NOIR さん プロフィール

  •  
NOIRさん: オカルト大百科
ハンドル名NOIR さん
ブログタイトルオカルト大百科
ブログURLhttp://occultjiten.seesaa.net/
サイト紹介文都市伝説,怖い話,UFO,宇宙人,UMA,オーパーツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 66日(平均15.9回/週) - 参加 2016/11/13 11:08

NOIR さんのブログ記事

  • ヒヒイロカネ
  • 火炎のゆらめきにも似て朱く輝き、決して錆びることのない、「ヒヒイロカネ」という謎の金属が存在するという。 比重は金よりも軽く、鉄よりも柔らかだが、合金にすると、プラチナよりも硬くなるという、まさに幻の金属なのだとか。 このヒヒイロカネは、岩手県釜石市〜大船渡市あたりにあったとされる、カカコノ山で産出したという。こういった金属が、伝説のアトランティスでも産出されたという。「オリハルコン」と呼ばれてお [続きを読む]
  • ファティマ第三の預言
  • 1917年、ポルトガルにあるファティマという村に住む3人の少女(ルシア・フランシスコ・ヤシンタ)の前に、聖母マリアが6回に渉り出現し、最後の日には10万人の大観衆の前で奇跡を現出させ、更に『人類の未来に関わる3つの預言』が託された。これが「ファティマの預言」である。まず一つ目の預言は、地獄は実在するというもの。聖母マリアは実際にそのビジョンを3人に見せ、それを見た彼女たちはあまりの光景に戦慄したと言われてい [続きを読む]
  • 西早稲田駅
  • 早稲田大学のキャンパスにほど近い、東京メトロの西早稲田駅には、謎の通路があるという都市伝説がある。オリンピック横のエレベーターは、ボタンを押しても地下1階に止まることなく必ず通過するという。見た感じではまっすぐな通路で両サイド方向に延びているだけなのだが。因みに、西早稲田駅のオリンピック横出口はなかなか奇怪で、開業してから2年間もの間、仮設壁があり、その中にプレハブが建っていたという。そのプレハブ [続きを読む]
  • バベルの塔
  • バベルの塔とは聖書に記されている伝説のひとつである。バビロニア帝国にノアの子孫のニムロデが建てようとしていた塔で、旧約聖書の創世記、第11章にバベルの塔のことが記されている。この内容を説明すると、全地が一つの言語、一式の言葉だった頃にバビロニアの人々が「さぁ、我々のために都市を、そして塔を建て、その頂を天に届かせよう。そして、大いに我々の名を揚げて、地の全面に散らされることのないようにしよう。」とい [続きを読む]
  • ペガサス計画
  • CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)が中心となったアメリカの極秘の時空トラベルプロジェクト「ペガサス計画」をご存知だろうか?タイムトラベル技術を応用して月や火星にテレポーテーションするという計画だ。既に火星には秘密基地が建設され、実験要員として選ばれたのは若き日のオバマ大統領。そのオバマ大統領は二度も火星にテレポートを体験済みというセンセーショナルな告発がされた。告発者は、著名な環境生態 [続きを読む]
  • 105号室
  • 男が大学進学を機に都内の2階建てアパートへ越して来た。2階には部屋が5室、左から101号室、102号室…と並んでおり、男は104号室に住んでいた。小さなアパートだったが、交通アクセスも良い上周辺にある程度の商業施設もあり、利便性は完璧であった。 その上気の良い住人たち。101号室には面倒見の良い年配の男性。102号室には仲睦まじい若い夫婦、恐らく子供連れであろう。103号室にはそれはそれは綺麗なお姉さん。朝夕に会うだけ [続きを読む]
  • 与那国島海底地形
  • 沖縄県・八重山諸島にある、与那国島の南の海域で、1986年に異常な一枚岩が発見された。発見者は、たまたま付近でダイビングを楽しんでいた観光客であったという。この一枚岩は、直径数百メートルもの膨大な大きさで、所々人工的に切り出されたような痕跡が見受けられた。また、この岩の上には建物らしきものも確認され、それらを繋ぐ通路も発見されている。他にも、普通の人間が使うには大き過ぎる階段や柱があったと思しき穴など [続きを読む]
  • ノアの箱舟
  • ノアの箱船とは、旧約聖書の「創世記」に書かれてある物語に登場する船の事であるが、実際に存在したとも言われている幻の存在である。 その物語とはこうだ。今から4500年ほど前に、人類の始まりであるアダムから10代目の子孫にノアという義にかなった人がいた。しかし、ノア以外の地上の人々は堕落し、神を信じず好き放題していたという。それを見かねた神は大洪水を起こし、この地を一掃しようと考えた。だが、ノアとその家族は [続きを読む]
  • モンゴリアン・デス・ワーム
  • モンゴリアン・デス・ワームはゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズやイモムシのような未確認動物(UMA)。牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイコルコイと呼ばれている。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していない。体長は約50cmで、成虫は1.5mにも達する。体重は約9kg、体色は暗い赤色をしていると言われているが、発光するデス・ワームの目撃談も存在する。通常は地中に掘 [続きを読む]
  • チェンニーナ事件
  • イタリアにある町チェンニーナに住むローザ・ロッティは、1954年11月1日の朝、教会のイベントに行こうと家を出た。靴を汚したくなかった彼女は、右手にカーネーションの花束、左手に靴とストッキングを持ち、裸足で歩いていた。ふと見ると、杉の木の根元に高さ2メートルほどの紡錘形の物体がある。膨らんだ中間部には二つの丸窓とドアが付いていた。不思議に思った彼女が近づくと、2人の小人が現れ、意味不明の言葉で話かけてきた [続きを読む]
  • 日本軍核実験説
  • 第二次世界大戦で、史上初の原爆を投下され、数万人規模の市民が虐殺された唯一の国、それが日本である。世界から被爆国として認知されている我が国が、大戦の最中、なんと核爆弾の製造、および爆発実験を行っていたという都市伝説が存在しているという。これは韓国で強く信じ込まれている噂で、具体的な内容も非常に細かく知られている。なんでも、日本軍は1945年に原子爆弾を完成させ、同年8月に北朝鮮領内で核実験を行ったとい [続きを読む]
  • 押し入れから
  • この話しは、賃貸不動産板で最低と書かれている不動産E社で働いていた、友人Sから聞いた話しです。 高卒で不動産屋に就職したSが、入社から半年を過ぎた11月頃に、Sの友人Tに、賃料が安く駅から近い物件を紹介してくれと頼まれ、築15年の古いアパートだが、和6 洋4.5 風呂トイレ別ユニットバスの木造アパートを紹介しました。 Tは物件の下見後即契約し、そのアパートへ引っ越しました。 翌年3月にTの友人M(Sの友人でもあります) [続きを読む]
  • 海坊主
  • 海坊主は近年も目撃例がある有名な海妖怪である。某芸能人が目撃したのは瀬戸内海の某所で、海上を船で渡航中に謎の飛行物体が飛んでいるのを見た。 初めは鳥かと思ったが、良く見ると肌色をした人間の頭のような球体であった。頭のような物体は数個〜十個ばかりの群れをなして海の向こうへと飛行して行った。後に、その海域には海坊主の伝説があることを知り、あれは海坊主だった悟ったという。また、波間をブイのように漂うハゲ [続きを読む]
  • トランプのキング「13」
  • トランプには、プリンス、クイーン、そしてキングといった、王族に関連のある名称が割り振られた札が用意されている。 プリンスは11、クイーンは12。そしてキングがそれらよりも優れた13の数字に対応した札となっている。実はこのキングという札には、ある噂が付きまとっているという都市伝説があるという。そもそも一国の王ともなれば、同じ国に暮らしている他のどんな人物よりも、役職よりも地位が高い。そのため、国民は王にひ [続きを読む]
  • クリスマスの起源
  • 世界中で多くのキリスト教徒が祝福する、年に一度のイベント、クリスマス。日本においては子供達がサンタクロースにプレゼントを希望したり、恋人同士がセックスするためだけにあるような一夜だが、そもそもはそんな目的のための日ではない。クリスマスとは、イエス・キリストが誕生した聖なる日なのだ。つまり、クリスマスとはまさに今の西暦が始まったときから延々と祝福され続けている聖なる日なのだ。ところが、どういうわけか [続きを読む]
  • サイコさんからの手紙
  • 09年、「2ちゃんねる」に「変な手紙が来た」というスレッドがたてられた。会った覚えもない女性からいかにもヤバげな手紙が届くようになったらしい。その内容は、少しずつ過激さを増しつつあり、スレ主はおびえながら毎日を送っている。その一部をご覧いただこう。【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.comコストパフォーマンスNo.1のショッピングカートサービス「カラーミーショップ」★☆★☆★☆ ナウでヤングなレ [続きを読む]
  • 宇宙人からの奇妙な手紙
  • 1960年頃、以前からUFO現象に興味を持っていたセスマという名のスペイン人のところに、奇妙な手紙が舞い込んだ。差出人は惑星ウンモの生命体、宇宙人ユミットと自称する者だった。以来このユミットの書名入りの書簡は次第にその数を増し、他のスペイン人のもとにも届けられるようになったのである。それは途絶えることなく今日まで送り続けられ、現在この手紙の総数は6000通にも及ぶと言われている。手紙から、彼ら宇宙人ユミット [続きを読む]
  • 北関東連続幼女誘拐殺人事件
  • 1979年以降、4件の女児誘拐殺人事件と関連が疑われる1件の女児連れ去り事件(失踪事件)が栃木県と群馬県の県境、半径20キロ以内で発生しており、これら5事件まとめて「北関東連続幼女誘拐殺人事件」と呼ばれている。また、5つの事件はいずれも現在の群馬県太田市及び栃木県足利市のどちらかで発生していが、そのうち、足利市内を流れる渡良瀬川周辺で遺体が発見された3事件は「足利連続幼女誘拐殺人事件」ともされている。これら [続きを読む]
  • 将門塚
  • 平安京に在った首が3日目の晩に空中に舞い上がり、故郷の東国を目指して飛行した。そして、公の首が落ちた地が首塚と云われている。 関東大震災後、大蔵省が整地し塚の上に仮庁舎を建てたところ、省の役人に病人が多く出て、お偉いさんがバタバタと亡くなってしまった。役人は祟りを畏れて塚の上に建つ仮庁舎を取り壊すことにした。その後、塚への不敬による祟りが続出したため、開発は中止され保存の機運が高まり今に至る。現在オ [続きを読む]
  • くねくね
  • これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違う。僕は爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。真昼に差し掛かった頃、ピタリと風が止んだ。そして気持ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。さっきまでの爽快感を奪われたことで、噴き出してきた汗を拭いながら、少し機嫌 [続きを読む]
  • 博○堂勤務の元ジャ○ーズ
  • ジュニア黄金時代と呼ばれたのは90年代の終盤頃、T沢H明やI井T、I田T真という現在も第一線で活躍するメンバーや、現在のジャ○ーズ事務所を代表する存在の「A(○らし)」のメンバーらと一緒に活躍していた元ジャ○ーズJr.のK原Y貴。「サイ○メトラーE○JI」、「ぼくらの○気 未満○市」などドラマにも出演しており、トップクラスの人気を誇っていた。しかし、2000年に学業専念を理由に、伝説ともいえる「東○ドームJr.コンでの卒 [続きを読む]
  • 呪いのサイト
  • 広大な海ともいうべきインターネットの世界には、時として製作者や管理人の悪意によって設けられた不快なサイトが存在している。そのほとんどは、グロテスクな写真だったり、根拠のない怪談で占められているのだが、中には本当に呪いのサイトとしか思えないようなものもあるという。あるサイトは、頻繁にURLを変えながらもう何年も存在し続けており、そのトップページにはどこかの神社で撮られたような鳥居の写真が貼られているそ [続きを読む]
  • ナチスドイツの秘密兵器
  • 第二次世界大戦において、並み居る列強の連合軍を相手に、奇抜な作戦と新兵器の投入によって、本土決戦に追い込まれるまで徹底して抵抗した日本とドイツ。双方は同盟軍であったが、戦局の悪化によって徐々に連携は途切れ、結局どちらも敗戦してしまった。さて、旧日本軍の代表的な決戦兵器と言えば、大和をはじめとする超弩級の戦艦群。そしてドイツの要する秘密兵器が、戦車であった。ところが、ナチスドイツはこの戦車の他に、空 [続きを読む]
  • スカンク・エイプ
  • スカンク・エイプはアメリカ・フロリダ州で目撃されている獣人型のUMAで、類人猿(エイプ)のような容姿と、全身からスカンクのような悪臭をまき散らすことから、この名が付けられた。1997年6月に、デルレイ・ビーチのオレンジ畑で働いていた季節労働者が怪物に殺されるという事件が起きており、スカンク・エイプの仕業とされている。また、この辺りではここ数年肝臓を食われたシカの死体がいくつも見つかっていて、これもスカンク・ [続きを読む]
  • ピアノ騒音殺人事件
  • ピアノ騒音殺人事件とは1974年平塚市で起きた事件で、当時大変話題になった事件であり、かつ過去に繋がりのない人々が、団地という密集した形態で住むようになることの、様々な意味を問いかけた事件である。事件の舞台になった平塚の姉崎団地は、県営住宅で、1400戸。3DKで24世帯ずつ、60棟ぐらいの集合住宅があり、平塚の郊外に建設された新興住宅地である。事件の3日前に、豊川一家は夫婦と子ども2人で、空き家の募集に当選して [続きを読む]