Ryooopei さん プロフィール

  •  
Ryooopeiさん: in my headした旅のomoide. -第二部-
ハンドル名Ryooopei さん
ブログタイトルin my headした旅のomoide. -第二部-
ブログURLhttp://reryooopei.blogspot.com/
サイト紹介文バックパッカー目線で世界の山、トレッキングをメインに旅先の思い出と写真を。
自由文旅行中の登山、トレッキングだったり自然にまみれた体験を写真を通じてレポート。普通のトレッカーやクライマーと違ったバックパッカー目線で書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 253日(平均1.3回/週) - 参加 2016/11/12 16:06

Ryooopei さんのブログ記事

  • Stok Kangri/ストックカンリ
  • Stok Kangri/ストックカンリ -Jul 2017-■Noteインド第2弾の登山、ストックカンリ6140mに挑戦。兼ねてからレーに来たらとりあえずこの山に登っておこうと思っていた山であるストックカンリ、比較的簡単と聞いていたので今回も引き続き単独での挑戦してきた。正直単独での6000超えは初めてのことで若干の不安はあったものの無事登頂を達成。結果から言うと高度順応さえできていれば問題はなさそう。景色もそれなりに良かったが今ま [続きを読む]
  • Leh/レー
  • Leh/レー -Jul 2017-■Note長いバス旅を終えレーに到着。マナリーから比べれば完全に別世界の景色になっている。荒涼とした風景に砂埃、周囲を見渡せば5000m、6000mの高峰が、ここに来るためにインドに自分はやってきたんだなと実際にその景色を目の当たりにしてようやく確信。この街では前回の旅行時にアルメニアで会っていたFKSMさんに再会を果たす。既にレーに来て一カ月ということで周辺のトレッキング情報や美味いレストラン [続きを読む]
  • Manali to Leh/マナリーからレー
  • Manali to Leh/マナリーからレー -Jul 2017-■Noteモンスーンで苦戦したマナリーからいよいよインドの1番の目的地であったレーに向けて出発。マナリーからレーの道は標高2100mから4つの峠を越え、最高地点は5300mまで達するというヒマラヤを突っ切る長く険しくハードな道として有名。そしてその厳しさ故に6月から9月までしか開通していない。そのため移動費もインドにしては非常に高額な値段となる。通常3〜5倍くらい?の費用感。 [続きを読む]
  • Friendship Peak/フレンドシップピーク
  • Friendship Peak/フレンドシップピーク -Jun 2017-■Noteインド第一弾の登山、フレンドシップピークへ。当初、と言うかマナリーに来るまでターゲットは別の山だったのだけど地元のエージェンシーに山の情報を聞いていた所、壁に貼り付けられていたサミットの写真があまりに素晴らしく予定変更。今回はモンスーンが到来しての登山。難易度は比較的簡単とされていて大きなクレバスやFixロープなどもなく足だけで登れる山、と言うこと [続きを読む]
  • Manali/マナリー
  • Manali/マナリー -Jun 2017-■Note居心地よかったダラムサラを脱し、いよいよ目的の登山に挑むべくマナリーにやってくる。マナリーの世間のイメージはダラダラするとこ、ヒッピー的な感じが強い場所として旅人には知られていると思う。し・か・し、僕はこの街はトレッキング、クライミングの街であると断言したい。当初から睨みを利かせていた所で事実街を歩けば沢山エージェンシーがあるし、周りを見渡せば沢山の山があるのがわか [続きを読む]
  • Kareri lake trekking/カレリーレイクトレッキング
  • Kareri Lake Trekking/カレリーレイクトレッキング -Jun 2017-■Noteよーやくにしてインド第一弾のトレッキングを。ロンリープラネットのインドヒマラヤトレッキングに書いてあった一つ、カレリーレイクへのトレッキングに行ってきた。感想はというと、ミスや天候の都合が重なり自分が想定していたものより遥かにタフな行程になってしまった。ダラムサラ周辺にはこのカレリーレイクともう一つパスを越えるトレッキングの2種類があ [続きを読む]
  • McLeod Ganj, Bhagsu, Dharamkot/マクロードガンジ、バグス、ダラムコット
  • McLeod Ganj, Bhagsu, Dharamkot/マクロードガンジ、バグス、ダラムコット/ -Jun 2017-■Noteリシケシュを早々に去り、ダラムサラへ向けて移動する。ダラムサラ=チベット亡命政府の場所。っていうことだけで自分は全く知らなかったのだけどダラムサラが目的地ではなくその上にある小さい街が旅人達の目的地になる場所だということ。バスの中で一緒だったイスラエル人とスペイン人にそれを教えてもらいやって来たのがタイトルの街 [続きを読む]
  • Agra & Rishikesh/アグラ&リシケシュ
  • Agra & Rishikesh/アグラ&リシケシュ -Jun 2017-■Noteバラナシを脱しアグラへ。正直ギリギリまでここによるかデリーに行くかで迷ったのだけどタージマハルがあるという理由でアグラにやってきた。バラナシでも死ぬ思いで暑かったけどここは更に暑い。シャレにならんレベル。タージマハル観光以外は宿に引きこもって写真のバックアップだけして終わった。何か他に見所あったのかな??ヒンドゥー教の聖地の一つらしいリシケシュへ [続きを読む]
  • Varanasi/バラナシ
  • Varanasi/バラナシ -Jun 2017-■Noteインド、そしてバラナシ。大学時代からこの国この街にについて何度話を聞かされただろうか、何度語られただろうか。多くの若きバックパッカーがたいてい訪れる国インド。そんな国にずっと興味がなくこれまで避け続けてきたインド。なんでそうだったかというと「インドに呼ばれる」というこの言葉。たかが一つの国に行っただけなのにインド旅行者のこの俺凄い的な選民的なワードが凄い嫌いなのと [続きを読む]
  • Pokhara & Lumbini/ポカラ&ルンビニ
  • Pokhara & Lumbini/ポカラ&ルンビニ -May 2017-■Note大規模なトレッキングも終わりひと段落。これからインドに向けて移動開始ということで久々の街ネタのみの記事として、ポカラ、ルンビニを紹介。ポカラは9年前に来たことがあってこれが2回目。しかし前回は猛烈な体調不良に陥り滞在のほとんどを宿の屋上で過ごしいたというそんなほろ苦い思い出の街。数人のバックパッカーからすっかり変わった、もう田舎じゃない、などなど聞か [続きを読む]
  • Annapurna Circuit Trekking/アンナプルナサーキットトレッキング-2
  • Annapurna Circuit Trekking/アンナプルナサーキットトレッキング-2 -May 2017-■Noteサーキットトレッキングの続き。標高も3000を超えてくるので高度を意識したスケジュールになってくる所。だけども村と村との距離感、標高差と絶妙な感じなので特に意識せず進められた。その辺りもエベレスト側と違ってやはり楽だなーと染み染み。この行程ではサーキットトラックで1番楽しみにしていたティリチョレイクへ。若干雲が多めだったの [続きを読む]
  • Annapurna Circuit Trekking/アンナプルナサーキットトレッキング-1
  • Annapurna Circuit Trekking/アンナプルナサーキットトレッキング-1 -May 2017-■Noteエベレストトレッキングを終え、カトマンズで療養をしながらインドビザの手配をしたり日本食を食べたりダラダラ10日ほどゆっくり休憩を経て、次なるトレッキングであるアンナプルナに挑戦。カトマンズからポカラに移動し、情報をサクッと集めて早速開始。今回は個人で挑む、つもりだったのだけどトレッキング開始の村に行く途中で一緒になったア [続きを読む]
  • Mera peak/メラピーク
  • Mera Peak/メラピーク -Apr 2017-■Note長かったエベレストトレッキング編も今回で最終章。このブログでは景色の素晴らしさと合わせてクソガイドについても熱く語ってきたけどもメラピーク編でも見事にポンコツぶり発揮してくれ大いにガチギレさせて頂きました。。ちょっと前フリは長くなるけど今回の申込みにあたってメラピークはドイツ人カップルのツアーにジョインを条件に割引価格にされていて向こうのスケジュールに合わせる [続きを読む]
  • Everest trekking/エベレストトレッキング-3
  • Everest trekking/エベレストトレッキング-3 -Apr 2017-■Noteアイランドピークを終え、次なる目的地湖畔の村ゴーキョーを目指すべく移動開始。この途中にはチョーラパスと呼ばれる標高5420mの峠を越える場所がありエベレストトレッキングでは最難関とされている。何が難しいかというと 1つに距離があること。最寄りの村からパスを抜けて次の村に行くまで早い人は5時間、遅い人は6〜7時間はかかるので途中で天候が荒れたりすると [続きを読む]
  • Island Peak/アイランドピーク
  • Island Peak/アイランドピーク -Apr 2017-■Noteアイランドピーク6189m、アコンカグア以来の久々の6000m越え登山を迎える。ガイド登山はボリビア以来なのでこれも久しぶり。「簡単」とされているアイランドピークで実際どーなのか緊張していたのだけど結果から言うと順応も完璧だったこともあってベースキャンプから登頂まで5時間でさっくり登頂。ガイド曰く過去最高のスピードということでこれはちょっと自慢。笑で、簡単なのは間 [続きを読む]
  • Everest trekking/エベレストトレッキング-2
  • Everest trekking/エベレストトレッキング-2 -Mar to Apr 2017-■Note前回の続き、今回はナムチェから先の記録。エベレストトレッキングの凄さがここから始まっていくのだけど、高所ということもあり一日の行動時間は長くて5時間程度。しかもそんなに急登するようなトレイルもなく非常に簡単な道のりだった。本当に強いて言えば標高が高い、というだけ。そしてこの期間に自分のトレッキングガイドがポンコツであることを完全に露呈 [続きを読む]
  • Everest trekking/エベレストトレッキング-1
  • Everest trekking/エベレスト トレッキング-1 -Mar 2017-■Noteついに始まったエベレストトレッキングカトマンズでは色んな旅行代理店と話合いをした結果、コストパフォーマンスが1番良いだろうと思われた会社にするも正直なところこのトレッキングを進めるにあたって金銭的にだいぶ勿体無かったという思いでいっぱいに。。これは別にまとめるとして、、途中2つのピーククライミングを混ぜた約30日の長い長いトレッキング。通常は [続きを読む]
  • Katmandu/カトマンズ
  • Katmandu/カトマンズ -Mar 2017-■Note正直楽しすぎた台湾を出るのは心苦しく後ろ髪を引かれる思いで出国。てことでいよいよこの旅の本番モードとなるヒマラヤ編、ネパールへ。ネパールは実に9年ぶりで学生最後の旅の終着地でもあったこの地、あれから地震もあったし物価もかなり上がったと聞いていてどーなってるんだろうかなんてドキドキ。しかしカトマンズは9年前に見た風景と何ら変わりを感じることはなく、あの時の若かったバ [続きを読む]
  • Nanhu Mountain/南湖大山
  • Nanhu Mountain/南湖大山 -Mar 2017-■Note前回の記事にも書いたように、申請にやたら時間がかかってしまい3週間滞在なのにまさかのコレ一本だけとなった台湾登山。正確に言うとずっと調べてたわけではなく、友達と飲んでばっかりのグータラライフ笑また、この時期の影響かずーーーっと雨、曇りが続く気候で中々やる気が出なかったのも一因。しかし、この南湖(ナンフー)、冬季は思った以上にハードな登山だった。というかかなり [続きを読む]
  • Preparing for Taiwanese mountaineering at Taipei/台湾登山準備 at 台北
  • Preparing for Taiwanese mountaineering at Taipei/台湾登山準備 at 台北-Feb to Mar 2017-■Note台湾にやってくる。10年以上前に半日だけトランジットで寄っただけの台湾。つまりは実質初入国。日本から近いだけあって街並みは限りなく日本を思い出す造りで馴染みやすい。で、この国にやってきた目的はこの旅のテーマである登山をするため。実は自分も調べるまで知らなかったのだけど台湾。この国はかなりの山岳国家。日本の富士 [続きを読む]
  • Auckland/オークランド
  • Auckland/オークランド -Feb 2017-■Noteまだ出国まで1週間はあったのだけどここがニュージー最終の街になった。というのも天気予報で1週間雨というオークランド以北が全部そんな感じなので何もやる気せず。オークランド市内で泊まった宿はクソだったのだけどその後AirBnbで見つけたオークランド近郊の家は最高に居心地がよくノンビリしながらニュージーランドの最後を過ごした。とりあえずニュージーランドの大都市は基本的に面白 [続きを読む]
  • Tauranga & Coromandel/タウランガとコロマンデル
  • Tauranga & Coromandel/タウランガとコロマンデル -Feb 2017-■Noteグータラすぎて写真を撮らなかったので2つまとめて。タウランガここは行って初めて知ったのだけどリゾート地らしく物価が高く居心地も悪い街だった。海もニュージーにしてはそこまで綺麗ではないし特別な景観があるわけでもない。なぜリゾート地なのか。。宿のアイリッシュとアメリカ人と何人か忘れたけどそいつと男4人で潮干狩りをして、それで終わり。かなりめ [続きを読む]
  • Rotorua/ロトルア
  • Rotorua/ロトルア -Feb 2017-■Noteロトルア、街を歩けば硫黄臭い匂いがどこかしらから流れてくる温泉の街。別府と姉妹都市というだけあって旅館はないけどもモーテルや高級ホテルにはどこも温泉がひいてあるようでスパやプールだったりマッサージだったりの看板が目立つ。ニュージーの流れなのか観光地としてプッシュしている所はクイーンズタウン同様、街となんも関係ない色んなアクティビティが楽しめるようになっていてここロ [続きを読む]
  • Taupo/タウポ
  • Taupo/タウポ -Feb 2017-■Noteトンガリロからこの一帯にかけて火山活動が活発なエリアに入っていく。ここタウポに辿り着くまでにも噴煙を上げている山を見たりとなかなか素晴らしい景色特にタウポまでの湖畔沿いの道は絶景で小さい街だったりキャンプエリアが沢山あったり。街から街へダイレクトに移動していたので通り過ぎてしまったけど車を持ってる旅だったら色々楽しめそうなエリアだなーと思った。で、タウポ、この街はオー [続きを読む]