うわさの怖い管理人 さん プロフィール

  •  
うわさの怖い管理人さん: うわさの怖い話
ハンドル名うわさの怖い管理人 さん
ブログタイトルうわさの怖い話
ブログURLhttp://69kaden.com
サイト紹介文当サイトはネットで拾った怖い話をひたすらはってるサイトです。暇つぶしにどうぞ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 257日(平均7.9回/週) - 参加 2016/11/13 16:58

うわさの怖い管理人 さんのブログ記事

  • 彼女からの電話
  • 当時、親友(以下A)には、大学で知り合った○恵ちゃんという彼女がいました。 私達と2人はよくつるんでいて、どこに行くにもほとんど4人で1セットという関係でした。 話は4年前の、こんな寒い季節の夜でした・・・ その日、Aは... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 階上の子どもたち
  • 自動車事故にあって鞭打ち症になったAさんは、 仕事もできなさそうなので、会社を一週間ほど休むことにした。 Aさんは結婚しているが、奥さんは働いてて昼間は一人だった。 最初の数日は気楽だったが、さすがに3日目くらいになると... ?Continue reading? [続きを読む]
  • アケミちゃん 後編
  • 予定より早く帰って来れたので先日の続きを書きます。 5月の事件から1ヶ月以上過ぎた6月末、その頃になると警察も 「何かあったら電話してね」と言って巡回してこなくなっていた。 俺自身、もう流石に無いだろうと勝手に思い込みか... ?Continue reading? [続きを読む]
  • アケミちゃん 前編
  • 去年の5月に起きた話を。 大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく 仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話があった。 時間はもう夜の9時過ぎくらい、しかもAのア... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 祖父の遺品
  • 3年前くらいなんだけど、半ボケの80歳を迎えた祖父が亡くなった時の話。 頑固な爺さんで、絶対に息子夫婦の世話にならないと言って、築70年くらいの家でずっと一人暮らしだった。 家を取り壊すからってんで、遺品とかの整理をしに... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 踏み入るべきではない場所
  • 私がまだ小学校低学年の幼い子供だったころに、 趣味で怖い話を作っては、家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 特にじぃちゃんが、私の話を喜んで聞いてくれ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 田舎の普通の一軒家
  • 俺が体験してきた、本当に本当の話を書かせてもらいます。 前に住んでた家の話なんだけど、そこはどこにでもある田舎の普通の一軒家。 周りが親戚だらけって言う、田舎にはよくある光景な訳さ。 俺が小学生の頃に爺さんが亡くなった。... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 金縛りに関する話
  • 知り合いの金縛りに関する話。 知り合いはしょっちゅう金縛りに悩まされているらしいのだが、 いつもその金縛りのパターンが決まってるそうだ。 まず最初にふと目が覚める。すると誰かがひそひそと話す独り言がきこえてくる。 この話... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 原爆ドームとお調子者
  • 厨房の時、修学旅行で広島へ行った。 原爆ドームへ向う道中、川に架かった橋を渡っていると、ガイドさんが 「原爆で大火傷を負った人々が水を求めてこの川に殺到し、大勢がこの場所で生き絶えた」と教えてくれた。 お調子者のKは同じ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • くさづめ てんじん
  • 怖いっていうか気持ち悪い体験をした。 文章下手だから手短に書く。先月中旬の話。 鬱陶しい子供が来た(港近くの金融機関で働いてる)。 「くさづめ てんじん」という名前だそう。7歳。 近所の小学校にそんな名前の子供はいない。... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 河童
  • 父親の従兄弟がM町に一族を構えていて、父が子供の頃、M町で遊んでた出来事をよく語ってくれた。 M町の真ん中にM町と同じ名前のM川が流れていて、そこによく河童が現れていたらしい。 もう他界したが、父親の語る河童の話は妙にリ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 耳の奥で変な音
  • ニュージーランド・ヘラルド紙によると、バルバートさんは2年ほど前から耳の奥で変な 音がし、何かがごそごそと動くような感じで、強いかゆみを覚えるようになった。 我慢できずに、指を突っ込んだり綿棒を使ったりしてみたが奥まで届... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 遊ぼおじさん
  • 不安の種って漫画見てて、自分の子供時代のそっくりな体験思い出した。 というのも、『遊ぼおじさん』の話。 公園で遊んでいると、遊ぼおじさんはしょっちゅう現れた。 足をびっこひきながら近づいてくるその様子と、「あ〜ぞ〜ぼ〜」... ?Continue reading? [続きを読む]
  • サヨちゃん
  • 俺は小学校に入るまでは、広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合い(仲良しではない)だった、「サヨちゃん」の話をしよう。 俺の母方の実家は、見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 俺は母親と祖母とともに... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 老婆の施し
  • 小学校で教員やってたとき、そこの先輩が話してくれた話なのですが、 その先輩は50くらいですが、たくましい体のおじさんでした。 その先輩の若いころ。 先輩はサイクリングが趣味で、一人で自転車にのり、いろいろなところに行った... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 鏡の中の友達
  • 私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので、一緒に遊ぶという感じではありませんでした。 父も母も祖父も、弟が生... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 終電
  • 僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験しました。 その日、僕は部長の誘いで飲みに行き、... ?Continue reading? [続きを読む]
  • かくれんぼの鬼
  • 小学校の時公園でかくれんぼが俺と友達の間でのブームだったんだけど、 ある日から赤い服着た女が鬼役になった人の後ろをずっとついてまわるようになったんだ いつのまにか近くにいるし、いつのまにかいなくなる 俺は隠れるのうまい方... ?Continue reading? [続きを読む]
  • かまくら
  • 日本有数の豪雪地帯として有名な秋田県横手市に伝わる、 全くもって得体の知れない不気味な話 ある年の冬、子供たちが雪を積んで、かまくらを十ばかり作った そこへ川井昌助という男がやってきて、何の気なしにかまくらのひとつを覗い... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 死の匂い
  • 空気読まずに投下。 親戚限定だけど、 人が死ぬ前に線香の香りがする。虫の知らせというやつ。 一番最初は小学生の時。 線香の香りがしたので、友達に「さっきお香の香りがしてたな」と言ったら、 そんなものはなかったと言われた。... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 異様な巨躯
  • 流れ読まずに投下する。そんなに怖く無いかもだが実体験 今から10年くらい前の話 初めて一人暮らしをする事になって、友達二人(A.Bとしておく)を呼んで 夜中まで部屋でゴロゴロしながらゲームしたり飲んだりしてた。 時刻は夜... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 白い頭
  • 友人から聞いた話 8年くらい前、友人が大学に入り、一人暮らしを始めて間もなかった頃。 当時住んでいたところは、築3年の綺麗なアパートで、周辺の土地にも特に曰くなどはなかった。 友人が帰宅し、いつもどおり風呂に入っていると... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 来年も、またどうぞ
  • ある青年が、K県に行った時のこと。 空腹になったので、一軒のトンカツ屋に入った。 夫婦者でやっているらしい、小さく古びた店だった。 奥の座敷は住まいになっているようで、子供がテレビを見ている姿がチラリと見える。 夫も妻も... ?Continue reading? [続きを読む]