YANチョ さん プロフィール

  •  
YANチョさん: YAN鐵ストラクチャー部
ハンドル名YANチョ さん
ブログタイトルYAN鐵ストラクチャー部
ブログURLhttp://yantetustructure.blog.jp/
サイト紹介文Nゲージのストラクチャーと実際の画像などを紹介しています
自由文鉄道模型もやっとります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 217日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/13 16:38

YANチョ さんのブログ記事

  • ミニカー紹介
  • 今回はミニカーを紹介させて頂きます。サイズは1/87ですからHOナロースケールになりますね。前回紹介したナローセクションにと思い,同スケールの軽トラを探してたのですがなかなか国産のものが見つからず,漸くこれを見つけたという訳です。御覧の通りのワーゲンのトラックです。実車はワーゲンのトランスポーター(バン)で後部を露出させたタイプになるんだそうで,様々なバージョンがあるみたいです。製品はドイツ製のシ [続きを読む]
  • セクションレイアウト完成へ
  • ・・・と書きましたが路面電車の方ではありません。併用して同時進行していたナローゲージのセクションレイアウトになります。何せ私の制作している車両がナローとは言え,サイズも形状もフリーなもので既製品のストラクチャーが殆ど使えません。お陰で駅舎や構造物はもちろんの事信号機から農機具まで全てスクラッチするハメになってしまいました。でもそのクオリティは別として(汗),色んなものを自作して作ってると凄く面白い [続きを読む]
  • セメント袋・米袋を自作
  • 今回は趣向を変えまして小物制作を御紹介致します。似た様な手法はありますが一応我流です。今回は釣具屋などで売ってる板オモリとスタイロフォームの欠片を使います。今回制作したのは1/80〜1/87サイズになります。スタイロフォームの大きさは10mm×7mmとしました。厚みは各々で自由に決めて下さい。厚すぎは不細工になりますが・・・上記のサイズに切ったスタイロフォームを板オモリで包みます。中のスタイロフォ [続きを読む]
  • レイアウト製作中です
  • 拙い・キタナイ作品で非常に恐縮なのですが・・・ここ最近で御紹介して来たジオコレなどを使いまして・・・路面電車が走るミニレイアウトを制作中であります。各建物の配置も終了し,電停や寺院なども配置しました。後は小物類やその他の装飾品などをちまちまと配置して行くのですが・・・実はナローのセクションも同時進行していまして,色々と時間を費やしております。まぁ本当は1つに絞れば良いのですが双方に魅力がありまして [続きを読む]
  • (ジオコレ)怪しい?施設・・・
  • 現在制作中のミニレイアウトの小高い丘に建つ施設という設定です。ジオコレの温泉宿シリーズの ”鉄筋造りの温泉宿” を使用しています。塗装変更で少し怪しげな研究所?という雰囲気に仕上げてあります。昭和の特撮番組に出て来る,謎の施設に使われそうな井出達だったので全体を古ぼけた感じにしてみました。要するにレイアウトの隠れアイテムってやつです。建物の周りに不思議な機械や黒塗りの車を置いて盛り上げてみましょう [続きを読む]
  • (ジオコレ) 喫茶店・カフェ2
  • 製品情報 : 084−2 建物コレクション(駅前歓楽街シリーズ2)2014年発売分の現行品になります。コーナーに特化した三角形状が特徴のカフェと,四ツ矢サイダー(笑)のロゴが目立つ喫茶店です。駅前歓楽街シリーズ自体が,昭和時代をターゲットにしているのでこちらの2つのビルも,やはり何処となく ”懐かしい感” が満載のデザインです。レイアウトを制作するにあたってネックとなっていたコーナー部分ですがこう [続きを読む]
  • オリジナルの軽便車両(単端)
  • Nゲージの既製品が殆どの世界で,一体何人の方に見て頂けてるのか・・・非常に不安ではありますが(笑)今回は当サイトで展開中の軽便車両を御紹介します。KATOの小型動力を用いて作ったナロー(風)車両です。(風)と付いてるのは完全なフリーで,正確なスケールが無い為です。各社パーツやジャンクパーツを使用していますが,ボディは0.3mmのプラ板でスクラッチしています。屋根は4mmのバルサ材です。最初はナロー [続きを読む]
  • 鉄コレ改造のフリーディーゼルカー
  • 今回は趣向を変えて,当サイトの架空地方鉄道の車両を御紹介します。どちらも鉄コレのフリー12m級をプチ改造したディーゼルカーです。 まずはキハ420形です。気動車なので屋根の機器類を削り落としてGMのキハ04に付属していたバケットを片側に付けました。ライトは銀河の250Wを直接オデコにくっ付けてます。こちらは同じくGMのキハ04の前面と,鉄コレ12m車を合体させて作ったキハ200。前面と側面の高さが [続きを読む]
  • (グリーンマックス)路面電車停留場
  • 製品情報 : グリーンマックスNO46−2 路面電車停留場割と昔から販売されているプラキットですね。製品には対向式のホームが2面,簡易停留場タイプが2つの計4つの乗り場が制作出来る様な構成になっています。また付属品も充実していて使い方次第では自分也にアレンジした停留場が作れます。現在制作中の路面電車のミニレイアウトは単線仕様になっていますので私は1つだけを制作しました。本来ならば端にスロープが付い [続きを読む]
  • (ジオコレ) BAR・寿司店
  • 製品情報 : 建物コレクション131 BAR寿司店塗装からみて2014年に発売されたオープンパッケージのものかと思います。以前ここで紹介した 肉屋 とパン屋の3件セットで発売されていた様です。私は肉屋さんと一緒にバラシの状態で手に入れました。このモデルも昭和に見られた店舗を上手く再現してありますね。寿司屋なんかは下町にありそうな佇まいで,特別な高級店という造りではなく近くの常連客が通う店みたいなの [続きを読む]
  • (ジオコレ)雑居ビル・バー
  • 製品情報 : 建物コレクション駅前歓楽街 (085)駅前歓楽街と銘打ったビル群のシリーズです。どちらも昭和レトロな外観ですが,今でも普通に見かけるビルですね。雑居ビルは看板類のパーツが充実していて,如何にもありそうな演出が出来ます。今回は壁の色をグレーに塗り替えてみました。加工などは施していません。バーと題したビルですが今風のお洒落なBARではなく,まさに昭和40年代にあった独特のデザインが素晴し [続きを読む]
  • (モデモ)土佐電気鉄道600型
  • 品番 : NT114 (後期型クーラー仕様)実車は昭和32年に登場した以後の土佐電を代表する形式ですね。製品は三菱電機製の冷房装置を搭載した姿を再現してあります。既に発売中の土佐電600型のバリエーションになります。板バネ式の集電板に,ユニバーサルジョイントを介した動力伝達方式を採用したここの路面電車シリーズでは御馴染みの動力機構になっています。またパンタグラフは造形が少々チャチに見えますが丈夫な [続きを読む]
  • (ジオコレ)薬局
  • 2014年に発売された ”郵便局・薬局3” のバージョンになります。ジャンクで薬局だけ売られていたのを購入しました。HPには街コレの初期生産品を踏襲した塗装色を再現したとあります。造形自体は今までと同じですから,要するにカラー展開という事になりますかね?製品はケロヨンの様な小さな付属品はあったのに,軒先のテントが欠落してました。だからジャンク品だった訳ですね。まぁ300円でしたから良いんですけど・ [続きを読む]
  • (ジオコレ)肉屋さん
  • こちらも2005年に街コレ第3弾として発売されたものの再販になります。ジオコレ初期にあたる製品ですので,本製品も歪みや大雑把な所はありますが下町によくある精肉店の印象を上手く再現してあります。覗き込まないと見えませんが,店内のショーケースや間取りなども再現してあって開発者の心意気と言うか熱意を感じますね?量産品でよく頑張ってる方です。今回は壁の色も他の部品も自分のイメージとピッタリだったので塗り替 [続きを読む]
  • (鉄コレ)広島電鉄650形
  • 製品情報 : 事業者限定650形651号(トミーテック)2016年4月に広島電鉄の地元だけで発売された限定品になります。近年の鉄コレと同様のグレードですから,出来栄えは大変素晴しく実車の特徴を上手に再現してあります。また細かい表記などもシャープに表現されていますね。 特に前面窓上の小さな窓が,開いた状態で造形されているのには圧巻です。このサイズでよくもここまで再現できたものです。まさに秀作です [続きを読む]
  • (ジオコレ) 駅前ビル2
  • 製品情報 : 076−2 駅前ビル2角がRになったモルタル風の2階建ての建物です。確か日通バージョンも発売されていた筈ですが,私のは四葉急便という運送屋です。最近では見かけない重厚な造りの運送屋ですね。創業が古い老舗の運送屋さんという感じの設定でしょうか?個人的には銀行や宝石店みたいな感じでも似合いそうな雰囲気です。私の感想ですが製品は初期ジオコレと比べると造形も良くなってますし塗装も強いて唱える [続きを読む]
  • (ジオコレ)八百屋さん
  • 製品は ”町並みコレクション” と呼ばれていた頃のものです。最近じゃ見かけないのですが,今もラインナップにあるんでしょうかね?この頃のジオコレは精度が悪く,部品も結構ヒン曲がってるものが多かったのでお湯で戻したり,リペイントしたりと苦労させられた記憶があります。しかし確かにパーツ自体は粗いのですが,妙に凝ってると思いません?この八百屋さんなど,店内まで再現してあるんですから驚きです。付属のランニン [続きを読む]
  • 国鉄72・73系 (富山港線)
  • 製品情報 : 98957(限定品)国鉄72・73系はトミックスでは比較的昔から製品化されていて,様々な時代の各線区での仕様が発売されて来ました。この富山港線仕様も少し前に4両セットで既に発売されていますが今回は限定品と銘打って2両編成で登場しました。製品は若干の仕様が変わりましたが金型は同じ物を使用している様で,基本的なものは以前のものと同じ印象を受けました。製品は元々HG仕様ですから,そのままで [続きを読む]
  • 阪堺グリーンベルト
  • 阪堺電気軌道の綾ノ町〜御陵前にはグリーンベルトと呼ばれる区間があります。この区間は一応併用軌道ですが,低い柵や花壇が車道を区切ってますので扱いとしては専用軌道の様な感じになっているのが特徴です。区間中には幾つかの電停もあります。こんな感じに配置されてます。基本は併用軌道ですから,途中で車や人が横断できる様に区切りが途切れている部分があります。当然ですが信号が設置されてますから電車も停車します。ビル [続きを読む]
  • 南海電鉄21000系 (支線仕様)
  • 鉄コレの第3弾に挿入されていた2両になります。箱なしパンタなしのジャンク品を手に入れましたので,N化してウェザリングしました。元々の高野線仕様である4両編成も格好良くて好きなんですけど支線運用に回った2両編成の晩年仕様も哀愁があって良いですね。引退間近だったのか,あまり綺麗にされる事もなくウス汚れた往年の名車が凄く印象的で,何処か地方鉄道的な空気が漂ってました。今回はそんな雰囲気が出せたらなぁ〜と [続きを読む]
  • 阪堺 浜寺駅前駅
  • ”駅前駅” という呼び方が,どうにも滑稽に聞こえてしまうのですが(笑)。阪堺電気軌道の浜寺公園に隣接する終着駅の様子です。自販機が並んでいる場所は,昔は待合室の様になってた筈です。線路の石畳割りとギリギリまであるのが解ります。片側乗車の細いプラットホームがあって,左側が駅舎になります。因みに右側の金網の隣りは歩道を挟んで,国道26号線が併走しています。逆方向から。終点ですから複数両止まれる様に櫛型 [続きを読む]
  • 京阪大津線80型
  • 製品情報 : 鉄道コレクション(オープンパッケージ)2017年1月に発売された ”連結車非冷房” という名の商品です。以前事業者限定で冷房化されたモデルが発売されましたが,今回は冷房化以前の姿で単行から2両固定編成になった頃をモデル化してあります。全体の造形は以前のものとほぼ同じですが,運転台の雰囲気を残した連結面やスッキリした屋根上が特徴的です。今回は専用の動力も用意されており,買ってすぐに走ら [続きを読む]
  • 昭和な感じの万屋と靴屋
  • どちらもストラクチャー作りの為に撮ったものではありませんので1枚しか画像がありませんが,あしからず・・・ まずは万屋さんです。両端の自販機が無ければ,まさに昭和そのものの佇まいです。私が子供の頃はコンビニが無かったので,こういった万屋や駄菓子屋でお菓子やジュースとかを買ってました。ジュースを冷やす冷蔵庫や品物を陳列する棚とか台を見てると 「ああ・・・こんなだったよなぁ」 と思い出します。Nスケ [続きを読む]
  • 阪堺電気軌道の駅員詰所
  • 今回は恵美須町駅の端っこにある駅員の詰所を御紹介致します。木造2階建ての構造になっていて,詰所というよりは信号場の施設みたいに見えます。このまんまのスタイルで鉄道模型のストラクチャーがありそうです(笑)。反対側に回ってみると梯子が設置してあって,これで2階に登って行く様です。梯子の劣化具合を考えると,どうも2階部分は現在は使用されていない様子です。開業当初の頃はどんな使われ方をしていたのでしょうか [続きを読む]
  • マイクロエース DD51−3
  • 製品情報 : マイクロエース(品番A8529)  モデルは特定機で3号機の燃料タンク増設タイプとなっています。DD51の初期型は,前面の白線の位置が違うのが最大の特徴でして模型も当然それを再現してあります。他社にはないラインナップがファンには嬉しくマイクロエースでは,なかなか良いチョイスをしたなと思いました。手摺等がややオーバーな表現ですが,単体で見る分には何ら問題ありません。また当社では結構 [続きを読む]