チー [続きを読む]
  • トレーニングできなくても焦らない
  • 実はここ最近、トレーニングできていません。ただ、トレーニングできないのは仕方ありません。プロ選手であればトレーニングは仕事ですが、一般人はトレーニングは仕事ではありません。してもしなくてもいいのです。だから、無理してトレーニングする必要もありませんし、できないからといって焦ることもないのです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 細切れラン
  • 私は毎日のように1日10キロほど走っています。ですが、1回で走り切るわけではありません。朝と晩に分けたり、1日に何回も走ったりします。1回あたりの距離は2キロ程度という事も珍しくありません。なぜ、そんなことをするのかといいますと、まとまった時間が取れないからです。かといって行き着く暇がないというわけではありません。30分くらいあるから少し走ろう。そんな気持ちでいつも走っています。こうした事が実を結んで体脂 [続きを読む]
  • プロ野球の開幕
  • プロ野球が開幕して思った事。大谷翔平はWBCに出ても良かったんじゃないか。そう思えてならない。大谷がいれば貧打に苦しんだ日本の救世主になったかもしれないのに・・・。ただ、大事な時期にケガで調整が遅れたという事はプロとして褒められたものでは無いんですよね。だからこそ、調整するという事は大事な事であると認識させられます。どんな素晴らしいプレーヤーでも、試合に出れなければ何にもならないんですから。にほん [続きを読む]
  • 稀勢の里グッズ
  • 今、稀勢の里グッズが売れに売れているんだそうです。いくつか紹介します。力士手形タオル 稀勢の里新品価格¥1,360から(2017/4/2 21:36時点)BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■05/稀勢の里 寛/大関新品価格¥1,500から(2017/4/2 21:36時点)稀勢の里 手形・サイン入り 色紙新品価格¥1,240から(2017/4/2 21:38時点)稀勢の里 力士バスタオル新品価格¥3,100から(2017/4/2 21:38時点)色々あるんですね [続きを読む]
  • 稀勢の里の勝因
  • 稀勢の里の逆転優勝はなぜ、起こったのかを考えています。本来ならば、横綱になった後はタニマチとの飲食やテレビなどの取材などに忙殺されて、相撲どころではないのです。稀勢の里の友人たちもそのあたりを心配したのですが、稀勢の里は「稽古以上に大事なものは何がある」と相撲を優先させたのです。これは素晴らしい、横綱が真面目に相撲に取り組めば、下の力士も真面目に相撲しないといけません。高安がそうですね。ここ数か月 [続きを読む]
  • マシンで休憩しない
  • トレーニングジムにおいて非常に多いのが、マシンに腰かけて休憩する人。迷惑ですよね。ひどいのになるとスマホいじってラインやっています。迷惑ですよね。本当に。ジムって自分たちだけのものでは無いんです。そのことを忘れていはいけません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稀勢の里の涙
  • 春場所は稀勢の里が奇跡の優勝です。日馬富士に負けた時に肩を痛めて、昨日の鶴竜とは相撲になりませんでした。頑張ったんだし、休場して来場所に備えればいいと思ったんですが、強行出場しました。そして照ノ富士に勝って追い付いて、優勝決定戦でも勝ちました。勝つのも大変だろうし優勝決定戦も厳しいと思ったんですが、まさかです。土俵入りの時もそうだったのですが、柏手も打てない中で本当に頑張りました。表彰式での号泣は [続きを読む]
  • 葛西紀明のすごさ
  • 葛西紀明が今季またも表彰台に立ち、最年長記録を更新しました。大ベテランがここまですごいのはなぜでしょう。たゆまぬ努力もそうなのですが、良い跳躍の感覚を体のどこかで覚えていて、それを再現できているからではないでしょうか。ただ、長くやっているからすごいのではありません。体力が落ちている中で、最高の跳躍を続けることができるのがすごいと思っています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 低糖質ダイエット中
  • 低糖質ダイエット中ですが、やっぱり成果が出ています。口さみしさがあるので、ナッツやガムに頼っていますが、空腹や口さみしさを感じる事が少なくなりました。体も本当に締まってきました、体調もいい。無理せずに続けていきたいですね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稀勢の里の強さ
  • 大相撲春場所が開催中です。荒れる春場所と言われますが、稀勢の里は全勝です。内容も非常に力強く、じっくりと魅せる一番が目立ちます。もう少し楽に勝ってほしいのですが、それだけ本人に余裕があるのかもしれません。稀勢の里は長年大関で苦しんできました。横綱になったとたんに強くなっています。なぜでしょうか。ひょっとすると、綱取りのプレッシャーから解放されたのかもしれません。苦しいことを乗り越えると、その先に希 [続きを読む]