うわさの怖い管理人 さん プロフィール

  •  
うわさの怖い管理人さん: うわさの怖い話
ハンドル名うわさの怖い管理人 さん
ブログタイトルうわさの怖い話
ブログURLhttp://69kaden.com
サイト紹介文うわさの怖い話へようこそ。当サイトはネットで拾った怖い話をひたすらはってるサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 101日(平均8.9回/週) - 参加 2016/11/13 16:58

うわさの怖い管理人 さんのブログ記事

  • マネキン
  • つい最近というか先月の事なんだが… たしか先月の半ば頃、大学の友達と呑みに行って帰りが深夜1時半頃になったことがあったんだよ。 んで自分のアパートに帰ってきて自転車を駐輪所に入れた時に、アパートの 2階の一番奥の部屋の玄... ?Continue reading? [続きを読む]
  • きっかけ
  • 学生時代、コンビニの深夜バイトやってたんだが、そこで体験した話を書かせてねん 深夜2時頃、突然停電が起きた 外に出てみたが、どうも停電しているのはうちだけだ アイスとかどうすんだ、と思い休憩中の先輩を呼びにいこうとしたら... ?Continue reading? [続きを読む]
  • チャーくん
  • これからお話する内容は、今から10年以上も前のことです。 その当時、私の中学校は荒れ果てており、市内の中学校の中では 「ぶっちぎりで最悪」と言われるほどの問題校でした。 特に、私が在籍する第2学年は不良たちの温床となって... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 車の中
  • 以前、銀色の軽自動車にみっちり人が乗ってたのを目撃した事があるわ 追い抜きざまに見てみたら運転手と助手席の2人しか居なかった 連れと一緒に見たんで見間違いじゃないです ?Continue reading? [続きを読む]
  • 優しい同僚
  • 数年前、当時仲の良かった同僚と旅行に行ったときの話。 メンバーはA子、B子、私の三人。 行き先は結構有名な温泉地で、初日は楽しく過ごしてた。 昼は買い物と温泉、夜は安宿でカラオケとお酒って具合に。 それが、二日目の夜にA... ?Continue reading? [続きを読む]
  • ループする夢
  • 怖くはないけど、個人的に洒落にならなかった話 もともと夢はあまり見ない方(覚えてない)で、 たまに見ても買い物してたりとかの、面白みのない現実的な夢ばっかり見てた ところがある日を堺に似たような夢を連続で見るようになった... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 隣の男
  • ほぼ毎日彼女のマンションに行ってた時、俺はチャイムを鳴らさず ドアをコンコココン♪って感じでノックして開けてもらってた。俺たちだけの合図だって言って。 ある日の晩、彼女が泣きながら電話してきた。なんかパトカーのサイレンの... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 時空自殺
  • 大学の時、寮の管理人さんが退職するので、寮生みんなで お別れ飲み会をやった時、管理人さんに聞いた話。 彼が寮の管理を任されて間もない頃、寮で飛び降りが続いた事があったらしい。 二人目の自殺者が出て半月ほどした頃、彼は夜の... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 見えない手相
  • 空気読まずに書くわ。 前に、職場の先輩(Aさん)とご飯を食べに行った。 将来の話になったんだが、 私が「未来がわかればいいんですけどねぇ。占いとか行きたいなー」と言うと Aさんはうっすら苦笑いをして、「私、行ったことある... ?Continue reading? [続きを読む]
  • わかったかな?
  • 多分幼稚園の頃だと思う、NHK教育TVでなんか人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。 おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので TVの前で「わかんない」とつぶやいた。 するとおじさんが「そうか、わかんないか・・・... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 8年前のブログ
  • ちょっと不可解な体験談 ネットサーフィンをしていたら、8年前位に書かれたブログを見つけた 一部共感できる反面、痛々しい… (うわー…まるで昔の自分を見ているようだ…)と呆れていたら 私が書いたブログだったorz 恥ずかし... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 小学生の時の話。夏休みに友だち10人ぐらいと校庭で サッカーやってたら一人だけ影が無いのに気がついた。 「おまえ影ないじゃん」 て指摘してそいつが「え?」 て自分の影がないのを確認した瞬間そいつがぶっ倒れた。 すぐに救急... ?Continue reading? [続きを読む]
  • ぶつかる音
  • 友達が俺の誕生日会を開いてくれて、その帰り道に体験した話。 終電手前くらいだったから0時前とかだったかなぁ。 駅からまっすぐ下り坂があって、坂沿いに桜並木と小川(用水路?)がある道を下ってた。 時間も時間だし、人気なんて... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 解体屋
  • 昭和61年辺りの解体屋が盛んだった頃にだけど 中学生当時車が好きだったオレは夜間になると自宅から チャリで20分位の解体屋に通っていた。 通うとは言っても20時で店主が帰るのを見届けてから そのまま侵入し柵も門もないから... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 瓦礫
  • 阪神大震災から半月が経った頃だったとおもう。まだ崩れた家屋や瓦礫はそのままになっていた。 オレとオカンはいつも瓦礫の中を徒歩で自宅に向っていた。 オカンはある瓦礫の山のところでいつも「行くで!」と走り出した。 「またかい... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 五差路
  • 大学時代に住んでいた町での出来事。 実際の出来事なので、オチは全くないです。ご了承下さい。 一人暮らしの部屋を探す際、古すぎたり汚すぎる物件は嫌だったが、金銭的な問題もある。 そこで俺は、駅から遠いという事に目をつぶる事... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 川の側面
  • 20年以上前の話。 当時わたしは兵庫県高○市の山陽○根駅周辺で セールスの仕事をしていました。 近くに天○という川が流れてたのですが 営業時間も終わり、営業所に帰ろうと駅に向かって電灯もない真っ暗な夜道を歩いていますと ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 訪問介護
  • この話は第三者がきいても大して怖くないかも知れませんが、私的には鳥肌がたった経験。   いぜんに訪問介護をやっていました。ある利用者は、自宅では寝たきりの重度だったけれど、 なんか見える?人みたいでこわかった。最初は、あ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 水死体
  • ゆっくり怪談さんに読んでいただいたので、知っている人がいるかもしれません。 洒落怖の過去ログに「心中した叔父夫婦」で掲載されている話をこちらに掻き込んだ者です。 あの時はまだJKとかそんなだったから、語り口調がアレですみ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 精神疾患
  • 母親の友人が精神疾患に罹って、母と私が手を焼いていた時期がある。その時のお話。 その友人(以下Y子とする)は母の古くからの友達で、よく私達の家に遊びに来ていた。 遊びに来たときは、彼女はいつも玄関を開けて「遊びに来たわよ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 赤子淵
  • 神奈川の田舎。 ばあちゃんがボケてきて今まで隠してたことを話すようになってきたんだけど、聞くとやっぱり田舎はかなり怖い事実を隠蔽してるよ。 俺がガキのころにいつも使う肝試しスポットがあった。 「赤ちゃんの泣き声が聞こえる... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 訃報
  • ウチの親父は亡くなる少し前に訃報が届いた言ってた 午後二時頃の真昼間、お袋も自分も親父の病院送迎のために在宅だったんだが 病院から帰って早々、和室で寛いでた親父が「今しがた訃報を持った人が訪れて、これを受け取って和室のテ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 窓叩きの犯人
  • 2年前まで大学生してた時の話。特にオチはなく、霊現象ではない事を先に言っておく。 アパートの1階で一人暮らしをしてたんだが、2週間ほど毎夜窓を思いきり叩かれた事があった。 近くに友達(以後A)が住んでるのでそいつの仕業だ... ?Continue reading? [続きを読む]
  • 何!子供じゃない!?
  • 友人の話。 数人で集まった酒の席で、ふと怪談の話題になった。 その中の一人が、「心霊かはわからないんだけどさ」と前置きして話してくれた。 仕事の帰り、彼は駅から下りてアパートまでの道のりを、運動不足解消のためいつも歩くと... ?Continue reading? [続きを読む]